2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

フィンランド語スレ 2

1 :_:04/01/17 20:56
【前スレ】

フィンランド語しゃべりたい!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/955920307/l50

2 :Добар поток ◆MIJavIxXxo :04/01/17 20:57
新スレヽ(´〜`0)ヽ オメ!

3 :名無しさん@3周年:04/01/17 21:03
aのうえに¨つけるのってどうやるんでしたっけ?

4 :名無しさん@3周年:04/01/17 21:05
>>3

ä

5 :名無しさん@3周年:04/01/17 21:06
あのやりかた・・・を・・・・

6 :名無しさん@3周年:04/01/17 21:12
oのうえのも付け方教えてください

7 :名無しさん@3周年:04/01/17 21:13
>>5
http://east.portland.ne.jp/~sigekazu/html/entities.htm

↑ここに書いてあるコードを打ち込むべし。

8 :名無しさん@3周年:04/01/17 21:15
>>7
ありがとうございます!

9 :名無しさん@3周年:04/01/18 03:04
世界情勢カテゴリ各板の再編に関する議論@2ch運用情報
http://qb3.2ch.net/test/read.cgi/operate/1074164980/l50


10 :Päivää:04/01/18 04:29
Hyvää joulua ja onnellista uutta vuotta!
Japanissa kuulemma on tapana lähettää uudenvuodenterveiset
saapuvaksi uuden vuoden ensimmäisenä aamuna.
hyvää päivänjatkoa!

11 :名無しさん@3周年:04/01/23 14:43
Bindume yousei (Bottle Fairy)
Vehlou:
arvio perustuu animen ensimmäiseen jaksoon

Taas vaihteeksi on kyse yhdestä niistä pelottavista sarjoista, joiden kohdeyleisöön mahtuvat sekä alle 12-vuotiaat tytöt että parikymppiset pahasti vinksahtaneet otakut.
Neljä keijukaista - jotka voisivat hieman pidempinä ja ilman suippoja korvia muistuttaa kovasti nuoria tyttöjä - pukeutuvat ainoastaan yöpaitoihin,
asuvat erivärisissä pulloissa kiltin opiskelijapojan luona ja yrittävät saada jotain selkoa maailman menosta.
Opiskelijaa he kutsuvat ylevästi nimellä Sensei-san, ja uskovat tämän osaavan suunnilleen mitä vain mitä maailmassa on.
Lisäksi hahmokaartiin kuuluu naapurin ylitietävä ala-astelaistyttö Tama-chan, joka ansiokkaasti johtaa keijuja harhateille syvien kysymysten ääreltä (esim. "Mikä on pääsykoe?").

Suomen ympäristöön sovitettuna Pullokeiju tulisi televisiosta Ykkösen aamutelevision piirrettypaikalta.
Omassa genressään se tekee tismalleen sen mitä siltä odotetaankin; on täysin neutraali lastensarja.
Korkea söpöysfaktori on vain varmasti vetänyt myös kyseenalaisen yleisön sitä seuraamaan.
Se tuskin innoittaa monia suomalaisia harrastajia näkemään vaivaa hankintansa eteen.

ところどころ、スオミとか言う言葉が出てくるのでフィンランド語だと思うのですが、
私はフィンランド語が全然わかりません。
誰か訳していただけないでしょうか。
お願いします。


12 :名無しさん@3周年:04/01/23 23:25
これってアニメの話なのか?


13 :名無しさん@3周年:04/01/24 10:40
>>12
そうです。
読み取れた固有名詞をあげると
Bindume yousei (Bottle Fairy) = 瓶詰妖精
Sensei-san = せんせいさん
Tama-chan = たまちゃん

上の文章の出典
ttp://www.kupoli.org/arvostelut/previkat/2003q4.shtml#bf

参考までに
この作品についてのサイト
ttp://www.enterbrain.co.jp/magical-cute/bindume.htm
ttp://www.starchild.co.jp/special/binzume/index.html


14 :名無しさん@3周年:04/01/26 13:52
フィンランド語を仕事上勉強しなくてはなりません
どなたか、よい教材(英語でも可)や、お勧めの学校など教えてください。
お願いします。

15 :名無しさん@3周年:04/01/31 17:49
age

16 :名無しさん@3周年:04/02/02 22:45
Suomen kielen sanakirja Ulkomaalaisille
(Finnish Dictionary for Foreigners)
という辞書がフィンランドの出版社から出てる。単語ごとに語尾変化のパターンがついて
いてそのうえ、ma とか、sa も見出に載ってる。それなりに使い道ありそうなんだけど。
ちゃんと勉強している人はどう思ってるか知らないけど。

17 :名無しさん@3周年:04/02/03 17:15
このスレ、人少なすぎ。
質問を出してもなんの反応もない。
マイナー言語だから仕方がないか。
ドイツ語、フランス語などメジャー言語のスレなら数時間以内に反応があるものだが。


18 :名無しさん@3周年:04/02/04 18:23
 前スレは落ちちゃったけど、検索すれば基本的な情報は
手に入るし、選択肢が割と限られてるから、お勧め云々より
やるかやらないか、続けられるかどうかが問題になると思う。

とりあえず、関東圏で定期的にやっていてコースが色々あるのは、
●中野のスオミ教会
http://www.suomikirkko.org/suomi/
●DILA(大学書林国際語学アカデミー)
http://www.dila.co.jp/
●ビネバル出版語学教室
http://www.bindeballe.com/

他に主に初歩の講座だと、
●朝日カルチャーセンター(新宿教室、横浜教室)
http://www.acc-web.co.jp/
●昭和女子大オープンカレッジ
http://www.swu.ac.jp/opencollege/2004winter/index.html
なんかで講座が開かれることがある。

