2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【天皇制】昭和天皇の戦争責任【反対】

1 :\:04/01/22 23:46
吉田裕一橋大教授著「昭和天皇の終戦史」を
見たがなかなかイケてたので紹介します。
やはり天皇制は総意じゃないだろ。
穀潰し天皇制を論議しましょう。
それとともに大元帥ヒロヒトの戦争責任を
徹底追及しましょう。
以上ウヨサヨどちらにもかぶれてない
我ら20代からの提案でした。

2 :日本@名無史さん:04/01/22 23:49

































3 :日本@名無史さん:04/01/22 23:51
∧_∧            ((
   ( ´Д`) いやー寒いねぇ ) )
  /    \          ノ
  | |     | \        ((  ((
  | | /⌒|⌒|ヽ二二つ    )    ) 丿パチパチ
  ヽ二二Ο./      \ (( (   ノノ
  (_| |_| |_       \ ∴∵ ←>>1
    .(__)__)       //》||ヾミ\


4 :日本@名無史さん:04/01/22 23:53
「日本統治下の朝鮮」を述べた文として正しいものを、次の@〜Cのうちから一つ選べ。
@朝鮮総督府が置かれ、初代総督として伊藤博文が赴任した。
A朝鮮は、日本が明治維新以降初めて獲得した海外領土であった。
B日本による併合と同時に、創始改名が実施された。
C第二次世界大戦中、日本への強制連行が行われた。

入試の正解は 4 だが、在日朝鮮人のほとんどは強制連行ではなく金銭目当て、犯罪目当ての密入国が実情だ。
強制連行のウソ(ビラのHP)
http://posting.hp.infoseek.co.jp/
今日本国内にいるほとんどの在日韓国・朝鮮人が、徴用とは全く関係の無い、単に職を求めて合法・非合法に
来日した人達、またその子孫ばかりであるという事が分かります。公的機関のソースあり。
※リンク先のビラをご近所にまくと変人と思われる可能性があり、社会生活に支障をきたす可能性もあるので、
リンク先のビラを実社会でまくのは自己責任です。

問題作成委員に左翼大学一橋の教員が関わっている疑い濃厚。
今回のセンターで出題されたアリランの歌がこんなところに!!
1999年一橋大学前期世界史第3問
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/sokuho99/index.html
おまけ
2002年一橋大学前期世界史第3問Bに注目
http://www.yozemi.ac.jp/nyushi/sokuho02/hitotsubashi/zenki/index.html

5 :日本@名無史さん:04/01/22 23:53
>>1
ちゃんとこれ貼っとけよヴォケ



裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。

6 :日本@名無史さん:04/01/23 00:00
処刑の手続き問題(1):吉田裕氏
http://www.interq.or.jp/sheep/clarex/jusinbello/jusinbello09.html

ここでは吉田裕氏にご登場願おう。
『南京大虐殺の研究』(洞富雄、藤原彰、本多勝一編、晩声社)という本で(95ー125頁)、
「南京事件と国際法」と称して吉田氏が寄稿しているので、それを検討してみよう。
以下、吉田氏の著述の引用は、それからのものである。

長いので以下、略します。
ようするに吉田裕氏の著作は読む価値無しw













終了。

7 :日本@名無史さん:04/01/23 00:06
天皇制はいらんね。必要なし。
戦争責任はどーでもいい。
以上20代の若者の意見でした。

8 :日本@名無史さん:04/01/23 00:07
戦争を煽ったマスコミの戦争責任を追及!

9 :\:04/01/23 00:08
生身の女と接触できません。
それ以前に他人と話せません。
昔、親がショック療法とかで風俗ギャルや宴会屋を呼んだが死にそうになった。
それ以前のカウンセラの方がまだましだったようなきがする。

酒、ギャンブル、女遊び、薬、リストカット、暴力とかしないでゲーム、アニメ、漫画、ネットをしてるだけだからそんなに悪くないよね。
先祖代々のお墓の保守が仕事みたいなもの。
今は誰も何も言わない。
最近ネトゲで友達も出来た。
自分の事はパソコンのAIプログラム実験体で実体は無いからオフで会えないと書き込んでいる。
その上でパーティーを組んでくれている。
最近リアルドールを買って話しかけて練習している。
パソコンに繋げて話返してくれないかな。
誰か作って。

10 :日本@名無史さん:04/01/23 00:09
戦争責任なんて用語は世界に存在しない

11 :日本@名無史さん:04/01/23 00:10
日本に存在するだろw
日本は世界じゃないのかい?

12 :日本@名無史さん:04/01/23 00:13
wって付けてるの見るの2年ぶり

13 :日本@名無史さん:04/01/23 00:20
>>12
懲役二年の実刑、お疲れ様でした

14 :日本@名無史さん:04/01/23 00:23
唯々諾々と戦争を開始し
唯々諾々と敗戦を認め
唯々諾々と占領を許し
唯々諾々と主権を廃し
唯々諾々と押しつけ憲法を認め
唯々諾々と象徴天皇の地位におさまり
唯々諾々と公式行事に出席し
発した言葉は「あっ。そ。」のみ。


15 :日本@名無史さん:04/01/23 00:27
あっそ

16 :日本@名無史さん:04/01/23 00:30
>>15
テンコロ発見!

17 :日本@名無史さん:04/01/23 10:16
卑しい金目当ての空文か・・・
自分の国へ帰って、雑草食いながらでも主張が変わらないなら




























やっぱ、ただのタワケだわ某と1

18 :日本@名無史さん:04/01/23 13:40
俺は天皇制なんて税金の無駄遣いで、何が偉いんだか
理解できないんだが、チョンは大嫌いだし、自衛隊は
軍にするべきだと思っている、ただの日本人なんだが
一体、俺はウヨサヨどっちなんだろう?

19 :日本@名無史さん:04/01/23 16:35
☆タイ・マスコミ「韓国に絶対行くな」と報道
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020419174232400
☆韓国人「空港デモ」国際的な醜態多い 台湾・中正空港、タイ・バンコク
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/08/01/20010801000010.html
☆フィリピンで、「人身売買の国」のレッテルを張られたコリア
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/10/18/20021018000049.html
韓国経営者、ベトナム人労働者を虐待。(韓国語)
http://news.hot.co.kr/2002/11/25/200211251150474317.shtml
☆英国代表発言「韓国はW杯開催してはいけない馬鹿な国」
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jaction/read.php?id=enjoyjapan_8&nid=662642&work=list&st=&sw=&cp=1
☆フランスで差別される韓国人。事件の背景はフランスパリ, 韓国人団体観光客が泊っていた一ホテルだった.
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=www.aq.co.kr/aqua_magazine/2002/7_1/column_p.htm
☆サッカー不正で、イタリアに嫌われる韓国。金監督 "伊で日本人なふりをしたんです"
http://sports.chosun.com/news/news.htm?name=/news/sports/200311/20031127/3b712003.htm
☆ニュージーランド, 遠征出産に医療費用賦課医療先進国を悪用する非常識な韓国人。
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=http://www.yonhapnews.co.kr/news/20030904/041900000020030904163201K2.html
☆アルゼンチンに嫌われる韓国人。アルゼンチン僑民社会の悲劇
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=www.hani.co.kr/section-014007000/2002/11/014007000200211281042001.html
☆ブラジルでボリビア人を虐待する韓国人 韓国人に雇用されたことがあるボリビア人は、
「彼らは金払いが悪くて大嫌いだね。バーレと称する紙を渡すだけの奴隷労働だ」と顔をしかめた。
http://www.brazil.ne.jp/sociedade/news/076.html
☆パラグアイ大使、韓国警察見下し発言で波紋
http://japanese.joins.com/php/article.php?sv=jnews&src=soci&cont=soci0&aid=20020429214028400


20 :日本@名無史さん:04/01/23 16:35
○メキシコに嫌われる韓国人
☆韓国人は共存できない民族?
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2001/02/12/20010212000005.html
☆メキシコ有力新聞も '韓人マフィア' 表現
http://honyaku.naver.co.jp/ktj.cgi?trn=1&frmbar=0&css_url=http://news.hot.co.kr/2003/11/26/200311260911274500.shtml
アメリカで嫌われている韓国。
米LPGA、試合中の韓国語での会話を禁止
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003080817658
ニューヨーク都心で「ハングル看板」論争
ハングルは目障り、韓国人が排他的?
http://japanese.joins.com/html/2003/0902/20030902194417400.html
「韓国発のメール、お断りします」
http://japanese.joins.com/html/2002/1126/20021126200123400.html
米同時テロ後、韓国人追放者が2倍に増加
http://japanese.joins.com/html/2002/0715/20020715141920400.html
マナーが悪い韓国人選手(ゴルフ)苦情百件を超す
http://chuspo.chunichi.co.jp/00/ustour/20030827/col_____ustour__000.shtml
偽装結婚による永住権取得がばれた韓国人
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=http://bbs.hani.co.kr/Board/ns_im/Contents.asp%3fSTable%3dns_im%26RNo%3d6855%26Search%3d%26Text%3d%26GoToPage%3d1%26Idx%3d24684%26Sorting%3d1
韓国国内
●先進国民の韓国好感も 4竜の中でびり
http://korea.hanmir.com/ktj.cgi?url=http://kr.dailynews.yahoo.com/headlines/pl/20011120/dongacom/2001112040976.html
●企業への敵対感情、韓国が世界22ヵ国で最悪
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2003081837578
●「呆れる人種差別」 恥ずかしい韓国人
韓国人青年たちは、ナイジェリア出身のウケブさん夫婦に向かって「いったいどんな色の子供が生まれるんだ」とからかった。
地下鉄から降りた2人は道端で泣き崩れたという。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/10/29/20031029000091.html
●外国人労働者の賃金を奪って金持ちになれるというのか 。
外国人労働者の賃金を故意に滞納する会社が急増
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/11/11/20031111000086.html

21 :日本@名無史さん:04/01/23 19:01
 |    |  |               ∧∧       ∧∧;; ;;ノ ドサッ
 |    |  |           ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃\ (゙0;;゙*)ノ/
 |    |  |         ∧(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;∧∧⌒;;⊃
 |    |  |      ∧∧(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
 |    |  |      (゚;-:。*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
 |    |  |  ∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚o;。*)⌒∧∧
 |    |  |∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙o;;゙*)⌒;;⊃ (。0;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
 |   ∧∧ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゚;;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃
 |   (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゚-;;゚*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃
 | (゙0;;゙*)⌒;;⊃(:;);-゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙0;;゙*)⌒;∧∧
 (。;-;゚*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(。0;;゚*)⌒;;⊃(゚o;。*)⌒;;⊃(゙o;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃
(゙0;;゙*)⌒;;⊃ (゙-;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙0;;゙*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚-;;゚*)⌒;;⊃(゙-;;゙*)⌒;;⊃(゚0;;゚*)⌒;;⊃
                o.
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
               /  朝鮮半島は無事に.  /
               /  崩壊いたしました    /
              / ありがとうございました  /
              /                /
             / 朝鮮人絶滅委員会より/
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
      ∧_∧  /                /∧_∧
     ( ・∀・) /                /(・∀・ )
     (    )つ               ⊂(    )
     | | |                   | | |
     (__)_)                  (_(__)



22 :日本@名無史さん:04/01/23 19:24
>>18
サヨ以外の何物でもない。
国防を認めないのは極左の更に左に位置する「お花畑」。

23 :日本@名無史さん:04/01/23 23:34


*******天皇制廃止キャンペーン**********

24 :日本@名無史さん:04/01/23 23:38
昭和天皇に戦争責任はあるだろ。
でもさまざまな政治的必要から免責された。
そういうことだろ。
免責されちゃったものはいまさら追及しようにも手遅れ。
本人も死んでるし。

25 :日本@名無史さん:04/01/23 23:40
普通に歴史を知っていたら天皇制を廃した後の弊害ぐらい想像つくはずなんだが。
逆に日本を滅亡させたいんなら、俺も天皇制から手をつけるね。
ま、早い話>>1は亡国を画策してる思想集団の後押しをしてる馬鹿なんだよな。

26 :日本@名無史さん:04/01/23 23:46
ま た ヒ ロ ヒ ト ラ − か

27 :日本@名無史さん:04/01/23 23:55
>>25
昔の日本には必要だったと思うけど、今の日本にも必要なのかな?

28 :日本@名無史さん:04/01/24 00:01
「これだけ進んだ世の中なのに〜〜」
「これだけ進んだ世の中で〜〜」
という類のセリフは五百年以上の歴史を持ちます。

その結果が共和国での虐殺であり共産国での粛清。

29 :日本@名無史さん:04/01/24 00:02
>>27
廃止する必要も無い。
逆に廃止したら絶対に独裁者の出ないシステムを構築しなきゃいけない。
面倒。

30 :日本@名無史さん:04/01/24 00:15
日本の国境線の正統性を護持してるのは天皇制だろうなぁ。
天皇制廃したらニダさんたちが、奈良百済の領有権主張してきたりして。
まぁ四方八方から攻め込まれて四分五裂、亡国間違いないね。
極東のユーゴスラビアになるだろうよ。

31 :日本@名無史さん:04/01/24 00:16
そんなに天皇って偉いの?

32 :日本@名無史さん:04/01/24 00:19
>>30
顛脳してまんか

33 :日本@名無史さん:04/01/24 00:20
>>31
えらいかどうか知らんが国民の90%が支持しているのは事実

34 :日本@名無史さん:04/01/24 00:20
サヨやチョンが必死になって皇室を攻撃するということは
逆に日本にとって皇室が欠かせない存在である証拠

35 :日本@名無史さん:04/01/24 00:21
うっ

36 :日本@名無史さん:04/01/24 00:24
 

37 :日本@名無史さん:04/01/24 00:26

>>34
まさに逆(嘲

38 :日本@名無史さん:04/01/24 00:28
>>37
必死w

39 :日本@名無史さん:04/01/24 00:32
皇室ってそんなに攻撃されてんの?
なんかのんびりしてるイメージだけど。

40 :日本@名無史さん:04/01/24 00:33
>>38
必死 → 必至w

41 :日本@名無史さん:04/01/24 00:34
>>39
そりゃこれだけ国民から広範に支持されていたらのんびりもするわな

42 ::日本@名無史さん:04/01/24 00:57
なんていうか、1の存在こそが無駄
まず間違いなく、誰からも必要とされてないな



43 ::日本@名無史さん:04/01/24 01:01
こういう奴にかぎって天皇制に疑問をもったりする。

44 :日本@名無史さん:04/01/24 01:02
のんびり顛脳屁烏賊万世かい

45 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/01/24 01:02
いいから1さんは政治思想板に行けば
もっといい返答が来ると思うよ
君の意見とは違う人はたくさんいるとは思うけどね

46 :日本@名無史さん:04/01/24 01:04
みんな天皇大好きですね。

47 :日本@名無史さん:04/01/24 01:08
>>46
歴史を広く学べば君も天皇制の便利さというか安定性に気づくと思う。
権力のないカリスマがどれほど国民国家にとって安全な存在かってね。

48 :日本@名無史さん:04/01/24 01:12
ナニオー

49 :日本@名無史さん:04/01/24 01:13
昔はそうだけど今も?

50 :日本@名無史さん:04/01/24 01:15
さて、天皇制反対派が失語症になった模様。
そろそろAAかコピペで憂さ晴らしする頃合いだね。
毎度、荒らししかできない君たちに乾杯

51 :日本@名無史さん:04/01/24 01:32
右翼がんばったね。

52 :日本@名無史さん:04/01/24 01:37
右翼や軍人のホモって格好いい気がする


53 :日本@名無史さん:04/01/24 02:05
ほっときゃなくなるから別にいいや。
そんなに当今さんは嫌いじゃないし。
ただ責任者という観点からみると、法律では微妙だが、
さきのお上は国の責任者でしょう。

54 :日本@名無史さん:04/01/24 02:23
詔勅には効力はあっても責任はないんだよなぁ。
治罰綸旨の乱発あたりからか?

55 :日本@名無史さん:04/01/24 02:47
自分の名前で、国を決定するんだから、
名義貸しとはいえ責任はあるとしか思えないんだよね。
まあそれじゃ困る人が多かったんだけど。

56 :日本@名無史さん:04/01/24 06:54
少なくとも今上天皇に戦争責任がないことは確かだな。

57 :日本@名無史さん:04/01/24 09:53
先帝にもな。つーか戦争責任なんてもの自体があり得ない。


58 :日本@名無史さん:04/01/24 10:42
>>57
先帝には戦争責任はあるだろ。

59 :日本@名無史さん:04/01/24 10:47
>>58
誰に対する何についてのどういう責任?
具体的な法的根拠にを明示した上でどうぞ。

60 :日本@名無史さん:04/01/24 10:51
>>59
法的根拠なんかあるわけないじゃん。
大日本帝国憲法に「天皇は神聖不可侵」と書いてある以上、天皇に法的責任は問えない。
昭和天皇の戦争責任はもっぱら国民に対する政治的・道義的なもの。


61 :日本@名無史さん:04/01/24 10:57
戦争責任でなく敗戦責任と言うべき
しかし、その敗戦責任も戦前も実質象徴天皇制だったわけだから
昭和天皇に求めるのはお門違い

62 :日本@名無史さん:04/01/24 11:14
戦争というのは政治の一手段なわけだから、
もし天皇が政治的責任を負う機関として存在していたのなら、
天皇に政治的責任の一種である戦争責任も問えるということになる。

政治的責任とは、ある集団が代表者を選出して政治的権限を与える代わりに、
与えた政治的権限によって集団に不利益が生じた場合の担保として存在する。
つまり、集団が代表者に地位を与える代わりに、代表者は集団に対して責任を負う、
とまぁこういう構造になっているわけ。
 具体的な例としてわかりやすいのは、現憲法下での内閣の政治的責任についてだね。
 現在の内閣は国会に対して責任を負っており(日本国憲法第66条)
 国民に対して責任を負っているわけではない。
 これは、国会の指名に基づいて内閣が作られるから。
んで、戦前の天皇の話に戻るけど、戦前の天皇は別に国民の選挙等によって天皇という地位を
与えられていたわけではない。だから、国民は天皇に対して政治的責任を問うことはできず、
戦争責任も問うことはできないんです。

道義的責任についてだけど、ある人が「天皇は俺に対して道義的責任がある」といったら、
別にそれを否定するつもりは無い。けど、それに賛同するつもりも無い。逆もまた然り。
そもそも道義云々というのは、多分に個人の主観=独断と偏見によって決まるから、
議論の対象とはなりえない問題だからね。

63 :日本@名無史さん:04/01/24 11:35
>>60
>「天皇は神聖不可侵」と書いてある以上、天皇に法的責任は問えない
>昭和天皇の戦争責任はもっぱら国民に対する政治的・道義的なもの

その解釈は違う。
「国民に対する政治的・道義的責任」を含めたすべての責任が問えないことを
「法的」に定めているのであって、法的責任だけを不問にしているわけではない。

少し考えればわかると思うが、天皇に政治的・道義的責任を問うた場合、
「神聖にして侵すべからず」という明治憲法の天皇不可侵条項に違反せざるを得ない。
であるから、天皇不可侵条項に違反せざるを得ない政治的・道義的責任による天皇問責は法的に不可能。

64 :日本@名無史さん:04/01/24 11:42
鬼ごっこの「おみそ」みたいなもんだな。
それで、意思に影響力があるんだからたまったもんじゃないな。
好き嫌いをいっちゃいけない立場なのにね。

65 :日本@名無史さん:04/01/24 11:42
>>63
法的にどうだかはどうでもいいよ。
革命で追放したり裁判にかけたりすればそれで充分責任をとらせたことになる。
昭和天皇の場合は退位もせず懲役にもならずなぜか免責されたがね。なぜだろう?

66 :日本@名無史さん:04/01/24 11:46
被疑者死亡のため不起訴処分とします

67 :日本@名無史さん:04/01/24 11:52
>法的にどうだかはどうでもいいよ
よくない。
公法によらず、私法で他者を裁くのはリンチ。

確かに、天皇に責任を問いたい気持ちはわかるが、法治国家である以上それは不可。
感情にまかせて法も何も無視して他者を裁く、あまつさえそれを正当なものと思うのは
「むかつくから殺した」といって憚らないそこらのDQNといっしょ。

68 :日本@名無史さん:04/01/24 11:54
>>67
そうすると大日本帝国憲法は実に卑劣な責任逃れを規定した法だということになるな。

69 :日本@名無史さん:04/01/24 11:57
>>68
馬鹿にするわけじゃないが、確かに、何も知らない君みたいな人にはそう見えるだろうなぁ。。。

70 :日本@名無史さん:04/01/24 11:58
君主の神聖不可侵を規定した憲法を持った国はたくさんあった。
そのほとんどは革命で君主が追放されちゃったけどな。

71 :日本@名無史さん:04/01/24 12:01
>>67
気づいてるかどうか知らないから教えてあげるけど、君の書き込みは
>天皇には「政治的・道義的責任」を含めたすべての責任が問えない
という点に同意しているということになるのだが、それで良いの?

72 :日本@名無史さん:04/01/24 12:05
てか、法というのは国家機構が存在して初めて機能するもの。
革命というのは、国家機構を破壊することですべてが始まるのだから、
革命の前には君主不可侵条項など無力。
日本でも革命が起こってれば、天皇が廃位されてたかもしれないけど、
幸か不幸か、日本では革命が起こらなかった。
ま、八月革命とか「法律上の革命」ならあったけどね。

73 :日本@名無史さん:04/01/24 12:14
どっちにしろ昭和天皇がとるべき責任をとらずにすんだという事実は変わらんよw


74 :日本@名無史さん:04/01/24 12:55
>>71
政治的責任の追及も難しいだろうね・・・「政治の場」に引きずり出すことに
なってしまうから。
あと、戦争を行うことは道義的責任の対象になるのでしょうか?

75 :日本@名無史さん:04/01/24 12:55
おまえは事実という単語を辞書でも哲学辞典でもいいから一辺引いてみろ。

76 :日本@名無史さん:04/01/24 12:55
>どっちにしろ昭和天皇が責任をとらずにすんだという事実は変わらんよw
なら、わかるのだが、
>とるべき責任
というのは>>73の価値判断が入っている。
ところが、>>73はその価値判断の背景を述べていない。

つまり、>>73の文章は普遍的な説得力を持ち得ないいわゆる自慰投稿なのだが、
>>73は、ああいう自慰投稿さえできれば満足するレベルの香具師、
ないし、自慰投稿をしなければ精神の均衡を保てない香具師らしい。
別にそういう香具師を馬鹿にするつもりも無いが、できれば、
もう少しマトモに議論できる人に出てきてほしいとも思ったりする罠。

77 :日本@名無史さん:04/01/24 13:42
>>76
>もう少しマトモに議論できる人に出てきてほしいとも思ったりする罠。
そうだね。君を見ているとほんとうにそう思う

78 :日本@名無史さん:04/01/24 13:44
「侵略は軍事力・国防力の存在を肯定することから発生する、だから全世界から
軍事力・国防力を否定してなくす不断の努力が必要なのだ。ok」

by kouei37

軍事力を必要としない平和教育を今から始めたとして、どのような教育も成果が現れるのは最低50年以上はかかる。
それまでの間は大戦を回避する為に軍事力の均衡に頼るしかない。


79 :日本@名無史さん:04/01/24 13:53





なんか日本人って、何処か壊れてるよね。

80 :日本@名無史さん:04/01/24 13:55
>>77
>ああいう自慰投稿さえできれば満足するレベルの香具師、
>ないし、自慰投稿をしなければ精神の均衡を保てない香具師らしい。
そうだね。君を見ているとほんとうにそう思うw

81 :日本@名無史さん:04/01/24 13:56
>>79
壊れているのは日本人だけではないと思う。

82 :日本@名無史さん:04/01/24 14:23
壊れているから昭和天皇を免責したのかもしれないね

83 :日本@名無史さん:04/01/24 14:29
何言ってんだ、昭和天皇は立派に責任を取って国民とともに苦楽をともにしたじゃないか?

84 :日本@名無史さん:04/01/24 14:49
>>1は「中学生」に一票。

85 :日本@名無史さん:04/01/24 14:55
まあ吉田の「昭和天皇の終戦史」は昭和天皇を非難した本ではないからな。
昭和天皇が必死に責任回避工作をしていた事実を淡々と書いているだけだ。


86 :日本@名無史さん:04/01/24 15:40
「ドキュメント昭和天皇」を読めば分かる奴は戦争完遂を考えていた。

87 :日本@名無史さん:04/01/24 19:37
吉田か。ある本は彼が加わってから増版で、南京虐殺の被害者を十万単位で増えてたっけな。
事実を淡々と記していただけなのだろう。彼的には。

88 :日本@名無史さん:04/01/24 20:30
ま、元ネタは独白録だから、吉田が作ったわけでなし。

89 :日本@名無史さん:04/01/27 07:39
結局、国民が天皇を免責しちゃったんだよね

90 :日本@名無史さん:04/01/27 07:41
大日本帝国憲法に天皇に政治責任は存在しないと明記されているので
無罪です。

91 :日本@名無史さん:04/01/27 07:54
>>90
それで済めばヴィルヘルム2世は亡命せずに済んだしニコライ2世は死なずに済んだ

92 :日本@名無史さん:04/01/27 08:22
奴等は済まさなかった。我々は済ませた。それだけの話。

93 :日本@名無史さん:04/01/27 08:38
結局、国民が天皇を免責しちゃったんだよね


94 :日本@名無史さん:04/01/27 09:21
>>91
日本では革命が起こったのですか?

95 :日本@名無史さん:04/01/27 09:37
彼等の脳内では八月革命が起きたことになっているんだよ(苦笑

96 :日本@名無史さん:04/01/27 09:47
八月革命説って学界では有力説なの?少数説なの?

97 :日本@名無史さん:04/01/27 10:01
少数って程少数でもないけど有力になったこともない。
憲法学会の人に聞くとなんともいえない苦い顔をする。

98 :日本@名無史さん:04/01/27 11:05
>>91
ヴィルヘルム2世もニコライ2世も戦争責任を追及されたわけじゃ無いダロ。

99 :日本@名無史さん:04/01/27 11:11
>八月革命説
革命が起きたとすれば革命の主体は誰か?
それはアメリカ様です。
従って日本の主権者は国民でなく小ブッシュです
という愉快なコトになるワナ(藁

100 :日本@名無史さん:04/01/27 11:46
小ブッシュなのはおまいの頭じゃ。
当時の日本の状況から考えれば主権者はマ元帥だろう。

101 :日本@名無史さん:04/01/27 14:34
その後革命は起こってないんだから、主権はアメリカ側に受け継がれてるだろ
その証拠に日本人の手による憲法の制定/改正は行われていない、
アメリカ様に言われれば軍備を放棄し、その後再軍備をし、海外派兵もする、
現在の日本の主権者は小ブッシュだよ。

102 :日本@名無史さん:04/01/27 19:18
統帥権は合衆国大統領に取り上げられたままです。
民主党はイラク出兵をやめさせようとしてるようですが、
明らかに統帥権干犯です。

103 :日本@名無史さん:04/01/27 22:15
ケジメは大事です。
改めてテンコロには戦争責任裁判で、有罪判決を!!!



104 :日本@名無史さん:04/01/27 22:18
有罪です


スレ終了〜

105 :日本@名無史さん:04/01/28 02:17
被告死亡により公訴棄却

106 :日本@名無史さん:04/01/28 03:28
国際法に戦争責任という言葉はない。東京裁判は連合国の私的制裁だ。
さて。天皇に戦争責任があるか。
ないな。
私的制裁を行った判事連中が勝手に作った罪名なんだから、不起訴の時点で無罪確定だろ。
敢えて。敢えて憲法や帝国の統治機構の検証、政治の歴史的検証などを行えば、
なんらかの政治責任が発生する余地も出てくる。が、しかし。
その政治責任が即戦争責任かどうかを判断するには、戦争責任の定義を明確にしなくてはならない。

個人的に昭和天皇は賢帝。沈黙の帝王だよ。

107 :日本@名無史さん:04/01/28 05:29
>>100
マ元帥・・・マウントバッテン元帥か?

