2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

弥生人て縄文人を虐殺・征服したんだろ

1 :日本@名無史さん:04/05/02 02:26
弥生人と縄文人はゆるやかに交わって、縄文時代から弥生時代に移行したという説が
あるけど、ウソだろ?

だって、ウホウホ言いながら、猪とか狩ってた連中と、大陸文化を持ってた弥生人系民族
が仲良くなんかできるか?
縄文人だって、なんか目のつりあがった顔の細い連中が自分たちの住んでた土地に
乗り込んでこられたらいやだろ?

やっぱ弥生人が侵略して、制圧したと考える方が妥当だろ?

それともほんとにゆるやかに交われるほど、縄文人って心広かったのか?

2 :日本@名無史さん:04/05/02 02:32
ウホッ

3 :日本@名無史さん:04/05/02 02:42
いい女!

4 :日本@名無史さん:04/05/02 07:19
高句麗人?

5 :日本@名無史さん:04/05/03 03:33
虐殺あげ

6 :日本@名無史さん:04/05/03 04:25
虐殺と考えていいだろう・・
もともと縄文人は、気性が穏やかだから戦いを好まない種族。
それとは反対で渡来系の弥生系は狡猾、ずるがしこい人間
それに縄文系の人間はYAP遺伝子といって弥生系の人間にはない遺伝子を持っていて
この遺伝子のせいで精子の数が縄文人は少なかったらしい、繁殖能力が低かったのだ。
だから絶対数が多い弥生系が縄文系を駆逐するのはたやすい事で
次第に縄文人は、北と南に追いやられたと・・・
追いやられた挙句・・北の縄文人たちは蝦夷といわれ
大和朝廷によって大多数の縄文人たちが殺されたと・・世に言う蝦夷討伐がこれにあたる。
駆逐しようとした理由として・・自分は
やはり蝦夷の一族の女のほうが美人だったんでしょう・二重だし、顔がはっきりしてる。
・・・その女目当てに蝦夷の一族の男を殺したっかったと思います。
その証拠に殺されたのは大多数の蝦夷の男たちで、女どもはさらわれたと聞いてます。
まあひどい話しですね・・・
昔から日本人(大和系)は平気で人を殺したりできる種族だったということです。
挑戦半島での悪行も納得できますね。

7 :日本@名無史さん:04/05/03 04:32
>>6
アズマの嫌韓釣りか。やれやれ。

8 :日本@名無史さん:04/05/03 04:36
>>7
僕もおそらく蝦夷の末裔ですけど
僕ら種族は差別とか争いとか好みません。
だから朝鮮人だから、とか目が細いとかで差別はしません。
君達とは性格も違うの。

9 :ZENON555 ◆shUmUTfqI2 :04/05/03 06:17
>>6

>挑戦半島での悪行も納得できますね。


 弥生系はどっから来たと思っているんだ。

10 :日本@名無史さん:04/05/03 06:40
つまりは縄文人はアメリカ大陸におけるネイティブアメリカンで
弥生人はアングロサクソンなのか?
はたまた縄文人は高知県高校野球における高知商業野球部で
弥生人は明徳義塾野球部なのか?

11 :日本@名無史さん:04/05/03 07:25
つまりは縄文人は日本におけるヒッキーandオタッキーで
弥生人は繁殖力旺盛で、やたらに若い内から子供を作り
パチンコ屋の駐車場で死なせてしまうようなDQNなのか?

12 :日本@名無史さん:04/05/03 08:56
弥生人と縄文人が交配したらどっちの遺伝が優勢なのか。


13 :日本@名無史さん:04/05/03 09:15
飼い犬のDNA鑑定やったら、やはり、南と北に、古い犬の
DNAを持った犬が多く見られたらしいな。犬は、人と共に
移動しただろうから、それまでの、説が裏付けられた形
だな。

14 :日本@名無史さん:04/05/03 09:30
別に常に人と共に行動するわけでも無いし野犬化して拡範したのかもしれないし、断定は出来ない。


15 :日本@名無史さん:04/05/03 10:49
>>6

>やはり蝦夷の一族の女のほうが美人だったんでしょう・二重だし、顔がはっきりしてる。


美人の条件て、縄文時代から今に至るまで一緒なのか?

16 :日本@名無史さん:04/05/03 13:18
やまとのたみを皆殺しにする
積年の恨み今こそ果たしてくれるわ

17 :日本@名無史さん:04/05/03 13:22
>>11
弥生人は性への目ざめが遅いらしいぞ

18 :日本@名無史さん:04/05/03 18:11
農耕文化と戦争は絶対に断絶する事のできない表裏一体の関係です。

19 :日本@名無史さん:04/05/03 18:42
まあ、今現在弥生人だけの集落は見つかってないわけで。
縄文人と弥生人は仲良くしていたとか言っていた奴も居るけど。
結局現実的に考えると縄文人(日本固有)のDNAは日本の人口の5パーセント
しか居ないからな。古代日本では地理的に近かった朝鮮半島よりも
やはり中国の侵略が多かったんだろうね。
漢民族は近畿地方に渡り日本各地に広がり
そこに住んでいた民族のを男を殺し女を犯し...
近年では朝鮮半島からの来訪者が近畿地方に移住し現在の日本が...
考えたく無いけど歴史ってこんな物なんだろうね。
ヤバイ鬱になりそう....