地方だと
●北海道フィンランド協会
http://www.aurora.dti.ne.jp/~iguchi/index.html
●アイザック名古屋校
http://www.isaac.gr.jp/nagoya/

 どれも行った事ないのでコメントは出来ないけど、スオミ教会
に参加した事ある人は、前スレでいた。


19 :名無しさん@3周年:04/02/04 18:29
 最初の一歩の独習用のテキストは
●フィンランド語が面白いほど身につく本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/480611670X/
●CDエクスプレス フィンランド語
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4560005729/
 のどちらかがなんだかんだ無難。大学書林から出ているものでも最初から
できるけど、値段が高いのと固い作りになってるので挫折可能性を考えると、
おいそれと薦める気にはならない。実物を見て必要になったら購入すればい
いかと。
あと、観光旅行でカタコトで、と割り切るのなら
●旅の指さし会話帳 フィンランド
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4795821534/
 は割と楽しい作りになっていて、いいと思う。

洋書で本屋で目にするor良くタイトルが挙がるのは
●Suomea Suomeksi
●Finnish for Foreigners 1-3
●Teach Yourself Finnish
●Colloquial Finnish
 suomea suomeksiは上記のフィンランド語教室でテキストとしてよく使われ
てるようだけど、中身は知らない。前に書店でちょっと見た時の印象だと解説
が少なかったような・・・ ここらへんは使っている人の情報求む。
 Finnish for Foreignersは、中学校の英語の教科書みたいな作りで。上の
4タイトルの中では一番内容が濃いと思う。3巻目はリーダー(英訳は無し)。
 teach yourselfは去年改訂されたみたいで、新しい版は見ていないけど、
旧版は会話表現を中心として徐々に文法を習ってく形式。都内の大型書店なんか
で比較的容易に手が入る筈。Colloquial Finnishも同じような感じだけど、
Teach Yourselfの方が出来は良いと思う。

20 :名無しさん@3周年:04/02/04 18:31
 辞書は高いのでとりあえずオンライン辞書で済ます。
http://www.edu.fi/oppimateriaalit/ymmarrasuomea/
http://www.freedict.com/onldict/fin.html
http://www.tracetech.net/sanat/
 サマーカレッジなんかの情報はフィンランド大使館に資料を請求するか
http://finland.cimo.fi/studyingfinnish/
 だとか、各大学のサイト行って調べる。

 検索すれば、結構情報提供しているサイトあると思うんだけどなぁ。


21 :名無しさん@3周年:04/02/05 07:30
ń

22 :名無しさん@3周年:04/02/07 01:03
Suomea Suomeksi
は、内容は簡単なんだけど、解説なしでいきなりはちょっと理解できないと思う。
ちょっとでも勉強したことのある人ならいいけどね。

23 :名無しさん@3周年:04/02/07 03:23
迷ったら白水社特急シリーズで間違いない

24 :名無しさん@3周年:04/02/07 04:53
>>19
●フィンランド語が面白いほど身につく本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/480611670X/
は糞!エクスプレスの方が1000倍まし。

25 :名無しさん@3周年:04/02/07 05:02
>>24
ある言語学の本の中でその参考書が推薦されてたんだけど
どういう具合に糞なの?

26 :名無しさん@3周年:04/02/07 06:04
>>24
「〜が面白いほど身につく本」シリーズってさほとんどクソじゃない?
俺的にはエクスプレスも分かりにくいから嫌いなんだが。

指差し便利帳は絵も綺麗だし、面白い。
初歩からはじめるならこういうほうが面白いんじゃないかなあ。
文法から入るとフィンランド語は俺的には萎えた。


27 :名無しさん@3周年:04/02/07 06:18
文法概念のとらえ方がクソ。たとえば「〜格」の原語をそのままカタカナに
したところで何一つ明らかにはされない。しょせん初心者をだますだけの内容。
松村本の方が直感的にわかりやすい。


28 :名無しさん@3周年:04/02/07 06:30
>>26-27
そっかあ。サンクス。
その言語学の本の著者はフィン語の参考書や辞書には(外国語で書かれたものも含めて)
かなり詳しいハズなんで、一冊だけ紹介するという状況で「面白いほど〜」を選んだのには
それなりにワケがあると思ったんだよね。
評判通りの本だとすると推薦の意図(というか著者に対する信用)が怪しくなるなあ。

29 :名無しさん@3周年:04/02/07 10:56
>>28
> その言語学の本の著者

って、スラブ語が専門の人ですよね?
フィンランド語をちゃんとやったようには見えないんだけど、
本当のところはどうなのかなあ。

実は私も昨日たまたま本屋でその本を立ち読みして、
「面白いほど〜」が紹介されていたのには正直びっくりしました。
とはいえ、エクスプレスも含めて、日本語で書かれたものには
決定版といえるようなものは見当たらないような気もしますが。

穿った見方をすると、著者があそこで入門書を紹介した意図は
「いろんな言語をかじってみなされ」ということだから、
なるべく値段の安い本を紹介したのかも。

30 :名無しさん@3周年:04/02/07 14:33
>>29
> スラブ語が専門の人

その通りです(w
ひとつ可能性として考えたのは、四つの外国語の入門書を一冊ずつ
別の出版社から選んで偏らないようにしたのかも、ということでした。
エクスプレスからはスワヒリ語を選んじゃったので、フィン語は
別の出版社から選ぶ必要があった、と。>>19さんの情報を考え合わせると
消去法で「面白いほど〜」になっちゃったのかも知れないですね。

31 :名無しさん@3周年:04/02/07 17:14
>>30
いくらなんでも、そんな配慮(?)するかなあ?