108 :日本@名無史さん:04/01/28 20:00
>>106
 昭和のテンコロは、臣下に全部責任を押し付けて、天寿をまっとうしたクズとしか思えないが…。


109 :日本@名無史さん:04/01/28 20:15

  Λ_Λ ←>>1     ☆
 <ヽ`Д´> ☆      /
  ~~~~~~ \     /) ∧___∧
    \\\\ (( ( ヽ(・∀・ ) ≡
          ___\ /    て) ≡
           ( つ つ\  く ̄ ≡
          )  ) ).  \  )  ≡
           (__)_)    し' ミ






110 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/01/28 21:16
>>108
臣下に押し付けたんじゃなくて
臣下がやったことを臣下が責任取っただけなような気がするんだが

111 :日本@名無史さん:04/01/28 21:21
臣下に勝手に戦争やらしちゃいかんだろ。

ヤーコでさえ負け戦で組長責任取るぞ。(とらねーか?)

112 :日本@名無史さん:04/01/29 07:27
>>111
若いもんをムショ送りにして「帰ってきたら幹部だ!」っていうんじゃないの?

113 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/01/30 00:40
っていうか「戦争駄目」って断固反対したらクーデターおきて
もっと日本はめちゃくちゃな国になってたと思う

114 :日本@名無史さん:04/01/30 02:38
>>113
それで無謀な戦争始めて大日本帝国が完膚なきまでに叩き潰されていれば戦後の日本はもう少しマシな国になっていたかもしれないよ。
靖国神社や右翼政治家をはじめいまだにひきずっている大日本帝国の残滓がいろいろな社会問題を引き起こしていることを考えればどっちがよかったかわからないよ。

115 :日本@名無史さん:04/01/30 02:47
国家主義・全体主義の右翼がアメリカに完全に排除されていたら
もっと明るい国になってただろうな。でもアメリカはそいつらを利用した。
だからいつまでも残っている。

116 :日本@名無史さん:04/01/30 03:32
昭和天皇を免責したのは国民。
昭和天皇と国民は戦争責任において共犯関係となった。

117 :日本@名無史さん:04/01/30 09:44

天皇は愚民統治の為の道具。

118 :日本@名無史さん:04/01/30 18:33
>>113
 国民が300万人ちかくも死んで、焼け野原にされただけで十分めちゃくちゃですが…。

>>110
 テンコロは、その臣下に細かいことまで指示を出して戦争指導をしていたようですが…。


119 :日本@名無史さん:04/01/30 19:19
内奏と上奏の区別が付かない素人さんがまた一人釣れた模様

120 :日本@名無史さん:04/01/30 19:47
内奏に対する下問だから責任を負わなくていいというものでもあるまい。

121 :日本@名無史さん:04/01/30 20:03
昭和天皇がフセインみたいな卑怯者だったら
天皇制はつぶれていたと思う。

122 :日本@名無史さん:04/01/30 20:21
現実に天皇の意思が国政に反映したことはある。
これは独白録を読めば分かること。
仮に重光葵に戦争責任があると仮定するなら昭和天皇にも戦争責任がある。

また連合国の言うところの「侵略戦争の共同謀議」という犯罪が現実に存在したとしてw
その行為によって裁かれるべきは皮肉な意味において昭和天皇しかいないだろう。

123 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/01/30 23:07
っていうか戦争責任というもの自体いただけないものじゃないのかな
それを大義名分に昭和天皇を冒涜するというのは良くない事だと思うし、
はっきり言って歴史上の人物を何も知らずにただいたずらに侮辱するのは
俺は好きじゃない

124 :日本@名無史さん:04/01/30 23:11
>>123
じゃあおまえは昭和天皇の何を知っているというんだ?
昭和天皇には褒めるところ以外何もないのか?w

125 :日本@名無史さん:04/01/30 23:34
>>123
>>122だけど昭和天皇を冒涜する意思はないぞ。
単に戦勝国裁判を皮肉ったものだ。
別に昭和天皇を高く評価してるわけでもないけど。

126 :日本@名無史さん:04/01/30 23:38
「冒瀆」とか言っちゃう時点でイタイよな。
「批判」だろ。

127 :日本@名無史さん:04/01/30 23:40
>じゃあおまえは昭和天皇の何を知っているというんだ?
言えない事もあるのだよ。

128 :日本@名無史さん:04/01/30 23:44
そもそも戦争責任って何

129 :日本@名無史さん:04/01/30 23:46
アメ公語

130 :日本@名無史さん:04/01/31 00:03
アメリカもいつかは戦争責任を問われる日が来るのであろう

131 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/01/31 01:31
>>122
ごめん、123は貴方に対する発言ではない
ただこのスレを見てたらそんな印象を受けただけ
すまん

>>124
いやいや、ほめるべきところもあるだろうし、批判すべきところもあるだろう
俺は実際昭和天皇をどうとるべきかわからない
ちなみに、俺が何かを知ってるから書いたんじゃなくて、ただいたずらに
批判する奴もいるみたいだから、それは良くないことだと思っただけなんです。

>>126
かなり痛いかも知れん。今後気をつけるよ

123における発言は、このスレだとか他のスレを見て思った漠然とした感想
を述べたものです。誤解を招いた事、お詫びいたします。

132 :日本@名無史さん:04/01/31 15:06
今度のイラク戦争は合衆国の侵略戦争であり小ブッシュは戦争犯罪人だな。

133 :日本@名無史さん:04/01/31 15:48
何をもって戦争責任と?

134 :日本@名無史さん:04/01/31 17:07
昭和天皇が権力を使ったのは、226事件と八月十五日の二回だけ。かな?

135 :日本@名無史さん:04/01/31 18:38
>>134
違う。
独白録読め。
あれも自己弁護入ってるが…

136 :日本@名無史さん:04/01/31 18:58
スターリン、毛沢東、トルーマンこそ戦犯として処刑すべきだった。

137 :日本@名無史さん:04/01/31 20:48
でも、昭和のテンコロが一番最悪だね。



138 :日本@名無史さん:04/01/31 20:50
スターリンや毛沢東の失敗は戦争犯罪の範疇では収まらないと思うが・・・


139 :日本@名無史さん:04/01/31 21:03

このてのスレはいつも137のようなアフォが出てきてゴミスレになってしまう


140 :日本@名無史さん:04/01/31 23:52
実際法的に責任がないとしてもさ、
当時たくさん人が死んだわけだしトップだったのも事実だし
乱暴な言い方すればみんな不幸になってそれを耐えたのに
天皇だけ助かりやがってみたいなのがあるんじゃね?

責任をとるというのは一市民になれというのか、
それとも死ねというのか・・

俺は歴史は詳しくないし法も知らんが
戦後の天皇って結構大変だったんじゃね-の?
一生戦争の影を背負って果てた

141 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/02/01 00:28
>>137
どこがどう最悪なのか詳しく説明してほしいものだ

142 :日本@名無史さん:04/02/01 01:31
>>141
禿げしく同意。

143 :日本@名無史さん:04/02/01 09:11
少なくとも136の人々よりも、必ず先に手を出していたのは昭和天皇。


144 :日本@名無史さん:04/02/01 12:43
昭和のテンコロのパターンは、自分の方から攻めかかって、自滅するという最悪のケースばかり。


145 :日本@名無史さん:04/02/01 16:58
>>140 >たくさんの人が死んだから・・・
それは仮に大東亜戦争に勝ってても?
それとも『負けた上に戦死者まで出しやがって』ってと?
政治的行為の結果、国民に多大な損失があったときに、
為政者またそれに準ずる地位にいた人が何らかの「責任を感ずる」のは当然でしょう。
独裁者や自己陶酔者じゃないのだから。
だから、陛下は昭和23年に国民に対して謝罪詔勅をだそうとしたのでしょう?
「朕の不徳なる、深く天下に愧ず」と。それは、時の政府によって封印されたけれど。
しかし、貴方が書いてある様に、「法的責任」と感ずる「責任」が違うのはご存知の通り。
じゃあ、退位すればよかったか。
責任ある地位についている以上、それが容易ではないことは社会人ならわかるでしょう?
>>140氏の前文と後文では真意が量りかねるが、
「天皇だけ云々」というのはその後全国的な暴動が起ってない事からも
そのように感じていた国民は少なかったであろうし
(当時、国民が陛下のことを「天ちゃん」という愛称で呼んでいたのを知っていますか?)
「一生戦争の影云々」は、天皇陛下ご自身が感じていたことは謝罪詔勅からもわかるでしょう。
ここで長々と書くのはどうかと思うんで端折るが陛下に対する「戦争責任」を
追求するなら「何をもってして」ということを明確にしてほしい。

146 :日本@名無史さん:04/02/01 17:28
>>140 >天皇(陛下)だけ助かりやがって 云々
戦後の長い期間、共産主義者、左翼人士、マスコミ等々、天皇制反対やら陛下の戦争責任やらで
大騒ぎしていたにも拘らず、終戦直後に陛下が全国を行幸した折にも暗殺事件は起らず、
その後内戦も起らず、皇室の地位が今、こうしてあるのは、国民の総意として
「天皇陛下には責任はない」という考え方が一般庶民の間には根付いていたからだとは
考えたことがないですか?
今のイラクの混乱と、歴史から知ることのできる大東亜戦争後の日本の粛々とした
情勢とを比較してみれば、なぜ、日本はあんなに大人しかったんだ、と考えたことはないですか?
勿論、大東亜戦争はイラク戦争と違って数年に亘る長い戦争であったし、
日本の場合は大空襲など一般庶民にも恐怖感を植え付ける攻撃が多々あったために
厭戦感情が国民の間に充満していたということがあったと思うが、
それよりもなにも天皇陛下の「耐え難きを耐え、忍び難きを・・・」という玉音放送を聞いて、
日本人は敗戦を受け入れ、陛下のお言葉に従ったとは考えられませんか?
今の若年層には>>1の様に自分はイデオロギーに左右されてないと思い込んでいる
「戦後民主主義」にどっぷり浸かった横軸価値観の極みの様な人が多いようだが
もう少し縦軸価値観、いわゆる国の成り立ちを学んでほしいですねぇ。

147 :日本@名無史さん:04/02/01 21:39
↑庶民は戦時下の恐ろしい洗脳&弾圧を良く知っているからね。
取りあえず、保身のためには熱烈歓迎しとかないとね。
でも、影では「テンコロ」とバカにしていたよ。



148 :日本@名無史さん:04/02/01 21:46
>>143-144
つまりスターリンや毛沢東は侵略を受けたので仕方なく自国民を虐殺し、
昭和天皇は何度も何度も外国に攻め込んで、その度に負けていたと言う訳か。

149 :日本@名無史さん:04/02/01 22:04
>>146
敗戦後の世論調査では天皇に戦争責任があるという人が大半だった。
天皇制廃止でさえ半数を超えていた。
一般人の天皇家に対する雰囲気がガラッと変わったのは、平民の
正田美智子と結婚したとき。これで戦争責任は追及しないという
世論が誘導された。それまでは天皇制廃止を唱えていた社会党が
政権を握ろうかという勢いだった。高度成長で豊かになりミッチー
人気で、国民は天皇認容になった。

150 :日本@名無史さん:04/02/01 22:08
嘘つきはチョンの始まり

151 :反日日本人:04/02/01 22:13
私は、反日日本人です。
だから、日本も天皇も嫌いです。
子供の時から「日本」「天皇」「日の丸」「君が代」に
違和感を感じていました。

ひょっとして、日本人のほとんどが私と同じように
「日本」「天皇」が嫌いなのではないのでしょうか?

152 :日本@名無史さん:04/02/01 22:14
縄文系日本人なら反天皇、反大和朝廷

153 :日本@名無史さん:04/02/01 22:19
>>144 <恐ろしい洗脳&弾圧
まさしく戦後教育を金科玉条として育った方なんですね、かわいそーに。
多分、貴方みたいなのが真っ先に大本営発表を信じ込んだくちなんでしょうね。
国会議員にもなった方で(名前は忘れました、思い出したら書いときますよ)、
戦時中朝日新聞の記者だった方は、戦時中報道規制が酷かったんでしょうね、という質問に、
記事を書くのに不都合があったことは一度もなかった、と答えてますよ。
まぁ、その人の言を全てとして語るのは愚の骨頂。
しかし、片方の面からしか物事を見れない147さん。
もう少しバランス感覚をお持ちになったらどうですか?
そして「テンコロ」なんて言葉が当時あったなんて聞いたことありませんが?
145の「天ちゃん」を受けて「チャンコロ」と重ね合わして書いてあると思いますが、
適当なことを書いたらいけません。おしりペンペンしますよ。

154 :日本@名無史さん:04/02/01 22:21
失礼>>144じゃなく、>>147です

155 :日本@名無史さん:04/02/01 22:36
もうひとつ。
戦時下においてある程度の言論統制があるのは当然。
国民が存続をかけて命懸けで戦っている最中に、
利敵行為を取り締まるのは当たり前。147のようなね。
一般庶民にブチ殺されるより、ブタ箱の中で守られて
生き延びられるのなら本望だろ?

156 :日本@名無史さん:04/02/01 23:39
>>149
おいおいそんな世論調査どこにあるんだ


157 :日本@名無史さん:04/02/02 01:16
>>144
153の4行目に書いたある国会議員。
資料が見つかったから書いておくぞ。
国会議員の名は橋本 登美三郎氏。元自民党幹事長。
1937年当時、朝日新聞従軍記者キャップ。上海支局次長。
質問したのは阿羅健一氏。
阿羅健「当時の報道規制をどう感じましたか」
橋本「何も不自由は感じていない。思ったこと、見たことは喋れたし、書いていたよ」


158 :日本@名無史さん:04/02/02 01:17
  


      ,.:ニ二三ニニニニ二:、
.   ix:::三彡=-ー'''゙゙゙ヾ、_ヽ
  iX:::::xノ" __  __  ミiii、
  |彡;"     ̄   iiiij
  ,=彡  -=='' '' ==、 ijij
  i 、i|: .ミ-○。i、○= ii|'
  '; ' ::  ー'" , i,゙'ー ,l
   ーi:::::i.  ' iiiiiii""  :j    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |:::::  i' ,==-、) ノ   <  オヤジの教育が悪かったんだ(怒
    〉:::::  ゙二 ̄ ノ      |       
 ,,..ィ'゙|、  ー- ー ノ      \_________
''" | ';\  ̄    jヽ、
   |  '; \_____ ノ.| ヽ、
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

■ ヒロヒトラー(1901〜1989) ■



159 :日本@名無史さん:04/02/02 02:11
>>158
反論できない馬鹿がAA貼りにはしりやがった。

160 :日本@名無史さん:04/02/02 03:27
>>148
左翼ではそう教わるのか?
常識的には、スターリンも毛沢東も侵略者なんだが。
自国民の粛清に関しては、世界史に残るね。
100年後まで残るよ。

161 :日本@名無史さん:04/02/02 06:08
天皇か。無くてもいいものではある。

162 :日本@名無史さん:04/02/02 13:01
てんころは庶民の中で、「愛称」として使われ続けていたよ(w




163 :日本@名無史さん:04/02/02 13:03
>>162
(プゲラ
うっかり特高や憲兵が聞いたら・・・
君は、さぞかし楽しい思いをして、家に帰れたろうなあ。
竹刀で百叩きとか・・・


164 :日本@名無史さん:04/02/02 13:23
        _,,,,,,,,
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
.  |  |  .l i       / ./ |  |
  |  |  | l      / ./ .|  |
. |  |   | l     / /  |  |
 |  |   | ',   / /  l  .l
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

165 :日本@名無史さん:04/02/02 13:25
時々会話で天チャンと呼んだりしますが、家の居間には皇室の写真が飾ってあったりします。

166 :日本@名無史さん:04/02/02 13:30
>>149
毎日新聞がやった戦後最初の天皇制支持率の世論調査を見てから腹を切れ

167 :日本@名無史さん:04/02/02 15:30
現在の天皇制は、国民の皆さんの善意と諦めによって初めて成り立つ微妙なシステム。
いまさら憲法違反を犯してまで反対はしたくないからね。
うちでは、「おてんてん」と家のなかでは年長のものは申しておりました。

168 :大本営 ◆wYUuBm6d7Q :04/02/02 17:03
そもそも戦争責任って何でしょうね
戦勝国のイジメ?

169 :日本@名無史さん:04/02/02 19:16
>>168
厳密に語ると長くなるが大雑把に言って他国を侵略したことの責任を問う国際法的責任と
自国民が不当な扱いを自国政府から受けた責任を問う国内的な責任があると思う。

そのうち国際的な責任については法が未整備な段階で第二次大戦の敗戦国に適用された。
つまり法の不遡及原則が無視された問題があり、さらに公判指揮が公正を欠いていた。
パール判事が戦犯全員を無罪としたのは良心のみに従う裁判官として公正なことだった。
さらに付言すると国際法で訴追される場合は日本の国内法を超え天皇の訴追も可能だったと思うが
政治的な判断により訴追を免れた。

一方国内的な責任については全く追及されておらず、これについては処罰されるべき人間が処罰を受けていない。
例えば特攻作戦に承認を与えた軍令部参謀、部隊の残存を図るべきなのに故意に全滅する命令を下した
指揮官(これはあまり生き残っていないが)、明らかに成功する見込みがないのに作戦を実施した陸軍将官、命令系統を無視して
無理な作戦を第一線部隊に強いた陸軍参謀等が挙げられる。

170 :日本@名無史さん:04/02/02 19:19
その責めを負うべきだった統帥部首脳はだいたい東京裁判で死刑にされた。

171 :日本@名無史さん:04/02/02 19:32
>>170
牟田口廉也、源田実、辻正信、(入れたくないが)八原博通等

172 :日本@名無史さん:04/02/02 19:33
あと服部卓四郎も追加かな

173 :日本@名無史さん:04/02/03 22:03
やっぱり昭和のテンコロを超A級戦犯として処刑すべきだったね。




174 :日本@名無史さん:04/02/03 23:40
確かに大元帥のお出ましが必要でしょう(w



175 :日本@名無史さん:04/02/04 00:05
      / | / !!! 'i / .i,       
          /レ!!! |/!! !!! V!! !!i,.∧     
           /  .!!!  .!!! .!!! .!!! .!!!   i,     覚えておけ、皇太子・・・・・・
       /レ ヽ  !!!  !!! .!!! !!! .!!!  //ヘ    
.       |、 .ヾヽ .!!! .!!! .!!! .!!! .!!! /〃 .i,     天皇はもう日本の象徴ですらねえんだ
       | ミヽ .ヾ,へ!! !!! .!!! .!!! !! ヘ〃 ノノ|    天皇をそんなに尊敬するやつはもう日本にはいない・・・・・・
.      |  ゞミ /  \!!! .!!! .!!/  'i彡" |    
.        |ヽ   /      \!!!/     !   ノ|    ただ一部の皇室ウォッチャーが追っている・・・・・・
       | ゞミ/    ニ ‐-‐ ニ    'i彡'´|    人なみはずれて皇室にくわしい奴に慕われているだけだ
       !r‐、〈 """''''‐-、`"´ ,、-''''""" 〉 r‐i   
      | f"|ミ| ==o=-   -=o== |ヨニi.|    奴に出来ることはテレビに顔を出すことぐらいさ
      |.に| .|.  ' ‐--‐' | | '‐--‐ '  .| |ノ !   
      ,ゝ__|ミ|.  ‐--‐ .| |  ‐--‐  .|ヨ_ノ   
      /   |V、   , -‐'´ | | `'‐- ,   リ.| ヽ,  
.     /   .|ミ|ヽ. / _ . ヽ!_レ  _ ヽ ,イヨ   'i    
--‐‐'''"|    ヽ|. ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄  / .|/     |"'''‐‐--
-‐‐'''''"|.      |ヽ  ヽ.   ≡   / ./|      |"''''‐‐- 
    |.     |;';';ヽ.  ヽ.    / ./;';';'|      |     
     |.     |;';';';';'ヽ   \_/ ./;';';';';';'|      |  



176 :日本@名無史さん:04/02/04 01:08
精算の必要があれば、その筆頭は昭和天皇だったのでしょう。
あくまでも国内問題として。
彼のその胸中とは別に


責任をとらせなかった結果は、
当事者の子孫である世代にも騙る理由はあるでさう。


177 :日本@名無史さん:04/02/04 02:26
何をもってして戦争責任というのか、いまだ書き込みがない。
>>1を含めた反天皇制諸氏よ、どうした?
もう、待ちくたびれたゾ。
まともに議論できんなら、ageんな。
おちこぼれ!

178 :日本@名無史さん:04/02/04 07:05
>>177
これだけあれば十分だろ。さらに細かいのもあるのかな。
・天皇の発言によって軍事行動が左右された事項
1、1933年・熱河作戦の一時指し止め
2、1936年・2・26事件における反乱軍の武力鎮圧の決定
3、1937年・日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定
4、1938年・張鼓峰事件における武力行使方針の一時指し止め
5、1939年・「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正要求
6、1940年・宜昌再確保への作戦変更
7、1942年・フィリピン・バターン要塞への早期攻撃の実現
8、1942年・重慶攻略の方針の決定と取りやめ
9、1942年・ガダルカナル攻防戦における陸軍航空隊の進出
10、1943年・ガダルカナル撤退後のニューギニアでの新攻勢の実施
11、1943年・統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ
12、1943年・アッツ島玉砕後の海上決戦のたびかさなる要求と、海軍消極姿勢への
厳しい叱責による統帥部引き締め
13、1943年・陸軍のニューギニアでの航空戦への没入
14、1943〜44年・絶対国防圏設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部指示など)
15、1944年・サイパン奪還計画の立案
16、1945年・沖縄戦における攻勢作戦の実施(防御部隊が突撃させられアボーン)
17、1945年・朝鮮軍の関東軍への編入取りやめ

<例>
1、「沖縄では守るだけか、海軍はどうしたのか」→防戦予定が突撃させられる、
大和特攻が敢行され死者3721人。
2、「(特攻隊は)そのようにまでせねばならなかったか。しかし良くやった」
→現地では「よくやった」とのお言葉をもらったと続々と続く一要因となる
3、1947年9月20日、寺崎英成を通して、「沖縄に関する軍事占領を継続する
事を希望する」「25年ないし50年という長期が良い」と要望した覚書をGHQ顧問
からマッカーサーに提出。
(「昭和天皇の軍事思想」校倉書房)


179 :日本@名無史さん:04/02/04 07:24
467 名前:世界@名無史さん :04/02/03 15:23
>1943年初頭、スターリングラードで敗れたがゲッベルス宣伝相は
>この敗北を隠さずに国民に伝え、ドイツ国民のさらなる献身を訴える

すげぇなコイツの勝負度胸は・・・
状況から目をそらし続け
敗北をひたすら隠し続けた我が国のアホ大本営とは偉い違いだ



468 名前:世界@名無史さん :04/02/03 15:25
まさにギレン・ザビだな。


180 :日本@名無史さん:04/02/04 07:39
ていうか皇居とかいうの土地取り過ぎなんですが。北海道に遷都してくれ。

181 :日本@名無史さん:04/02/04 12:45
まだ内奏と上奏の区別がつかんヤツが居るのか。

182 :日本@名無史さん:04/02/04 13:47
>>181
内奏の結果行われた行為の責任は取らなくていいのか?

183 :日本@名無史さん:04/02/04 15:22
>>178
はぁ〜〜・・・
細かい事例をごちゃごちゃと書いてるけどよ
「軍事行動が左右された事項」がなんで「戦争責任」なんだ、って言うんだよ。
2・26事件の鎮圧支持が戦争責任?
張鼓峰事件における武力行使方針の一時指し止めが戦争責任?
あんた自分で何書いてるか理解してる?
その他諸々の事例のどこがどう戦争責任なの?
戦争責任の定義って何?
天皇陛下の行動の結果が何をもたらして、それによってどんな責任があって、
戦争責任(この言葉の意味が解らんが)の定義のどこに抵触するのかを書かれないと、
理論が成り立たないだろ。
当時の日本は専制君主制か?あ?
しっかりしてくれよ、ボンボン。

184 :日本@名無史さん:04/02/04 18:47
>>149
全くのデタラメ。戦後すぐの世論調査は、やっていないし
そんな結果は、出ていない。
>>178
まったくのでたらめ。資料自体がでたらめで有名。


天皇の戦争責任を語るには正確な資料が必要だが
闇の中

ただ、戦争責任とは、あったのだろうか・


真実を捏造する

185 :日本@名無史さん:04/02/04 18:53
天皇・戦争・
すべて キムチ臭い。


186 :日本@名無史さん:04/02/04 20:00
天子さまに、誤りなどない!!

187 :日本@名無史さん:04/02/04 21:04
>>183
 まごうなき「陸海軍の大元帥」として、戦争にどっぷり責任あるご判断をされたということですな。



188 :日本@名無史さん:04/02/04 21:05
ウヨが全く反論できていないので、もう一度(w
これだけあれば十分だろ。さらに細かいのもあるのかな。
・天皇の発言によって軍事行動が左右された事項
1、1933年・熱河作戦の一時指し止め
2、1936年・2・26事件における反乱軍の武力鎮圧の決定
3、1937年・日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定
4、1938年・張鼓峰事件における武力行使方針の一時指し止め
5、1939年・「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正要求
6、1940年・宜昌再確保への作戦変更
7、1942年・フィリピン・バターン要塞への早期攻撃の実現
8、1942年・重慶攻略の方針の決定と取りやめ
9、1942年・ガダルカナル攻防戦における陸軍航空隊の進出
10、1943年・ガダルカナル撤退後のニューギニアでの新攻勢の実施
11、1943年・統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ
12、1943年・アッツ島玉砕後の海上決戦のたびかさなる要求と、海軍消極姿勢への
厳しい叱責による統帥部引き締め
13、1943年・陸軍のニューギニアでの航空戦への没入
14、1943〜44年・絶対国防圏設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部指示など)
15、1944年・サイパン奪還計画の立案
16、1945年・沖縄戦における攻勢作戦の実施(防御部隊が突撃させられアボーン)
17、1945年・朝鮮軍の関東軍への編入取りやめ

<例>
1、「沖縄では守るだけか、海軍はどうしたのか」→防戦予定が突撃させられる、
大和特攻が敢行され死者3721人。
2、「(特攻隊は)そのようにまでせねばならなかったか。しかし良くやった」
→現地では「よくやった」とのお言葉をもらったと続々と続く一要因となる
3、1947年9月20日、寺崎英成を通して、「沖縄に関する軍事占領を継続する
事を希望する」「25年ないし50年という長期が良い」と要望した覚書をGHQ顧問
からマッカーサーに提出。
(「昭和天皇の軍事思想」校倉書房)

189 :日本@名無史さん:04/02/04 21:08
      〉. ̄ヽーニ_)
      /ー- __....!
   / │       >‐- 、
  <   ヽー----- '"  /
   `ー- ....____....ィi    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    {^:| く.( ・」 l・ ノ|/  <  在日三世の仕業だな
    l.h| r' "^. l.^" 〉i    \_________
__,.─/ヽ| |   `ー'  |l\─,
  /   | |∠ニ三i三i>lゞ \ ~^ヽ
 \   ~V        〉   > 〈
  _>  ヽ.........へ- '  /  |
  ヽ    |  / \ |   ̄/ |
    ヽ  |  |  | |   /: │


190 :日本@名無史さん:04/02/04 21:38
長州藩に責任があると思うが。どうよ?


191 :日本@名無史さん:04/02/04 22:02
>>187
戦争に関わっていたからといって、なぜ、責任を取らなければならないの?
戦争に関わっていたといえば、有史以来、無数の人間が関わっていたわけだが、
その方々にも「戦争責任」はあるのか?
その方々の「戦争責任」について何を求めているのか?

192 :日本@名無史さん:04/02/04 22:07
>>188
なんだこいつ?
それが何を意味しているのか自分でもわかっとらんじゃないのか?
自分でもわからんコピペ張り続けてんじゃねーよ。

193 :日本@名無史さん:04/02/04 22:11
昭和天皇は責任をとって退位すべきだった

194 :日本@名無史さん:04/02/04 22:25
>>193
なぜ?


195 :日本@名無史さん:04/02/04 22:32
>>188
君昔この板でロムパされたアホ?
軍事作戦に口出ししても、天皇が責任を負う義務はないよ。
神聖条項くらいしってて言っているのか?

196 :日本@名無史さん:04/02/04 22:33
ttp://aky.zive.net/aky/up-aky/data/cut/file/pict.jpg

197 :日本@名無史さん:04/02/04 22:42
昭和天皇に最もそば近く仕えた木戸幸一内大臣も、天皇が退位しなければ国民の間に釈然としない感情が残るだろう、と天皇に退位を勧めた。
