2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

チョソマゲの起源。

1 :日本@名無史さん:04/04/21 01:58
何ですか?

2 :日本@名無史さん:04/04/21 02:11
ウリナラにあるはず

3 :日本@名無史さん:04/04/21 02:39
アズマ武士だろ

4 :日本@名無史さん:04/04/21 21:20
終了

5 :日本@名無史さん:04/04/25 05:21
誰かがうんこを頭に乗せてしまって、それを見た人がカッコいいと思ったから。

6 :日本@名無史さん:04/05/02 13:17
鮮卑族・禿髪氏がルーツ。


7 :日本@名無史さん:04/05/03 00:36
烏帽子引っ掛けるため

8 :日本@名無史さん:04/05/03 02:42
倭奴は薄汚いちょんまげに大韓の人が投げて与えた靴を
ひっかけて帽子とした、これが烏帽子のはじまりヾ(≧▽≦)ノブフャー

9 :日本@名無史さん:04/05/07 22:27
戦のとき兜かぶると暑いから

10 :日本@名無史さん:04/05/09 03:18
縄文時代の土偶から推測した縄文人の髪の結い方とかは日本髪とかチョンマゲっぽい
のとかあった。かんざしさしたりとか

11 :日本@名無史さん:04/05/12 21:21
チョンマゲいいよな。カコイイ!

12 :日本@名無史さん:04/05/12 21:26
>>6
だったら面白い。
>>7
それが一番有り得そう。
珍説では武家の頭領が禿だったから部下もそれに従わざるをえなかった。

13 :日本@名無史さん:04/05/13 15:32
- ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
.  |  |  .l i       / ./ |  |
  |  |  | l      / ./ .|  |
. |  |   | l     / /  |  |
 |  |   | ',   / /  l  .l
【ゴールデンレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

14 :竹田丹後守 ◆gVkD2onhQc :04/05/13 16:11

若者は古い世代の風俗・思考等を全て否定したがる

大昔、人々は冠を被っていたが取り去る奴が現れる 最初は超破廉恥な
行為であったが、若者層が社会の中堅・リーダー世代になると完全に
フォーマルとして定着する ところが、次の世代が現れると、今度は
月代を剃るという破廉恥行為に及ぶ これも時を経てフォーマルになる
この後、髪型に大きな変化はしばらく訪れなかったが、明治になって
ちょんまげを切り落とす世代が登場する 太平洋戦争時には丸刈りが流行る
団塊の世代は7:3分けにするが、団塊ジュニアは見向きもしない 更に
その下の世代は茶髪を好む 当世、茶髪が全盛でいずれフォーマルになると
思われる 更に、次の世代は茶髪を否定し、更にもっと別の驚天動地な髪型に
してくると思われる

15 :日本@名無史さん:04/05/13 16:25
「丁髷」(ちょんまげ)

江戸時代の髪型の一つ。
額髪を広くそりあげ、髻(もとどり) を前面に向けて曲げたもの。
老人の頭に多く用いられた。
それは髪が少ないために、大きな髷(まげ)を結うことができなかったからといわれる。
「つぶ一」ともいわれる。

「茶筅髪」(ちゃせんがみ)

 室町時代から江戸時代に結われた髪型の結い方の一つ。
 男子では、髪を頭の百会(ひゃくえ:天頂のこと)の所で束ね、 
髻(もとどり)を組緒(くみを:糸で組んだひも)で巻き、
 先を房のように出して茶筅の形にしたもので、いろいろの型がある。


16 :日本@名無史さん:04/05/13 23:58
http://www.china.org.cn/japanese/jp-shuzi2003/gq/biao/p36.htm

人口比


17 :日本@名無史さん:04/05/14 00:39
満州族の辮髪とルーツ同じで、
朝鮮半島を南下してきた騎馬民族時代のなごり。
朝鮮馬毛→チョンマゲ

http://kyushu.yomiuri.co.jp/chosen/chapter4/03chosen.htm

18 :日本@名無史さん:04/05/14 00:41
蘭陵王はやっぱりチョンマゲだったi
小学館から出版されている、『世界美術全集 東洋編』シリーズなどは、一冊2万円と言う、
目が飛び出るほどのエクスペンシブルなコストと、思いっきり殴れば頭骨も砕けようと言う
くらいのサイズを誇る、まあ、大きな本である。が、このシリーズは絵画、書、建築、立像
など、その時代の美術一般を包括しつつ、逸品を特に選りすぐって超絶美麗なカラー印刷を
施すという点では、近年希に見るレベルを誇っているので、実に見逃せない。中国本土のみ
ならず、日本や欧米に流出した逸品をも網羅しているので、図版の珍しさでも日本発行なら
ではという特色もあるし、その時代・テーマ毎に載せられた解説もナカナカ興味深いし、作
品紹介も目が離せない。宣和堂、実にお気に入りなシリーズだったりするのである。
 休日の昼下がりに何とはなしに見るには、非常に豪華な本である。流石に散財を謳われた
宣和堂も、このシリーズは流石に五巻目の五代・北宋・遼・西夏しか持っていないので、図
書館に来るたびに眺めるのである.

19 :日本@名無史さん:04/05/14 00:47
サンテュ、チョンガク、辮髪、朝鮮馬毛。すべて騎馬民族の証です。

トルコ系の諸部族は昔から結髪といい辮髪の習俗があったそうです。
7世紀、玄奘三蔵がインドに行く途中パミール越えの道中の援助にを求め
西突厥の統葉護可汗に会見しています。
その時可汗は長さ十丈、3メートル程の弁髪を背後に流していたそうです。

モンゴル高原を中心に突厥時代からの石人像が遺跡として
北アジア各地に点在していますが、
これらの石像にはかなり長いお下げを幾つも下げた男性像があったりします。

20 :日本@名無史さん:04/05/15 10:46
月代もあるね

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)