そういえば、あれを読むと、あそこに挙げてある4つの言語の
うちに抱合的な言語が含まれているようにも読めてしまって、
「そりゃないだろー」と悪態をついてしまいましたよ。
(フィンランド語と関係ない話ですみません。)

32 :名無しさん@3周年:04/02/07 23:48
「エクスプレス」と「面白いほど」と「指差し」の3冊全部買ったって
税抜き6200円、万一挫折するとしても難解で無味乾燥な大学書林本を1冊
買うよりよほど実践で役立つ知識(雑学?)が身に付くでしょう。

33 :書林ヲタ:04/02/07 23:53
難だと?!

34 :32:04/02/08 00:16
>>33
気に障った?ゴメン。うちにも大学書林本は10冊以上あるけど、
それでも初心者には勧められないよ。使い道を誤ると人生そのものを
狂わせるおそれがあるもの。
もちろん、エクスプレスとかは初級文法しか書いてないから
いずれは大学書林の「フィンランド語文法」が必要になるけど、
それは学習が進んでから買っても遅くない。少なくとも
エクスプレス・フィンランド語が初学者の理解を誤らせることは
ないと思う。「指差し」は、自分が現地で使った経験では
あまりとっさの役には立たなかったけど、現地の子供に見せたら
バカ受けで、コミュニケーション成立のきっかけとしては
ものすごくよかった。だって、その子の方が絵を一つ一つ
指差して「日本語で」なんていうか聞いてくるんだもの。
おかげでこっちは「さる」「いぬ」「バナナ」なんてぐあいに
にわか日本語教師をやらされて、しまいにはその子の母親に
「こっちで日本語を教えたら?」なんて言われる始末。
「指差し」は絶対に旅行に持っていって損はないよ。

35 :書林ヲタ:04/02/08 00:29
いやいやわざわざ論じてくれてすまないね。お時間を割かせてしまってからこういうこというのもなんだけど、
おそらくそういう趣旨でおっしゃったんだろうなとは思っていたので納得です&別に怒ってなんていませんよー

コチラコソ無駄なカキコしてしまってスマソ

36 :名無しさん@3周年:04/02/08 01:13
>>28-31
白水社のHPではノルウェー語薦めてたな、黒龍。

37 :名無しさん@3周年:04/02/08 01:27
>>36
うへ〜、しかも連載ではないですか……。
書評という割には全然書評になってないような気がするんですが
そのへんが白水社の狙いなんでしょうか。

38 :名無しさん@3周年:04/02/08 02:32
該当する人はあんまりいないかもしれませんが、辞書は
英語以外の近隣の言語との二言語辞典でいいのがあるかも。
例えば

Suomiviro-suursanakirja
ttp://www.kotus.fi/ajankohtaista/julkaisut/suvi03.shtml

スウェーデン語との辞書でもいいのがあると聞きました。

39 :<ヽ`д´>!!<`Д´丶>:04/02/08 03:14
>>32
<ヽ`д´>何ニカ!!!!!?

40 :名無しさん@3周年:04/02/08 12:36
>>38
エストニア語とフィン語の辞書とかもっとすごそうだな。
フィンランドに留学してた友達がエストニアに旅行にいったとき、
普通にフィンランド語が通じたっていってたのが素敵だった。

41 :名無しさん@3周年:04/02/08 13:57
>>38
> スウェーデン語との辞書

これかな?

Suomi-ruotsi-suursanakirja
ttp://yritysjulkaisut.wsoy.fi/www/tuotelue.nsf/ISBN/951-0-18822-0

語数はこっちの方が多いけど、ページ数は 38 の方が
倍近くあるみたい。(文字が大きいだけだったりして)

42 :名無しさん@3周年:04/02/08 14:15
つか、荻島 崇『フィンランド語日本語小辞典』大学書林ぐらい買ってやれ。


43 :名無しさん@3周年:04/02/09 13:30
青空ってフィンランド語で何と言うんですか?

44 :名無しさん@3周年:04/02/09 15:24
>>43 sinitaivas かな?

関係ないけど、こんなサイトあるのね。
http://www.nekotalo.com/sanakirja.html

45 :43:04/02/09 18:51
>>43 ありがとうございます。シニタイヴァス?と言うんですね。

46 :名無しさん@3周年:04/03/03 01:52
>>19
Suomea suomeksiはいいテキストだと思うが、独習にはキツイだろね。
Finish for foreignersの1は入門者によい。それを終えたら2に進まずに
フィンランド語で書かれた文法書を選んだほうがいい。2は無味乾燥。
独習にはAletaan,Jatketaanあたりもよさげだが、日本では買えないかな。
ユヴァスキュラ大学発行のSuomi tytön kieliがわかりやすく、かつオモシロイ
けど、これはさらに入手困難かな。


47 :名無しさん@3周年:04/03/03 03:23
大学書林の「文法語読本」は単純な誤植を別としてもマチガイ多すぎ。
よくもまあ、こんなでたらめ本が20年も版を重ねてられるよなあ。
新刷りも全然訂正してないもんなあ。誤植くらい直せよ。

48 :名無しさん@3周年:04/03/04 21:02
>16
あの辞書、語形変化の確認に非常に重宝します。
ただし例文に使われてる単語の選択がこなれてないのが難点かな。
いきなりOEDを使うようなもの。
しかし長く勉強するつもりなら買って損はないと思う。

49 :名無しさん@3周年:04/03/05 00:36
売れないから仕方ねえだろ

50 :名無しさん@3周年:04/03/07 10:14
フランス語やってるんですけど、フィンランドの作家アルト・パーシリンナ(Arto Paasilinna)の本を今フランス語版で読んでいて、非常に面白いので誰かと語り合いたいんですけど。
このスレなら読んだ人いますよね?