結果的には木戸の危惧したとおりになったな。

198 :日本@名無史さん:04/02/04 23:16
>>197
釈然としない感情が残っているというソースは?
(まさかごく一部にはいます、なんて書くなよ)



199 :日本@名無史さん:04/02/04 23:23
>>198
昭和天皇の戦争責任について論じた書物は汗牛充棟もただならぬ状況だが。




200 :日本@名無史さん:04/02/04 23:52
退位すれば欧米に日本が非を認めたことになる

201 :日本@名無史さん:04/02/05 00:02
                  __,,,,_
                /´      ̄`ヽ,
   皇           / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ   ち
   居           i  /´       リ}    ょ
   ま          |   〉.   -‐   '''ー {!    っ 
   で  , 、       |   |   ‐ー  くー |    と
   こ  ヽ ヽ.     ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
   い   }  >'´.-!  ヽ_」     ト‐=‐ァ' !   
       |    −!  ゝ i、   ` `二´' 丿
       ノ    ,二!   r 、` '' ー--‐f´ 


202 :日本@名無史さん:04/02/05 01:18
>>199
書物の数と国民の陛下に対する不信とはまったく比例しない。
戦前・戦中に戦争賛美した連中が、戦後になって天皇批判・政府批判をして、
それを免罪符にした知識人は数え上げればきりが無い。
必要なのは、国民が陛下に対して『釈然としない感情が残』ったという統計。
そういうのを「ソース」というの。
文章の読解能力に乏しいんでない?

天皇陛下が戦争に関わっていた事に対して、なぜ責任を負わねばならないのか、
いまだに書き込みが無い。なぜ?

203 :日本@名無史さん:04/02/05 01:37
>>202
知識人が国民から遊離しているという幻想はいいかげん捨てたほうがいい。
天皇の戦争責任は国政の最高責任者だったことから生じる政治的・道義的なもの。
憲法の神聖不可侵条項などで解除できるものではない。

204 :日本@名無史さん:04/02/05 02:01
>>203
<知識人が国民から遊離しているという幻想>
オマエ阿呆?
オレは<免罪符にした>と書いたんだが?
「免罪符にした」という事と「遊離していない」という事はまったく違う意味。
(知識人が国民から遊離している事はよくあること。しかし、これは議論しない。話が飛びすぎる)
<天皇の戦争責任は国政の最高責任者だったことから生じる政治的・道義的なもの>
だから、『何に対して』責任を負うのよ、って聞いてんだよ。
戦争したことに対してか?負けたことに対してか?関わったことに対してか?あ?
ボケ!さっさと答えろ。

オマエ国語の成績相当悪かったろ?

(「神聖不可侵条項云々」はオレのスレじゃねぇ。ここには不特定多数の輩がいるんだ。
  反論したいときは頭に番号付けろ、マヌケ。)

205 :日本@名無史さん:04/02/05 02:41
>>204
夜中にひとりで何を興奮してるんだマヌケw
たかが2ちゃんの落書きにそこまで激昂できるとはうらやましい純情さだね。
昭和天皇はしょせん亡国の王。身のほどをわきまえろ。
敗戦について国民に謝罪する、昭和天皇の責任の取り方はそれしかないだろ。
昭和天皇自身もそれを望んでいた。

206 :日本@名無史さん:04/02/05 08:08
木戸あたりにすれば国体に対しては昭和天皇も手駒の一つだと思っていたんだろう。


207 :マロン男爵 ◆czMaron/BM :04/02/05 10:09
近衛文麿って降伏の際には昭和天皇を退位・出家させて、
大覚寺か仁和寺に蟄居させて戦没者供養をさせようとしたんだよな?
実現しなかったけど。
もしそうなってたら天皇制はどうなってただろうか?

208 :にっぽんかくめい【日本革命】(仏・la Re´volution japonaise):04/02/05 11:07
(よいこの俳句教室)

la Re´volution japonaise 無し 濤の秀を打つ霰      番矢

(解釈と鑑賞)「日本革命」は,フランス革命(la Re´volution japonaise)からの造語.
率直にいへば,ありえない出来事の代表.二十一世紀に名っても,万世一系神話が
生き残ってゐる日本では,革命は絶対に起きないものと思ひ込まれてゐる.
天皇制といふ曖昧な幻想システムが作動する国において,ラディカルな思考を展開する
人間は,きまって袋叩きに遭ふ.「濤の秀」(なみのほ)が「霰」(あられ)に「打」
たれるやうに.                 (季語・霰(冬))


209 :日本@名無史さん:04/02/05 13:43
  , =″″ヾヾゞ″ヽ      / 
     ./_      巛  \    |
    /        》    i  < なんだと国賊ども! 
  ∠;ヾ ∠;ミ;ミミ  ヾ    ,j   \___________
  ( ノ)-( \  )   \ヽ ,=ヽ
   ./        ; ≒/б,リ 
   L __ j \ ヾ     , 彳     
   彡ミミミミ;;      ; /i       
   レ;┯  ij\ \\ /i        
     iL._、 __Ц _、_,/         
      ノ二ニ.'ー、`ゞ          
     Y´⌒` r‐-‐-‐/`ヽ、≡=─
     |; ⌒ :; |_,|_,|_,hに丿ヽ ≡=─    
     .|: ; : : : .| `~`".`´ ´“⌒⌒)≡= -
     . |; ; ; ; 人  入_ノ´~ ̄ ≡= -
      l ; ;/   // /''  ≡=─


210 :typo:04/02/05 15:29
s/la Re´volution japonaise/la Re´volution francaise;

211 :日本@名無史さん:04/02/07 15:11
ttp://aky.zive.net/aky/up-aky/data/cut/file/pict.jpg

212 :日本@名無史さん:04/02/09 23:53
玉音放送ってのは責任を認めたんすか

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g15480551

213 :日本@名無史さん:04/02/10 11:50
>>212

「詔書の中に、天皇が国民にわびる言葉はないね」(高松宮)

214 :日本@名無史さん:04/02/10 14:08
× 天皇・軍・閣僚>国民
○ 天皇>国民(軍・閣僚・一般国民)

国民が陛下にわびるのが道義というもの

215 :日本@名無史さん:04/02/10 14:56
「生きて虜囚の辱め受けず」、敗軍の将は腹を切るか島流しが道義というもの

216 :♪さかもと・まあや♪:04/02/10 16:30
天皇制なんて,頬に出来たニキビか吹き出物のやうなものですね.
つぶしてもいいんだけれど,あとがきになるなあ.

217 :日本@名無史さん:04/02/10 18:39
>>215
 なら、「陸海軍の大元帥」は範を垂れるべきだな。




218 :日本@名無史さん:04/02/10 19:26
戦陣訓は東条英機が作ったもの
だからGHQが捕まえにきた時に自決を図ったの

219 :日本@名無史さん:04/02/10 19:29
>>218
自殺未遂は東條氏の人生の中で最大の汚点だな。
東條氏も下村陸相の話を聞いた後では未遂で終わって良かったと安堵しただろう。

220 :日本@名無史さん:04/02/10 19:46
東條「氏」(プ

221 :日本@名無史さん:04/02/10 20:21
   ,.:ニ二三ニニニニ二:、
.   ix:::三彡=-ー'''゙゙゙ヾ、_ヽ
  iX:::::xノ" __  __  ミiii、
  |彡;"     ̄   iiiij
  ,=彡  -=='' '' ==、 ijij
  i 、i|: .ミ-○。i、○= ii|'
  '; ' ::  ー'" , i,゙'ー ,l
   ーi:::::i.  ' iiiiiii""  :j
    |:::::  i' ,==-、) ノ 耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・
    〉:::::  ゙二 ̄ ノ
 ,,..ィ'゙|、  ー- ー ノ 
''" | ';\  ̄    jヽ、
   |  '; \_____ ノ.| ヽ、
   |  \/゙(__)\,|  i |
   >   ヽ. ハ  |   ||

↑この人独特のしゃべり方だったけど、テレビのモノマネで見たことないよな。
俺は会社でよくマネしてるけど。。

222 :日本@名無史さん:04/02/10 20:38
そもそも君らの大嫌いなヒロヒトの天皇在位を新憲法で認めたのはアメリカ
占領軍なわけで、責任を追及するならそっちに対してすべきではないのか。
新憲法といっしょに、天皇存続もアメリカ占領軍に「押し付けられた」のだ。

「天皇制アメリカ帝国主義反対」ということで、文句があるなら
占領米軍に対しテロ攻撃をかけるべきだった。

223 :日本@名無史さん:04/02/10 20:47
天皇性は倒したい。でも自分が骨をおるのはいやだし、身の危険も冒したくない。
能書きを垂れて誰か他人が事を起こして成功した暁に便乗するのが賢明だ。



224 :日本@名無史さん:04/02/10 20:55
                    /ヾ
                  ゝイ丿
                  ./ /
                 / /
                 / /
        ∧ ∧     / // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 シコ    ( ゚Д゚)、   / /< チン思うにコソコソと。。
      /     ヽ、 / /  \__________
 シコ  ( ) ゚ ゚/ヽ、/⊂//
      \ ヽ、 (  /⊂//
        \ ⌒つ /
        (  ̄/ /
        |  |O○ .\
        |  |   \ \
        |  )    |  )
       ./ /     / /
       / ./      _つ
      (__⌒_)

225 :日本@名無史さん:04/02/10 21:18
>>188
そういった話は左寄り学者の本にも時々書いてあるが、
昭和天皇に「内奏・御下問を通じて政治・軍事を操作している」という意識はあまり無かったと思うんだがな。
天皇としては疑問に思ったことを「アレはどうなっているのか?」「こうするべきなのではないか?」「前に言っていた事と違うではないか」と尋ねているだけなのに、臣下のほうが妙に畏まって方針変更してる印象が強いんだけど。

226 :日本@名無史さん:04/02/11 02:11
>>225
それは昭和天皇が大元帥としての自分の言葉の影響力に気づいていなかったということを意味するのではないか?
まぁ昭和天皇個人の責任というよりは大日本帝国全体の病弊というべきだが。

227 :日本@名無史さん:04/02/11 08:10
ウヨが全く反論できていないので、もう一度(w
これだけあれば十分だろ。さらに細かいのもあるのかな。
・天皇の発言によって軍事行動が左右された事項
1、1933年・熱河作戦の一時指し止め
2、1936年・2・26事件における反乱軍の武力鎮圧の決定
3、1937年・日中戦争初期の兵力増強、戦略爆撃実施方針の決定
4、1938年・張鼓峰事件における武力行使方針の一時指し止め
5、1939年・「昭和14年度帝国海軍作戦計画」の修正要求
6、1940年・宜昌再確保への作戦変更
7、1942年・フィリピン・バターン要塞への早期攻撃の実現
8、1942年・重慶攻略の方針の決定と取りやめ
9、1942年・ガダルカナル攻防戦における陸軍航空隊の進出
10、1943年・ガダルカナル撤退後のニューギニアでの新攻勢の実施
11、1943年・統帥部内の中部ソロモン放棄論の棚上げ
12、1943年・アッツ島玉砕後の海上決戦のたびかさなる要求と、海軍消極姿勢への
厳しい叱責による統帥部引き締め
13、1943年・陸軍のニューギニアでの航空戦への没入
14、1943〜44年・絶対国防圏設定後の攻勢防御の実施(ブラウン奇襲後の軍令部指示など)
15、1944年・サイパン奪還計画の立案
16、1945年・沖縄戦における攻勢作戦の実施(防御部隊が突撃させられアボーン)
17、1945年・朝鮮軍の関東軍への編入取りやめ

<例>
1、「沖縄では守るだけか、海軍はどうしたのか」→防戦予定が突撃させられる、
大和特攻が敢行され死者3721人。
2、「(特攻隊は)そのようにまでせねばならなかったか。しかし良くやった」
→現地では「よくやった」とのお言葉をもらったと続々と続く一要因となる
3、1947年9月20日、寺崎英成を通して、「沖縄に関する軍事占領を継続する
事を希望する」「25年ないし50年という長期が良い」と要望した覚書をGHQ顧問
からマッカーサーに提出。
(「昭和天皇の軍事思想」校倉書房)

228 :日本@名無史さん:04/02/11 08:41
天皇を引き摺り下ろしたいが、それで自分が何らかの犠牲を払うのは嫌だ。
とりあえず能書きを垂れて自己満足しとこう。


229 :日本@名無史さん:04/02/11 15:00
多分、みんながテンコロ潰しに参加しはじめると、日本国民全員が参加するんだろうな。

日本って、そういう国だし。そう考えると、今のテンコロの立場も微妙なバランスの上に存在しているね。


230 :日本@名無史さん:04/02/11 16:03
皇室の公務に対する対価という形で出せば良い

231 :日本@名無史さん:04/02/11 16:10
なんにせよ城や宮殿に住まわせる必要はないわけだ

232 :日本@名無史さん:04/02/11 16:11
なんにせよ深刻なのは三国人による凶悪犯罪だ

233 :日本@名無史さん:04/02/11 16:16
皇太子は石原都知事のもとで治安担当副知事になって、三国人対策に従事せよ。

234 :日本@名無史さん:04/02/11 16:18
副知事は民間人から特別任用できるから、法的には問題ない。
アホ面で手をふってるだけでなく、石原の右腕となって働いてくれ。

235 :日本@名無史さん:04/02/11 16:32
そういえば、沖縄の副知事に尚家の奥さんが就任していた時期があったな。

236 :日本@名無史さん:04/02/11 16:34
だから、雅子が駐イラク大使になってもいいわけだ。

237 :日本@名無史さん:04/02/11 16:40
このスレは皇室に対するねたみ・やっかみ・ひがみの三重苦で構成されています。

238 :日本@名無史さん:04/02/11 16:45
>>237は皇室に対するねたみ・やっかみ・ひがみの三重苦で構成されています。

239 :日本@名無史さん:04/02/11 16:49
三重苦言うな!三重奏と言えw

240 :日本@名無史さん:04/02/11 16:58
>>239
「ねたみ・やっかみ・ひがみ」については認めるわけねw

241 :日本@名無史さん:04/02/11 17:04
あんなブサイクでダサダサの連中をねたむヤツがいるのか?

242 :日本@名無史さん:04/02/11 17:05
>>237

243 :日本@名無史さん:04/02/11 17:06
若くて美男のウィリアム王子をねたむのならまだしもねw

244 :日本@名無史さん:04/02/11 17:06
天皇も通勤ラッシュを経験しろや

245 :日本@名無史さん:04/02/11 18:01
天皇    「高き屋に登りて見れば煙たつ民のかまどはにぎわいにけり」
お付きの者 「恐れながら陛下、下の句は何といいますか」
天皇    「朕は下の苦は知らぬ」

246 :日本@名無史さん:04/02/11 18:48
>昭和天皇の戦争責任

ない

247 :日本@名無史さん:04/02/11 19:29
昭和天皇の戦争責任はあるが戦争犯罪人ではない。

248 :日本@名無史さん:04/02/11 20:05
倣岸なるツァーリ政府打倒の為に銃火にも臆する事無く同志の死体を踏み越え
革命を推進した人民の勇気と偉業は世界史における栄光の一ページである。

249 :日本@名無史さん:04/02/11 22:14
>>1
スレ立てるなら「戦争責任」の定義を示せよ。
そこをハッキリさせないから収拾がつかなくなるんだよ。
世の中には戦争=犯罪と信じ込んでいて、
元来、国家には交戦権があるなどとは夢にも思ってないやつも多いしよ。

250 :日本@名無史さん:04/02/11 22:40
侵略戦争を企画・推進・指揮したこと。すなわち「A級戦犯」のことです。


251 :日本@名無史さん:04/02/11 22:56
天皇は企画も推進も指揮もとってないだろ。
何を根拠に寝惚けて居るんだ?
誰が吹聴してるんだ? 将軍様か?

252 :日本@名無史さん:04/02/11 22:59
昭和天皇は企画も推進も指揮もしてないけど止めもしなかったわな。
彼が心配していたのは「勝てるか」の一点のみ。

253 :日本@名無史さん:04/02/11 23:00
統帥権がある以上、責任は問われるべきだわな。

雪印で社長が何も知らなかったとしても監督責任問われたべ?
同じことだろうに。



254 :日本@名無史さん:04/02/11 23:01
政治の権限がないから、止める権利もないわな。
真珠湾戦争の前に、反対する詩を2回朗読したそうだけど、それが権限の限界だろ。


255 :日本@名無史さん:04/02/11 23:04
統帥権は軍部が主張しただけだろ。

256 :日本@名無史さん:04/02/11 23:04
帝国憲法嫁、どあほう。

257 :日本@名無史さん:04/02/11 23:05
東部戦線におけるツィテダレ攻勢においてマンシュタイン始め国防軍首脳は懐疑的な見解に立ち、
もはや好機は過ぎたと言明した。しかしあの伍長はこの冒険を強行した。


258 :日本@名無史さん:04/02/11 23:07
帝国憲法での統帥権は、日露戦争を考慮した付け足し分だぞ。
歪曲するなぼぉけ。

259 :日本@名無史さん:04/02/11 23:09
>256
???
帝国憲法に、天皇が統帥権によって、戦争を統括する権利が書いてあると言うのか?
5,15事件や2.26事件の背景とか、少しでも知っているのか?


260 :日本@名無史さん:04/02/11 23:11
ヒトラーは独軍の撤退する地域の全ての施設・橋梁の破壊を命じ、
「劣等民族(スラヴ人)に敗れるようなゲルマン民族など滅亡すべきだ」
と明言した。


261 :日本@名無史さん:04/02/11 23:12
憲法解釈の問題に過ぎん罠。

経理部長がバカやってCEOが責任とわれないとでも言うのか?
バカは休み休み言え。



262 :日本@名無史さん:04/02/11 23:12
ヒトラーはいいから、
天皇は全ての施設・橋梁の破壊を命じてないだろ。


263 :日本@名無史さん:04/02/11 23:13
>経理部長がバカやってCEOが責任とわれないとでも言うのか?
>バカは休み休み言え。

誤魔化さないで、答えてくれ。
憲法解釈の問題を利用したのは軍部であって、天皇ではないだろ。

264 :日本@名無史さん:04/02/11 23:15
>261
お前の単純な主張だと、明治維新も明治天皇の意志と責任になるわけだ。


265 :日本@名無史さん:04/02/11 23:15
ゲッペルスでさえ「総統は我が民族の生産基盤の破壊に拘り続けている」と日記に記している。


266 :日本@名無史さん:04/02/11 23:16
軍部に利用されたことが問題。
天皇は止める権利が憲法上あるのだから。
度々のつまり、部下を制御できない上司に過ぎない。

CEOならクビってことだ。
クビにも出来ない以上、最後まで責任は天皇にある。


267 :日本@名無史さん:04/02/11 23:16
ゲッペルスもいいから。
ゲッペルスは、日本の天皇のことは日記に書いていないだろ。w

268 :日本@名無史さん:04/02/11 23:18
>264
はあ?まったく関係ない。

明治維新が起こった時点で帝国憲法はない。
発布される前の時点で統帥権が天皇にあわるきゃないだろ。
どっかの螺子が足らんのか、おまえは。


269 :日本@名無史さん:04/02/11 23:18
>266
鎌倉時代からずっと、部下の制御はしていないだろ。
だいたい、天皇は自らの意志で社長になったわけでも、
社長の仕事を回されても居ないだろ。

社長って何だ。天皇の地位は社長(仕事)ではない。
本当に民族学校だな。


270 :日本@名無史さん:04/02/11 23:20
>268
帝国憲法は天皇が作ったものではないだろ。
最初から最後まで、天皇は司法の権限を持っていない。
つまり、明治天皇も昭和天皇も同じ立場だった。


271 :日本@名無史さん:04/02/11 23:21
地位が上だった意外には、戦争責任が見つけられないのかお前。w


272 :日本@名無史さん:04/02/11 23:21
ヒトラーは「私は劣等民族(スラヴ人)に負けるようなドイツ民族が滅亡しても悲しまない。何故ならそれが民族の運命なのだから」とラジオで演説をした。


273 :日本@名無史さん:04/02/11 23:22
「なかった」厨必死だな

274 :日本@名無史さん:04/02/11 23:22
わかったわかった。
天皇はスラブ民族に負けるような日本民族が滅亡していいとも言ってないし、
悲しまないとも言っていないから。

275 :日本@名無史さん:04/02/11 23:23
理屈で答えられない真性厨房は、見苦しいな。

276 :日本@名無史さん:04/02/11 23:25
民族学校では感情優先で、事実を歪曲して教育するから、
理屈で反論されると答えられない。その程度で、天皇を知っていると思いこんでいるのが不思議。w

277 :日本@名無史さん:04/02/11 23:26
ヒトラーはロンメルなど有能な国防軍指揮官などを殺害し敗北を助長した。


278 :日本@名無史さん:04/02/11 23:27
すべては天皇の命令下に行われたもので、天皇が全責任を負う。
ところが、天皇は神聖にして犯すべからざる存在であり、責任自体を
追求されない。
よって明治憲法によれば、天皇の名の下に何でもすることが出来、
その結果を裁かれることはないのである。
じつにすばらしい憲法ではないか。

279 :日本@名無史さん:04/02/11 23:29
朝鮮も支那も王の専横による独裁国家の歴史だから、
日本や西洋による封建制も、封建制が基礎となった日本の制度も理解できない。
ましてや、日本の軍部の暴走も統帥権の本当の意味も知らない。(聞きかじってるだけ)

主張の骨格も、過去に支配された劣等感、歪曲された反日教育による感情だけ。
事実には耳を塞ぎ、気に入らないことはわめき散らし、荒らし回る。

280 :日本@名無史さん:04/02/11 23:31
>278
歪曲するな在日。

天皇は神聖にして犯すべからざる存在だから、命令する権利がなかったんだ。
1つでも天皇が関わった”命令”を探してこい。寝惚け。



281 :日本@名無史さん:04/02/11 23:32
やっぱり在日には、
2.26事件と5.15事件が起こった背景は答えられないんだね。

282 :日本@名無史さん:04/02/11 23:34
革命派は王権派の銃弾にも臆する事無く膨大な犠牲を出しながら、王権を倒し、白色テロによる暗殺にも持ち堪え、革命を達成したのである

283 :日本@名無史さん:04/02/11 23:45
>>280
あとで責任をとらされなくても済むように必死で責任回避に努めていたというのが実態じゃないの?
明治時代にはそのために元老がいて天皇大権を代行していたんだろ。

284 :日本@名無史さん:04/02/11 23:45
意思があろうが無かろうが関係なく「元首」なんだから。
鎌倉時代からずっと部下の制御はしてない・・・

だとすると、その時点で「元首」の地位を降りろや。
幕府を認めたのも天皇だろ?

祭り上げられるにせよなんにせよ、元首なら最終責任者だろうが。

根本的な問題にまったく答えてられてないぞ?
論点ずらしばっかりやりやがって。

それとも何か、もともと答えられんので逃げざるを得ないのか??(w



285 :日本@名無史さん:04/02/11 23:49
「やはり、陛下にはこの戦争に責任がある。
 戦艦に御座乗りいただいて、戦死していただくのが一番よい。
 自決していただくのが、もっとよいと思いますがね。
 そのうえで国民も、軍も、無条件降伏をすることに納得がゆくでしょう。」
                 (昭和20年7.26  近衛文麿)

286 :日本@名無史さん:04/02/11 23:50
>>285
皇族が言うと重みがあるな

287 :日本@名無史さん:04/02/11 23:50
ヒトラーは赤軍に包囲されたベルリンで戦争の責任は国際ユダヤ人の陰謀によるものであり、
自分は終始平和を望んでいたと遺言した。


288 :日本@名無史さん:04/02/11 23:52
殊に統帥権の問題は、政府には全然発言権なく、政府と統帥部との
両方を抑え得るものは、陛下ただ御一人である。
まさに、「国務と統帥はすべて、上御一人のご発動により生じます。」(東条英機)

289 :日本@名無史さん:04/02/11 23:53
>284
全部の幕府を開いた者達は、武力を背景に天皇に認めさせたんだろ。
(誰が好きこのんで、権力を鎌倉に移したりするんだ?)

直接関わり合いの無いことに、何故、責任を取る必要があるんだ?
お前の祖国では、地方官僚の責任まで元首が取るのか?

論点ずらしはお前だ。最初の統帥権はどうなった?w

290 :日本@名無史さん:04/02/11 23:54
「要するに戦争について御責任はあり。
即ち一国の統治者として、国家の戦争につきロボット
にあらざる限り御責任あることは明なり。」
        (木下道雄「側近日誌」)


291 :日本@名無史さん:04/02/11 23:55
結局、天皇が神聖不可侵に祭り上げられていたこと以外に、根拠は無く、
実際の戦争実行者としての責任追及できる根拠は無いわけだな。

292 :日本@名無史さん:04/02/11 23:57
借金まみれの会社があったとする。
周りの人間が勝手に集まって、お前を社長にした場合。
お前は責任を取って、全財産を支払った上に、臓器も売るのか?

293 :日本@名無史さん:04/02/11 23:59
公家上がりの政治家が、当時「陛下には、責任はない」なんて言ったら
周りの連中から、じゃあお前が責任と言われかねん
永きに渡り、保身だけで生きて来た奴らだろ…

294 :日本@名無史さん:04/02/11 23:59
実際の戦争実行者達に責任を求めるわけで無く、
祭り上げられた事を理由に、天皇に責任を取れと言う精神の歪みが凄い。
やっぱり、属国にして事大の歴史が長いと思考も歪むのだろう。

295 :日本@名無史さん:04/02/12 00:00
は?統帥権は天皇にあるのは一貫して問題ない。
憲法解釈を曲解されたのも元首の問題。
武力で認めさせようがどうだろうが、征夷大将軍を任下したのは天皇。

地方官僚が他国を攻め込んだとしても、その国家が他国に侵入したことにかわりはない。
その責任は誰に発生する?

そんな簡単なこともわからんのか???
脳髄のレベルから蛆がわいてんのか、お前は。


296 :日本@名無史さん:04/02/12 00:01
>>288
東京裁判で、東条が「臣下が陛下にあれこれ申し上げることなぞとても」
みたいな発言をして、天皇絶対性の証言として、取り上げられそうになる。

あわてた宮中ルートと、闇ルートで東条は説得され、
次の後半で全文撤回。責任を自分にあると言い張りだす。
あれほど可愛がってた東条を完璧に切り捨てるとは。

297 :日本@名無史さん:04/02/12 00:02
>292
あほか? そんな会社の社長に就任せんだろう?

お前は就任するのか、ごくろうなこったな。


298 :日本@名無史さん:04/02/12 00:03
>295
だから、天皇は統帥権を使って命令していないだろ。
神聖不可侵で権限で、政治の権限が無い。

299 :日本@名無史さん:04/02/12 00:03
当時の時代背景で、何処の国が責任を取ったんだ?

300 :日本@名無史さん:04/02/12 00:04
能無しのゴク潰しを、大金をかけて飼い続けるのも、意味がない。

301 :日本@名無史さん:04/02/12 00:05
>>298
神聖不可侵だから権限がないというのはおかしい。
神聖不可侵の建前を守るために権限がないふりをしたというのが正確だろ。

302 :日本@名無史さん:04/02/12 00:06
帝國憲法55条は、軍事命令発令の所在について全くふれてない。統帥権が政府から
独立しており、かつ、幕僚長に最高命令を下す権限がないのであれば、
その責任は最高統帥者たる天皇に帰着せざるをえない。

つまり、天皇の憲法上の機能からの責任否定論は、ともに西欧流の立憲君主制
を前提とし、むしろ大日本帝国憲法が運用されていた政治体制の実態にはそぐ
わない議論であるといわざるをえない。
(昭和天皇の軍事思想と戦略、山田朗、校倉書房)

303 :日本@名無史さん:04/02/12 00:06
中国が虐殺や他国侵略の責任をとったのか?

中国共産党による1927年〜1945年 国共戦争による死者虐殺数、推定5000万人
1958年からの大躍進運動(〜1561年)300万人を虐殺。

中国軍のチベット侵略(1950年)
「帝国主義の驚異からチベットを解放する」と言う意味不明の名文で、120万人を虐殺
(当時のチベット人口は600万人)
1960年代の文化大革命では、紅衛兵が全国をまわって数百万人を虐殺。

1964年には、インドに侵略戦争。
1979年には、ベトナムに侵略戦争。

1989年 天安門事件で2000人を虐殺。


304 :日本@名無史さん:04/02/12 00:07
韓国がベトナム戦争の責任を取ったのか?

ハンギョレ特集
http://www.altasia.org/hangyore/hangyore99256.htm
参戦作家ファン・ソギョンが見た「ベトナムでの韓国軍良民虐殺」
http://www.jrcl.net/web/framek35.html
私の村は地獄になった (ニューズウィーク日本版 2000年4月12日号 P.24)
http://210.160.208.40/search/20000412/wa_sug1.html

徹底的な確証は、ベトナムに捨てられた1万人の混血児。
韓国人・ベトナム女性との子ども「ライタイハン」ルーツ探し訴訟相次ぐ
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=040000&biid=2002072796568


305 :日本@名無史さん:04/02/12 00:08
権限がないふりをしたという根拠が分らない。
戦争に関わった明確な証拠を誰か出してくれ。

306 :日本@名無史さん:04/02/12 00:09
統帥権を使って命令していなくても、統帥権を他に委ねたのは結局、天皇でしょうが。
「絶対不可侵の権限で政治権限がない」ように憲法解釈されたのに従っただけだろうが。

憲法上は本来「命令」できる。
命令しなかったのは本人の問題で、それを委ねたのも本人の問題。
幕府認めたのとまったく一緒。