20 :日本@名無史さん:04/05/03 19:34
>>19
嘘つくな。日本人の30%が縄文系。文化だけが伝搬したんだろう。

21 :日本@名無史さん:04/05/03 20:12
古代日本を古代中国が侵略するのはさすがに厳しいだろ

22 :日本@名無史さん:04/05/03 20:36
なんで?
文化の洗練度が段違いじゃん

三国志の頃でさえやっと邪馬台国だぜ

23 :日本@名無史さん:04/05/03 22:54
>日本人の30%が縄文系。

いや、gm遺伝子や二重の出現率から日本人の血の7割が縄文系と推測できる。

宝来の遺伝子論は、日本人種の固有の遺伝子がわずか10%としているのに対し、
その日本人種と満州人種が混血した人種である韓国人の固有の遺伝子は30%とか、
南方モンゴロイドと北方モンゴロイドが激しく混血した中国人の固有の遺伝子は
50%とか、まーったくのデタラメで、今ではお笑い草の種。

24 :日本@名無史さん:04/05/03 23:23
債権回収詐欺(架空請求)にご注意!!

おそらく詐欺業者と思われますが、昨年暮れより掲示板に相談に乗るふりをして「無視していたら本当に回収に来た」とか「支払ったほうがいいよ」などと不安を煽る書き込みが行われております。

身におぼえのない請求には応じない。
身におぼえがあっても、いきなりのメールや電話での請求は疑ってかかる。
電話がかかってきても、支払いの意志がないことを伝えて相手にしない。
メールや郵便物は詐欺撲滅のためにも警察へ情報提供する。

が大原則です。前述のような書き込みは無視してください。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~henachoko/saiken_sagi/

25 :日本@名無史さん:04/05/03 23:24
>>22 インチキ大袈裟三国志に海を越えた話はあるか?

26 :日本@名無史さん:04/05/03 23:53
>>25
国家として海を越えなかっただけだろ?

ちょっとした集団が、あの当時の大陸時代の文化を持って、日本に上陸したらどうなる?
侵略なんて簡単だろう

27 :日本@名無史さん:04/05/04 00:03
実際呉が探検隊を送ったが風土病でかなりの犠牲を出したらしいが。
ちょっとした集団では侵略どころか風土病で全滅しかねない危険がある。


28 :日本@名無史さん:04/05/04 00:23
海は越えたに決まってんだろ
だってそうじゃなきゃ弥生人はどこから来たんだよ?

>>25>>27はなにが言いたいんだ?
軍団で海は越えられないといいたいのか?

29 :27:04/05/04 00:31
弥生人の渡来=軍事的に侵略
という28の短絡的な発想に突っ込んだだけだが。



30 :日本@名無史さん:04/05/04 00:59
土井ヶ浜弥生人は朝鮮支配していた華北系の漢人達がついでに
山口に上陸し、最初は征服侵略の目的のために日本各地を偵察しながら
植民都市を置いていったのであろうが、そんな時も数年から数十年しか
続かず、実際の活動は海運による交易商のような存在であり、
結果的には移民でしかなかった。

31 :日本@名無史さん:04/05/04 01:18
移動してきた人数によるのかもしれんが……

交易したのか侵略したのか

しかし天皇=渡来人=弥生人だろ?
どっかで日本を征服する過程があったんではなかろうか

32 :日本@名無史さん:04/05/04 01:41
>しかし天皇=渡来人=弥生人だろ

これもちょっと怪しくなってきた。
渡来人は文化的には在来系に大きな影響を与えた事は間違い無いが、
皇族の顔を見ると渡来系弥生人の顔とは違う。
渡来系弥生人は低鼻。しかし、今の皇族は目は細いが、髭が濃く、
鼻は大きめで高く、縄文的特徴の方が強い。
明治天皇、故高円宮などはもろ縄文的。
皇室は縄文系で、渡来系弥生人からの影響は薄く、
古墳時代の朝鮮難民の影響を若干受けたものではないかと思う。

33 :日本@名無史さん:04/05/04 01:45
そりゃ、大昔の遺伝子より直近に嫁や婿にむかえたやつが縄文系の人間だったら
子供もそういう顔になる可能性が高いんじゃね-の

顔で判断すんなよ
DNA検査ならともかく

34 :日本@名無史さん:04/05/04 02:09
皇族の遺伝子をDNA検査したところで何十代も前の祖先を追える訳が無く、
平均的な日本人の遺伝子と何ら変わりは無いだろう。

しかし、顔などの形質は古モンゴロイドより新モンゴロイドの形質の方が
優勢的に出るため、残っているケースが多い。

皇室に縄文系が入っても子供はやはりあの顔になっている。

35 :日本@名無史さん:04/05/04 02:11
いくらなんでも、縄文人を軍事的に屈服させるほどの人数で
渡ってくることは無理かと。

36 :日本@名無史さん:04/05/04 02:24
弥生人が戦闘集団として縄文を制圧したとすると風土病や栄養失調で
かなりの犠牲を出しただろう。縄文人だけが弥生人の敵ではない。


37 :日本@名無史さん:04/05/04 02:52
弥生時代の渡来人は、あわれな難民。
弥生文化はそれ以前に縄文人が自分たちで作ったもの。

38 :日本@名無史さん:04/05/04 03:20
まあ、パクッテんのよ、渡来系が弥生人だと。

39 :日本@名無史さん:04/05/04 03:23
じゃあ論点を変えて

「ゆるやかに交合した」というこのゆるやかって具体的にはどうやったのさ?

言葉も顔つきも生活手段も違う民族とそんなに仲良く出きるか?
具体的に言えばそんなに簡単にセックスできるか?