51 :名無しさん@3周年:04/03/13 08:05
寸評
・F4週間 古すぎて読む気になれない。ムズカシイ、というのが定評のようだが、
それはつまり駄本だということだ。
・F文法読本 もっともらしい作りだけど、手前勝手な解釈、強引なこじつけ
が目立つ。最悪。
・エクスプレス 2版 現在F語第一人者といっていい著者だけにソツのない作り。
ただ、限られた紙数に一切を積めこんでるのでわかりづらい面もある(著者も
心苦しいかもしれない)。レファレンスにするなら、1版のほうがよいかも。
・面白いほど 突っ込みの浅い面は否めないが、考え抜いて作られているのが
よくわかる。イチオシ、かな。読み物としても面白い。
・指差し とりあえず旅行に持っていくならこれ。シリーズも熟してきたようだ。
ただし、実際に「指差しで」使うには相手と状況を考えないと恥ずかしい気もする。
短期間の旅行に必要な単語はこれで十分でしょう。
・F日小辞典 語選択に? 訳もかたい。しかも高い。しかしまあ、しょうがないかな。
フィンランドで売ってるF日単語集(タイトル失念)が入手できればよいのだが・・・

52 :名無しさん@3周年:04/03/13 14:05
>>51
○村氏による本格的な文法+読本が出たらいいのにな。ついでに面白いほどは糞。焼却処分


53 :名無しさん@3周年:04/03/15 02:21
「面白いほど〜」は面白いほど賛否が分かれるねぇ

・・・・スマソ

54 :名無しさん@3周年:04/03/19 01:11
これってどうなのでしょうか?
ttp://shop.infinisys.co.jp/shopbin/shopcart.cgi?search_str=%A5%D5%A5%A3%A5%F3&flag=name_search

■絵で覚えるフィンランド語
それぞれのセクションではカラフルな220枚のカードを基に、ネイティブスピーカーの発音を聞く、
絵や単語を見て単語の意味を覚える、自分の発声を録音し聞き比べてみる、という基本学習が繰り返されます。

■World Talk 耳で覚えるフィンランド語
Talk Now! シリーズの続編です。簡単な単語のヒアリングや挨拶はできるようになったけれども、
まだ長い文章のヒアリングは苦手という方のための、中級者向け語学学習ソフトです。

■Talk Now ! はじめてのフィンランド語
今すぐ外国語を使いたい人のため。

55 :名無しさん@3周年:04/03/19 01:16
>>51
荻島崇『基礎フィンランド語文法』大学書林はどうよ?

56 :名無しさん@3周年:04/03/20 14:40
valonってどういう意味ですか?

57 :名無しさん@3周年:04/03/20 20:49
>>56
文脈がないとよく分からんが、普通の意味なら「光の」(valoの属格)だろう。

58 :名無しさん@3周年:04/03/28 02:40
喉頭閉鎖音について教えててください。
最近の入門書にはふれていないけど「〜四週間」や「SUOMEA
SUOMEKSI」にもすこし説明があったので。大抵は書いてあるとおりに
発音できるけどやっぱり文字で発音全ては表記が難しいところもあるんだなと
シロウトはおもったんですが。音声教材のあるものは聞けば解るからふれてい
ないんでしょうか。(「〜四週間」は音声教材ないし、さすが初版発行昭和27
年!.「SUOMEASUOMEKSI」はフィンランド人が書いているし)
そんなに気にする事ないものか、それとも気にしていないとア○ネス・陳美○
先生の日本語のようにしゃべてしまていることになるんでしょうか。
(ごめんなさい。個人を悪く言うつもりはありせん。喉頭閉鎖音なしで発音
した状態をフィンランド人がきいたら、日本人が促音の苦手な(外国)人が
話す日本語を聞いた状態とおなじような違和感があるのかなと言いたいんです。
うまくたとえれないので。)


59 :名無しさん@3周年:04/03/28 15:46
tule tänne トゥレ テンネ じゃなくて
トゥレッテンネ ということでしょ?


60 :名無しさん@3周年:04/03/28 22:46
58です。そのことです。よろしくおねがいします。
たしかヴァルティナもそう歌っているし(方言とか歌唱上の表現かもしれないけど)
気になるのです。

61 :名無しさん@3周年:04/03/29 07:33
誰もアルト・パシリンナ原書で読んでる人いないの?
アキ・カウリスマキ字幕なしで観てる人いないの?

62 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:53
初めまして!フィンに留学していたものです!!{もう言語は大分忘れましたが…}
あ!59はトゥレ タンネです!
フィンランド語は単語の語尾変化が難しくて勉強は相当困難になると思います!
僕が留学中に使っていたのは
Suomi Japani Suomi(辞書)フィン人用ですが分かりやすいです!
From Start to Finnish(Finish)(教科書)入門から日常会話まで!
Kieli ka:ytto:o:n(教科書)入門から日常会話まで!(簡単)
Finnish For Foreigners2(教科書)日常会話が完璧な人が使うものでフィン語の難しい文法が解説されています。
Suomen Kielen Sanakirja Ulkomaalaisille フィン語のみでフィン語の単語の意味を調べられる辞書、フィン語が大分できる外国人用の辞書。
でした。
しかし、以上の本は全てフィンの書店で購入したものなので、日本からどのように手に入れるのかは分かりません(すいません)
ところで「名無しさん@3周年」はどのようなお仕事をされていらっしゃるのですか?
僕もフィンランドに関する職業につければいいなぁと思っています☆