だからといって元首の責任が逃れられるとでもいうのか?
嫌なら元首やめて亡命すればいい。

しなかったわけでしょ?



307 :日本@名無史さん:04/02/12 00:12
>306
委ねたのではなく、最初から無かった。
5,15事件や2.26事件の時代背景から考えて、
拒否は死ぬ可能性があったとも考えられる。
神聖不可侵の法を守り通したと思える。この場合は、法を守っていただけだ。

308 :日本@名無史さん:04/02/12 00:14
韓国人に責任を求める権利はあるのか?

「済州4・3事件は過剰鎮圧」政府報告書が採択
1948年に発生した済州(チェジュ)4・3事件を「南朝鮮労働党(南労党)の武装蜂起とこれに対する
公権力の残酷な過剰鎮圧による住民被害」と位置づけた政府レベルの報告書が、
事件発生から55年ぶりに条件付きで採択された。
・3事件の全体犠牲者数は2万5000〜3万人に推定し、
犠牲者と遺族に対する適切な名誉回復を期待すると語った。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/03/30/20030330000008.html

麗水・順天反乱事件 1948年10月
済州島事件の鎮圧に赴くはずだった第14連隊の1個大隊が反乱。
10月21日 反乱部隊包囲される。10月22日 順天鎮圧。10月27日 麗水鎮圧。
反乱軍は人民裁判により、400人以上の警官やその家族などを殺害した。
鎮圧軍は、順天町民5000人を順天北国民学校の校庭に集め(中略)
人民裁判に積極的に参加した者を一級、消極的に参加した者を二級、曖昧な者を三級とし、反乱軍と一級をその場で棍棒で殴り殺した。



309 :日本@名無史さん:04/02/12 00:16
>307
>302

死ぬ可能性があるとしても、死を以ってとめるべきやろ。
出来んのなら亡命せーつーのよ。

最後までイスに座ってたんだろ?
そこが問題だつーてんの。



310 :日本@名無史さん:04/02/12 00:16
韓国人に責任を求める権利はあるのか?

国民保導連盟事件 1950年夏。
韓国各地で、無抵抗で非武装の国民、合計30万人が虐殺。(殺されたのは国民保導連盟の人達)
国民補導連盟とは、今まで厳罰一辺倒だった共産分子への対応を改め、
自首期間中に、共産党の甘い言葉に騙された人は、自首して国民保導連盟に所属すれば罪は問われない、としたもの。
しかし、人民解放戦争(朝鮮戦争)勃発と共に、韓国人によって全て虐殺された。

国民防衛軍事件 1950年冬。
死者 数十万人。(詳細は、東亜日報にて連載された。)
中国の人民解放軍が”義勇軍”として介入すると、米韓軍は南に退却した。
このときに、北朝鮮の占領地域に青年達を残してゆくと、北朝鮮側に使われる事になる。
敵を利してはならない。というので、これらの青年を狩り集めて、南に連れて帰った。
この時の受け皿となったのが「国民防衛軍」であった。
しかし、南に連れて帰るとはいっても、輸送手段も無く、宿泊施設も、食料も、衣類も、寝具も無い。
酷寒の中を、ただひたすらに、南へ南へと進んだ。通称「死の行進」「死の南下」
数十万人が死んだと言われている。(幹部が糧穀を着服)

居昌事件 1951年
韓国軍が農民700名をパルチザンに内通する共産ゲリラの容疑で、裁判もなく虐殺。

光州事件 1980年
死傷者約200人(政府発表)
実際は数千人と言われてる。

朝鮮戦争の死者。
韓国側150万人。 北朝鮮側200〜250万人

311 :日本@名無史さん:04/02/12 00:18
武家政権以降、天皇が実権を握った事はないよ。

312 :日本@名無史さん:04/02/12 00:18

三国の話引き合いに出してどうする。
50歩100歩やろ。

「他が責任とらんから責任とらんで良い」では「昭和天皇の戦争責任」は全く回避されないわけだが。



313 :日本@名無史さん:04/02/12 00:24
 本日、日本国憲法を公布せしめた。
 この憲法は、帝国憲法を全面的に改正したものであって、国家再建の基礎を人類普遍の
原理に求め、自由に表明された国民の総意によつて確定されたのである。即ち、日本国民
は、みづから進んで戦争を放棄し、全世界に、正義と秩序とを基調とする永遠の平和が実
現することを念願し、常に基本的人権を尊重し、民主主義に基いて国政を運営することを、
ここに、明らかに定めたのである。
 朕は、国民と共に、全力をあげ、相携えて、この憲法を正しく運用し、節度と責任とを
重んじ、自由と平和とを愛する文化国家を建設するように努めたいと思う。

 これは、日本国憲法公布にあたっての昭和天皇のお言葉です。
 昨今軽々しく憲法改正を口にする人々は、昭和天皇の思し召しに自らが反していること
を深く自覚するべきです。


314 :日本@名無史さん:04/02/12 00:26
昭和天皇の責任が回避されないわけでは無いだろ。
地位も没収されて、日本国民の象徴になった。

315 :日本@名無史さん:04/02/12 00:27
つーか君主がなんで責任を取らなければならんのだ、こいつら神聖条項知ってていってんのか?


316 :日本@名無史さん:04/02/12 00:33
>315
帝国憲法は国内法やろ?

神聖条項が国際法上で有効だとでも思ってんのか?

お前、法学のホの字すらかじったことないやろ?


317 :日本@名無史さん:04/02/12 00:42
>>316
はあ?
なんで国際法で日本人を裁く事が出来るんだよ。
お前こそ国際法知らないんじゃないのか?

318 :日本@名無史さん:04/02/12 00:43
>316
また知ったかが始まったか。
だったら、国際法上における、天皇を裁く権利を教えてくれ。

319 :日本@名無史さん:04/02/12 00:49
バカか?

「国内法が国際法上で有効ではない」

ことと国際法で裁けるかどうかとは別問題やろ???

『神聖条項知ってていってんのか?』

とか温い事言ってるから「はあ?」って言ってるだけ。



320 :日本@名無史さん:04/02/12 00:50
ほんで何時から天皇は「日本人」になったわけ?
>318 はまだしも、>317は根元から学習しなおしてこい、ぼけ。


321 :日本@名無史さん:04/02/12 00:50
人民の勇気と血によって反動ツァーリは打倒された。
理論・能書きなどに依存したインテリゲンツァもプロレタリアの肉弾の前に粉砕された。


322 :日本@名無史さん:04/02/12 00:57
旧帝国憲法の神聖不可侵条項ってひたすらに責任逃れに徹した実に卑劣な条項だな。

323 :日本@名無史さん:04/02/12 00:59
>>319
だから、国際法で裁く権利がどこにあるんだよ。
日本は戦前戦後通じて、国内法を国際法で犯す事は出来ないことになっている。
そして国内法では戦前は神聖条項があるので裁けない。
そもそも有効であるもないも、国際法は国内法の下位に存在するので、神聖条項が有効になる。
よって、国際法だろが、国内法だろうが、一切天皇は裁けない。
>>320
んじゃどこの国籍の人間だと思ってんだ?

324 :日本@名無史さん:04/02/12 01:00
>322
明治維新の最初から、権限なんてないだろ。
神聖不可侵条項で、完全に押し込められたんだ。
少しは考えろ。

325 :日本@名無史さん:04/02/12 01:01
>>322
君主国家ってのはそういうものなの、どこの国でも同じ。
君主は守られた存在なんだよ。
カリスマ性ってのを大事にしているのに、罪負わされたら意味ねーじゃん。

326 :日本@名無史さん:04/02/12 01:02
>323
「無条件降伏」って知ってる?

 かつ、天皇に日本国籍はありません。

 大分ヤヴァイな君は。


327 :日本@名無史さん:04/02/12 01:03
権力が自らを制裁する者は自ら以外を規定していない。
ツァーリを裁くのはツァーリの法においてはツァーリ自身であり、
人民がツァーリを裁く手段とは能書きでも理論でもなく
ましてツァーリの法でもなく人民自身の勇気と血に他ならない。

328 :日本@名無史さん:04/02/12 01:03
つーかこの馬鹿>>320は国際法,国内法とは一体なんなのかすらわかってないのではないかなあ。
319で馬鹿丸だしだし。


329 :日本@名無史さん:04/02/12 01:06
>>326
無条件じゃないっすから、ついでに無条件降伏でもそんなことできません。
勝手に占領国の法を変えたり、停止したりしたら、ハーグに引っ掛かります。

んじゃあどこの国籍だと思っているのかな?
天皇にも実はパスポートが発給されるって知ってた?

330 :日本@名無史さん:04/02/12 01:07
どうも「神聖不可侵条項」の解釈が人のよってまちまちのような気がする。
そこから話がぶれてるんじゃない?


331 :日本@名無史さん:04/02/12 01:09
>329
あまり関係ない話だが、天皇は「国籍無い」よ。
日本国籍もなし。
パスポートを発給するのが日本国でも、それとは全く別問題では?


332 :日本@名無史さん:04/02/12 01:13
不可侵だから不可侵なの!と、
不可侵ですむなら警察いらんわゴルァ!
の違いかな?

333 :日本@名無史さん:04/02/12 01:15
>>331
国籍法ってのがあってね、日本で生まれた無国籍のものは、日本国籍が与えられる事になってんの。
天皇が日本国籍なら、日本人になるし、無国籍でも、やっぱ日本人として登録されちゃうの。
通常の国籍には乗らないが、日本人である事には変わらないの。

334 :日本@名無史さん:04/02/12 01:16
>333
そこは議論があるところのはず。話をぼかすのはどうだろう?


335 :日本@名無史さん:04/02/12 01:17
革命の手段として能書きや理論に依存する者は
勇気に欠け、血を流すことを恐れているあまり誤りを犯しているのだ。
革命とは結局理論より行動である。理論や能書きに依存することは
シニカルな姿勢を助長しかねない。


336 :日本@名無史さん:04/02/12 01:20
通常のケースでは確かにそのとおり。

だがその日本で生まれた無国籍のものは日本国籍に載ることによって日本人として登録される。
日本国籍に登録されない以上その解釈が成立するかどうかは微妙、ということになってるはずですが。


337 :日本@名無史さん:04/02/12 01:20
>>334
異論はあるが、最有力の説の筈だぞ。
どっちにしろ、日本国籍がないというのは珍説までいかないまでも、少数意見のはず。
どっちにしろ国籍ないと、断言するのは明らかに間違いだろ。

338 :日本@名無史さん:04/02/12 01:24
いや、「日本国籍」が無い、ってのは断言していいんじゃない?
だって「皇統譜」があるわけだから。

日本人じゃない、と言っていいかどうかは別だけど。


339 :日本@名無史さん:04/02/12 01:24
>>303
>>304
反論できなくなると、ヴェトナム戦争やチベット侵略の話を持ち出してきて
責任を相殺しようとするのはウヨの常套手段w

340 :日本@名無史さん:04/02/12 01:30
サヨ厨:昭和天皇はヒトラー以上に責任がある。
ウヨ厨:昭和天皇の全く関係しない問題。


341 :日本@名無史さん:04/02/12 01:31
>>338
海外出る場合は、日本国籍が与えられ、パスポートまで支給されるんだぞ、
(姓は日本らしい)それでも日本国籍ではないというのは無理がある。
少なくとも、日本人として、日本の法の保護下に入っているのは確実。
当然裁く権利はない。

それに無国籍とか、日本人じゃないとかになると明らかにおかしいだろ。

342 :日本@名無史さん:04/02/12 01:35
仮に昭和天皇が全面的に戦争を指導したとしよう。
ま、なにかしらの「責任」はあるわな。
「負けた責任」とか、あるいは「戦争すること自体が悪い」と言う眩しい香具師もいるわな。
で、最終的にどーしたいわけ?

「責任取れゴルァ!」ったってもう故人だしな。
まさか「東京裁判で裁かれるべきだった」とは言わないよな。
こういう香具師がたまに居るんだよ。
「裁かれるべきだ!」ったって起訴はおろか逮捕すらされなかったもんな。
文句があるならGHQに言えと。

343 :日本@名無史さん:04/02/12 01:35
>341
よくわからんけど、それって戦前もそうなん?
今はそうなんやろうと思うけど。


344 :日本@名無史さん:04/02/12 01:39
>342
至極最もな意見だが、それ言っちゃあこのスレいらんで。(w



345 :日本@名無史さん:04/02/12 02:36
超賤人の言う事だから、
糞儒教様式で、剖棺斬死(死後に墓を暴き、ふたたび殺すこと)にしたいのでは?
糞儒教で最大の侮辱的行為。(墓に刻んだりして喜ぶ。李完用の墓など)
基地外民族の基地外的な発想なので、日本人には理解できません。


346 :日本@名無史さん:04/02/12 07:06
日本人なら「てんころ罵倒」!!!



347 :日本@名無史さん:04/02/12 07:10
     ,. -‐''"  ̄ ̄ ゙'''‐-、_
                 /            \
                  ,.'                ヽ
                /           -‐      ヽ
              ,.'                 l ヽ  i
              i゙    ,.‐'''ニテラ''''ン‐-..,,, __ ゝ   l
               l   / i,/,,‐=、_‐'''""フ,.''"ヽ、     l
              !   i  /io゚:::::l ヽ  ''"   、/゚'>、  /
           ,.r,.=┤   l  ! ゞ;;;ソ     ,rミ./ヽ/ヽ,.'
         /,.ヘ_ノ.i  l  l、     ,   /リ,ノ'",'彡-'
         /,-<_/i'"'、 !、: !ヽ、  r'''フ  ''"ノ,イ /  陛下の前立腺ですが、 
      / /^)/,.'゙|  ゙、│ヽi __ハ‐---‐‐‐'"ノヽl/          何か?
     r" ,'ヾ/,.'  ハ  ,.、l.  ヽ  | -‐;ノ,..-l/./ ヽ
     ゝ"//  l ,../..i」-、-‐、_/'i ‐''"|  "/
     ヾ'‐、"   l r'   ,'j゙  /^}.l   !  /
      /  \ ヽ___,,,.......レ‐‐ン"リ   i /
     ,.'    ゙'''ヽ、_ r'_/"  ヽ__/    ,!/
     /     ̄ ゙̄''‐-、'、        ‐"
      !   __,.. -‐‐-----ヽ
    l   '"    __,..---、_)
    i/,.r-‐‐‐<_     ゙'、
    ヽ'-‐-/  ,.-'゙"    )
       / r'"     ,.-'
       /,.'"    ,..-'"
       r"    ,.r'"
       ヽ     l
       lヽ   ヽ
     r' 丶   \
      i、   ヽ...--‐'"
      \    \_
        \    _)
         ヽ-

348 : :04/02/12 07:28
>>345
墓暴きが儒教の伝統だなんて明らかに出鱈目だ。
自国の歴史を知ってる中国人が聞いたら怒り狂うぞ。
先立つ王朝が築いた墓でも、後続の王朝が一応は守ることが不文律。
むしろ墓を暴いた国民党などのほうが例外で徹底的に批難され貶される。

349 ::04/02/12 08:04
うむ.近衛兵に殺された隋の二代目の皇帝の遺体が
天子にふさはしい形で改葬されたのは,
唐が天下を統一した後ですな.
#「煬帝」といふ,あまりありがたくない諡号が決定したのも,そのときだが.

もっと不名誉な場合は,たしかに皇帝の座にゐた人物なのに,死語に降格処分
といふこともあるからね.歴史上,何人かゐますな.いちどついた帝号を剥奪されて
「王」や「候」でよばれたり,「庶人」まで落とされたりした人物が.

350 ::04/02/12 08:13
とりあへず,降格させようか.
唱和天皇 → △△侯 ぐらゐにな.

351 :日本@名無史さん:04/02/12 12:37
さてさて、死体を辱めて自慰する変態は

朝鮮か支那か? 両方か?

352 :日本@名無史さん:04/02/12 12:47
「屍に鞭打つ」の語源は、中国。
呉の宰相 伍子胥 (ごししょ). 時代. ?〜BC484年
中国では復讐を神聖化する偏向がある。テロリストを義士と呼ぶ韓国に似ている。
儒教国は精神に歪みを持たせるようだ。

353 :天皇裕仁:04/02/12 13:08
     , =″″ヾヾゞ″ヽ      / 
     ./_      巛  \    |
    /        》    i  < 国賊め! 
  ∠;ヾ ∠;ミ;ミミ  ヾ    ,j   \___________
  ( ノ)-( \  )   \ヽ ,=ヽ
   ./        ; ≒/б,リ 
   L __ j \ ヾ     , 彳     
   彡ミミミミ;;      ; /i       
   レ;┯  ij\ \\ /i        
     iL._、 __Ц _、_,/         
      ノ二ニ.'ー、`ゞ          
     Y´⌒` r‐-‐-‐/`ヽ、≡=─
     |; ⌒ :; |_,|_,|_,hに丿ヽ ≡=─    
     .|: ; : : : .| `~`".`´ ´“⌒⌒)≡= -
     . |; ; ; ; 人  入_ノ´~ ̄ ≡= -
      l ; ;/   // /''  ≡=─



354 :日本@名無史さん:04/02/12 15:13
伍子胥は生きている相手には手を出せず、相手が死人になってから復讐したということで、
当時はへタレの汚名を着ていた。


355 ::04/02/12 16:25
その通り.かつての友人から,その行為を非難された伍子胥が,かう云って弁明するのだ.
曰く,「日暮れて塗(みち)遠し」と.

356 :日本@名無史さん:04/02/12 18:20
>>352
>中国では復讐を神聖化する偏向がある。テロリストを義士と呼ぶ韓国に似ている。

吉良上野介を逆恨みで殺した赤穂の浪人どもを「義士」と呼んではばからない日本人も大差ないわな。

357 :日本@名無史さん:04/02/12 18:38
少なくとも古代の中国では死人を相手に復讐することは恥であるという価値観があった。


358 :日本@名無史さん:04/02/12 19:01
 数年前の事である。京都の等持院へ見物に行き、女学生の修学旅行団と一所になつた。教師に率ゐられた娘たちが、足利氏十三代の木像の前に来た時、口々に喧々囂々としやべり始めた。
「これが尊氏よ。」
「こいつが義満だわ。」
「逆賊!」
「悪人!」
「こんな者。皆叩き壊してやると好いわ。」
「馬鹿ツ!」
「馬鹿ツ!」
 そして口々に唾を吐きかける真似をした。僕は女学生諸君の烈々たる忠君精神に驚いたが、一方ではまた、こんな教育をして好いものかと言ふことに疑問を抱いた。引率の教師はおそらく後でこんな訓話を生徒たちにするのであらう。
「皆さんもこの尊氏等のやうに、死して悪名を千古に残し、死後にも人から辱められるやうなことをしてはなりません。」

359 :ごるごるもあ〔セクト琉球真赤軍〕 ◆753Z/RLFiY :04/02/12 19:43
  ∧、            ∩_∩      ∧_ スチャ
/⌒ヽ\  ∩_∩  (・(ェ)・ ) //~⌒ヽ
|( ● )| i\( ・(ェ)・)  / † ハ/i |( ● )|
\_ノ ^i |ハ  †  \     ヽ | i^ ゝ_ノ  
 |_|,-''iつl/  / ̄ ̄ ̄ ̄/   l⊂i''-,|_| 我々の要求は沖縄県における天皇制の処分だ  
  [__|_|/〉 ._/ 魔 法  /__〈\|_|__] 明日、靖国神社を処分する。
   [ニニ〉\/____/    〈二二] http://darkelf.dip.jp/doubt/okinawa.html
   └―'               '─┘
我々は必要以上の文明を継承することはできない。
よって、我々の高尚で自由なる精神への回帰と達成のために政府に対し次の通り要求する。
1.沖縄県における天皇制の処分
2.不必要な民族的アイデンテティーの継承拒否権
3.沖縄米軍基地の処分
4.義務教育英語に加え中国語を選択可能とする
5.1国2制度の国家体制、および首相を2名とすること.

360 :♪\(■^)[^ム^](○m)/!♪\(_^)\(_^♪\(_^)(^_^)/:04/02/12 19:45
国体を汚した奴に天誅
m9( ^,_J^)ノ < 公序良俗を乱し、ヤマト魂を汚すバカ者ども!
今日もケンペーくんの南部十四年式自動拳銃が火を噴き、一撃必殺の軍刀がうなりをあげる。


361 :マ板住民:04/02/12 20:11
ごるちゃん、ちょっとレスの内容が板違い・・・。

362 :日本@名無史さん:04/02/13 18:28
東條英機の東京裁判中の証言に従えば天皇には極めて重大な戦争責任がある。

363 :日本@名無史さん:04/02/13 20:28
昭和天皇が大正天皇の晩年のような状態だったらはっきり「戦争責任なし」と言えるのだが。
そうでなくてはとてもとても「戦争責任なし」などというごまかしは通用しないだろうw

364 :日本@名無史さん:04/02/13 21:33
>>363
基地外には責任が「問えない」だけであって、責任が「無い(存在しない)」わけではないw

365 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/14 11:17
 
>>29

>廃止する必要も無い。
>逆に廃止したら絶対に独裁者の出ないシステムを構築しなきゃいけない。
>面倒。


 
 「独裁者の出ないシステムを構築しなきゃいけない」と言う趣旨は、
要するに、「暗黒社会にならないようにしたい」と言うことなのだろう。
 天皇制があれば、独裁者が出ないだと?徳川綱吉・五代将軍は、独裁者
じゃないの?生類憐みの令を始めとする悪政に対しては、どう考えているの?
 
 戦前の社会は、特に、支那事変頃から大東亜戦争(プッ)敗戦までは、
暗黒社会じゃなかったの?
 

366 :ゼブラーマン:04/02/14 11:21
チョソンの焦りとともにこのスレは活性化する。

ご覧あれ!
怪物国家、暗黒社会、大日本帝国!

367 :日本@名無史さん:04/02/14 12:24
>>365
>徳川綱吉・五代将軍は、独裁者じゃないの?
キミ、独裁と専制の違いをわかってないでしょ。それに
>生類憐みの令を始めとする悪政
ってのは、明治政府が政権を行うにあたり、前政権の徳川幕府を必要以上に貶めるために誇張された話。
(この手法は、前政権である大日本帝国政府の時代を「暗黒社会」とする現在の流れと基本的に同質)
中学高校レベルの教育で終わっちゃってる人ならしょうがないのだけど、
江戸時代に関する専門的な訓練受けてる人にとっては(* ̄m ̄)プッって話なんだけどね。
とりあえず文春新書の『黄門さまと犬公方』(山室恭子著)ってのを読んでみると良いよ。
一般向けに得ている本なので入手しやすいし読みやすいと思うから。

368 :日本@名無史さん:04/02/14 18:38
>>367
そうか。
いや〜日本人がイヌ以下なんて、なんて自虐的な民族なんだろうと思っていたが。
違うようだね。
しかし、戦後もアメリカのことを番犬様と呼んだ大臣がいたそうだが、あれは何だ。
犬に様なんてつけるんじゃないよ。俺たちは犬以下か。
そんなんだからアメリカにバカにされる。

369 :日本@名無史さん:04/02/14 18:42
犬に様をつけるのは、相手をおちょくっているんだよ。

370 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/14 21:19
 
>>367
 
 
センセイ【専制】@統治者が自分一人だけの考えで事を決すること。
  ━セイジ【━政治】支配者の意のままに国家主権が運用される政治
ドクサイ【独裁】@自分一人だけの考えで大事な物事を裁決すること。
  A特定の個人・組織・階級などが、全権力を掌握して支配すること。
  独裁政治。
  ━セイジ【━政治】一人又は少数者が国家権力を独占する政治形態。
  専制政治。
  
         新潮 現代国語辞典(新潮社)
  

371 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/14 21:20
 
>>367>>370の続き)
 
 
>キミ、独裁と専制の違いをわかってないでしょ。
 
 
 
 専制と独裁を区別させることは、「お前、公約とマニフェストとの違い
が分からないんだろう」と嘲笑(あざわ)うことじゃないの(^^ゞ
 
 そもそも、現天皇家の万世一系史観は史実と違うんだろう。
    
         王権の断絶と継体天皇・今城塚古墳
         http://www.remus.dti.ne.jp/%7Esagami/rettou.htm
 
 ところで、王制と世襲制大統領制との違いは?
 
 
 
>とりあえず文春新書の『黄門さまと犬公方』(山室恭子著)ってのを読んでみると良いよ。
>一般向けに得ている本なので入手しやすいし読みやすいと思うから。
 
 
 
 どうもありがとう、面白そうな本だね。図書館で借りて読もうっと!
 

372 :日本@名無史さん:04/02/14 21:25
昭和天皇の戦争責任については「天皇の戦争責任を問わなかった国民自身の責任」についてもっと考えてみるべきだ

373 :日本@名無史さん:04/02/14 21:32
>専制と独裁を区別させることは、「お前、公約とマニフェストとの違い
>が分からないんだろう」と嘲笑(あざわ)うことじゃないの(^^ゞ

どくさい-せいじ  ―ぢ 5 【独裁政治】

民主的手続きを否定し、統治者の独断によって行われる政治。
操作による大衆の動員・参加を前提にする点で、身分制を基礎にした専制政治とは異なる。
古代ローマの戦時または非常時における独裁官による政治、
イタリアのファシズム、ドイツのナチズムがその典型とされる。
                         (三省堂 ウェブ大辞林)

374 :日本@名無史さん:04/02/14 21:51
      >-'::.:;;:-‐:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、::.:.:.:ヽ、:.:.゙、
      ,'.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;!:.i:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ;::::.:.゙、:.:.゙!
      !,.'.:/:.:.:;.':.:.:.:.:.:.,.'゙!:.、:.:、:.:.:ヽ、:.:.:.:.、:.:.:.゙、:::.:.゙!::.:|
      .,'.:,イ:.:./:.:.:.:.:.:./  ゙、゙、:.ヽ;:.:.:.ヽ、:.:.:゙、.::.:.゙;:::.:.!i:.:!
      .,':;'::.:.:.;':::.:.:.:.:./,,__  ヾ,ヽ:゙、ヽ、:::.ヽ、:.゙!:::.:.゙!:::.|l.;!         
     l::!゙i:.:..;!::.:.:.:.:;' _,,.`ヽミ、、ヾ:.、,.>,、、ヾ!::::.:|::.;'/       
     |:! ゙!::.;イ::.:.:.:;!ィ´!ノ:::::iヽ ヽ、 ` ,イ,ノ:::!゙ヾ::.:.;!iス、      私、はじめて知りました。天さまがこんなに偉いなんて
.      ゙! ゙!:| !::::.:.:|  ゙!::::::ノ      L::::ノ  !|:/.:ヽヾヽ、      http://hiroshima.cool.ne.jp/hi_bi/h141223.html
        ヾイ、:.:.,. - 、 ̄´           ,!!':.:.:.:.:゙、ヾヽ`ヽ、
       ,.'i゙,' !::ヽ!   \    '     ,.' ゙、:.:.:.:.:.:.゙! ゙!|  ,!
      /,rl::!´゙!::.:.゙、.   ゙、  ´ ̄   ,.::'.::::::::゙、:.:.:.:.:.゙! .i|:.. |   
      .// |:! .゙、:.:.:゙、.   ゙!-/⌒!_,..-'',!:「`_- _:.!|i:.:.:.:.| ! ,. ,!    
    .,.':,'   |!  ゙、:::.:.:.゙! .:..l |  |-‐''゙,'::::! i::ト、` i|_!:.:.:;'-'; ,'     
   .,.'::::!:..    .:.゙、:.:,r' ー--ゝ、 {ニ´ッ::__::! l::゙、テ``!::/   ,!
  んヘ:゙、:..    .:::..,! 、...__  ゙!、゙、,ィ',´-::..、!:::゙、:. |/   |    
     ヾ、:.     .:.!    `ヽ.!  !,ィ´`` ‐--ヽ,_/   _,,.!    
       i゙     .{ '' ´ ̄ヽ y /::..     !- ....二二-'  
       .,! ..:. ,.._ァャ゙、 t‐ 、 ,ソ /:..      ;.ヽ、 /
       ,! .:ィ',./ム-'"ヽ、` ―'゙ /:::..      , i::. Y__,
.     ゙!:.,.:イ |::i       /:::...     ,.:':. :. . !、,.゙!
      `i   !::!      イ|::::::    ,.ィ'::. ..   ,'.! !

375 :日本@名無史さん:04/02/14 22:27
↑テンコロ一族が朝鮮系って知ってますか?



376 :日本@名無史さん:04/02/15 00:03
昭和天皇に戦争責任がないわけではありません。
被疑者死亡により不起訴になっただけですw

377 :日本@名無史さん:04/02/15 00:07
>>376
不起訴という判断を下したのは誰?w

378 :日本@名無史さん:04/02/15 00:50

─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|   >>375さんまたまた ご冗談を
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /


379 :日本@名無史さん:04/02/15 11:49
昭和のテンコロがマッカーサーに土下座して命乞いしたのは有名な話。



380 :日本@名無史さん:04/02/15 11:54
フェラして許して貰ったんだっけ?w

381 :日本@名無史さん:04/02/15 15:31
お前等陛下の悪口言ってただで済むと思ってんじゃないだろうな

         
        人 生 狂 っ ち ゃ う  ぞ 




382 :日本@名無史さん:04/02/15 16:55
テンコロなんて、みんながバカにしているよ(w




383 :日本@名無史さん:04/02/15 17:06

─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|   >>382さんまたまた ご冗談を
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /


384 :日本@名無史さん:04/02/15 21:45