「交合」は弥生人が縄文人を犯したと考えるのがわかりやすい。
また天孫降臨など、やっぱり弥生人が降臨したのを示しているんだろう。


40 :日本@名無史さん:04/05/04 03:46
渡航してきた弥生人のかなりが気候や風土に適応できずに倒れただろう。
否が応でも適応した体質になる為には縄文の助も必要だったし
場合によっては交合もしただろう。


41 :日本@名無史さん:04/05/04 04:38
仮に身の安全と機会が与えられたとしても、オマエラ毎日人殺しとセクースできますか?
てゆうか、♂の一生涯でリビドー的に何人ぐらい子供つくれるよ?それに
気候さえ不明な島に集団で渡る動機は、食い詰ることでもなけりゃそうはあるまい。
小家族単位で移動可能な生活形態が発展したとしても定住できるなら定住するだろう。
植民地では先住民の労働力と情報は貴重な資源のような気がする。
対立がなかったとはいわないけど。

42 :日本@名無史さん:04/05/04 04:44
>弥生時代の渡来人は、あわれな難民

難民であるというソースは?

43 :日本@名無史さん:04/05/04 06:00
オレが「あわれな」難民生活してたからサ。
「あわれな」つけなきゃまじめにこたえようかともおもったけどね。

44 :日本@名無史さん:04/05/04 09:43
↑藻前の個人の人生など誰も興味はない。自分の国にカエレ

45 :日本@名無史さん:04/05/04 10:02
元々
皇族は縄文系の顔(武闘派で無くなったら弥生系の顔に変身)
藤原氏は弥生系の顔(皇族との交配で態度が尊大になる)

46 :日本@名無史さん:04/05/04 12:59
今の皇族の顔がうんぬんかんぬん
なんてのは、超ナンセンス

途中でどうなってたんだか
わかんないし、外の血だって
どんどん入って、先祖の
顔かたちを受け継いでるわけ無い。

47 :日本@名無史さん:04/05/04 13:07
縄文人が、ネイティブアメリカンみたいに
徹底的に、侵略者(弥生人)に痛めつけられてたら、
その殺戮の後とかが、全国から発見されて
定説になっていくだろうが、そんな例は
少ないんだろ?

両者の生活圏が違っていれば、争う理由も
ないだろうから、共存しながら、弥生人は
稲作によって、次第に生活圏を拡げ、一方の
縄文人は、弥生人と争うことを避けて、同化
するか北と南に分かれていったとは考えられないか。

48 :日本@名無史さん:04/05/04 13:20

まず、日本人の歯並びの特殊性についてお話したいと思います。意外に
思われるかもしれませんが、日本人はここ2,3千年の間に急速に混血して
出来あがった民族なんですね。前歯の大きい細面の弥生人とやや受け口気味
で比較的歯が小さい縄文人が混血して出来あがった民族であることは考古学
の成果で解明されています。結果、日本人の宿命として前歯のがたつきや
八重歯が発生しやすいということになります。ただし、その場合でも小臼歯
以降の歯並びはそう悪くないのが一般的です。このことをふまえたうえで
日本人の歯並びの事は考えないと無駄な矯正を増やしてしまうと思います。

http://village.infoweb.ne.jp/~fwik1362/haisha/ha03.html

結果、日本人の宿命として前歯のがたつきや八重歯が発生しやすい
結果、日本人の宿命として前歯のがたつきや八重歯が発生しやすい
結果、日本人の宿命として前歯のがたつきや八重歯が発生しやすい
結果、日本人の宿命として前歯のがたつきや八重歯が発生しやすい

49 :日本@名無史さん:04/05/04 13:32
アメリカ大陸のような先住民の徹底的殺戮による居住圏拡大の方が世界史的には稀。


50 :日本@名無史さん:04/05/04 13:49
そもそも縄文人をアメリカ大陸原住民と位置づけることが間違い。 縄文人の文明は、やってくる文明に比して圧倒的な格差があるわけではない。

51 :日本@名無史さん:04/05/04 14:38
縄文人と弥生人は顔などの形質は違うが、大別での人種区分では
同じ北方モンゴロイド。

白人たちが異種である黒人やインディオにやった卑劣な事など出来る訳も無い。

実際、甕棺墓から吉野ヶ里タイプ(渡来系)に混ざって、
西北九州タイプ(在来縄文系)が出てくる。

在来系弥生人と吉野ヶ里弥生人は結構仲が良かったと見られる。

52 :日本@名無史さん:04/05/04 14:56
日本軍がやった韓国に対しての虐待はどう説明するのでしょうか?
同じ国の中でもいじめによる自殺などがたえませんが・・このくにでは
日本ほどいじめがひどい国は無いそうですよ・・・
同じ民族などという概念は関係ないのです。マイノリティーは徹底的に排除する。
それがこの国の奴らの本性です・

53 :日本@名無史さん:04/05/04 15:03
>>52 うるせーバカ くたばれ 叩っ斬るぞ

54 :日本@名無史さん:04/05/04 15:04
そんな野蛮な国になぜいつまでも居座っているのか?
格安航空チケットでたったの2万円でわずか1時間半で祖国に帰れる。
もう在日する必要など全然ない。
早く帰りなさい。

55 :日本@名無史さん:04/05/04 15:05
>>52 韓国で戦時中に旋盤で指を切断した韓国人女性がいて、戦後、
帰国した途端に親戚中からつまはじきにされて、一人大都市の中で
暮らさざるをえなくなった韓国人女性を知っているが。