63 :名無しさん@3周年:04/03/31 00:28
素で知らんようだから書くけど、名前欄を空欄で書き込んだ人は
みんな「名無しさん@3周年」になります。

64 :名無しさん@3周年:04/04/10 18:17
>58
喉頭閉鎖音うんぬんはäöの発音だから、「トゥレ タンネ」と
「トゥレッタンネ」の差とは話が違うんじゃないの?
フィンランド人にとってäとa、öとoは全然別物だから、使い分けないと
違和感どころか全く通じない。
無理してäöを発音してはじめて「発音悪いね」という違和感を与える
レベルになるといえるんじゃないかな。

65 :名無しさん@3周年:04/04/10 23:41
当方58=60ですが、aやoの発音については違いがあるのはわかるんです。
あえてカタカナで表記するなら、「〜四週間」からの抜粋だと、
sade aamu を「サデッアアム」、フレッドカールソンの著書からのだと、
mene pois を「メネッポイス」と発音すると書かれているので、
実際にはどうなのか教えて欲しいんです。


66 :Fortgeschrittene:04/04/11 00:07
すみません、質問です。

フィンランド語の格はいくつあるんですか?
ある人は14と言い、ある人は16と言い、ある人は36(!?)と言います。
それとすべての言語の中で一番格が多い、というのは事実ですか?

67 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:59
主格(nominatiivi)、対格(akkusatiivi)、属格(genetiivi)、分格(partitiivi)、
内格(inessiivi)、出格(elatiivi)、入格(illatiivi)、接格(adessiivi)、
奪格(ablatiivi)、向格(allatiivi)、様格(essiivi)、変格(translatiivi)、
欠格(abessiivi)、具格(instruktiivi)、共格(komitatiivi)で合わせて15格。

68 :Fortgeschrittene:04/04/11 12:08
なんだ、誰も当たってねぇじゃねーか! W

それにしてもすごい、ドイツ語なんて4格ですが、もうひぃひぃです。
15格もあったら気が狂いそう…。
チャレンジャーの方々、頑張ってください。
ありがとうございました。

69 :名無しさん@3周年:04/04/11 15:14
>>65
Finnish for Foreigners 1 の第2版をみると、最初のところに
文字と発音が一致しない例として

sadepäivä /sadeppäivä/
sano se! /sanosse/
ollako? /ollakko/

というのが挙がっているんですが、詳しい説明はないみたいです。

確か、Teach Yourself Finnish か Colloquial Finnish の
どちらかには、語形変化の表にうるさいくらい声門閉鎖の表記が
ついていたような気がします。
(書店で立ち読みしただけで手元にないので確認できませんが)

70 :名無しさん@3周年:04/04/16 22:57
下記のURLはフィンランド国内で放映されているドラマのようなのですが、
もし宜しければ詳細を教えて頂けませんでしょうか?
「Siamin tytot」
http://www.yle.fi/siamintytot/


71 :名無しさん@3周年:04/05/07 16:36
フィンランド語で「enoille」とはどんな意味の言葉なのでしょうか
googleで調べたのですが回答を得られませんでした
ご存知のかた教えてくださいませ

72 :名無しさん@3周年:04/05/07 17:43
>>71
「おじさんたちへ」

73 :71:04/05/08 00:53
!! そんな意味だったのですね??
うう・・・ ということは私はおじさんと思われていたのかな?(汗

>>72さん
レスありがとうございました、感謝です

74 :名無しさん@3周年:04/05/08 08:01
アルト・パシリンナ読んでる人いないの?
フランス語版で彼の本を片っ端から読んでるけど、メチャメチャ面白い。
フィンランド語のオリジナルテキストで読んでる人と話したい。

75 :名無しさん@3周年:04/05/08 13:45
近刊期待age
http://www.kenkyusha.co.jp/guide/pu-rec.html#ISBN4-327-39410-6
http://www.kenkyusha.co.jp/guide/pu-rec.html#ISBN4-327-39411-4

76 :名無しさん@3周年:04/05/08 14:35
>>75
文法事項的には300ページもあれば十分に収まるような内容に
2冊で500ページもかけているということは、それだけ例文が
豊富に出ているということかなあ。
フィンランドに関するコラムも面白そうですね。
巻末に索引がしっかりついている点もよさそう。

77 :名無しさん@3周年:04/05/08 16:11


78 :名無しさん@3周年:04/05/10 17:28
ムーミンシリーズが原書で読みたいのですが、フィンランド語は難しいですか?
フランス語程度の難しさなら挑戦してみたい。

79 :名無しさん@3周年:04/05/10 17:44
>>78
ムーミンが元々スウェーデン語で書かれているのは御存知の上で
あえてフィン語に挑戦なさるのですね?
フィン語はフランス語とは全然文法が違うので難しいですよ。
それに比べてスウェーデン語は英語や独語に非常に近く、学びやすいです。

80 :名無しさん@3周年:04/05/10 18:45
>>75-76
「面白いほど〜」と違ってこれは期待できるかも。

81 :名無しさん@3周年:04/05/10 19:12
>>79
スウェーデン語は英語や独語に非常に近く、学びやすいです。
尾崎義の4週間、ドイツ語との異同を明記してていい。


82 :名無しさん@3周年:04/05/13 17:02
尾崎義の4週間ではスウェーデン語よりフィンランド語の方が学びやすかった。
不規則が多い(ス)、少ない(フィンランド語)の違いか。


83 :名無しさん@3周年:04/05/14 15:56
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/1082226559/89