テンコロは、しかも朝鮮系。異民族の君主を認める気はない。



385 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/15 21:54
  
>>367>>373

>どくさい-せいじ  ―ぢ 5 【独裁政治】

>民主的手続きを否定し、統治者の独断によって行われる政治。
>操作による大衆の動員・参加を前提にする点で、身分制を基礎にした専制政治とは異なる。
>古代ローマの戦時または非常時における独裁官による政治、
>イタリアのファシズム、ドイツのナチズムがその典型とされる。
>                         (三省堂 ウェブ大辞林)



 いろいろな考え方(受け取り方)があるのですね。面白い考え方(受け取り方)
を知ることによって、私の物の考え方に、より広がりができました。
 どうもありがとうございました。
 

386 :日本@名無史さん:04/02/15 21:55
朝鮮人の血が1滴も入っていない日本人などいるはずがないw
>>384も先祖をたどっていけば必ずどこかに半島系渡来人が現れる。

387 :日本@名無史さん:04/02/15 21:57
                   ,、- '''"~~~~゙゙゙ ''‐ 、
                ,、.'"     __,,,,,_    ゙' 、
                ,.'::    ,、- ''"´   `゙゙゙''‐ 、 ゙' ,  ,,、、、
               ,.':::  .,. "           ゙'.、r'"   ゙'、
             ,.':::: , " ,  ., , ,, 、,  , 、 、 ,r"       ',
            _,i、  ,.'  .i  ,','l !l .!l l. ! ',, l .l、/     ........ !
           ゙,~   ,.ri.  .{ .!.!,i,',l ,',!,! l', l',l,,,!/    .::::::::::::::!
            ゙、:::::,.' .::!   l゙、'l"l,' !,'!'!'.レ !' .'''.,'   .:::::::::::::::::l
.            ,>' .:r"l  ',.l,、‐''''i-     ''i;'   .:::::::::::::::::::,'
           〈-、::::゙'‐!. ,. '、ゝ;;;:j      /.   .::::::::::::::::::::,'
.            ゙、 ゙''‐-l  ', .ヽ`.´    ' ,.'   .::::::::::::::::::::/    
             `,i‐、..}i  '.;:. ゙ヽ   ヾソ'   .:::::::::::::::::::,.'        >>384は異星人。
.             / ;. ゙,゙,   ';:  ノ,,、-''"   .::::::::::::::::::,r'          ちぃ、覚えた
            / ,.'-‐゙'',-,、,i'"゙! "     .::::::::::::::::,r'"',
            / i'r"゙'´` `'''>'      ゙,::::::::::;r':!   ',
.           / .,、'´ ::、 .:,r'"        ゙、:::::'::::::',.   ',
           / .,.!  ..  :゙'::,'   、.l.      ゙、:::::::::: ゙、.  ',
         / /,', ...::.:::::::,'    ゙'i.       ゙、:,',:::::. ゙、 '゙、
.        / , ', ' .i、:::::::::,r'     ',        ゙、':::::::::. ゙、 ヽ
        / ,.'.,.'  ,゙、:::::::i   ゙、.   '、    ..:::::::l::::::::::::::. ヽ ヽ
       / ././  ,.'  '、;:::!   ',    ゙、::::::::::::::::::::::!:::::::::::  ,''-、..,,゙、、,,,.__


388 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/15 21:58
   
>>367>>373>>385の続き)

 
>江戸時代に関する専門的な訓練受けてる人にとっては(* ̄m ̄)プッっ
>て話なんだけどね。



 博士、博士の博識振りに敬意を表します。一昨年(2002年)に、
朝日新聞の広告で、『信長殺し、光秀ではない』(作品社:八切止夫)
を目にして、同書を始めとして八切止夫書籍を読んで史実と信じて来た
ことの本当の真相を知りたい欲望に飢えています。
 八切史観では、桶狭間の戦いも「史実」とされていることとは違うの
ではないか、それの証拠に、敗北した事実を隠すために大東亜戦争時の
ミッドウェー海戦に参戦した将兵を前線に送り出して戦死させて口封じ
させたように、佐久間信盛を始めとする将兵達が信長の元から消え去って
いるのではないかとされています。
 

389 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/15 22:03
   
>>367>>373>>385>>388の続き)

 
 博士には、『大室寅之祐が明治天皇になったと言える勇気を持とう』
http://mentai.2ch.net/history/kako/989/989035036.htmlや、神代文字
の真偽や、桶狭間の戦いや、長篠の戦いで本当に三段撃ちや、そもそも
銃撃戦があったのかなどや、、『八切意外史3・上杉謙信は女だった』や
『八切意外史2・徳川家康は二人だった』などの解明を、是非、なさって
下さることを希望します。
 

390 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/15 22:06
   
>>367>>373>>385>>388>>389の続き)

 
 余談になりますが、一昨年の2002年の笠谷和比古氏のNHK教育『人間
講座・武士道の思想』http://www.nhk.or.jp/ningenkoza/200208/wed.htmlには、
心を躍らせながら視聴していました。特に、主君押し込めは下克上・謀反ではな
く、諫言の一種であるとの説明には、驚きを持って拝聴しました。
 

 ところで、佐治芳彦氏の『超真相東日流外三郡誌』で、神代文字で書か
れた古代文書が、所蔵されている出雲大社などから消失され続けていると
記述されていましたが、本当にそうなのですか?もし本当ならば、なぜで
すか?神代文字の存在が裏付けられることに快く思わない勢力があるので
すか。例えば、神代文字の存在によって、現天皇家の万世一系史観を脅か
すことを恐れているとか?
 

391 :日本@名無史さん:04/02/15 22:56
東日流外三郡誌は戦後捏造された偽文書。
神代文字は根も葉もないでっちあげ。

392 :日本@名無史さん:04/02/17 23:49
>>386
 しかし、天皇家の方が一般日本人よりも朝鮮の血が濃いのは事実だ。



393 :日本@名無史さん:04/02/17 23:52
>>392
それがどうした。朝鮮人の血が薄いのがそんなに悔しいのか?

394 :日本@名無史さん:04/02/17 23:57
朝鮮人がもっと良識あればこんなに叩かれることもなかったのにね

395 :日本@名無史さん:04/02/18 00:03
2ちゃんねるで朝鮮叩きしているのは良識を欠いた日本人

396 :日本@名無史さん:04/02/18 00:05
>>394-395
竹島スレで言うてみい

397 :日本@名無史さん:04/02/18 00:05
2ちゃんねるで朝鮮擁護しているのは無知な日本人

398 :日本@名無史さん:04/02/18 00:26
良識に欠けているよりは知識に欠けているほうがマシだ。

399 :日本@名無史さん:04/02/18 00:28
個人的にはその意見には猛反対です。

良識なんぞあっても何の役にも立ちません。
もつなら知識です。

400 :日本@名無史さん:04/02/18 00:31
2ちゃんでしか発言出来ない香具師ハケーン(w

401 :♪「ちしき」のてつがく♪:04/02/18 11:03
知識の力といふものは,大きいです.
けだし,「良識」といふものも,じつは知識のひとつなのですから.
それに,古代や中世の日本には「善知識」といふよい言葉がありました.

どのやうな行動をするのが社会的に適切かといふことを知ってゐるひとと知らないひとがゐます.
これは知識の問題です.知識の形式としてknowing what ではなく knowing how の
タイプの知識は,それをもってゐる人とさうでない人の間でさまざまな社会的な軋轢を生む
ことがしばしばありますが,結局は,よい知識がひろまるのです.

402 :日本@名無史さん:04/02/18 13:25
君主無答責も知らん奴が責任を論じてるのに驚き。
法的責任はどう頑張っても問えないよ。
道義的責任はあるかもしれんが。

403 :日本@名無史さん:04/02/18 16:43
でも道義的責任は、何の関係もない第三者がアレコレ言えるものでもない罠。

404 :日本@名無史さん:04/02/18 18:50
>>402
君主無答責なんてものは東京裁判では全く顧慮されていないわけだが。
天皇が訴追を免れたのは単なる政治判断によるだけ。
またウェッブ裁判長は天皇を訴追したがっていたように思える。

405 :日本@名無史さん:04/02/18 19:20
>>404
対外的な責任追及は東京裁判で終了。
対内的な責任追及は君主無答責で不可。
そのぐらいのことはわかる?

406 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/18 20:32
 
>>391

>東日流外三郡誌は戦後捏造された偽文書。
>神代文字は根も葉もないでっちあげ。



 >>367>>373博士ですか?>>367>>373博士の見解をお教え下さり、どうも
ありがとうございました。
 
  
 ところで、功績を積み重ね過ぎた臣下が目障りになって疎(うと)ま
しく思うようになることの諺(ことわざ)とか故事をご存知ならば、お教
え下さい。「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」のような・・・・・・。
 

407 :日本@名無史さん:04/02/18 21:23
>>405
必死だな

408 :日本@名無史さん:04/02/18 21:32
>>405 法的責任と道義的責任の区別もつかない文盲ですか?w

409 :日本@名無史さん:04/02/18 21:58
>>407=408
?

410 :日本@名無史さん:04/02/18 22:15
           , -‐'´:::::::::::::::::::::::::::::``ー-、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::ヽ
      , '::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::ハ:::::::::::、:::::::',::::::::',
       / ,' ,     / :::::/:::::: / ',__:::: ヽ  ',  ',
     /::/./../::..  /   /  , -‐''"ヽ::`ヽ...l....::!:::::::::',
     l:::i:::l::::l:,:-‐7l``::/ !::::::/     ヽ\::l:::::l:::::::::::l  >いい加減やめなよこのスレ。
     .l:l|::l:::::l::::::,' !:::/ l::::/   ,;==ミ、 ヽN:::::l::::::::::::l  
     l ',N:::!、:::l  レ'   レ'    " l、_ノ;;;ヽ l:::::::lニ、:::::::l  きゃははははははっ
      ,'::iヽ!',ヽ!             l:.:.;;;;:.:! l:::::::l」 }!::::::l
     ,'::::l:::::::', ,:==ミ、       ヽ::::_ノ l:::::::l┐l:::::::l
     l:::::l:::::::l:',´   `        ̄.... l:: ,!_ノ::::i:::l
     l,.イイ∠ィ__,::::::   、`______, ::::::::: l:::. ,':!ヽ::::!l::!
     / y//Vヽ≦ 、   Y::::::::::l   ,、l:::::,':j__il:::l ',!
   __ l i|(\=./) r<ヽ 、 _ヽ__ノ , イ,、-!::/イニニヽ、
  (.tヘ(ヽ rv‐┐ !^ヽ.ソ!::::::::i`‐:「イ´ / l// l'´ ̄` ',
   `く´\_lvvvjイ::::::/ヽ!ヽ,.-<´`Y´`Y // /     l
     X´::::::::o:::::`X  / r'>‐'´ ̄ ̄`Y'´/        l
   ,∠、:/:::::::o::::::::l:::\ l'´     ______ !/       ll
.  ( し)´!::::::::::o::::::::lヽ(J )  , -'´     `!       l::!
   `´ l:::::::::::o:::::::::l' `´>y'´       l       l:::l
      !::::::::::∧::::::::!  / !        l        イ:::l

411 :日本@名無史さん:04/02/18 22:50
天皇がもう少しシッカリしていたら、何百万の人が助かったかもね。
いくら、屁理屈こいても、やはり、責任はかなり重いよネ。

412 :日本@名無史さん:04/02/18 22:54
責任を天皇ひとりだけに絞ってる時点で小市民

413 :日本@名無史さん:04/02/18 22:57
しかし、一般小市民よりも責任はテンコロの方が、当然、重いだろう。


414 :日本@名無史さん:04/02/18 23:00
「やめろ」といえばやめられたのに責任をとらないうえ、

”無答責”で逃げる非道さは、 人 非 人 以外の何物でもない

415 :日本@名無史さん:04/02/18 23:01
たったひとりのニンゲンに軍部をなんとかする力はないと思われ。

416 :日本@名無史さん:04/02/18 23:14
「無答責」で逃げているのは昭和天皇自身よりも2ちゃんで「昭和天皇に戦争責任はなかった」とほざいているネトウヨだと思われ。
昭和天皇は一時期真剣に退位を考えている。

417 :日本@名無史さん:04/02/18 23:15
>>415
かりに軍部に逆らって昭和天皇が廃位されていたとしても、敗戦後には「国のために体を張った英雄」になれたと思われ。


418 :日本@名無史さん:04/02/18 23:17
ならんだろ

419 :日本@名無史さん:04/02/19 01:05
>>411
「天皇がもう少しシッカリしていたら」と言うが、
それは天皇の強烈な政治関与を要求してるということは理解しているか?
理解してるなら別にいいんだが、そこのところ理解せずに「体張ってでも戦争とめろ!」とか言う香具師がいて困る。
戦争を止めたら止めたで今度は「天皇の政治関与はイクナイ」とか言われそうだしなぁ。

420 :自治会:04/02/19 01:32
このスレはキリがないにで自粛してください

421 :日本@名無史さん:04/02/19 10:03
>>419
「あの戦争は陛下がお停めになろうとすれば、お停めになれたはずだった。」(高松宮)

422 :日本@名無史さん:04/02/19 10:08
>>421
兄弟の言う言葉は重い。

423 :日本@名無史さん:04/02/19 10:50
朝日新聞は戦争責任をとらないのか?


424 :日本@名無史さん:04/02/19 12:15
>>420
ムリ。

425 :日本@名無史さん:04/02/19 17:37
松毬元帥の談話によると、昭和天皇は自分に責任ありと主張してたらしいよ。
「軍人も文人も全部俺が任命したんだから、そいつらがやったことは全部俺の責任」
って。
「俺は悪いから、縛り首にしてくれてOK。国民は、何も悪くないのに餓えてるから
 食わせてやってくれると嬉しい」

で、結局縛り首にも廃位にもしなかったのがGHQの判断。
敗戦国の国民たる我々日本人に、その決定を覆すことは出来ない訳で。

426 :日本@名無史さん:04/02/19 18:17
>>421
どの戦争?

427 :日本@名無史さん:04/02/19 18:59
>>421
「で、貴方はそのとき何をしておられた?」と逝ってみる。


428 :日本@名無史さん:04/02/19 22:30
>>425
昭和天皇がマ元帥に言ったそのセリフはマ元帥のフィクションだという説が有力

429 :自治会:04/02/19 22:40
自粛!ね。

430 :日本@名無史さん:04/02/19 22:51
>>429
やなこった!


431 :日本@名無史さん:04/02/19 22:53
荒らし必死だなw

432 :日本@名無史さん:04/02/19 23:01
せめて寺にこもるぐらいの事はすべきだった。

433 :日本@名無史さん:04/02/19 23:02
最終責任者が責任取らずに誰が責任取るのかと。いやなら退位しなさい。

434 :日本@名無史さん:04/02/19 23:02
>>432
オマエガナー

435 :日本@名無史さん:04/02/19 23:03
何を言われても一切反論しない、ということの難しさ。
2chの住人ならわかると思うんだけどなぁ。

436 :日本@名無史さん:04/02/19 23:09
>>435
いわゆる「昭和天皇独白録」は反論以外のなにものでもないと思うが。

437 :日本@名無史さん:04/02/19 23:11
>>436
ほらね。難しいでしょw

438 :日本@名無史さん:04/02/19 23:12
>437
オマエモナー

439 :日本@名無史さん:04/02/19 23:26
天皇機関説が通説だった時代は
内閣が最終責任を負うわけだから無答責でいいだろうけど、
国体明徴声明以降は天皇親政が通説になった訳だから、
天皇には不作為責任がある。しかしどっちにしろ、無答責
だから責任追及はできない。

440 :日本@名無史さん:04/02/19 23:29
責任追及は出来なくても自発的にやめるのがすじちゃうんかと。

国会議員がタイーホできないからといってムネオがのさばってたのと同じやん。

441 :日本@名無史さん:04/02/19 23:30
>>439
法的にはな。
でもそれで割り切れるとしたらスレがこんなに伸びるわけがない。
政治的・道義的責任というのは法的責任とは別の問題だろ。

442 :日本@名無史さん:04/02/19 23:44
道義的責任はどう考えてもある。


443 :日本@名無史さん:04/02/19 23:46
あれだけ国民を煽りまくった朝日新聞には道義的責任はないのか?

444 :日本@名無史さん:04/02/20 00:03
>>441
政治的責任とは、ある集団が代表者を選出して政治的権限を与える代わりに、
与えた政治的権限によって集団に不利益が生じた場合の担保として存在する。
つまり、集団が代表者に地位を与える代わりに、代表者は集団に対して責任を負う、
とまぁこういう構造になっているわけ。
 具体的な例としてわかりやすいのは、現憲法下での内閣の政治的責任についてだね。
 現在の内閣は国会に対して責任を負っており(日本国憲法第66条)
 国民に対して責任を負っているわけではない。
 これは、国会の指名に基づいて内閣が作られるから。
んで、戦前の天皇の話に戻るけど、戦前の天皇は別に国民の選挙等によって天皇という地位を
与えられていたわけではない。だから、国民は天皇に対して政治的責任を問うことはできない。

道義的責任てのも、関係ない第三者が云々するのは筋違い。
善意からなんだろうけど、実際は単なる偽善に過ぎない。

445 :日本@名無史さん:04/02/20 00:47
>>433
>>440
皇室典範に退位規定がないので退位できません。

反論を待つ、どうぞ。

446 :日本@名無史さん:04/02/20 00:53
退位できない、はおかしいんじゃないの?
んじゃ崩御するまで天皇であり続けないといけないわけか。
んじゃ亡命しろ。それで解決。


447 :日本@名無史さん:04/02/20 01:03
>>446
>退位できない、はおかしいんじゃないの?
>んじゃ崩御するまで天皇であり続けないといけないわけか。
新旧皇室典範ともそのような制度ですが。

>んじゃ亡命しろ。それで解決。
これはネタですよね?
マジレスはしません。


448 :日本@名無史さん:04/02/20 01:04
ということで
「皇室典範に退位規定がないので退位できません。」
に対する反論を待ちます。

449 :日本@名無史さん:04/02/20 01:09
一応、言っときますけど論破したつもりで「反論を待つ」と言ってるわけではありませんので。
いろいろ反論はあると思います。

450 :日本@名無史さん:04/02/20 10:50
>>444
その詭弁はもう聞き飽きたw

451 ::04/02/20 11:32
天皇本人はね,自分はイギリス・タイプの立憲君主を模範にしとるのだと,おもってゐたやうですよ.
ま,すくなくとも,そのことについて聞かれたときには,自分でもさう信じることにしてゐたでせうw.

ところが,実際の天皇の言動を検証すると,それでは腑に落ちない.さう思へる点が多々ある.
だからこそ,ここで問題になってゐるわけでせう.
意識と実際の言動とのズレがあったことを認めなくちゃいけないんぢゃないかと思ふんですよ.

452 :日本@名無史さん:04/02/20 11:32
>>428
侍従長か何かの手記にも、元帥との会談で
「責任は全て私にある。文武百官は私の任命するところであるから、彼らに責任はない」
旨の発言があったと記録されてるんじゃなかったかな。
「You may hang me」は創作かも知れないけど。


453 :日本@名無史さん:04/02/20 12:34
>>448
では、反論をしてみます。
法律のプロじゃないんで、誤った解釈してたら誰か指摘して下さい。

憲法(大日本帝国憲法)の七十四条の1に、
 「皇室典範ノ改正ハ帝国議会ノ議ヲ経ルヲ要セス」
とあります。旧皇室典範にも
 「将来此ノ典範ノ条項ヲ改正シ又ハ増補スヘキノ必要アルニ当テハ
  皇族会議及枢密顧問ニ諮詢シテ勅定スヘシ」(六十二条)
とあり、皇族会議+枢密顧問の承認でいつでも改正できた訳です。

皇族会議は基本的に「天皇の強い意向」に背くことは少ないため、
事実上天皇の独断に近い形で典範の改正(退位の条項を増補)を
行なうことが可能だったと考えられます。

ですから「規定されていないから出来ない」とは言い切れないと考えます。
(規定されてなければ規定すればよい)

また、旧皇室典範の規定に
 「天皇太皇太后皇太后皇后ノ敬称ハ陛下トス」(十七条)
 「皇族ト称フルハ太皇太后皇太后皇后皇太子皇太子妃皇太孫
  皇太孫妃親王親王妃内親王王王妃女王ヲ謂フ」(三十条)
とあり、「太皇」なる地位が存在し得ることが示されています。
(現行の典範には「太皇」の規定はない)

このことから、天皇が退位して太皇となること自体は皇室典範の
理念に背くものではないと考えられるのではないでしょうか。

454 :日本@名無史さん:04/02/20 15:11
>>453
太皇ってのは天皇の祖母って意味。

455 :日本@名無史さん:04/02/20 16:50
>>453
まず間違いの指摘をします。
「太皇」と読んでるみたいですけど、区切る位置を間違ってます。
「太皇」ではなく「太皇太后」です。つまり天皇のお婆ちゃん。
一応区切っときましょうか。
(十七条)「天皇、太皇太后、皇太后、皇后ノ敬称ハ陛下トス」
(三十条)「皇族ト称フルハ太皇太后、皇太后、皇后、皇太子、皇太子妃、皇太孫、皇太孫妃、親王、親王妃、内親王、王、王妃、女王ヲ謂フ」


456 :日本@名無史さん:04/02/20 17:25
続いて反論してみます。
「皇室典範(旧)を改正(増補)して退位すれば良かったじゃないか」ということですね。
普通、退位論といえば、日本が主権を回復した昭和28、9年頃の退位を想定してるみたいですが、「敗戦直後にさっさと退位してしまえ」ということですか・・・

ちょっと経過をまとめてみます。
昭和21年11月3日 日本国憲法の公布
昭和22年5月3日 日本国憲法の施行
昭和23年11月12日 東京裁判の判決

新憲法施行後、皇室典範は一介の法律になってしまいますから、旧典範のうちに改正するなら昭和22年5月3日までに改正しなければいけませんね。
しかも昭和21年11月3日、すでに新憲法が公布されているわけですから、実質的にはこの段階までに旧典範を改正して退位しておく必要があったとみて良いでしょう。

↑こんなことが可能ですかね?
日程的に厳しいと思いますが。
しかも、まだ東京裁判の公判中ですし、退位するなら少なくとも判決後と考えるのが妥当でしょう。
さらに言えば、主権を喪失した状態での退位は、その正統性に問題があると思います。

「旧典範の段階で退位しろ」という論には無理があると思います。

457 :日本@名無史さん:04/02/20 18:35
じゃあ、靖国神社で「英霊」に詫びるためと言って、自決すればよかったんだよ。



458 :日本@名無史さん:04/02/20 18:36
てか、退位したら退位したで
「責任追及されるのが怖くなって逃げ出しただけ。一種の職務放棄・責任放棄だ」
といわれるだけの悪寒。

459 :日本@名無史さん:04/02/20 19:29
大昔から都合の良い存在にしか過ぎん。


460 :日本@名無史さん:04/02/20 19:57
典範に規定はないけどさ、昔の上皇みたいに出家したらどうだったのかな。
俗世には存在しないことになるから「崩じた場合」に準ずる扱いになったり、とか。

461 :日本@名無史さん:04/02/20 20:23
>>458
 日本の伝統からして、「自決」すれば、生前にどんなに悪いことをしても褒め称えられてたよ。
今のような、国民の天皇に対する「無関心」や反感などを考えると、昭和天皇が自決していれば、全く違った国になっていたと思うよ。


462 :日本@名無史さん:04/02/20 22:23
近衛文麿は自決したのにはっきり言って馬鹿にされているが・・・

463 :日本@名無史さん:04/02/20 22:32
満州・朝鮮の施設や道路・鉄道・橋梁の徹底的破壊を指令しておくべきだった。


464 :日本@名無史さん:04/02/20 22:37
>>456
よく理解してませんが、時間的に難しいとか正当性がどうのとかはあっても
できない事は無いという事でいいですね。

465 :日本@名無史さん:04/02/20 22:41
いや、敗戦よりもっと前の段階、軍部の暴走を止められなかったと言う意味では
昭和初期の時点で退位していればよかったのではないの?
(結局軍部を制御できなかった責任をとる形で。)


466 :日本@名無史さん:04/02/20 23:14
天皇>>>>>皇軍
大元帥天皇が暴走を止められないはずがない。

467 :日本@名無史さん:04/02/20 23:19
>>465
軍の暴走は議会が認めている(数々の出兵に予算を付けたという形で)わけでしょ。
国民という最大の国家基盤は軍の暴走を(結果的に)支持しているのに
逆に天皇は責任を取って退位すべし、とするのはなんか腑に落ちないのだが。
もし軍の暴走の責任を問うならば、暴走を生起させた実行犯を追及すればいい話だと思う。

468 :日本@名無史さん:04/02/20 23:21
車と同じで、ブレーキを踏んでも急には止まれない。
でも急に止まれないからと言って、
ブレーキなど無くても良いという事にはならない。

469 :日本@名無史さん:04/02/20 23:50
>>464
理論的には一応可能ではあります。
しかし>>456に書いた通り、
@日程的に困難
A東京裁判が終わらない段階での退位は妥当ではない
B主権喪失状態での退位は正統性に欠ける
ということです。
ですから、世の退位論は「主権を回復した後、昭和28年頃に退位すべきだった」というのが普通です。
匿名で好き勝手が言える2chは別として、有識者で「敗戦直後(昭和21年11月3日以前)に退位すべきだった」と唱える人は見かけませんね。

470 :日本@名無史さん:04/02/21 00:08
木戸っちと弟(すぐ下)
は無法状態とみて無茶しようとしたね。
たしかに58年頃退位という方法論はありえたね、憲法改正ふくめて。
今じゃ意地でもカエル気が失せたんだよね。

471 :日本@名無史さん:04/02/21 00:09
>>466
天皇が軍の暴走を止めるということは、すなわち「天皇の政治関与」を意味しますが、それはOKなのですか?
>>466さんがどのようなスタンスかはよく知りませんが、一般に天皇の責任追及に熱心な人は、天皇の政治関与に対して否定的見解を持っていることが多いように思いますが・・・

472 :日本@名無史さん:04/02/21 00:12
天皇が政治に積極的に関与していたから戦争が終わらなかったんだろ?

473 :日本@名無史さん:04/02/21 00:12
つまり田中を辞任させたあの気合をその後も持ちつづけるべきだったということでは?


474 :日本@名無史さん:04/02/21 00:22
>>472
よく意味がわからないので、もう少し具体的に説明してもらえると有難いのですが

475 :日本@名無史さん:04/02/21 01:05
>>474
近衛上奏文を無視したのは誰?w

476 :日本@名無史さん:04/02/21 01:08
政治に関与(意見)しながら、大事なとこでの意思が見えない。
そして戦後いわく、自分が思う方向でなかった。
リーダーの鏡である。

477 :日本@名無史さん:04/02/21 01:25
戦争を阻止させられたはずだという視点からは田中を辞職させたことは高く評価しているわけか。

478 :日本@名無史さん:04/02/21 01:30
そこまで飛躍も能力の過信もしてないっしょ。
ただ政治力を発揮したいときは結構やっていたと思えるだけだがね。

479 :日本@名無史さん:04/02/21 01:37
226で真崎は天皇にびびってころっと態度を変えたよね。

480 :日本@名無史さん:04/02/21 01:39
「国民政府を相手にせず」などと宣言した近衛に「こんなことして大丈夫なのか」と懸念したのは手ぬるく、田中のように辞職させるべきだったというわけか。


481 :ようわからんぞ:04/02/21 01:49
べきではなく
せきにんをとれる人格であっただけだわ。

482 :日本@名無史さん:04/02/21 02:56
226のときの天皇の方針は現代人的感覚からすると正しいだろ。


483 :日本@名無史さん:04/02/21 03:01
現代人は民主的プロセスマンセーだからな。
もし現代クーデターが起こそうものならマスコミから徹底的に糾弾されるのは目に見えている。
真崎大将のようにクーデターに乗っかろうとする人物がいたらNステ、ニュース23あたりでケチョンケチョンにやられるだろうな。

484 :日本@名無史さん:04/02/21 07:52
>>483
軍人による”クーデター”は叩かれそうだけど、
市民による”革命”なら、Nステ・ニュース23あたりでワショーイされそうだw