56 :日本@名無史さん:04/05/04 15:07
>白人たちが異種である黒人やインディオにやった卑劣な事など出来る訳も無い。

和人がアイヌの人達に行った行為はどう説明するんでしょうか。
近くは、日本人が、中国人や朝鮮人に行った行為はどう説明するんでしょう。


57 :日本@名無史さん:04/05/04 15:15
>実際、甕棺墓から吉野ヶ里タイプ(渡来系)に混ざって、
>西北九州タイプ(在来縄文系)が出てくる。

>在来系弥生人と吉野ヶ里弥生人は結構仲が良かったと見られる。

葬られてるのが一緒だからといって、仲が良かったと
解釈するのも、早計かも。

縄文人が奴隷として売り買いされていた可能性もあるわけで。

一緒に生活しているわけだから、墓を別にせず
一緒に葬ることも考えられる。


58 :日本@名無史さん:04/05/04 15:17
>>56 アイヌの話に、中国人朝鮮人を絡めるな。 全く関係なし。 どうせアイヌの話には興味ないくせに。 興味あるのは中国朝鮮人だけだろ。

59 :日本@名無史さん:04/05/04 15:20
奴隷と一緒に埋葬とはおめでてえな。 主だけの墓はどれほどあるのか?

60 :日本@名無史さん:04/05/04 15:32
アイヌの人たちは今どうしてるんですか?
これまでの償いとして・・六本木ヒルズのマンションくらい与えてあげてもいいのではないでしょうか?

61 :日本@名無史さん:04/05/04 15:36
中国や朝鮮の被差別民や少数民族よりは優遇されています。

62 :日本@名無史さん:04/05/04 15:48
お前ら日本人は1回アメリカによって征服されるべきだな。
アメリカ人から、虐殺・人体実験・レイプされてみろ!
そこらへんでアメリカ人がお前らを殺しまくってるんだぞ・・
公用語も英語にさせられるんだ・・・
どうだこれがお前らがやってきた事なんだぞ?
最低な民族だな大和の国の奴らは。


63 :日本@名無史さん:04/05/04 15:50
アイヌは日本人種であり、大和・アイヌ・琉球と、日本民族を構成する
1民族だが、中国人・朝鮮人は日本人種でないし、日本民族でもない。

アイヌと中国人・朝鮮人を同じ基準に持ってくる事自体間違っておる。


64 :日本@名無史さん:04/05/04 15:53
>>62
ハングル板に逝ってくダサい。

65 :日本@名無史さん:04/05/04 15:59
>>62
すべてロシアにされたよ。
負けるってことはそーゆーことなんだよ。

66 :日本@名無史さん:04/05/04 16:00
>>63
そうかい。そうかい。長々と珍説の開陳ありがたう。

67 :日本@名無史さん:04/05/04 16:07
>>63の説によると関西人は日本人ではなくなってしまう。

68 :日本@名無史さん:04/05/04 16:07
見事なクソスレになっちまった

69 :日本@名無史さん:04/05/04 16:10
>>67
日本人じゃないだろ遺伝子レベルでは
チョンなんだよ!関西やロウは
みてみろ!大阪の女は日本で一番不細工だろ

70 :日本@名無史さん:04/05/04 16:18
>>68
スレタイから糞だろ

71 :日本@名無史さん:04/05/04 16:22
荒しているけど結局弥生人が大々的に軍事的な征服で縄文人を駆逐したという根拠は希薄なわけね。


72 :日本@名無史さん:04/05/04 16:37
半島人が結核やコレラや梅毒を持ち込んで、
免疫のない縄文人が駆逐されたという話を聞いたことがある。

73 :縄文人:04/05/04 17:05
征服されたに決まってんだろ

そうじゃなきゃだれが雪のガンガン降る、北の方なんかに逃げるかよ

ちくしょー、あいつら女房も子供も殺した上に、あったかいところでぬくぬく暮らしやがってー

74 :日本@名無史さん:04/05/04 17:15
72は新大陸のキリスト教徒の事を混同しているのではないか。


75 :日本@名無史さん:04/05/04 17:21
>>74
その線が高いと思われ。
と言っても歴史的に結構そういう事が世界各地で有ったからね。
一番近くで言えばアイヌ人でしょ?
現状ではアイヌはそのせいで壊滅状態ナ訳で。
無いとはいちがんには言えないだろ。





76 :日本@名無史さん:04/05/04 17:34
縄文人は大陸と交易していたし、弥生人が来たことによってもたらされる
病原菌によって壊滅するほど無免疫だったというのは無理がある。


77 :日本@名無史さん:04/05/04 17:54
北に逃げたわけではなく農耕に適さない地域には弥生人は進んでいかなかった
という方が正しいのでは
後に力関係が明確になってからは討伐したりもするわけだが
小競り合いを続けながらだんだん同化していったのということなのだろう
小集団どうしで争ってもそれぞれの種族単位の大きな意識はなかったと思われ
食料の自給能力と繁殖能力の差で徐々にそうなっていった・・
ということではだめか


78 :日本@名無史さん:04/05/04 18:06
縄文人と弥生人は確かに、外形的には
違っていたにせよ。言語的にはどうなんだ。

縄文人にせよ、日本国内だけで鎖国的に
暮らしていたわけでなく、朝鮮半島との
交流はあり、言語的にも意志疎通は
可能だったので、弥生人と縄文人は
交易を通して、相互に補完関係に
あり、じょじょに交流が進み
融合も進んで言ったとは言えないか。

完全に、友好的で仲良くやっていたと
いうのは、考えられないが、今想像
する以上に、両者は共存していたのでは。

ウルルンなんかをみても、文明的には
未開とされる部族も、他の部族と
敵対的になっているより、むしろ
他者との交流を好む傾向さえ見て取れる
ではないか。


79 :日本@名無史さん:04/05/04 18:10
在来種を除いた渡来種の弥生人には3種類あり、
吉野ヶ里タイプは農耕民で、土井ヶ浜タイプは海洋民であった。
南九州・離島タイプはちょっと不明。

この内、日本各地で広く発見される渡来種は土井ヶ浜タイプである。

吉野ヶ里タイプはその後 広まるどころか、逆に徐々に衰退していった
事も分かっている。

80 :日本@名無史さん:04/05/04 18:18
>>79
吉野ヶ里弥生人は縄文形質が濃いとおもっていたが、渡来系と分類されるのか?