今調べています。分かる方是非協力お願いします。
辞書で調べても乗っていないので普段から
該当言語を使ってる語学学習者に質問です。 
よろしくお願いします

84 :Omena:04/05/16 09:54
こんにちは。
大学書林の末延先生のHP見つけました。
まぁ、生徒さん限定になっているようですが…。

http://www2.ocn.ne.jp/~nobu0113/index.htm

ところで、アルト・パーシリンナの作品は、原語でよみましよ。まぁまぁです。
ちょっと幻想文学のような感じですが、滑稽に社会を、ん〜風刺的に描いていますね。
日本語にも一冊『Jäniksen vuosi』が訳されていますよね。

ちなみに「Flash」は固有名詞になってしまっているのでフィンランド語でも「Flash」です。
無理やりフィンランド語にすると「animointiohjelma」です。「Flashアニメ」は「Flash-animaatiot」になります。

では良い週末を「Hyvää viikon loppua teille!」

85 :74:04/05/16 18:29
>>84
アルト・パシリンナ読んだ日本人がやっといましたか!うれしい。
まあまあでしたか・・。
僕は最高だと思ったのですが。

今読んでるのは「吠える粉ひき」です。これもまた奇妙で面白い。
アキ・カウリスマキと同じ薫りがします。

86 :やまと:04/05/16 23:49
エストニアは、フィン語だけぢゃなくって、ロシア語も英語もふつーに通じる国でっせ。

87 :名無しさん@3周年:04/05/17 01:10
>>86
Does Estonian understand both "Mua vituttaa" and "Mne pizdets"?

88 :名無しさん@3周年:04/05/17 01:20
>>84
Flashって二重の意味でフィンランド語らしくない単語だな(語頭に子音が2つ、
しかも最初がF)、こんな単語がフィンランド語の語彙に入って欲しくないが。。。

89 :名無しさん@3周年:04/05/17 10:14
結構フィンランド語やってる人いるんやね。2年強の間、ヘルシンキ大学に留学してましたよ。エストニア語もやったけど、フィンランド語と似てるからどっちがどっちかわからなくなるような感覚がありました。

90 :名無しさん@3周年:04/05/17 10:17
猫のことばだと思いますたか?

91 :名無しさん@3周年:04/05/17 10:38
いいえ、確かにニーン・ニーンってよく使いますが、日本人がそうそうと言うのと同じやわ。

92 :名無しさん@3周年:04/05/17 11:01
>>87
pizdets はそのままエストニア語にも入ってるみたい。
フィンランド語の vittu に相当するエストニア語は vitt で、
ここから vitutama という動詞もあるから、分かることは
分かるんじゃないかなあ。

93 :名無しさん@3周年:04/05/17 11:05
そんなこっちゃなくて。言語は生き物だからね。言語の歴史を勉強しよう!


94 :omena:04/05/17 11:36
>>85
「まぁまぁ」と言ったのは、その他にも面白い作家の作品がたくさんあるということですよ。ご心配なく。
アルト・パーシリンナ(パーと長母音になります)は、なぜだか国内より国外の方が、特にフランスでの評価が高いですね。
日本では2600冊しか売れなかったようですが。。。。

95 :omena:04/05/17 12:42
ところで20世紀初頭のフィンランドの新聞を読んでみると「日本」が「Japani」ではなく「Jaappani」、日本人が「japanilainen」ではなく「jaappanilainen」となってます。
面白いですね。


96 :74:04/05/17 12:46
>>94
パーシリンナより面白い作家がたくさんあるんですか?!
それは読みたいです。ぜひ。
おすすめのフィンランド作家の作品があれば教えていただけないでしょうか。
フランス語版で出てれば読んでみたいと思います。

97 :omena:04/05/17 15:54
Juha SeppäläとかRosa Liksomとか、Leena Krohnとか、Kari Hotakainenとか
います。
Juha Seppäläの作品だと「Rakkauden hauta」が「Le tombeau de l'amour 」というタイトルででてるかな。
Rosa Liksomの作品だと「Bamalama」が「Bamalama」で、「Tyhjän tien paratiisit」が「Noirs paradis nouvelles」
「Unohdettu vartti」が「Le creux de l'oubli nouvelles」というタイトルででてるよ。
んでLeena Krohnだと「Donna Quijote ja muita kaupunkilaisia」が「Doña Quichotte et autres citadins」ででてるかな。
いっそのことフィンランド語で読んでみてはいかがですか?


98 :名無しさん@3周年:04/05/17 20:56
>>97
情報ありがとうございます。ぜひ読んでみたいと思います。フランス語で・・。

フィンランド語はつぶしが利かないでしょう。
すっごく難しいらしいし。無理っす。

このスレにいる人はこういう本読まないんでしょうか。
カウリスマキの映画を字幕なしで観たり、こういう面白い本を原書で読んだり、という目的以外にフィンランド語を勉強する目的って何ですか?

99 :名無しさん@3周年:04/05/18 00:05
>>98
お前の質問そのままそっくり返してやるよ。
つまり答えはそういうことだ。

100 :名無しさん@3周年:04/05/18 00:38
98 の人は、ここよりもどこかフランスの適当なBBSに行った方が
同好の士が見つけられて幸せになれるような気がする。

101 :名無しさん@3周年:04/05/18 07:35
>>100
フランス語やってる人はフィンランドものとかあまり読んだりしないんですよ。

102 :名無しさん@3周年:04/05/18 07:38
あ、でもフランス本国のBBSに行けば同好の士はみつかりそうですね。
そうします。

>>99
何逆ギレしてんの?
ずっと初心者用テキストの話してれば。
フランス語にもお前みたいなやつ多いよ。

103 :名無しさん@3周年:04/05/18 11:03
あと、季刊雑誌の "Books from Finland" のサイト
( ttp://dbgw.finlit.fi/fili/bff/ )
(特に New translations のところ)をチェックしている
といいかも。

104 :名無しさん@3周年:04/05/18 12:00
ここのところのレスを見ていて思ったのですが、
De gustibus non est disputandum.
ということわざは、フィンランド語だと
Makuasioista ei pidä kiistellä.
でいいのかな?もっとよく使われる言い方はあります?