485 :日本@名無史さん:04/02/21 10:32
>>471
明治憲法
X・・・・「イギリス式立憲君主」 (君臨すれども統治せず)
O・・・・「プロイセン式立憲君主」(君臨もし、統治もする)

天皇のこずるいところは、自分は立憲君主(イギリス式)であったといいながら、
実際はありとあらゆる政策に関与していたことである。

486 :日本@名無史さん:04/02/21 18:00
「国体明徴宣言」からすると「絶対専制君主」ではないか?

そうすると「超A級戦犯」だよ。


487 :日本@名無史さん:04/02/21 19:03
みんな「立憲君主」の意味を間違ってないか?
立憲君主とは「政治に一切関与しない君主」のことではない。
「憲法の条規に従い権力を行使する君主」のことだよ。

488 :日本@名無史さん:04/02/21 19:19
>>486
内閣が「国体明徴宣言」発したのだから天皇親政体制なのだ、というのは法理的に矛盾している。
というのも、もし内閣の宣言を以て国家体制が規定できるとすれば、
内閣は国家体制を規定できるだけの権限を有していることになる。
それはもはや天皇親政体制ではなく内閣独裁体制であり、
天皇が内閣の操り人形となっていたことを示すことになるのだからね。

489 :日本@名無史さん:04/02/21 21:07
>>486
「凡テ法律ハ帝国議会ノ協賛ヲ経ルヲ要ス」という事実ひとつで絶対専制君主説は容易に崩されると思いますが?

490 :日本@名無史さん:04/02/21 21:50
天皇が統帥権を持つ、ちゅうことは、何時どうやって戦争を始めるかは
究極天皇の勝手、ちゅうことになる。これは第13条に明記されてて、
いわゆる天皇大権に入っとる。
戦争が始まったら誰も天皇を制御でけへん。
法律の上に置かれた存在。これを「絶対者」と呼んで、どこが
おかしいのん?

491 :日本@名無史さん:04/02/21 22:42
>>490
君は初歩的なミスを犯している。
統帥権というのは軍の作戦・用兵に関する権限であり、
戦争を始めるか否かは外交、つまり政府の権限に属する。
それは、開戦の詔勅に統帥部の副署でなく、
国務部(総理以下各国務大臣)の副署がされている事からもわかる。
 軍が独断で兵を動かすことはあっても、
 それは単なる「戦闘行動」であり「戦争」ではない。
ゆえに
>何時どうやって戦争を始めるかは究極天皇の勝手、ちゅうことになる。
は間違いで、政府の輔弼がない以上、天皇といえども独断で戦争を始めることは出来ないし、
政府が戦争をやめる気にならなければ、天皇といえども独断で戦争をやめることも出来ない。

ちなみに
>これは第13条に明記されて
いると書いているにもかかわらず、なぜ
>法律の上に置かれた存在。
となってしまうのか。
君の論理は全くもって破綻している。

492 :日本@名無史さん:04/02/21 23:09
>>491
天皇は、「閣議で決定した案は意に満ちても満たなくても裁可した。故に立憲君主
であった」といいます。
しかしそれにはからくりがありました。
政府は国会に提出する案を作ると先づ天皇に報告しました。大本営が作戦計画をた
てた場合も同じです。これを内奏といいます。

天皇は内奏の時、細部にわたって質問し、意見をいい、政府も大本営も天皇が納得
するまで案を練り直して、国会や大本営政府連絡会議に提出しました。
従って国会や大本営政府連絡会議で可決された案を天皇が裁可を拒否する筈はなか
ったのです。

天皇は「開戦は閣議の決定」といいますが、開戦は憲法に規定もない、大本営政府
連絡会の天皇が出席した御前会議で決定しているのです。
又、天皇は「戦争を起こした責任は内閣や軍や国民にあり、戦争を終わらせた功績
は自分にある」といい、自分が憲法に定められた政治的、軍事的絶対者であり、陸
海軍大元帥(最高司令官)として軍事作戦に関しては天皇の統帥権によって内閣に
も国会にも干渉を許さなかったことや、天皇が絶対権者ということを意識して行動
していたことは覆いかくしています。


493 :日本@名無史さん:04/02/21 23:16
>>492
>開戦は憲法に規定もない、大本営政府連絡会の
それをういうなら、閣議だって憲法に規定がないぞ。

494 :日本@名無史さん:04/02/21 23:18
>>491
法理論というのかわかりませんが、おっしゃる事は理解いたします。
しかし、もし天皇が226の時のような感じで断固とした姿勢でもって
もっと早い時期にもし仮に「もう止めよう」と時の内閣かなんかに
言っていたら政府が止める気になって犠牲が少なくなっていたのでは
と思ってしまうんですが、それはありえないといいきれるのでしょうか。
それがありえなかったからあそこまで引きずったということでしょうか。

495 :日本@名無史さん:04/02/21 23:24
田中に「辞表を出してはどうか」と迫って辞職させたが、
こういった姿勢は立憲君主ではないと侍従に諭され、
以後は226ぐらいしか強硬姿勢は出していない。


496 :日本@名無史さん:04/02/21 23:42
>>492
軍事作戦に関して、内閣や国会に口出しさせないのは至極当たり前の話なんだが?

497 :日本@名無史さん:04/02/21 23:52
国会はともかく内閣まで軍事作戦に口出しできないとなったら
そりゃすでに国家としては破綻しているよ。滅亡は必然だったな。

498 :日本@名無史さん:04/02/22 00:01
>内閣まで軍事作戦に口出しできないとなったらそりゃすでに国家としては破綻している

ネタだよな?

499 :日本@名無史さん:04/02/22 01:56
この話題的にいって
天皇機関説ってどう?
226も近付いてきたわけだが


500 :日本@名無史さん:04/02/22 01:57
>>497
ネタにマジレス
「軍事作戦」の「作戦」という部分に注意しなさいよ。
素人が「軍事作戦」に口出しする国家のほうが国家として破綻している。

501 :日本@名無史さん:04/02/22 02:08
>>492
>憲法に規定もない、大本営政府連絡会
それを言うなら内閣だって憲法に規定はないぞ。

502 :日本@名無史さん:04/02/22 02:20
ウヨだがね、サヨにアドバイスしてやるよ。
昭和天皇の責任を問いたいなら>>492にような攻め方をしな。
つまり内奏と御下問に着目しろってこと。
おれはね、300以降しか読んでないけど、ウヨのほうにインテリがぼちぼちいるわ。

503 :日本@名無史さん:04/02/22 02:26
>>502
そんなあんたの
ウヨたる思想的(心情的ではなく)根拠は?

504 :日本@名無史さん:04/02/22 08:10
昭和天皇の頭の中は「国体護持」と「三種の神器」を守ることで一杯の小人物。
彼の自己弁護の悪書の「独白録」でも、全てを軍部と共産主義のせいにして、アメリカの歓心を
買って天皇制を残そうとしたことが図らずとも自白という形でよく分かる。

こんな下らん人物が、当時の難局で政治に強い影響力を持っていたのが日本にとっての最大の不幸であった。



505 :日本@名無史さん:04/02/22 09:15

笑話天皇にモラルを求めるのは、ゴキブリにモラルを求めるようなもの。

506 :日本@名無史さん:04/02/22 09:21

    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   同士よ!我々にモラルはない !!!
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \ ウォッカならある!!
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ



507 :日本@名無史さん:04/02/22 09:44
>>494
●「建前として天皇は国務大臣の輔弼によって国政をなさるのではあるが、時には強い御意見をのべられることもある。
  天皇が御納得されない場合は、概ねの場合問題はそのままサスペンドされて決定が延ばされるか内閣の方が考え直すのを例とした。」(木戸幸一日記)
●「陛下の御政務には・・陛下にご覧にご覧にいれる認可を受ける書類はたくさんあるんです・・・このご允裁も、
  納得のいかないものには『可』とお押しにならないで、ご自分の別の引き出しに入れておしまいになる」(海軍侍従武官・山澄貞次郎)
●「山下(奉文)は2・26事件に関係があった。また、現に転進の英租界を封鎖して英国と事を起していると云う話である。
  これを軍司令官に親補することはどうか」
●「石原(莞爾)は浅原事件に関係があるという事だが、これをどう処置するか」
  (この後、石原は天皇の「東京以外に出せ」という指示によって京都第16師団留守司令部に左遷される)
●「陸軍は宣昌をなんとかならないのか」(1940年6月15日上奏の際の発言)
● 近衛文麿1945(昭和20)年2月14日天皇に戦争停止の上奏文を提出。
 (「敗戦は残念ながらもはや確定・・・・・」)
  しかし、天皇は黙殺、最後まで戦争続行を主張し無用な被害を拡大。

 立憲君主として裁可のみしたどころか、直接「指示」さえしている。天皇は、単なる操り人形じゃ無かった。
 自ら考え、自ら主張し、行動し、結果責任を取らなかったのが昭和天皇でした。



508 :日本@名無史さん:04/02/22 11:13
>>507
 昭和天皇は「超A級戦犯」だな。


509 :日本@名無史さん:04/02/22 11:35
>>502
「ご下問」を通じた昭和天皇の戦争指導については
以前にたった類似スレでさんざんネタがでつくしてると思ふぞ.
まあ,住人もいれかはって話がループするのは,2ちゃんの常だが.

510 :日本@名無史さん:04/02/22 11:59
507のようなパターンでは絶対に田中辞任や226の例はださないんだな。何故か。


511 :日本@名無史さん:04/02/22 17:50
>>507
よろしい。
では、いつどのようにして責任を取るべきだったとお考えで?


512 :日本@名無史さん:04/02/22 18:07
>>511
「やはり、陛下にはこの戦争に責任がある。
 戦艦に御座乗りいただいて、戦死していただくのが一番よい。
 自決していただくのが、もっとよいと思いますがね。
 そのうえで国民も、軍も、無条件降伏をすることに納得がゆくでしょう。」
                 (昭和20年7.26  近衛文麿)


513 :日本@名無史さん:04/02/22 18:34
昭和天皇は軍事・人事において大きな影響力を持ってました。
しかし彼の戦争指導によっても戦局は悪化の一歩をたどるばかりでした。

そんな彼が唯一危惧したのは三種の神器を奪われることでした。
沖縄・広島・長崎・満州でいくら日本人が死のうともそれは彼にとっては
どうでもいいことでした。

伊勢・熱田方面への連合軍上陸が現実味をおびてきたときに、彼は三種の
神器を守るために降伏を決意しました。

そんな天皇に対して、甲斐性のない赤子のために天子様に気苦労を
おかけすることになって申し訳ありません、という「一億総懺悔」が
首相東久邇宮の提唱によって打ち出されました。

国民は「一億」の中に当然天皇も含まれていると思っていましたが、
生涯に一度も国民にわびる態度、言葉はありませんでした。


514 :日本@名無史さん:04/02/22 18:41
チョンと反日日本人こそ先帝に詫びて死ね

515 :あぼーん:04/02/22 19:12
>>513

無条件降伏したら3種の神器もどうなるかわからんだろ?
フセインや麻原のように洞穴に隠れてでも守ろうとするんだよ。
ちょっと考えればわかりそうなもんだが・・・・。


516 :日本@名無史さん:04/02/22 19:16
>>517 やっぱ側近である近衛すら昭和天皇を嫌ってたんだね

517 :日本@名無史さん:04/02/22 19:17
>>514 その「チョン」って桓武天皇のお母さん?(w

518 :日本@名無史さん:04/02/22 19:31
戦争で日本を焦土にした昭和天皇こそ最大の「反日日本人」

519 :日本@名無史さん:04/02/22 19:33
よく「天皇無答責」って気軽にいう馬鹿がいるけど
そういう輩は、 神経がオカシイ んじゃないかとおもうね

ようするに 共産主義の偉大なる指導者=天皇 っていいたいわけだろ? 

520 :日本@名無史さん:04/02/22 19:36
いっぺん戦に破れたくらいで伝統ある自国の天皇を誹謗するな糞ども

521 :日本@名無史さん:04/02/22 19:40
天皇だから責任追及しちゃいかんとは、平氏や北条氏よりも遅れてるな。

522 :日本@名無史さん:04/02/22 19:41
天皇のせいで戦争に突入したわけでもなければ、敗北したわけでもない。
みんな日本臣民が悪いんだよ。

523 :日本@名無史さん:04/02/22 19:42
何の責任だ負けたのは日本に国力がなかっただけのこと
天皇と敗戦なんて関係ない

524 :日本@名無史さん:04/02/22 19:44
だって天皇を責任追及しちゃいかんと前憲法の第三条に定めたじゃん。
立憲君主のもとでその憲法を作ったのは、他ならぬ日本国民、俺たちのご先祖さまなわけで。

525 :日本@名無史さん:04/02/22 19:46
前憲法は天皇から下賜されただけだろ?
まだ議会すらなかったはずだが??

526 :日本@名無史さん:04/02/22 19:46
>>522 一億総懺悔?

527 :日本@名無史さん:04/02/22 19:47
>>525

バカか?

528 :日本@名無史さん:04/02/22 19:47
日清日露の大戦も明治天皇のお陰て勝てたわけではないだろ
左翼どもは天皇制がそんなに嫌なら共和国にでも移住しろ

529 :日本@名無史さん:04/02/22 19:49
>>525
僕ちゃん学校でそう習ったのかいw

530 :日本@名無史さん:04/02/22 19:50
盲目的な天皇信者の言うことは極端すぎる。
天皇個人であれ天皇制そのものであれ、批判を許さないという姿勢は痛い。

531 :日本@名無史さん:04/02/22 19:50
おいおい、525みたいな香具師と何を話せっていうんだよw

532 :日本@名無史さん:04/02/22 20:09
なんか近代天皇制の話題って、アンチかマンセーしかないんだね。
やっぱ中世とか近世の方が学問的だわw

533 :日本@名無史さん:04/02/22 21:28
侵略戦争を命じ、アジアで1500万人殺害し、挙句の果てには自国民まで300万人犬死させた日本史上最悪のクズ帝である昭和天皇。
欧米では「ヒロヒトラー」と呼ばれ、戦争責任を誤魔化す工作や発言で、国際的に日本の名を貶めたその罪は万死に値する。



534 :日本@名無史さん:04/02/22 21:54
                  __,,,,_
                /´      ̄`ヽ,
   皇           / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ   ち
   居           i  /´       リ}    ょ
   ま          |   〉.   -‐   '''ー {!    っ 
   で  , 、       |   |   ‐ー  くー |    と
   こ  ヽ ヽ.     ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
   い   }  >'´.-!  ヽ_」     ト‐=‐ァ' !   
       |    −!  ゝ i、   ` `二´' 丿
       ノ    ,二!   r 、` '' ー--‐f´ 



535 :日本@名無史さん:04/02/22 21:55
>>524は伊藤博文の子孫か?

536 :日本@名無史さん:04/02/22 22:09
みなさんこんやはNHKアーカイブスみましょう。

537 :日本@名無史さん:04/02/22 22:56
結局神聖不可侵規定以外に昭和天皇の戦争責任を免除する根拠はないの?

538 :日本@名無史さん:04/02/22 23:28
規定なんかでなくて神聖なの
ということ。

おにごっこのミソなんだが、けっこうやり手でたち悪かった。

539 :日本@名無史さん:04/02/22 23:32
どーいう神経してるんだろ、昭和天皇って。
御国のために死ねって言っておきながら、
自分はいつしか平和主義者におさまって
のらくらと海洋生物のご研究ときたもんだ。

まったく見上げたもんだよ。300万人以上の死んだ人間は何のために
死んでいかなきゃならなかったんだ。
土下座して百万回謝っても足りないって。

しかしなんだな、やっぱ死んだ人間は浮かばれないな。
犬死ってやつだよ。どういう想いを残して死んでいったんかね。
それで天皇が平気な顔して戦後も生きてこられたってのが信じ
られないよ。

首でも吊るんならわかるけど、なんだか平和の
象徴みたいに収まっちゃってるんだから。普通の人間の出来る
ことじゃないな、ありゃ。



540 :日本@名無史さん:04/02/23 00:40
戦前世代が
「あ、そう」の人と呼んでいたのは
その浮き世離れしたセンス(本人は苦悩の果てだろうが)
をいっていたのね。

541 :日本@名無史さん:04/02/23 00:42
                 ,. -‐ 、
                  '´  _,..ヾ;、 -- 、.,,      へ、陛下〜
              , -_‐、   ,ィ'::::;.::.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:`丶、         
                l し ノ、 .,:':::;へ/´\lヽ、::.:.ヽ:.ヽ  つ    
               ヽ/:.:.〉、/:::/‐ァミ`   -;:<ヾ::l::ヽ::゙,  っ    
               ゙、/:.:/:::/{ {::ソ   イト_::ハ`'i:::::',:::!    r‐ 、-、
               〈:.:.:.:/:::;′ `´ __  ゙ー′ !:::::l:::l   ,..-'、ー'  l
         / /     ヽ:.:l::::人    l  ヽ     |::::,'}/,.-''´ヽ:.:.゙、__ノ
         / /__.   ヽ:'´:.:.l:丶、 ヽ- '   u ,.|::/-':.:.:.:.:.:.:.ヽ:.冫
         ,. - ''/´:.:.:.:.:`丶、ヽ:.:.:l:.l:./ヾ、、 __,.. -:7:.:l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
      ./:.:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.ヽ,.l:.l:ム-へ-‐ '´/:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
      /  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ... :.. :.:', l:.:.:.:.○:.:\./:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:./
    l:. .:.:.:.:.:. ...:.:.  :.:.:.:::::::. :.:.::::l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:,.-'′
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.. ::::::::::::::!:.:l:.:l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.-'´
   〃:./:.:.:.;ィ:.、:::.ヽ::::::::::::::::l::::l:::! :.○:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l´
   {!レl::/ l:ノ丶、::\::::::::::r 、:::| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
   `  l::`ヽ    `` `'>─<`丶、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     f'、:::l゙ ー- ..r‐ュ/:.:.:.:.:.゙、:.:.:.ヽ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      .|:.゙、|`丶、!.イ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
       !:.:.:.:.:.:.:.:.:゙li/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:〉:.:.:.! :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
      ゙、:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|

542 :日本@名無史さん:04/02/23 01:31
チョンこんなところでオナニーしていないで
さっさと帰国しろや

543 :日本@名無史さん:04/02/23 02:00
とりあえず博文タンの憲法義解ぐらい読んでくれよ

544 :日本@名無史さん:04/02/23 04:03
>>532
アンチの意識
「俺はバランスを保ちたいのにマンセーが極端な事ばかり言うからこっちも極端なアンチにならざるを得ない」

マンセーの意識
「俺はバランスを保ちたいのにアンチが極端な事ばかりを言うからこっちも極端なマンセーにならざるを得ない」

結果、泥仕合になっちまう

545 :日本@名無史さん:04/02/23 20:04
結局神聖不可侵規定以外に昭和天皇の戦争責任を免除する根拠はないの?


546 :日本@名無史さん:04/02/23 21:05
 天皇は神聖にして侵すべからずといふのは、憲法義解にも書いてあるとおり、
畢竟天皇が『指斥言識の外に在る』とこを謂ふのであります。固より天皇と雖も、
法律の上に在りまして少しも法律の制限を受けさせ給はぬと謂ふのではない。
天皇の大權は常に憲法の條規に從て行はせられなければならぬことは云ふ迄
も無いのみならず、法律勅令又は其の他の命令に付ても苟も法律命令が發布
になつた以上は、其の法律命令に從つて統治權を行はせられなければならぬ。
若し憲法なり又は法律命令に違反した行爲が在るならばそれは違法行爲に外
ならぬのであります。併ながら天皇に如何なる御所爲があらうともそれは臣民
の批評すべき限りではないのであります。天皇は全く無責任で、如何なる事が
あつても裁判所に於て天皇を裁判することは出來ない、議會に於て天皇を彈劾
することは出來ないのであります。總て大權の行使に付て若し憲法に違反し法
律に違反し又は公共に反するやうな事があつたならば、それは輔弼の任に当た
つて居る國務大臣のみが専ら其の責に任ずべきものであつて天皇が直接に其
の責に任ぜらるヽのではないのであります。議會は大臣の責任を質すことが出
來ますし、人民の輿論は大臣の失政を攻撃することが出來ますけれども、天皇
御自身に対しては何人も之を非議辨難することは出來ぬ、天皇を批判するのは
許すべからざる不敬の罪であります。
 是は大權即ち國務上の行爲に付て申したのでありますが、天皇の私の行爲に
付いても亦假令如何なる御所爲が有つても刑法違反といふやうなことを以て其
の責を問ふことは出來ないのであります。
                        (美濃部達吉『憲法講話』)

547 :^@kj7^@kj7 ◆VswWSpFPH2 :04/02/23 21:33
 
>>367>>373博士

>とりあえず文春新書の『黄門さまと犬公方』(山室恭子著)ってのを読
>んでみると良いよ。
>一般向けに得ている本なので入手しやすいし読みやすいと思うから。



 『黄門さまと犬公方』(山室恭子著)を読み終えました。江戸町民が
「犬かけ水」や「揃(そろ)いの犬印(じるし)の羽織」の情景に、思
わず笑いました。
 >>367>>373博士が、さらに史実を掘り下げられることを心待ちにして
おります。
 

548 :日本@名無史さん:04/02/23 21:44
>>546
それがどうした?だから昭和天皇に戦争を防げなかった責任がないとでも言うつもりか?


549 :日本@名無史さん:04/02/23 21:56

日 本 人 は 豚 。


http://www.japanpig.com/



550 :日本@名無史さん:04/02/23 22:43
>>548
戦争によって生じた責任は国務大臣に問われるべき、ということ。

551 :日本@名無史さん:04/02/23 22:43
戦争責任を問えない(問わなかった)というのと戦争責任がないということは違う。
天皇の戦争責任は国内法的に問えない、国際的には問わないという結果だったが
それがイコール戦争責任がないとは言えないのではないか?

552 :日本@名無史さん:04/02/23 22:46
現実社会においては、責任を問えないことと責任がないことは同等。

553 :日本@名無史さん:04/02/23 22:48
簡単に言ってしまえば麻薬中毒者が殺人を犯しても殺人罪に問えない場合もあるが
殺人を犯したという事実は存在するわけで、その責任は問えなくても事実を追究することは
歴史的に意義のあることだと思う。


554 :日本@名無史さん:04/02/23 22:57
例えば昭和天皇は平和を好み、あらゆる戦争に反対だったかのような評価が
未だに一部で定着しているようだが、この点については追究してみても面白い。
昭和天皇は満州事変の結果に不満だったのか?
昭和天皇は北京占領には強い懸念を示したようだが、他の中国華北部での
軍事作戦に反対だったのか?
昭和天皇が近衛上奏文に対しどのような感想を漏らしたか。

555 :日本@名無史さん:04/02/23 23:50
>>554
昭和天皇個人がある事実に対してどういう感想を持っていたか?
ということ探るのは、確かに良い点を衝いていると思う。
でも「感想」というものは、ある事実が生起した後に初めて発生しうる概念なのだから
ある事実が天皇の責任で行われたのか?というこのスレの本題とは少し違うと思わないでもない。

556 :日本@名無史さん:04/02/24 00:27
近衛上奏文に対しての
「戦果を挙げてからでないと中々難しい」というのは
「戦果がないと交戦継続派を説得できない」って意味じゃないのか?

557 :日本@名無史さん:04/02/24 00:30
昭和天皇が軍部強硬派による廃位を真剣に恐れていたのは確かなようだね。
大正天皇の前例もあるし、摂政候補も事欠かない。

558 :日本@名無史さん:04/02/24 00:50
どうせ勝ってた戦争なら自分の手柄にしてたんだろ
自称「ほんとうは平和を願っていた」だれかさん( ゜д゜)、ペッ

559 :日本@名無史さん:04/02/24 08:51
>>546
天皇は、天皇機関説でも、天皇主権説でも根本は変わらないと考えているが、その根本には、
日本では、君主(天皇)と国家は同一であるという考えである。

「天皇に事故あらば、国家も同時にその生命を失うことになる」「日本のような、君・国同一の国ならば・・・・」
というのが裕仁の主張である。

しかし、機関説は、実はこういう考え方と前面的に対立する。
美濃部機関説とは、詔勅といえども、憲法に合わないなら、国民は批判する自由があり、
勅命といっても、場合によっては国民の代表である議会は従わなくても良いとするものである。

しかし、天皇は、美濃部説の生命線ともいうべきこれらの点を否定した。
すなわち天皇は、機関説は悪くないというが、実は基本的には、猛烈に機関説を排撃した、軍部、右翼などと
同じ観点に立っていた。

そして、彼自身が認めていた、無制限絶対の日本国統治主権者として、ファッショ化、軍国主義化の最高の指導者
の役割をになった。


560 :日本@名無史さん:04/02/24 12:05
>>558
まぁ、日清戦争日露戦争を欲しなかった明治大帝の例を考えてみても、
勝ってれば周りからワショーイされただろうね。天皇個人の意向とは無関係に。

561 :日本@名無史さん:04/02/24 19:57
明治天皇は、軍人の政治介入を頑なに戒めていた。
しかし、昭和天皇は軍部に操られ破滅した馬鹿天皇。

562 :朕カス:04/02/24 23:37

朕は、朕の軍隊に操られるような者にあらず。すなわち、共犯者なり。

563 :日本@名無史さん:04/02/25 00:26
左翼臭いスレやな

564 :日本@名無史さん:04/02/25 07:23
二・二六事件では、断固として軍部の謀略をはねつけた態度を見るに、昭和天皇って何だかんだ言って軍部を自分の支配下に置いていたんでしょう。


565 :日本@名無史さん:04/02/25 09:11
「天皇の御意志に反するような事は臣下としてできる筈はありません。」(東条英機)
「天皇の御意志に反するような事は臣下としてできる筈はありません。」(東条英機)
「天皇の御意志に反するような事は臣下としてできる筈はありません。」(東条英機)
「天皇の御意志に反するような事は臣下としてできる筈はありません。」(東条英機)
「天皇の御意志に反するような事は臣下としてできる筈はありません。」(東条英機)

                           以上

566 :日本@名無史さん:04/02/25 10:28
      -'::.:;;:-‐:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、::.:.:.:ヽ、:.:.゙、
      ,'.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;!:.i:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ;::::.:.゙、:.:.゙!
      !,.'.:/:.:.:;.':.:.:.:.:.:.,.'゙!:.、:.:、:.:.:ヽ、:.:.:.:.、:.:.:.゙、:::.:.゙!::.:|
      .,'.:,イ:.:./:.:.:.:.:.:./  ゙、゙、:.ヽ;:.:.:.ヽ、:.:.:゙、.::.:.゙;:::.:.!i:.:!
      .,':;'::.:.:.;':::.:.:.:.:./,,__  ヾ,ヽ:゙、ヽ、:::.ヽ、:.゙!:::.:.゙!:::.|l.;!         
     l::!゙i:.:..;!::.:.:.:.:;' _,,.`ヽミ、、ヾ:.、,.>,、、ヾ!::::.:|::.;'/       
     |:! ゙!::.;イ::.:.:.:;!ィ´!ノ:::::iヽ ヽ、 ` ,イ,ノ:::!゙ヾ::.:.;!iス、      赤い話をやめなさい
.      ゙! ゙!:| !::::.:.:|  ゙!::::::ノ      L::::ノ  !|:/.:ヽヾヽ、        反逆罪は死刑だよ!
        ヾイ、:.:.,. - 、 ̄´           ,!!':.:.:.:.:゙、ヾヽ`ヽ、
       ,.'i゙,' !::ヽ!   \    '     ,.' ゙、:.:.:.:.:.:.゙! ゙!|  ,!
      /,rl::!´゙!::.:.゙、.   ゙、  ´ ̄   ,.::'.::::::::゙、:.:.:.:.:.゙! .i|:.. |   
      .// |:! .゙、:.:.:゙、.   ゙!-/⌒!_,..-'',!:「`_- _:.!|i:.:.:.:.| ! ,. ,!    