81 :日本@名無史さん:04/05/04 18:23
常識だと思われ。

82 :日本@名無史さん:04/05/04 18:28
山口・北部九州タイプ弥生人は、
山口の土井ヶ浜遺跡をはじめ、北九州の吉野ヶ里遺跡のある佐賀平野
や福岡平野などで見られる。中頭で、顔が高く(長く)、鼻根部
(鼻の付け根)が偏平で、彫りが浅い。さらに、身長が高いという
特徴が見られる。普通、土井ヶ浜タイプ、吉野ヶ里タイプと言われている。

また両者は似ているが、形質的に相違点が存在する。
土井ヶ浜タイプは顔が細くて華奢。吉野ヶ里タイプは、やや横幅が張って
おり、屈強である。

両者の故郷は、形質的に近いから、そんなには離れていないだろうが、
別であったと考えられる。

重要な事は、日本全国で見つかる渡来系弥生人骨は土井ヶ浜タイプの
方である。

83 :日本@名無史さん:04/05/04 18:28
>>76
縄文時代の日本には結核が無かったらしい。
しかし弥生〜古墳時代に渡来人が結核を持ちこみ大流行、
これが縄文人壊滅の主要因となったんだよ。


84 :日本@名無史さん:04/05/04 18:30
弥生人も壊滅するわな。

85 :日本@名無史さん:04/05/04 18:40
在来種の縄文系弥生人は西北九州タイプ弥生人と呼ばれる。

西北九州タイプ弥生人は、長崎県など西北九州地域に住んでいた
海浜部の弥生人。顔は低く(短く)て幅が広く、鼻根部が深く陥凹
(くぼんでいること)していて、彫りの深い容貌をしている。
身長は低い。

86 :日本@名無史さん:04/05/04 19:56
古代は、圧倒的に人口が少なく、地域間の交流も
少なかっただろうから、狭い地域で婚姻を繰り返し
それぞれの地域特有の人種的特徴がでてくるんだろうな。

これは、現在でもままあることで、某県など、
地域により、はっきりと身体的特徴が出ている
ところがある。その地域の人達は、男も女も
いわゆる固太りで、相撲取りのような体格が多く、
その地域に行くと圧倒される場所がある。


87 :日本@名無史さん:04/05/04 20:15
なんだかんだいっても結局、
とりあえず1のいうような弥生人による縄文人の虐殺・征服というのは
断定できないわけか。

88 :日本@名無史さん:04/05/04 20:38
どちらも文字を持ってないので、発音を通じてしか対話できない
のでしょう?

89 :日本@名無史さん:04/05/04 20:41
どんな言葉を話していて、どんな発音をしてたか知りたい・・・。


90 :日本@名無史さん:04/05/04 21:49
肉体的に華奢な弥生人より、ガッチリした骨格の縄文人の方が戦闘能力は
高いだろうねえ。

肥満は昔、栄養条件の悪かった地域に多いそうだよ。
どこか忘れたが、中米のある島ではアメリカ人が入って来てから、
在来種の島民のほとんどがあっという間に肥満になってしまった。
しかし、アメリカ人などの外来種の島民は痩せ型なんだそうだ。
同じ物を食べても痩せたままの人種、太ってしまう人種がいるという事だね。

91 :歴史好き:04/05/04 22:36
古来の日本にも文字はありましたよ。

92 :日本@名無史さん:04/05/04 22:44
大規模な戦闘や虐殺があったら痕跡が残るはずなのに、
そんな遺跡はほとんど見つかってない。

93 :日本@名無史さん:04/05/04 23:17
船で土井ヶ浜のような、なるべく人の居ない海岸を選んで、
日本海沿いに植民都市を作っていっただけなのだから、
在来種と闘う必要もほとんど無かったと思われ。

1〜2年で日本列島を海岸沿に偵察しながら周遊し、植民都市を置いていった。
縄文人とは南洋の貴重な貝などを商品として物物交換していたのだろう。

94 :日本@名無史さん:04/05/05 01:12
そうするとなにか、近所の変わった人たち扱いだったのか、弥生人。

……で、国家はどうやってできたのよ。

・縄文人と弥生人が国家を作った

・縄文人も弥生人も駆逐して、騎馬民族みたいなのがやってきて作った

・やっぱ途中で弥生人が本性現して縄文人虐殺で国家を作った

95 :日本@名無史さん:04/05/05 02:54
縄文人は確かに4000年前から徐々に衰退していったが、
16000年前には既に人類初のハイテク製品を開発し、6500年前には稲作も
していた文明人。馬鹿にしてはイケナイ。
おそらく土井ヶ浜弥生人は最初は征服目的でやって来たのであろうが、
縄文人は我々が思っている以上に文化水準が高く、既に幾つかの国家を
持っており、各地域の土豪が国を治めていた。
もしそうなら、弥生人もそう簡単に征服とまでは行かなかっただろう。

96 :日本@名無史さん:04/05/05 07:33
弥生人と、縄文人は最初は交易によって、交流が
始まり、じょじょに、関係が深まっていったと
考えればどうか。交易で、お互いに利益を享受
出来れば、無理に相手を征服する必要はない
わけだ。むしろ、相手の文化を破壊すれば、
マイナスにしかならない。