105 :名無しさん@3周年:04/05/18 12:26
>>102
逆切れとか言う前に自分の質問がどれくらい失礼なものなのか理解しろ。
人によってそれぞれ目的が違うのにその目的で人の努力を評価するのか?

106 :名無しさん@3周年:04/05/18 12:57
>>105
お前の方が失礼。

107 :omena:04/05/18 13:33
私は、ほぼ有名どころの作家の作品は、読みましたよ。
ただ、カウリスマキは文字というより映画で作品が生きると思っているので、
原語では一冊くらいしか読んでいません。


108 :omenamehu:04/05/18 13:55
フィンランドはいつも仲介やくというか、仲裁役というかです。
ミカエル・アグリコラもロシアに仲裁に行って死にました。
「Jokaisella on oma makunsa」でいいのでは?

109 :omena:04/05/18 14:12
>>105
あくまでも言語は「手段」ですから、やはり「目的」が何か知りたい人が
いてもいいと思いますよ。仲良くお話しましょう!
「On turha kiistellä makuasioista.」かも。

110 :名無しさん@3周年:04/05/18 19:35
どなたか、ヘルシンキの sotamuseo と mannerheimin museo のメールアドレスを教えてくれませんか?よろしくです。


111 :名無しさん@3周年:04/05/18 20:13
>>110
Sotamuseo
sotamuseo@mil.fi

Mannerheim-museo
info@mannerheim-museo.fi

112 :外野:04/05/18 20:31
荒れてるね。そもそもフランス野郎は、「質問」なんかしてないじゃん。
疑問文の形をとった婉曲なイヤミを>>98で言っただけでしょ。



113 :名無しさん@3周年:04/05/19 00:22
>>108-109
レスありがとうございます。
……で、ここからはちょっと変な話になるのですが。

Jokaisella on oma makunsa. はエストニア語にすると
Igal ühel oma maitse. ということになると思うのですが、
検索してみるとなぜかエストニア語の方がヒット数がずっと多くて、
Makuasioista ei voi kiistellä. も、エストニア語の
Maitse üle ei vaielda. の方がやっぱりヒット数が多いんですよ。

ネット人口から考えるとフィンランド語の方がヒット数が
多くなりそうなものですが……。(謎)

114 :omenakakku:04/05/19 14:10
ん〜。ふむ。じゃ命令形使って「Makuasioista älköön kiisteltäkö」かな。
どだろ、いろんな言い方できそうな感じがするな〜。

>>112
まぁまぁ。そこはおひとつ、仲良くしましょう。

115 :名無しさん@3周年:04/05/20 05:25
動機付けは人それぞれなのに,「つぶしがきかない」なんて物の言い方はいかんでしょ.
言葉を100%,単なる道具として扱うならそういう考え方もあるとは思うけどさ.

フィン語の著作物や映画があるっていう事実から,フィン語を母語として生活してる人が
いるんだっていう想像ができないかな?
たとえマイナー言語であっても,それだけで十分理由になると思う.
質問するならそれを理解した上で言葉に気をつけて欲しい.

・・・・なんてな
煽りにマジレスカコ(・∀・)イイ!

え,ワタシですか?
惚れた女がフィン人ですた・・・不純でごめんなさい
・・しかも振られましたよ,へへっ

116 :omena:04/05/20 11:33
>>115
「つぶしがきかない」とう部分に過剰に反応しなくてもいいと思いますよ。
むしろ私は、98さんがそのように発言したことでどの程度アルト・パーシリンナの作品や
その他を読みたいのかっということがわかりましたよ。
それほど関心がないってことですよね、「つぶしがきかない」のではなく。
はぃ。それまでです。

115さん、ところで、私は少し疑問に思うところがあるのですが、「言語」って「道具・手段」
のほかにどんな意味や扱いがあるのですか?メジャーかマイナー言語なのかの話は、別の話ですよね。


117 :98:04/05/20 13:03
>>116
> むしろ私は、98さんがそのように発言したことでどの程度アルト・パーシリンナの作品や
> その他を読みたいのかっということがわかりましたよ。
> それほど関心がないってことですよね、「つぶしがきかない」のではなく。

そんなことないですよ。できればパーシリンナの全作品や他のフィンランド作品も読みたいと思っています。
でもとりあえずはフランス語版で出ている物を読みます。
待ってれば全部翻訳されそうな勢いですから。

118 :omena:04/05/20 13:30
117>>
それは、失礼しました。「とりあえず」パーシリンナということだったのですね。
確かに彼の作品は、フランス語に全てなるでしょうね。フランスでは、評価が他国よりも高いものね。
まぁ、もっとも「フィンランドの文学」っと国で文学をくくってしまう時代ではないのでね。今は。
というより、本来は。はぃ。
仲良くお話しましょう。よろしくです。

119 :omenakakku:04/05/20 14:24
ところで、佐久間先生の本より前にまたフィンランド語の本がでるようですよ。
旅のときに役立つ会話帳のようです。
「困ったときの英語つき」っというのがウリのようですが、どうなんだろうな?っと
首をかしげてしまいます。皆さんはどう思いますか?

120 :115:04/05/20 15:41
>>116
言葉ってその時々の世の中の状況を吸収して少しづつ変化しますよね.
歴史的・文化的背景を持っている,とでもいいましょうか.
むしろ言葉そのものが文化といっても過言ではないだろうという視点から,
使うことを主目的としないアプローチの仕方があるだろう,という意味です.