    .,.':,'   |!  ゙、:::.:.:.゙! .:..l |  |-‐''゙,'::::! i::ト、` i|_!:.:.:;'-'; ,'     
   .,.'::::!:..    .:.゙、:.:,r' ー--ゝ、 {ニ´ッ::__::! l::゙、テ``!::/   ,!
  んヘ:゙、:..    .:::..,! 、...__  ゙!、゙、,ィ',´-::..、!:::゙、:. |/   |    
     ヾ、:.     .:.!    `ヽ.!  !,ィ´`` ‐--ヽ,_/   _,,.!    
       i゙     .{ '' ´ ̄ヽ y /::..     !- ....二二-'  
       .,! ..:. ,.._ァャ゙、 t‐ 、 ,ソ /:..      ;.ヽ、 /
       ,! .:ィ',./ム-'"ヽ、` ―'゙ /:::..      , i::. Y__,
.     ゙!:.,.:イ |::i       /:::...     ,.:':. :. . !、,.゙!
      `i   !::!      イ|::::::    ,.ィ'::. ..   ,'.! !


567 :日本@名無史さん:04/02/25 10:54
           ,, '~/::     ` - ,   ヽ::ヽ`ヽ
           /:/::  y       ` , -'"~" ヽ::\
         /:: (:: / ン     /::.     - ,  ヽ::ヽ
         ,i::.   '       ::::/::.   i:::..      i::::ヽ
        /:::::.. /         ::、 ,::、 i::.      !, |
        レ':::::: /  ::ノ     人ミ彡 !:.      ヽ、i
        i::: /:::/:::: ..:::::ノ'//'     !:: !   ::`ヽ; !,
        |:://::i::::::::::::/ レ' ;/     '!::八、::、::、::ヽ:)ヽ
        |:::::i::::::::// ''''~"'y'       -ツ~~~ヽヽ::ヽ ノ ,)
        |:ii:i:::::ヽ|;             ,イ;~iヽヘ、::: /iノノ
        !::!!i::::: l、 `ー==''      i;/'i;ノ_ノ' ノ:iノ ''
        i::::::|::: i,          ;   ̄   ,/:::::i,
         ノ::/::l::  !          /      /::i:i::::i,
       //i:i:i::l;: !';,,      , -ー- 、    ,;':::::i::::::::i,
       '/ i::i:i八::ヽ,\     、   ノ    /::::i:(、::::::::i, >>566おこちゃまはしー。ねっ
      ノ   ,i::::i::::ヽ ヽ~ \.  ` ,-、 ,,/:ヽ::::::i:ヽ\:::::i,,___,,,,,,,_
        /i:::::::::/`ヽ!、 l i`;,、,,_i i  ヽ_,,, ---'''''ヽ:` ''ヽ   ii~ヽ、
      ___/-i;;;;;;;'-- ミ,_i, l i  l .! |  / `''-  ,,, ,,,,,`ヽヽヽ  ii  ヽ
 _,, --''"~    ,,,,,,;,,,;,,,>、`、 i !  l | .i /,,, --'''''" '''  ;;,,,,,,,,';,,,';,,,,,,ii   !';,__
/=;;,,       '';;,, '' '' ヽV    il  l /⌒ヽ          '''''''`'''';;;;;;;ヽ,
i  '''=,,,    ,;;''       `   i   ' ノ  i         ,,,     '''''''''''-、
i     '=,, ,,;''            |     `-<_        // _________,,,,,,,,,,- `、_
l      ''             l   `'''--、) ,, -''~~~ヽ  i,     ~"     ~"

568 :日本@名無史さん:04/02/25 15:46
>>564
 結局、影の黒幕は昭和天皇で、都合が悪くなると「トカゲの尻尾切り」をして、部下に責任を押し付けたのですね。



569 :日本@名無史さん:04/02/25 17:19
>>559
 結局、「国体明徴声明」が出された時点で、天皇は絶対君主としての位置づけを内外に示したのではないですか?




570 :日本@名無史さん:04/02/25 20:43
>>565
とうとう見つけてきたかw
東條閣下の大失言。
これのせいで東京裁判がかなりヤバイとこまでいったんだよね。

571 :日本@名無史さん:04/02/25 21:28
>>570
東条の口封じ工作については、「昭和天皇の終戦史」参照。

572 :日本@名無史さん:04/02/26 06:39
>>571
 右翼の親玉が、東条を説得したんだったっけ。



573 :日本@名無史さん:04/02/26 08:56
米内さんだったのでは?

574 :日本@名無史さん:04/02/26 13:11
抵抗する者は全部逆賊であるから射殺する。
お前達の父母兄弟は国賊となるので皆泣いておるぞ。

今日は、朕が多いに主導権を発揮した日。

575 ::04/02/26 14:33
そもそもアメリカ側は,天皇を免責にしたほうが占領コストが安上がりになると考へてゐました
極東裁判で,戦争責任を誰が負ふかが問題になったとき,天皇の責任は棚上げするのがアメリカ
にとっては都合がよかったのです.これに対して,東條をはじめとする被告人たちは
「自分たちには責任は無い」といって無罪を主張を繰り返ししてゐますね.ここが肝心です.

>>570
失言だらうか? 「自分が決めたのではなく,ただ自分は命令されたことを手となり
足となり実行しただけだ」といふのは,一貫した主張だらう.はっきり「天皇が」と
いふとまずいから「上がお決めになったことだ」「上からいはれました」といふ,
いひまはしをするのが常だったが.

歴史をひもとけば,桂太郎が内府に就任する際にも
「天皇の命令だから,やむをえない」→ 尾崎行雄の桂弾劾演説,といふのがあった.

極東裁判の東條をはじめとする被告人たちの主張も,これとおなじである.
「上に命令されたことを実行しただけだ」「自分には責任がない」
桂太郎は,もっと正直に「天皇にいはれたから」といふ責任のがれをした.
これにくらべると,東條たちの主張は,非常に微妙な言ひ回しではあった.
しかし,責任の所在が自分にないといふ主張に重点がおかれてゐることには
変はりはないのである.


576 :♪typo♪:04/02/26 14:35
typo 大杉.まあいいか.

577 :日本@名無史さん:04/02/26 19:23
>>575
失言です。
天皇擁護は東京裁判における弁護団最大のポイントで
これは全被告が承諾してました。
東條は自決未遂後に下村陸相に説得されて東京裁判に出廷しますが
これは天皇に罪を被せないために出廷したもので
東條の主張も開戦は自分で決定したが日本の行為は侵略ではないというものでした。
事実関係はともかく、根本的な弁護方針である「天皇擁護」が危うくなったのは東條の
本意ではなく失言と考えるべきものでしょう。
木戸幸一あたりは天皇が背負う可能性のある責任を半分くらい背負って
終身禁固食らいましたね。

578 :日本@名無史さん:04/02/26 23:38
>>573
 児玉誉士夫では?


579 :日本@名無史さん:04/02/26 23:41
田中隆吉だろ

580 :日本@名無史さん:04/02/27 01:13
>>573
バカ言え!
米内さんのわけないだろ!
東條と米内さんじゃ、水と油だ。

581 :日本@名無史さん:04/02/27 01:17
ここのスレ見たけど、
天皇制嫌ってる人、多いんだねー。
ボロクソじゃん、昭和天皇。
俺自身は昭和天皇の戦争責任には、懐疑的なところもあるけど、
昔言われていた以上に、細かい情報がちゃんと伝わってたみたいだね、
昭和天皇のところに。
最近10年ぐらいの間に出てきた新資料には、
正直驚いた。

582 :日本@名無史さん:04/02/27 01:19
このスレで昭和天皇の戦争責任を追及している人は必ずしも反天皇制とは限らないと思われ。
昭和天皇の戦争責任を追及している人はいても今上天皇の戦争責任を追及している人はいない。

583 :日本@名無史さん:04/02/27 01:33
戦争責任とは何だ?
敗戦の責任か?それとも戦争をしたことへの責任か?
戦争に至る過程を造ってしまったことへの責任か?



584 :日本@名無史さん:04/02/27 01:35
>>582
そりゃぁ今上天皇は昭和8年生まれだからね。
皇室が嫌いな人でも小学生の責任追求はしないでしょ。
そんなことしたらアホだわな。

585 :日本@名無史さん:04/02/27 06:00
当今については天皇制自体の是非論だから、
昭和天皇の件とは関係ないよね。

586 :日本@名無史さん:04/02/27 21:00
昭和天皇は最悪のクズである。【ヒロヒトラー】 Part.2

上のスレは徹底的に荒らされたぜ
こんなくだらんスレを立てた1は右翼の恐ろしさを
全然判ってないんだろうね

587 :日本@名無史さん:04/02/28 20:58
同時にテンコロAAで、徹底的におちょくられていたな。



588 :日本@名無史さん:04/02/28 21:49
|  |
| ‖         ノノノノ -__  白痴の子供は、
| ‖         (゚∈゚* )  ─_____ ___
|○-○ノ    (ミ_(⌒\ ヽ _ ___
(π#(≡ ̄ ̄ ̄ ̄三\ ⌒ノ ノ)        白 痴 !!
|(つWつ  ̄ ̄\  ⌒彡)   ノ =_
| \つ-つ    \,__,ノ ノ
昭和天皇    / / ≡=
|  |       / ノ      ____
|  |       /ノ _─ (´⌒(´
|  |      ミ/= (´⌒(´⌒;;
| ''''""'''"'''"""''"""'''''"'"''''""''"''''"""''"''"''"'''"'''''''"""''"''"''"'''"''"()
|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |


589 :日本@名無史さん:04/02/28 21:55

       /\___/ヽ
      /::::::::::::::::    \
     . |:::. ,,-‐‐   ‐‐-、 |
     |:::  '"⌒` ,: '"⌒` | .彰   >>588はいはーい これサービスする
   .   |::.  , 、_:< __,、  | | |     から変な宗教にはまるんじゃないよ。
      \:: /\i_i_i_/ヽ /ノ__丶
     /;;;;;`ー‐--‐‐―´ || 死 ||
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙∨';;;ヽ|| 犬 ||
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 、,,-―; || 酒 ||ヽ_
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/⌒つ( (ー---""-"). )つ



590 :589:04/02/28 22:07
漏れは天皇真理教だが何か。。

591 :日本@名無史さん:04/02/28 22:10
昭和天皇に戦争責任はありません、

な ぜ な ら

 昭和天皇=基地害の子供=責任無能力 だからでつ(藁


592 :日本@名無史さん:04/02/28 22:18
583 :日本@名無史さん :04/02/27 01:33
戦争責任とは何だ?
敗戦の責任か?それとも戦争をしたことへの責任か?
戦争に至る過程を造ってしまったことへの責任か?




593 :日本@名無史さん:04/02/28 22:54
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。




594 :日本@名無史さん:04/02/28 23:00
すぐに『世界の常識』と言う奴は世界を知らない。
<日本史板の法則その2より>

595 :日本@名無史さん:04/02/28 23:14
>>593
無茶苦茶やな。
2.26事件について天皇が激怒したのは事実だが、その後の処分に干渉した形跡はない。
天皇は「天皇の軍隊」を勝手に動かされるのを嫌う傾向が強かったのは事実。
閑院宮戴仁については陸軍に担ぎ出されただけだろう。>それに皇族参謀総長は昭和では彼一人。
伏見宮博恭については海軍に重大な影響を与え続けた人物で艦隊派の中心にいたから責任は重大だが
両者とも昭和天皇の意思で軍令の長になったわけではない。

>天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
この辺は単なる思い込みなので反論する気も起きない。

596 :日本@名無史さん:04/02/28 23:16
>>595

>>593はコピペ


597 :日本@名無史さん:04/02/28 23:20
天皇に実権があったのは平安時代くらいまで。



598 :595:04/02/28 23:26
。・゚・(ノД`)・゚・。

599 :日本@名無史さん:04/02/29 00:24
「天皇不親政の原則」なんてのは象徴天皇制の合理化のためのデマゴギー

600 :日本@名無史さん:04/02/29 01:37
象徴(戦後型)のためのデマというより
日本人が戦後に生きて行くためのおとぎ話
かつ資本主義陣営の切実な要望。
だった限りは、戦後の天皇像を積極的に評価したい。

601 :日本@名無史さん:04/02/29 05:38
在日の電波野郎がうるさいよ。羨ましいかぁ日本国の天皇陛下。 世界的に偉いお方だし、日本人は皆、天皇陛下の子孫だからね。 まあ、最近まで奴隷民族だった君らの妬みも分からんでもないが

602 :日本@名無史さん:04/02/29 06:57
http://www5e.biglobe.ne.jp/~yb_net/clip/img/13587.jpg
金正男

603 ::04/02/29 08:03
>>599
うむ.「天皇不親政論」自体がドグマ化してひとりあるきしてるよねー.

604 :日本@名無史さん:04/02/29 10:49
ヒロヒトと麻原は同じようなもの。

605 :日本@名無史さん:04/02/29 10:57
韓国製品不買運動.com
http://kankokufubai.netfirms.com/ (本家1)
http://snow.prohosting.com/fubaikr/(本家2 文字化対処方法 )
http://www.kankokufubai.batcave.net/(本家3ポップアップ広告有り)

日本政府が血税3兆円以上注ぎ込んだことには一切ふれず昔日本が
朝鮮を併合したから、これ位やってもらって当たり前。
戦後 戦勝国民と称し日本の駅前一等地土地を不法占拠し、強姦略奪
強盗殺人悪の限りを尽くして、アングラマネーで莫大な財をなしながら、
不正送金、脱税とやりたい放題の在日の皆さん

差別されたマイノリティーという表の顔と差別というキーワードを武器に
外圧に弱い日本政府へあらゆる難癖を付け続け、お金を巻き上げる
あなた達は圧力団体ですか

私達の総意が政治家です。政治家が弱いのは私達の責任でもあります。
今まで日本人が問題に対して意見をせず、はっきり物を言わない事が
原因なのです。

しかし差別されて貧しい暮らしをしているはずの人口のたった
0,5%の在日が自動車産業を凌ぐ30兆円産業巨大娯楽産業の
パチンコ店の70%を経営しており、それだけでは無く数多くの長者番付の
ベスト10入りを果たし雑誌フォーブスの世界の億万長者にも多数の在日が
日本代表として紹介されています。

慰安婦問題のすべての出発点は、吉田清治という詐話師の書いた
『私の戦争犯罪――朝鮮人強制行』(一九八三年、三一書房刊)という
偽書である。昭和十八年に韓国の済州島で慰安婦の奴隷狩りをしたという
著者の「証言」を、朝日は何の検証もせず論説委員が手放しでほめそやした。
それがまったくのつくり話であったことが暴露されてからも朝日は、
この大誤報についてただの一行の訂正記事も読者への謝罪も行っていない。


606 :日本@名無史さん:04/02/29 11:03
総連関与なしに拉致はできない 北の補助工作員が初めて証言

田口さん事件と接点? 李工作員と支援の大物商工人を結ぶ
北のスパイ」。警察幹部がそう断言する男がいる。田口八重子さん=当時(二二)=拉致に
関与した北朝鮮の李京雨(リギョンウ)工作員らを国内で支援していた補助工作員とみて、
警視庁公安部が十数年前、内偵捜査を進めていた人物だ。その男が初めて取材に応じ、
「拉致は総連(在日本朝鮮人総連合会)の人間の関与なしにはできない」と、ようやく重い
口を開いた。
自民党の故金丸信氏は平成二年の訪朝前、総連中央本部を家宅捜索する方針を固めて
いた公安部の内偵事件を「圧力」でつぶしたとされる。その事件のコードネームは「零余子
(ムカゴ)」と呼ばれた。オニユリなどの葉の付け根にできる球状の芽のことで、捜査対象が
この男だった。
容疑は外国人登録の申請内容に虚偽があったとする外国人登録法違反などだが、
公安部の狙いは別にあった。
公安部は昭和五十四年以降、工作員支援網の中心人物として総連系商社を経営していた大物
商工人をマーク、その人脈解明を「やまぶき作業」と命名して続けていた。
「男と李工作員に面識があるとの情報が寄せられた。自宅には不審なアンテナもあった。大物
商工人とも親しく、李工作員と大物商工人を結ぶ人物として一躍クローズアップされた」と、
公安部OBは振り返る。

ソース(産経新聞:とても読み応えがありますのでぜひ全文読破を)
http://www.sankei.co.jp/news/morning/16na1001.htm

関連(総連)
【総連】「拉致」告発 「総連」の関与にも焦点を[01/30]
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1075467578/
【朝鮮総連】関連施設、東京都が公売手続きへ(2/14)
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1076697860/
【朝鮮総連】外為法改正案可決で総聯中央代表、民主党に抗議[02/05]
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1075999003/
【総連】対北朝鮮経済制裁 総連が阻止工作 国会議員への働きかけ指示[01/31]
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1075507645/

607 :日本@名無史さん:04/02/29 11:06
       国籍ないヤツァ日本から出てけ!!
── =≡∧_∧ =
── =≡( ´∀`)≡  ズガッ     -=○-○∧_∧
─ =≡○_   ⊂)_=_  \ 从/-=≡ r.(  π )丶`A´>
── =≡ >   __ ノ ))<   >  -= 〉天皇 つチョソつ
─ =≡  ( / ≡  _/VV\-=≡⊂ 、 ノ_ ノ
── .=≡( ノ =≡   /|   ,,   -=  し'ノ し'
 ̄ ̄ ̄日 ● 本 ̄ ̄|/ ,,,   ─━━━─

テンコロ一族は朝鮮系(w



608 :日本@名無史さん:04/02/29 11:11
包茎男は大きく分けて、3つのタイプに分類できる。

タイプ1
たまたま、何の助言も与えてくれない親の元に、
生まれてしまった包茎野郎だけであり、
本人は、社交的かつ積極的な性格の持ち主なので、
包茎を前向きに治すことに努力するタイプ。
因みに、このタイプはこのスレには興味を示さない。

タイプ2
たまたま、何の助言も与えてくれない親の元に、
生まれてしまった包茎野郎という点は、タイプ1と同じだが、
本人が、内向的かつ消極的な性格の持ち主なので、
恋愛に無縁な為に、包茎を治す必要性を感じないタイプ。
因みに、このタイプは頑なに包茎を肯定しようとする。

タイプ3
たまたま、何の助言も与えてくれない親の元に、
生まれてしまった包茎野郎という点と、
本人が、内向的かつ消極的な性格の持ち主な点は、
タイプ2と同じだが、
より精神的に軟弱な為に、劣等感に負けて引き篭もり、
その怒りを荒らしという行為で、解消しようとする。
因みにこのタイプは、健常者が寝静まった、深夜から早朝にかけ、
出没し、自己満足の独り言ごとく連続レスを繰り返す。
習性としては、ゴキブリに極近い。

609 :日本@名無史さん:04/02/29 11:14
女性にとって好ましいチンチンとは


*完璧に向けていて見た目も清潔そうで逞しい物
*亀頭が大きくエラが張っている物
*適当に大きく(大き過ぎるのもダメ)硬い物
*恥垢や悪臭が全く無い物
*適当に長持ち(遅漏はダメ)して回復が早い物

女にとって最高のチンチンは、 上記(露茎)以外は無いの。
包茎(仮性も含む)なんて論外なのです。



610 :日本@名無史さん:04/02/29 11:18
ども (。・_・。)ノ 1のケイタイでーす。みんなヨロシク\(^○^)/ あ、アイモードからだよ!

あのヒトったら...今日もこんなスレ立てちゃったんだ(゚◇゚)
ホントに、ホントウにゴメンナサイm(_ _)m ペコリ
でもね、彼にだっていいとこあるんだよ(゚ー゚)
それは、忘れもしないあたしの発売日...(*^^*)
彼、開店と同時にやってきたの。。。タタタッ。ヘ(;・・)ノ ←1
彼『こ、これ(あたしね)まだありますか!?』(´ヘ`;)
店員『え、ええ』(・_・;タラ
それから、彼はアタシを肌身離さず持っててくれたの。
トイレに行く時も。ゲーム屋さんに行く時も。寝る時もネ>^_^<
モチロン、電波も、電池もいつも最高で。アタシも幸せだった。
それにアタシって、着メロだってオーケストラみたいなんだよL("。^)/
でもね、ある日思い出しちゃったの...アタシは電話だってコト(;_;)
その日から、いくら大事にされてもなんか全てが虚しかった。(・_・)
だってこの半年あたしはただの一度も、着信したためしがないんだもん。
いくらあゆちゃんの曲全部集めてもイミないよ...(T-T)
そこで、最近彼はアタシの新しい使い道を見つけたの。アタシをヘンなトコに当てて
バイブ機能を使うんだ。それで(´ヘ`;)ハァ…あゆ とか言ってんの!
アタシも最初は(゚O゚;ギョエ ってカンジだったけど、もう慣れちゃった。
それで彼が喜んでくれるし、いいかなって思うようになったの。
だから、みなさんあんまり彼をいぢめないでね(^人^)オ・ネ・ガ・イ
あたしもこうして彼のカキコした後に、謝って回るし。
でもコレ書いて、みんなの怒りが治まったコトないんだよね。(^。^;

もうめんどくさくなってきたなぁ(-_-メ;)
あんな{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ〜いやつなんか、もうどーでもいーやヽ(゚Q。)ノ
('o').。oOO フウァ〜ッ モウネヨ

611 :日本@名無史さん:04/02/29 11:21
入社初年度の社員旅行、包茎である事を知られたくない私の本心は、
欠席したかった。
しかし、新人は雑用全般を負かされる為、欠席する事は許されなかった。
かと言って、旅行に参加して於きながら入浴しない事は、尚更、疑惑を招く。
当時、カントン包茎だった私は、辛うじて平常時は剥く事が可能だった為、
この方法に全てを賭けた。
入浴直前に、トイレでこっそり剥いて置いたのである。
しかし、如何せん自宅の風呂より、かなり湯温の高い温泉への剥いたままでの
入湯は辛い。
しかも、中々腰を下ろせない私を 同僚の一人が無理矢理押し込んだ。
余りの刺激に、後にも先にも出した事の無い悲鳴を上げてしまい、その声は恐らく、
女風呂まで響き渡ったと思う。
この刺激が原因か、半立ち状態で出てからも皮を戻す事が出来ない。
更に宴会で飲んだアルコールが血行を促進させ、ますます戻せない。
終いには、締め付けられ続けた亀頭は鬱血状態で、色は変色し、水脹れ状態に。
深夜になり痛みは最高潮に達し、もはや我慢の限界に達した私は、恥を覚悟で
課長に打ち明けた。
初めは鬱陶しがってた課長が、私の局部を見るや否や、フロントに内線してくれて、
そのまま救急病院へ搬送。
応急処置で包皮の切開を受けて、事無きを得たが、帰って来て即包茎手術を受けた
事は言うまでも無い。
私の苦痛を分かりもしない者達が、帰りの電車で「行きはヨイヨイ帰りは包帯」と、
馬鹿にした事に我慢が出来ず、間もなく退職した事は言うまでも無い。




612 :日本@名無史さん:04/02/29 11:30
六カ国協議で米国は二十七日、北朝鮮から「完全核放棄」への譲歩が得られない場合は
「協議継続の意思確認」にとどめた合意で今回の協議を打ち切る意向を日本など一部
関係国に伝達した。協議関係筋が明らかにした。米国は核放棄の対象を「核兵器計画」に
限定することをあくまで拒否する方針で、議長国中国が二十六日示した合意文書草案に
反対した。

協議は二十七日午前(日本時間同)、釣魚台迎賓館で三日目の全体協議に入った。新華社
電によると、全体協議の後、首席代表と次席代表がそれぞれ別々に協議する。合意文書
づくりの詰めの作業を次席代表レベルで進めるためとみられる。

協議は同日までと想定されているが、合意文書の取りまとめで一致点が見いだせれば
一─二日延長される可能性がある。

しかし、妥協の糸口がつかめない場合は、既に大筋で合意している作業部会設置などを
盛り込んだ合意文書採択そのものが見送られたまま閉幕する恐れもある。

協議筋によると米国は、軍事利用と平和利用の区別は本来、査察・検証を行う国際原子力
機関(IAEA)が判断すべきである上、北朝鮮の提案した「凍結」は「完全核放棄」を明確な
前提としていない、として中国の草案に反対している。

米政府当局者は「われわれは対話には関与していく」と言明。今回の協議で一定の成果が
得られなくても、引き続き多国間対話プロセスによる問題解決を目指す考えを強調した。

ソース(共同通信)
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/nkorea/news/0227-1750.html

613 :日本@名無史さん:04/02/29 11:47
カナダ・アルバータ大学の大学院生のMary Modayil氏を中心とする研究調査チームは、インターネットに精神的な癒しの効果があり、
うつ病を始めとする気分障害の治療に有益であるとする研究レポートの発表を行った。同氏は同大学Public Health Sciences学部に在学中、
以前に行われた「長時間のインターネット利用は気分障害など精神的に不安定な状態を増幅させる」との結果を示す
調査レポートのサンプリングデータを眺めつつ、別の分析結果が存在する可能性に気付いたという。精神的に何らかの問題を抱え、
長時間のインターネット利用を好むユーザーは少なくないとの調査結果に異論はないものの、新たに同氏は、
精神的に難しい状況に陥った時期を特定するよう試みている。その結果として、大半のユーザーが、
インターネット利用後に気分障害の兆候が見られるようになったのではなく、インターネットの利用を開始する5〜22年前から、
すでに精神的に困難な時期が続いていたことを認めていることが明らかになった。
同大学のGus Thompson博士は、Modayil氏の調査レポートを評価しつつ、通説とされている
「長時間のインターネット利用は、引きこもりなど社会的な孤立をもたらし、精神的に悪い影響をもたらす」との既成概念を否定して、
インターネットは「諸悪の根源と思われていたかもしれないが、実際は良薬であることが明らかになるかもしれない」と語り、
精神的に難しい状況にある人々に大きな助けとなる可能性に言及した。



614 :日本@名無史さん:04/02/29 12:08
セックスのとき、わざと「いや、止めて」という。
本当は、全然オッケーなんだけど、そういうシチュエーションが好き。
彼も「イヤだっていうのに、こんなに濡れるのはイヤらしい」といわれる。
突かれてるときも「いや」とか「やめて」とか言ったりする。
あと「子供できちゃう」っていう。この言葉は、彼も私も興奮する。
だけど、たまに自分が積極的になることもある。
自分から「舐めて」とかいう。服も自分から脱いじゃって、彼のを脱がしてあげる。で、フェラしてあげる。
咥えたり、軽く噛んだして、最後は顔に掛けてもらうこともある。
大体は、頑張って飲んじゃうけど。
ごくごく飲んでると、彼は「おいしい?」って聞いてくるから「おいしいです」って答える。
でも、いつも飲むのは必死。量が多いし。しゃぶりついて飲んでると、彼は満足してくれる。
最初、精液を「飲め」って言われたときは、すごく抵抗した。無理やり飲まされた。口の中に突っ込まれる感じで。
でも、「精液を飲んでる自分」に感じちゃって、彼のを飲みながら、自分のもダラダラ流れちゃった。
彼は、私のも飲んでくれるし、お互い様って感じだと思った。

この前、レイプシチュエーションでやったけど、すごいイッた。
無理やり押し倒されて、ブラウス破かれて、乳首とか舐められまくった。
手首も縛られて、無理やり口の中にペニスを入れられて、その後、何も言わずに一気に突かれた。
何度も、何度も突かれ、アソコが擦り切れるかと思うくらいだった。
手首を解かれてからも、四つん這いにされて動物みたいに犯されたり、無理やり足を開かされたりして、さんざん弄ばれた。
もう、本当に、彼にされるがままだった。でも、すごく感じて、いつもより気持ちよくなった。
彼は「ごめん」って最後に言ってたけど、自分的には気持ちよすぎたから満足。
終わってからも、一晩中、興奮してたよ。「あ〜、犯されてる」って思うと、すごく濡れた。
激しいエッチのほうが燃えます。




615 :日本@名無史さん:04/02/29 14:19
       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /    /
     /λ            \        /    /
   / / \            ヽ      /    /       
  / /     \            |   /    /         /\
  / /        `ー 、       |   \    \        /    \
  | .|           ー―-、   |    \    \      /       \
  |  |               |   |      \   \ /    /\   \
  |  |        l        \ |        \        /   \    \
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=          \     /       \   ,`
 |i^.| |  ,彳てフ’   气.てフ'   | i | \       /      \       \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//  \   /    /\   \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\   \/    /    \   \