その交流が、長く続けば、お互いに交流は
深まり、同化も進む。現在の在日の人達も
何世にもなれば、民族的には、違っていても
思考回路は、日本人そのものになってきても
不思議ではないのと同じだ。

97 :日本@名無史さん:04/05/05 09:09
人種的にも違うがな。
弥生人との混血は日本人を美的に劣化させたのは間違い無い。

98 :日本@名無史さん:04/05/06 00:30
462 日本@名無史さん New! 03/12/26 18:33
日本最強のブス三大産地、名古屋>>>∞>>>水戸>仙台(補欠:広島)※「真説県民大図鑑」(扶桑社)
京都、奈良の一重瞼率1.2位を争う基地外ペア。日本一顔がでかい九州地方。朝日より電波な北海道新聞社
一重美人(昔)の秋田。B型が多く脱アルコール遺伝子に歯並びが良い典型的な朝鮮系の北関東・東北人
O型・A型が多くは並びが悪い典型的な華南系(中国南部:上海・香港・台湾など)の九州・近畿・南関東人
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html
朝鮮『高麗郡』が置かれた静岡、山梨、神奈川、千葉、茨城、栃木
ttp://www.j-pca.net/locality/history/saitama1/morelittle.html
朝鮮東部『新羅』の朝鮮語(ズーズー弁)を話す東北民国人
ttp://homepage1.nifty.com/snap/room04/c01/nihon/nihon02.html
年々、在日朝鮮人が数千単位で減り続ける西日本、年々、在日朝鮮人が増え続ける首都圏
年々万単位で人口が減り、デブ生産率、自殺率総なめ、人間のような容姿をした獣が住む未開の土地の東北。
ttp://www.ultracyzo.com/newssource/0308/03.html

99 :日本@名無史さん:04/05/06 02:34
結局虐殺なかったの?

100 :日本@名無史さん:04/05/06 02:43
虐殺も征服も無かった。
あったのは植民支配だけ。

漢の朝鮮における植民支配と同様のものが、
日本でも若干行われたというだけ。
期間も数年〜数十年程度というごく短いもの。

101 :日本@名無史さん:04/05/06 02:56
>だって、ウホウホ言いながら、猪とか狩ってた連中


縄文人は渡来人が来た時にはもう農耕民に移行していたはずですよ。

102 :日本@名無史さん:04/05/06 03:24
現代日本人の近畿地方の人々は、他の地域の人々に較べて特殊な日本人であることが判明している。
朝鮮半島から渡来したと考えられている弥生人は、北方要素を強くもった人々であることが分かっている。
現代の近畿地方に住む人々と朝鮮人とには、他の地域の人々とは比較にならないほど共通項が多い。
両者は人種的に近い間柄である。

http://www.keiryou-keisoku.co.jp/other/gakkai2.html

典型的関西系の顔の例
女性:山田花子 ハイヒールモモコ 天童よしみ 宮川花子 林明日香 AIKO
男性:トミーズ雅 蔵野 雨上がり蛍原 ノック 宮川大助 アホの坂田

朝鮮人に近い為、一重、出っ歯、エラ張り、頬骨突出、低鼻、腫れぼったい瞼、無睫毛、巨顔、無表情、短頭(絶壁)などの特徴が見られます。

103 :日本@名無史さん:04/05/06 04:34
何年か前に縄文犬を保存するって会をTVで見たが、
縄文犬以外の血が少しでも入ると縄文犬の特徴が全部消えてしまうそうだ。
縄文犬の特徴を保存するには純血を守るしかないワケだ。

104 :日本@名無史さん:04/05/06 20:33
>>102
土井ヶ浜弥生人は確かに朝鮮半島から渡来したが、
彼らは朝鮮半島の原住民ではなく、
朝鮮半島とその原住民を植民支配していた華北から来た漢人である。

弥生人は北方モンゴロイドではなく、6000年前に新モンゴロイド化した
北方モンゴロイドと原住民の南方モンゴロイドが混血した中モンゴロイド。

高鼻や長頭が南方系と違っている思われながらも南方系と長らく勘違いされてきた
縄文人の方が、実は古モンゴロイド形質を残した純粋な北方モンゴロイドである。

関西人に見られる朝鮮人的特徴は、古墳時代以降に属国民や難民で半島人が
数千人ほど関西に移植した時のものであり、弥生人とは関係が無い。

105 :日本@名無史さん:04/05/06 21:27
俺たち日本人...は...(鏡を見るたびに、自分たちが朝鮮からの渡来人の子孫...
...なのだと、痛感し、) 自分たちに 朝鮮人の血が流れていることに
「うすうす」 じゃなくて、
「ますます」「つくづく」「よくよく」「しみじみ」「ひしひし」と気づいてる。




106 :日本@名無史さん:04/05/06 21:31
>>105
大変言い難いことだが・・・・それはおまえとおまえの家族だけだ。



107 :日本@名無史さん:04/05/06 21:57
>>105
いつも笑わせてくれてご苦労さん。

本当は君ら朝鮮人の方に俺たち日本人の血が流れているんだがなw

108 :日本@名無史さん:04/05/07 00:06
>>104

109 :日本@名無史さん:04/05/07 21:05
>>104
>北方モンゴロイドと原住民の南方モンゴロイドが混血した中モンゴロイド

人類学用語をここまでデタラメに使った文章も珍しい。
この調子では「土井ケ浜=漢人」説もたかが知れるなw

110 :日本@名無史さん:04/05/07 22:59
>>109
先にまずどこがデタラメなのか言ってみなさい。
貶すだけで君の意見が無いのではこちらも訂正できない。