それから,メジャーかマイナーかというのは確かに別の話です.
言葉って,こうやって書き込みなんかしてると気づくんだけど,他人とコミュニケーションを
取るためだけじゃなくて,自分の感情や思考を自分自身に知らしめるためにも重要だったり
するわけで・・・自己確認とでもいうのかなあ.
フィン語でもフランス語でも日本語でも,そうやって言葉に依って立ってる人間がいて,
それぞれの個の重みは同じはずなんだけど,98での言い方はその辺が軽んじられてるように
感じられてちょっと悲しかった.

と,もやもやっと感じたことを言葉にしてみましたよ.
そしたらなんだかとってもスレ違いだ,ごめんなさい.
軽軽しく反応したのが間違いだった.反省.

121 :omena:04/05/20 17:17
>>120
いえいえ、反省することはないですよ。悪いことしてないのだから。
むしろ、ご意見が聞けてとてもうれしいです。ありがとうございます。
なるほど、言語に文化的な意味や歴史的な意味を含めていたのですね。

ただ、私が思うにこの場合も、あくまで「言語」は「文化」を築くための「道具・手段」
である気がします。このスレは、たまたまフィンランドなのでお話をしますね。
フィンランドの歴史を紐解くと、「フィンランド語」は他国の支配下において、
自国民を主張する格好の「道具」になっていますよ。つまり、他国との異質性を
言語に求めたりして。フィンランドは違うんだよ、他の民族とって。特にスネル
マンなどは、そのような考え方でしたよね。

違いますか?他の皆さんの意見も聞きたいです。「言語」って何でしょう?






122 :115:04/05/20 20:18
またまた失礼します.

>>121
そういう視点では考えてなかったな.
民族意識高揚のために言語を引っ張り出すわけですね.

えーっとね,蛇足ですが,
私のが言いたかった文化ってのは,日常生活の連続の上になんとなく成り行きで
できあがってくる実体の無い共有物,みたいなものです.
いわゆる生活文化のような,結果(もしくは経過)として存在する文化のことを指した
もので,ハイカルチャー的なものとは違うんです.
一口に「文化」といっても意図的に構築されるものと,無意識のうちにできあがるもの,
というような違った側面があると思います.

123 :Omena:04/05/20 21:11
>>122
122さんレスありがとうございます。実体の無い共有物ですか。なるほど。
かつて、トーヴェ・ヤンソンさんが「ムーミン」を「実体がないが存在するもの」
っと述べていたのを思い出しました。懐かしく思います。

ただ、この「文化」の「ハイカルチャー/ローカルチャー」の話も、
言語が「メジャー/マイナー」に分類されて話されていたときと
同じように別の話のような気がしますよ。結局は、「言語」が
「道具・手段」以外の何かは私にはつかめませんでした。

「言語」が「道具」として「ハイカルチャー/ローカルチャー」にせよ「文化」を
育んできたのではなく、「言語」それ自体が、「生活文化」を内包してい
るということですか?

皆さんはどのようにお考えですか?


124 :名無しさん@3周年:04/05/20 23:26
文化=言語
要するにこれだろ?


125 :78:04/05/21 01:36
>79,81
レスありがとうございます。
スウェーデン語だったんですね。シツレイしました。
尾崎義さん、探してみます。m(..)m

126 :98:04/05/21 17:37
omenaのおかげで面白いスレになってきました。

また怒られるかもしれないけど、僕の意見を。
なぜフランス語を勉強してるのにこのスレに来てるかというと、上でも言ったとおりアルト・パーシリンナの小説を読んだりアキ・カウリスマキの映画を観たりして、フィンランドという国の文化に興味を持ったから。
これらの小説・映画には明らかに共通するおもしろさがあって、それがきっとフィンランドという国が育んだものだと想像したのです。
実際はどうなんでしょうか。

127 :98:04/05/21 17:39
すみません、敬称を略してしまいました。
× omena
○ omenaさん
大変失礼しました

128 :Omena:04/05/22 17:48
98さん「omena」でいいですよ。そうですね〜。作品の解釈というか、「意味」を
作り出すのは、「読者」ですから、パーシリンナやカウリスマキに共通点を見出
したのは、98さんの読書経験によるところが多いのではと考えられます。

ただ、それぞれの文化の中で「ユーモア」に対する考え方が違って存在することは
確かです。これは、社会学的な問題になるのだと思います。特に、フィンランドは
他国に長い間支配されていましたので、自国民の姿を文学で描き出してきた、あるいは
フィンランド人像を作品の中に求めてきました。

そのような中で発達してきたフィンランドの文学の特徴の1つとして人間観察的な、
っというか常に新しいフィンランド人の姿を描き続けている点があげられます。そう
すると、やはり言葉少なく、他人をじろーっと見るように、既に作り上げられた
フィンランド人の姿・社会を「こばか」にして、また新しいフィンランド人の姿・社会
を書くのです。

もちろん、これがすべての作品に共通するわけではありませんが、大まかな特徴の1つと
言えると思います。

129 :Omena:04/05/22 20:01
98さん名前変えてみてはいかがですか?

130 :Omena:04/05/22 20:20
>>124
124さん、こんにちは。「文化=言語」とはかなりジャンプしましたね。
どういったお話しですか?ぜひ聞かせてください。よろしくお願いします。


131 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:11
「文化=言語」と言ったのは
言語が無ければその地域に文化は生まれないからです。
文化がある以上は必ず言語はあるものですから。

132 :名無しさん@3周年:04/05/23 01:45
>>131
おまいは朝鮮半島を馬鹿にしているのか?

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)