  `-|      /  ┃       |   \       /       \   \
    |      | _,__i )     .|     \   /        /   /
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /   /
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /   /
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /   /
_ ,――|  \       / /   \          \  /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ` '
/     |  \ _/    /    /           \
     |  /  入   /    /              \
ゲルマン民族より日本民族の方が遥かに優秀である。何故なら一つの皇朝を潰すのは
簡単だが、数千年途切れる事なく存続させるのは、優秀な日本民族以外不可能である

616 :日本@名無史さん:04/03/01 17:32
あげ

617 :日本@名無史さん:04/03/02 01:11
昭和天皇って憲法の統治機構について誰の進講を受けたの?
イギリス風の立憲君主制を指向って言うけど、耳学問の域に
過ぎないんじゃないかと思うんだが・・・
独白録を読んでる限り、憲政について体系的な知識があったとは
思えん。



618 :日本@名無史さん:04/03/02 09:49

, =″″ヾヾゞ″ヽ      /   都合のいい時は、立憲君主を装い
     ./_      巛  \    |   ある時は絶対君主として権力を振るう
    /        》    i  <  
  ∠;ヾ ∠;ミ;ミミ  ヾ    ,j   \___________
  ( ノ)-( \  )   \ヽ ,=ヽ
   ./        ; ≒/б,リ
   L __ j \ ヾ     , 彳
   彡ミミミミ;;      ; /i
   レ;┯  ij\ \\ /i
     iL._、 __Ц _、_,/   ← 無邪気でしたたかな、生き方上手の天皇さま。
      ノ二ニ.'ー、`ゞ
     Y´⌒` r‐-‐-‐/`ヽ、≡=─
     |; ⌒ :; |_,|_,|_,hに丿ヽ ≡=─
     .|: ; : : : .| `~`".`´ ´“⌒⌒)≡= -
     . |; ; ; ; 人  入_ノ´~ ̄ ≡= -
      l ; ;/   // /''  ≡=─


619 :日本@名無史さん:04/03/02 15:10
>>617
天皇は、自分を、平和の為に打てるかぎりのあらゆる手を打つ主体的人間と
しながら、他方では、政府の決定には指一本触れられない、いやおうなしに、
それを裁可しなければならない、何の主体性も発揮できない、捺印器だった
と見なしている。

しかし、こんな矛盾した話はない。
大日本帝国の唯一最高の統治権者であり、神的、絶対的な権威である天皇が、
国政について主体的判断、選択をすることが全然許されていないという、
天皇の憲法解釈はでたらめである。

620 :日本@名無史さん:04/03/02 15:56
>>614
軍人らしく、冷静な、淡々とした、
事実をありのままに報告していると言う印象だ。


621 :日本@名無史さん:04/03/02 16:40
>>619
天皇の戦争責任と絡めた議論の時に必ずバカウヨが持ち出す
常套手段だな。

622 :日本@名無史さん:04/03/02 16:49
大元帥なんだから報告を受けたり指示を出すのは当然ではないか。

623 :日本@名無史さん:04/03/02 18:57
昭和天皇は御前会議の決定や首相選定の際の重臣の上奏を否認したことがないと
主張してるけど、独白録等の史料よ読む限り、ほとんどの決定は事前に天皇の内意を
汲んだ上で会議に提出されているので否認する必要がないように思える。

624 :日本@名無史さん:04/03/02 19:35
馬鹿たれ
幾多の戦場で戦果を上げての大元帥なら、話がわかるが
軍部にとって利用しがいのある大元帥でしかない
孝明天皇がその当時の新興勢力によって暗殺されて
利用しがいのある明治天皇を担ぎ出された例でもわかる様に
天皇の権力など所詮その程度でしかない
軍部に逆らうなどもっての他で、逆らえば孝明天皇の二の舞

625 :日本@名無史さん:04/03/02 22:40
「天皇の戦争責任」(井上清、岩波書店、2004年、2/17発売 1200円)を薦めたりしてみる。
「昭和天皇言い訳録」についても、いい事言っている。

626 :日本@名無史さん:04/03/03 14:04
>>622
指示は出すけど、責任はとらん、っうことが世間さまに通用するわけないぞナ。

627 :日本@名無史さん:04/03/03 15:36
まだブサヨは戦争責任なんていう占領軍の
プロパガンダ用語を信奉しとるのか
お笑いだの

628 :トロちゃん元帥:04/03/03 16:29
ところで当時のアメリカやソ連や中国やヨーロッパ諸国の指導者達の戦争責任は?

629 :日本@名無史さん:04/03/03 19:36
海外はべつにいいぢゃん。
あくまでも国内問題として、
法的に追及されることはないけど、責任があったかどうかなんだから…


630 :日本@名無史さん:04/03/03 19:38
俺は天皇制を残しておく理由のひとつは
西洋人がきらいだから
西洋人の手によって日本の伝統の一部を
滅ぼされてくないから。

頑固親父の意地みたいなもん。

子供じみた犯行ともいう。

631 :日本@名無史さん:04/03/03 20:35
軍部のイエスマンでしかなかった人間に
一体何の責任があるんだ?

632 :日本@名無史さん:04/03/03 21:43
軍部のイエスマンじゃなかった。
根拠は過去レスを読め。

633 :日本@名無史さん:04/03/03 21:56
大東亜戦争は名目上は昭和天皇が始めたことになっているが、実質的には軍部が・内閣が・・・・、とおっしゃる方がいます。
戦争になれば大勢の国民の命が失われることは天皇には分かっていたはずです。

旧憲法の規定に従えば、統治・統帥・開戦の権限は天皇に属します。内閣がなんと言おうと、軍部がなんと言おうと「命をかけて」
戦争を阻止するのが天皇のやるべきことだったと思います。
大勢の国民の命と「朕一人の命」を天秤にかけ、「朕一人の命」をとったのが昭和天皇である。


634 :日本@名無史さん:04/03/03 22:01
どうせ阻止した所で、孝明帝と同様に暗殺されて、次のイエスマン
に玉をすげ替えられるわけだ
そんな事もわからんのか?

635 :日本@名無史さん:04/03/03 22:02
軍人勅諭の精神からすれば、天皇の命令にいかなる不条理、
無理な内容と感じても絶対に服従するのが、健軍の建前であり、
軍人精神であり、軍の統帥の最後の一線であった。

636 :日本@名無史さん:04/03/03 23:36
>>634
誰が、どのように暗殺すると妄想してるの?
少なくとも「誰が」の点だけは明らかにしてほしいね。

637 :日本@名無史さん:04/03/04 00:02
昭和のテンコロは、最悪のクズですな(w



638 :日本@名無史さん:04/03/04 01:30
>>637
クズはお前じゃ
さっさとキムチ半島に帰れや

639 :日本@名無史さん:04/03/04 01:33
>>633
戦争は日本側の意思だけで止められるものじゃない
相手国がいることを忘れるな

640 :日本@名無史さん:04/03/04 01:38
天皇は本気でアジア諸国との協調を望み、無用に先端を開いた将校
を叱責したこともある。
ただし、天皇は当時でも軍部の重要事項を決定するような立場には
なく、お飾りに近い存在だったらしいよ。その証拠に関東軍に厳重
に注意していたにもかかわらず満州事変は起こり、その責任もうや
むやにされてしまった。結局天皇の意思なんてそれくらいの影響力
でしかなかった。

641 :日本@名無史さん:04/03/04 01:46
          ,. ‐ '"~´ / ̄ ̄`~`''‐ 、     `` 、       昭和天皇!!
        , '´    /     /    `''‐、     \
      , '‐''"~´ ̄ ̄`~`ヽ、 /          \     ヽ   国民が殺されたんだぞ!
.   /             ̄``''‐.、     ∠>ヽ./\ ヽ  いっぱい国民が殺されたんだぞ!!
.  /             _____   \     /゚ /   ヽヽ
 〈       ,. ‐''"~´      l  ``''‐、 ヽ.    / [ [[[ ヽi 遊びでやってんじゃないんだよっ!!
.  ヽ.    /ヽ、_,. -┴─-== __=-'_、_, \、_/      _l
.   |   / 、.__/ ノ!ヽ、._ー-‐''⌒,r=-─ゝノ|| ‖  ̄ ̄ ̄  |  国民は…国民は力なんだ
   !  {   / ,イ{ ヽ ( 〈、_,.ィrヮー< _,リ_|| ‖         !  国民は日本を
   ヽ :ヽ _{. 〈.'`ァrッ‐、- - ,, ヽ-‐='..ゞ.{_.|| ‖        :l      支えている力なんだ!
.     `‐、\\ヽヽ-‐ツ ''´         `{_ |! ‖       !  それを…
      :   |{_ ヽ.i. 〔ー-            { !.  |!__       ,'   それをこうも簡単に失っていくのは
.       :  |{_ _)l   `,ィ-─_、    //  | 0| ___/   それは、
       :   |{_ ミ. !  ヽ ̄,.-‐) .//    /l ̄ __/    それはひどいことなんだよ!!
      :  |{ ,.`ヽ.   `ー '´.∠‐'´    /'´ ̄ノ,ノ/    何が楽しくて国民を殺すんだよ!!
        ,l ‐''"~´ ̄ ̄ ̄l~´      /-──<´
       |  「 --┘    |___/  `!     |     貴様のような奴はクズだ!
          L.. -─ ''_""~ ̄‐''"~´l       |    |     生きていちゃいけない奴なんだっ!!
          ̄「 |  |      |   _,,.⊥_-‐ `

642 :日本@名無史さん:04/03/04 02:15
笑話というより天コロ一族は最悪のクズや!


643 :日本@名無史さん:04/03/04 09:04
>>641
>関東軍に厳重に注意していたにもかかわらず満州事変は起こり・・・・

その関東軍にお褒めの言葉を出したのは誰だったっけ?

644 :643:04/03/04 09:08
640へでした。
「天皇毒吐く録」を鵜呑みにするのはやめませう。

645 :日本@名無史さん:04/03/05 00:33
憲法改正にも反対なんだろ?君達?
どうやって天皇制廃止するつもりなの?
いやまじで知りたいんだけど。


646 :日本@名無史さん:04/03/05 00:58
今現在に継続する「戦後責任」はあっても、戦争責任は無い。
曲がりなりにも議会が存在し、紆余曲折は有りながらも、
民意が反映した末の戦時体制移行は天皇一個人の責任とは言えない。

647 :日本@名無史さん:04/03/05 01:02
>>633
帝国議会はどうなんだ?
民意も新聞も、アメリカの日本人差別や中国の治安に激高し、
かかる上は軟弱な外交では何ともならないと、軍部を支持したんじゃねぇのか?
一億総懺悔なんだよ。
そこには天皇も含まれていた。

新民主憲法で国民主権となったのちも、国民は退位でなく在位を選んだ。
もう少し歴史を学べ。

648 :日本@名無史さん:04/03/05 09:44
>>647
結論・・・そして、戦争に負けて去勢されアメリカの属国になった。

649 :日本@名無史さん:04/03/06 20:27
天皇陛下を裁判にかけてたら、日本はどうなっていたと思ってるんだ?
共産主義者の思う壺じゃないか。

650 :日本@名無史さん:04/03/06 20:57
天皇陛下の戦争責任を問うのなら
トルーマンの原爆投下責任も同列に問え


651 :日本@名無史さん:04/03/06 20:58
>>649
別に大して変わらんだろ
昭和天皇なんて下血と吐血しかして無いじゃん

652 :日本@名無史さん:04/03/06 22:51
>>651
原爆で壊滅した広島市民でさえ、万歳三唱で迎えるような人物だぞ。
その人物が法廷の被告人席に居たりしたら。。。

ちなみに俺の祖父は82歳で支那出兵・抑留経験も有りだが
未だに天皇皇后両陛下の写真を、額縁に入れて飾ってあります。

653 :日本@名無史さん:04/03/06 23:05
>>652
俺も昔はそう思ってたけどなあ・・・
元首相を極悪人呼ばわりして子供をいじめるような日本人の精神性から言って
GHQが統制下に置いてる新聞を使って天皇を日本一の大悪人と宣伝すりゃあ
一ヶ月もすれば尊崇の念なんぞ忘れ果てるんじゃないかな?

654 :日本@名無史さん:04/03/21 18:58
吉田裕一橋大教授著「昭和天皇の終戦史」を
見たがなかなかイケてたので紹介します。
やはり天皇制は総意じゃないだろ。
穀潰し天皇制を論議しましょう。
それとともに大元帥ヒロヒトの戦争責任を
徹底追及しましょう。
以上ウヨサヨどちらにもかぶれてない
我ら20代からの提案でした。




655 :日本@名無史さん:04/03/21 19:02
仮に今も日本がアメリカの占領下だったら、想像するに、
息子:「Hey,dad 小遣いくれよ」
父:「Kenji.君には今月既に規定分手渡した.i can't.」
息子:「You busterd!」

656 :日本@名無史さん:04/03/25 00:04
折れわ右翼の幹部だ!すぐにこのスレ削除しろ!!
このレスは全国の右翼が26時間、始終監視している。
東京湾に静められるぞ!街宣するぞ!!



657 :日本@名無史さん:04/03/25 01:11
この問題はまだ議論しちゃだめだと思う。もっと時間が必要。あと100年くらい。

658 :日本@名無史さん:04/03/25 01:21
昭和天皇が、急に、今すぐ降伏しようと言い出したのが、原爆投下直後。
たった1発で1つの都市を消し去ったという新型爆弾におそれをなし、
皇居にそれが投下されたら、自分の命が危ないと考えたんじゃないか。

広島では、爆心地付近で、学徒動員による勤労奉仕の作業をしていた少年少女が、
被爆し、さいごは、「天皇陛下万歳」を叫び、死んでいったというのにな。

王政復古の結果がこれかよ。
おとなしく徳川に日本の統治を任せておけばよかったんだよ。

659 :日本@名無史さん:04/03/25 10:03
>>658
朕カスが降伏を決めた原因は、原爆を落とされたからではありません。
原爆投下後も、まだやると発言してます。
降伏を決めたのは、ソ連が参戦したからです。
「ソ連が参戦したからには三種の神器を確保できない」っう訳。

660 :日本@名無史さん:04/03/25 11:04
原爆でへこたれるくらいなら、東京大空襲で投げ出してるよね。
昭和天皇は宗教的なところがあるのでそれがなんとも。

明治天皇が戦勝祈願に参られなかった、伊勢神宮に昭和天皇は、参られた。
天照大神は香取や鹿島みたいな武神ではない。
つまり、不適切な行為だったかもしれない。
”だからお助けが無かったのではないか?”と側近に述懐されている。

もっとも、この当時、世界のかなりの部分の人が人格神の存在を
信じていたわけではあるが。

661 :昭和天皇の価値観ってさあ:04/03/28 15:29
悠久の国体=三種の神器=臣民全ての生命及び財産>>>>>玉体(裕仁の身体)>>>>>>300万以上の死者


662 :日本@名無史さん:04/03/29 20:53
明治天皇が参拝なさらなかったのは、「朕の戦争にあらず」という確固たる信念があった
故じゃないのか?

昭和天皇は我を出すよりは議会を重視していらしたからこそ、始まってしまった戦争にも
全力でと。

663 :日本@名無史さん:04/03/30 00:16
昭和天皇が戦争の責任をとらなくて誰がとるんだ

664 :日本@名無史さん:04/03/30 00:52
>>659
そんなチンカスの為にうちの爺ちゃんは戦死したのか。

終戦後によく天皇を殺す暴動が起きなかったか不思議なくらいだな。
血の気の多い国民だったら大変だったろうね。

665 :日本@名無史さん:04/03/30 02:21
北朝鮮といい日本といい
アジア人は権力に弱いよね
結局日本もアメリカに解放されたんだし
ヨーロッパなら理不尽な圧制は暴動によって
破壊されるものだが

666 :日本@名無史さん:04/03/30 04:23
>1
チョン死ね

667 :日本@名無史さん:04/03/30 08:35
吉田裕一橋大教授著「昭和天皇の終戦史」を
見たがなかなかイケてたので紹介します。
やはり天皇制は総意じゃないだろ。
穀潰し天皇制を論議しましょう。
それとともに大元帥ヒロヒトの戦争責任を
徹底追及しましょう。
以上ウヨサヨどちらにもかぶれてない
我ら20代からの提案でした。


668 :日本@名無史さん:04/03/30 09:13
昨日からしか見てない新参者ですが、日本史ってマジでこの程度のレベルなの? 上がってるのは、ただの被害担当艦なのか?

669 :日本@名無史さん:04/03/30 09:46
>>664
フランスだったら、ギロチン、
ソビエトだったら、ロマノフ一族と同じく暗殺、
中国だったら、溥儀と同じく、戦犯収容所入りだっただろ。
マッカーサーを洗脳して生き延びるとは、悪運の強いしぶとい奴らだ。

670 :日本@名無史さん:04/03/30 10:00
あの一家って、なんか全身にオイル塗ったボディビルダーが
スッポンポンで立ってるような気色悪さがあるな。

671 :日本@名無史さん:04/03/31 06:15
死ねよチョンども

672 :日本@名無史さん:04/03/31 11:36
昭和天皇が独立と同時に譲位していれば戦争責任問題でこんなにもめなかったのにね。

673 :日本@名無史さん:04/03/31 11:51
昭和天皇はまがりなりにも「すべての責めは朕にある」と言ったのだから、
自裁すべきであった。結局、あのしおらしさは松毬を浪花節男と侮っての
ポーズに過ぎなかったのだな。

674 :日本@名無史さん:04/03/31 11:54
ていうか「すべての責任は私にある」という昭和天皇の発言自体マッカーサーのでっちあげじゃないの?


675 :カエルの面にションベン:04/03/31 13:39
「すべての責任は朕以外にある」と言うのが、笑話天皇のモットー。

676 :日本@名無史さん:04/03/31 14:22
橋爪大三郎は「皇室無効」派にして、昭和天皇無罪論者。
護持と廃止、断罪と擁護は「イコール」とはなりえないことに早く気づけ。
いまだにこの構図から抜けれないようでは、「戦後」はまだまだ続くようだな。

>>674
児島襄が「立場上からして、この発言はあり得ない」
と断言していたが、あったっていたようだな。

677 :日本@名無史さん:04/03/31 14:27
立場上、あり得ないというが
三軍の大元帥だろうが。これ以上の責任者があろうか。

678 :日本@名無史さん:04/03/31 14:31
>>677
詳細な論旨は忘れた。スマソ。
(探せばあると思うのだが、どこに収まっているかわからん)
一般書籍の児島スレで聞けば詳しいことがわかるかも。児島の主張では有名な方。

679 :日本@名無史さん:04/03/31 15:03
立憲君主制、輔弼の任の否定になりかねない。からだろ


680 :日本@名無史さん:04/04/05 23:29
汝、左の本(例:>>1の挙げてる「昭和天皇の終戦史」)を読んだなら、
右の本も読みなさい。

例:「昭和天皇の研究 ― その実像を探る」
http://bookweb2.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9950456959

結構面白かったよ。
左から見る(必至で天皇の揚げ足取る)のと右から見る(必至で天皇擁護する)
ので、全く同じ資料でも解釈が180度違ったりする訳で。

681 :日本@名無史さん:04/04/08 21:12
スマン、マジで教えてくれ。
昭和天皇の母方の祖母は誰?

父方の祖父は明治天皇。父方の祖母は柳原さん。
母方の祖父は九条さん。で、誰?

682 :日本@名無史さん:04/04/09 11:55
野間幾子だよ。
どのような人だったかは知らないけれど。

683 :日本@名無史さん:04/04/25 17:27
>>1
       ,,,,,,,,,,                          ,,ii,,、         ,,,i,,、  
      .,lllllllll,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,                  ,iillllllllllii,,    ,,,iillllllllii,,,  
  iiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|                ゙゙!lllllllllllllir .,,,iilllllllllllllll!゙゙′
  .llllllllllllllllllllllllll!!!!!!!!!!!!!!!!!″                ゙゙!!ll!゙",,,iilllllllllllll!!゙゙゜   
  .゙゙゙゙゙゙”゛ llllllllllliiiiiiii,,,,,,,、                       ,,,iillllllllllll!!゙゙゜ ___,,,,, 
    ,,,iiillllllllllllllllllllllllllllllliii,,                  ,,,,,,,,,iiiiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll 
  .,,illlllllllllllllllllll゙゙゙゙゙゙!!llllllllllllli,    .,,,,,iiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,、  .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!l 
  ,illllllllll!゙゙llllllllll|  ,illlllllllllllllll,  liilllllllllllllllllllllllllllllllli,,  lllllllllll!!lllllllllllllll!!゙゙゙”`     
 ,llllllllll゙ .lllllllllll .,,illlllllllllllllllllll、 ゙llllll!!゙゙゙’   ゚゙llllllllll  ゙゙”`.,illllllllll!l゙’         
: llllllllll° .llllllllllll,illllllllll!゙`lllllllllll  .゙゙゜      ,llllllllll!   ,llllllllllll°         
: llllllllll,  lllllllllllllllllll!゙゜ ,lllllllllll          ,,,illllllllll!゜   .llllllllllllli,_    ,,,,,,,,iiiiiii、 
: 'lllllllllllliiilllllllllllllll!!゙’  ,lllllllllll°    .,,,,iiillllllllllll!゙゜    ゙!llllllllllllllllliillllllllllllllllllllllll,、 
 .゙!!lllllllllllllllll!!!゙゙`   .l!!llllllll°    .゙!lllllll!!!゙°     ゙゙!!llllllllllllllllllllllllllllll

684 :日本@名無史さん:04/04/25 18:37
      , =″″ヾヾゞ″ヽ      /
     ./_      巛  \    | 神にならなくてもイイから
    /        》    i  <        紙を希望します
  ∠;ヾ ∠;ミ;ミミ  ヾ    ,j   \___________
  ( ノ)-( \  )   \ヽ ,=ヽ
   ./        ; ≒/б ,リ
   L __ j \ ヾ     , 彳
   彡ミミミミ;;      ; / i
   レ;┯  ij\ \\ / ,i
     iL._、 __Ц _、_,/
     /     ̄ ̄ \
     | | 裕仁    | |
     | |        | |
   |⌒\|        |/⌒|
   |   |    |    |   |
   | \ (       ) / |
   |  |\___人____/|   |
   |  |    λ    |  |
          ( ヽ
          (   )
         (____)



685 :日本@名無史さん:04/04/25 18:39
朝日新聞は戦争への世論を盛り上げた責任を取るべきだな。
話はそれからだ。

686 :日本@名無史さん:04/04/25 18:50
>>665
アメリカによって日本は開放された、と思い込んでいるその心を
俺は解放してあげたい。
愛。


687 :日本@名無史さん:04/04/25 21:11
歴史上しばしば、天皇は操り人形だった。幕末の志士たちは、天皇を
「玉(ぎょく)」と隠語で呼ぶことがあった。「玉」には、もちろん
「美しいもの、貴重なもの」という意味があるが、次のような用法もある。

1.そういう人物、その程度の人物の意で用いる。軽くあざけっていう
場合が多い。
2.策略などの手段に用いるもの。人、物、金銭などについていう。
『国語大辞典』(小学館、1988年)

時代は下って20世紀中葉。アメリカ人は意外に賢く、すでに大戦中から、
日本研究を本格化していた。彼らは、捕虜に対する尋問結果から、
「日本兵は尋問に屈服して国家機密を漏らすこともあるが、天皇に
対する忠誠心はなかなか揺るがない」ことなどを知っていた。
すなわち、国家に対する忠誠心は思ったほど強くないが、天皇に
対する忠誠心は強いという、日本人でさえ意識していなかった矛盾に、
気づいていた。

688 :日本@名無史さん:04/04/25 21:13
この忠誠心を、戦後の占領統治に利用しようと企んだ米国によって、
裕仁の運命は決まった。彼は占領軍によって改造されたのである。
改正された憲法と法律が、この操り人形の新しい仕様を定めた。
その仕様を、明仁も継承した。
我々は人形劇を見せられている。憲法の規定によれば、天皇の傀儡師は
内閣だが、本当のところは下々には分からない。傀儡師チームに
外国人も加わっている可能性は、皆無だろうか?

皇室は、伝統的に覇者に錦の御旗を与え、覇者に保護されることで
生き延びてきた。昭和天皇が錦の御旗を与えたのは、皮肉なことに
GHQだった。そのGHQも日本を去って久しいけれど、引き続き皇室は、
米国による間接的日本支配の、一つのチャンネルとなっていないか?

そんなことはあり得ない、皇室こそは最も日本的なものだからという
のが、逆に利用しがいのあるところだ。つまり皇室は、表では日本
独自の形式を取り繕い、裏では対米半従属に勅許を与えていないか?

689 :日本@名無史さん:04/04/25 21:13
戦後の日本人は、天皇を敬愛することによってアメリカにコントロール
されるというカラクリに、嵌められたのかも知れない。我々は、意識
するとしないとにかかわらず、今もそのシステムの中で暮らしている。

戦後の日本は、今に至るも「対米・半従属の、半国家」である。

690 :日本@名無史さん:04/04/25 21:29
>>687-689
んなわけねえだろ・・。
何でも戦前と戦後という区分けで考えるなよ。
日本史のなかで天皇が演じてきた役割を考えれば、そんな単純なお話で
ないことは分かるでしょ。

おまえが玉(ぎょく)。


691 :日本@名無史さん:04/04/25 21:34
>>683 吹笑

692 :日本@名無史さん:04/04/25 22:34
天皇制度賛成派からの意見を少し。
昭和天皇にも戦争責任は確かにあったと思います。
天皇史に不勉強な方が多いようですが、中世天皇史を紐解けば「現人神」天皇ですら生前悪業を行なえば地獄に落ちる、とされています。
しかしながら、昭和天皇は単に決断力がないお飾りであり(王制がこう言った形で利用されるのは洋の東西を問わず珍しくはありません)、ヒトラーやムッソリーニ、スターリンと言った正真正銘の
「独裁者」

と同列に並べ断罪するのは公平を欠いた態度と言えます。
あと、明らかに釣り目的の陰謀史観は老婆心ながらどうかと。

693 :日本@名無史さん:04/04/25 22:39
国民を扇動して戦争を煽り、反対派を次々と血の粛清で消していった独裁者の責任を否定する事は出来ない。


694 :日本@名無史さん:04/04/25 22:47
>>693
独裁者の定義を述べよ。
田中上奏文みたいな論調だね、しかし。

695 :日本@名無史さん:04/04/28 00:44
政党政治の時代の勉強しかしたことのない俺は、昭和天皇の役割は立憲君主制の便宜上の
トップであって、実務的な役割は無く、明治憲法下の群立的な諸政治勢力の中の受動的な
一機関という印象しかないんだが、戦争責任が声高に叫ばれるという事は、戦中期には
積極的に発言を繰り返すようになってたんですか?

696 :日本@名無史さん:04/04/28 03:55
そのスレは、

典型的な 朝 日・岩 波 文 化 人のスレですね。

697 :日本@名無史さん:04/04/28 04:10
>>695
はっきり自分の意思を表明したのは、2・26事件の鎮圧命令、ポツダム宣言を受入れる

この2点だけです

698 :日本@名無史さん:04/04/28 08:21

と、戦後宣伝されています。

699 :日本@名無史さん:04/05/03 11:05
まあ、ご存知とは思うが
こんな糞スレもあるわけで

皇室ご一行様★アンチ編★Part48
http://human2.2ch.net/test/read.cgi/ms/1083460485/l50

700 :日本@名無史さん:04/05/03 12:58
天皇に戦争責任があると言える香具師って、何様のつもりなんだろうね。
当時の新聞は戦争マンセーだったし、世界の大半が欧米諸国の植民地だったし、
現在の価値観で裁くなよ。
近い将来「日本は経済侵略の上、貴重な地球資源を浪費し、環境破壊した」
と発展途上国から環境破壊責任を追求される可能性だってあるんだぞ。
もう60年前に解決したことを、今更になって言うな。何様のつもりなんだよ。

701 :日本@名無史さん:04/05/03 13:21
まあ、逆に天皇に対する批判的な見解を一切認めないというのもどうかと思うがな。

702 :日本@名無史さん:04/05/04 19:47
>>701
批判というか「分析」といって欲しい。
批判じゃ政治的色合いが強すぎるだろ。
スレタイが示すように冷静な分析って日本では難しいのかもしれない。
でも海外の日本研究者は二腺級っぽくてイマイチなんだよなー

703 :遅レス:04/05/15 07:15
>>607
天皇は日本「国民」じゃないからな・・・。
あと、おまえの先祖にも朝鮮系はいるかもな(w

224 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)