ま、貶してるだけで何もそこに自分の主張が無いのが賊軍のいつもの
お決まりのパターンだけどなw

111 :日本@名無史さん:04/05/08 00:00
やたら朝鮮人を卑下したがる奴ってなんか2chにおける典型的朝鮮人と変わらない気がする

112 :日本@名無史さん:04/05/08 00:18
その前に朝鮮人が何百万人も日本に居る事がそもそもの間違い。
日本から出ていってから、そういう偉そうな事は言って下さい。

113 :日本@名無史さん:04/05/08 00:22
在日と血統の問題は関係ないだろ

114 :日本@名無史さん:04/05/08 00:23
109 名前:日本@名無史さん[] 投稿日:04/05/07 21:05
>>104
>北方モンゴロイドと原住民の南方モンゴロイドが混血した中モンゴロイド

人類学用語をここまでデタラメに使った文章も珍しい。
この調子では「土井ケ浜=漢人」説もたかが知れるなw

110 名前:日本@名無史さん[] 投稿日:04/05/07 22:59
>>109
先にまずどこがデタラメなのか言ってみなさい。
貶すだけで君の意見が無いのではこちらも訂正できない。

ま、貶してるだけで何もそこに自分の主張が無いのが賊軍のいつもの
お決まりのパターンだけどなw


115 :日本@名無史さん:04/05/08 00:37
>>109
早くどこかデタラメか指摘してくれ。

116 :日本@名無史さん:04/05/08 00:47
倭人であることが恥しいニダ

117 :日本@名無史さん:04/05/08 01:06
>>116
じゃ辞めれば〜、帰化人なんだろ。

118 :日本@名無史さん:04/05/08 08:28
純粋な日本人がそもそも何を指すのか?

混血を繰り返して今ここに至っている位は
皆、承知してるんだろう?



119 :日本@名無史さん:04/05/08 08:34
>>118
いきなり何を言い出すんだ?

世界中の民族は混血を繰り返していますが・・・・。

120 :日本@名無史さん:04/05/08 09:17
>>119
日本人のことを言っているわけだが・・・・。

いきなり、世界中の民族と言い出すところが
怪しい・・・・。



121 :日本@名無史さん:04/05/08 10:01
縄文人と弥生人って今の日本人と在日のように混血してったんでしょう?
虐殺ではなく。

122 :日本@名無史さん:04/05/08 10:49
最初は、居住地域が違っていて、接触は
そんなに多くはなくとも、交易などで
次第に、接触が出来、デメリットとして
病気の感染などもあっただろうが、男と
女がいれば、段々と混血も進んでいった
だろうって、普通考えられる罠

今の日本人じゃなくたって、古来から
原日本人と、中国人、朝鮮人との
混血は繰り返されてきているから、
ここで在日とか誹謗している香具師の
血の中にも、色んな民族の血が流れて
いるのは、

間違いない!


123 :日本@名無史さん:04/05/08 11:47
「蝦夷の地」に争乱の世紀 鉄やじり、縛られた人骨出土
http://www.asahi.com/culture/update/0505/002.html

これは、平安時代の遺跡らしいが、穏やかに
異民族同士が共存していただけとは、やはり
考えにくい罠
時には、相当の争乱も経験しながら、段々に
日本としてまとまっていったんだろう。

124 :日本@名無史さん:04/05/08 13:36
>>114
ぷ。
基礎用語の意味もしらない素人が偉そうに電波を垂れ流すなっていってんだよ
そもそもどこがデタラメなんだか自分でもわからないだろw

125 :日本@名無史さん:04/05/08 19:24
>>124
指摘できないのはデタラメではないからだろ。
この遺伝子真っ赤っかのひらめ南方人が。

126 :日本@名無史さん:04/05/08 19:30
混血していない人は少ないのは当たり前。
問題はその純度である。

朝鮮人は日本人の倍くらい南方モンゴロイドの遺伝子が多い。

満州人、華北人に至っては日本人とは比較にならないくらい
南方モンゴロイドの遺伝子が多い。

華南人、東南アジア人においてはその遺伝子のほとんどが
南方モンゴロイドで占められていてもう真っ赤である。

そう、我々日本人は純度の高い北方モンゴロイドなのである。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg

127 :日本@名無史さん:04/05/08 20:29
↑この図で見ても、朝鮮人は、それほど大きく
日本人と違ってはいない。確かに日本人より
赤の割合は高いが。

日本の北方と南方が同じような割合になっているのは、
定説通り。

北方民族とチベットは、日本人の分布に近いな。

128 :日本@名無史さん:04/05/08 22:30
>>125
>北方モンゴロイドと原住民の南方モンゴロイドが混血した中モンゴロイド

↑この一文でもうロクに本すら読んだことがなく
2chのヨタ話だけを真に受けてるドキュン小僧であることが丸わかりだろ

129 :日本@名無史さん:04/05/08 23:20
>>128
だから早く正しくを言ってみなよ。
のっぺら南方人さんw

130 :日本@名無史さん:04/05/09 02:58
縄文って世界最古級の焼き物、定住集落、農耕の文化があったのに、
後から出てきたそのいわゆる四大文明に追い抜かれたのは戦争とか
しなかったからなのかな?
戦争ベタだから弥生人を追い出せずに乗っ取られた

131 :日本@名無史さん:04/05/09 03:26
>>128
そんなおまえは煽りしかできねえただのゴキブリじゃねえか。

朝鮮ゴキブリそのもの。

132 :日本@名無史さん:04/05/09 03:30
縄文人を駆逐していったのが現日本人でしょ。

133 :日本@名無史さん:04/05/09 03:37
駆逐した証拠が全く出てこない

134 :日本@名無史さん:04/05/09 04:11
>>133
上野の国立博物館で見てね。

135 :日本@名無史さん:04/05/09 04:14
>>131
北方モンゴロイドと南方モンゴロイドが混血すると
中央モンゴロイドができると思ってるような途方もない馬鹿が
他人をゴキブリよばわりとは笑わせるw

136 :日本@名無史さん:04/05/09 05:13
>>135
話が全然前に進まねえのは誰のせいだ?おまえのせいだろが。
おまえみたいなひねくれた奴の事をゴキブリと呼んで何が悪い。


137 :日本@名無史さん:04/05/09 05:27

北方モンゴロイドと南方モンゴロイドが混血すると
中央モンゴロイドができると思ってるような途方もない馬鹿が
他人をゴキブリよばわりしておりますw

138 :日本@名無史さん:04/05/09 12:51
中モンゴロイドって何よ?
白人と黒人の混血を灰人と呼ぶのか?
北京と南京の中間地を中京と呼ぶのか?
馬鹿馬鹿しい。

最初に中モンゴロイドと書いた奴は消えてくれ。



139 :日本@名無史さん:04/05/09 13:33
赤色人種(アメリカンインディアン)と白人の混血は桃色人?

140 :日本@名無史さん:04/05/09 13:38

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg

満州〜華北人は、遺伝子上は北方モンゴロイドと南方モンゴロイドの
ほぼ中間だろが。

南方モンゴロイドはモンゴロイドでさえないとも聞いている。

141 :日本@名無史さん:04/05/09 13:56
>http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html
>やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから南下し、
>中国の大部分に広がっていきました。


6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから南下し、
中国の大部分に広がっていきました。
にもかかわらず、今の華北人や満州人の遺伝子はシベリアと同じ
北方モンゴロイドでない訳だ。

さて、どうすれば中モンゴロイドができるのかねえ?

142 :日本@名無史さん:04/05/09 14:04
>>72
日本にコレラや梅毒が持ち込まれたのはもっとずっと後だろ。

143 :日本@名無史さん:04/05/09 15:22
今ではネアンデルタール人はクロマニヨン人との
競争に敗れたと言う説がDNA比較からも有力ですが
駆逐した証拠が全く出てきません。
証拠なんか残らないんじゃないでしょうか?

144 :日本@名無史さん:04/05/09 15:25
遺伝子から見るなら、日本人は弥生人の来た華北とは全然違っている。
駆逐したとは思えない。

145 :日本@名無史さん:04/05/09 16:06
組織的な侵略は有り得ないだろう。
やはり海を越えることからして、船で生活することに主流をおいた、
漁業民あたりが往復しているうちに住みついたんだろう。
本当に弥生人が征服したら、日本語の単語なんかはかなり韓国語に
近いものの筈。それがないということは、やはり縄文人の文化の方
がこの国には適していたと思う。文法がウラル・アルタイというこ
とからすれば、弥生のほうが優勢だったんだろう。

146 :日本@名無史さん:04/05/09 16:19
弥生人は朝鮮の原住民ではなく、半島を植民支配していた華北人。
韓国語じゃなくて華北語に近いと言うなら分かるが。

支配と言っても、何も民族浄化する訳じゃない。
終戦後のアメリカのGHQみたいなものだっただろう。

147 :日本@名無史さん:04/05/09 20:26
まあ弥生人にしてみれば、縄文人と違って日本には馴れていない。
だからある程度協力関係もあっただろう。最初はトラブルも多かった
だろうが、段段に同化していったんだろう。
昔話には海幸彦と山幸彦の伝説があるとおり、少しずつ交易も
でてきたのが実際だろう。御互いの分業が成立して行って、次第に
新しい人間の構成体ができあがったと思う。
単語が縄文系列で文法がウラル・アルタイなのは、縄文人からの
引用がないことにはできない言語構造ではないか。
何も日本ばかりでなく、英語、ドイツ語、仏語なども半分がラテン語
、ギリシア語からなっている。
今の日本語でさえ新しい言葉は外来語を採用。これは日本ばかりではない。
英語だって日本語をそのまま外来語にしている。

148 :日本@名無史さん:04/05/09 20:39
モンゴロイドって何?

149 :日本@名無史さん:04/05/09 20:39
縄文人自体がアルタイの少し北部のブリアート地方あたりから
やって来た訳で、そのシベリア南部あたりから樺太を経て日本に入った訳だし。

縄文語は2〜3万年前の古代アルタイ語の進化したものだろう。

150 :日本@名無史さん:04/05/09 20:39
まあ、どっちにしろ弥生の定義は、中国の激動とリンクするという事。
半島からの渡来人にしろ、大陸からの渡来人にしろ、戦乱から逃れてきた人達が多かったという事だろ。

151 :日本@名無史さん:04/05/09 20:43
その可能性があるというだけで、それはまだ分からない。

152 :日本@名無史さん:04/05/09 20:47

世にも恥ずかしい妄想の一例を載せておこう。

>土井ヶ浜弥生人は秦の中国統一戦争と始皇帝の圧制から逃れてきた
>燕・斉のあたりの難民だろう。
>あのへんは東の海に仙人がいるという信仰が盛んで
>始皇帝よりはるか以前の燕の昭王・斉の威宣王が仙人を探させたりしている。
>だから燕人・斉人は東方航路にそれなりに熟知していたと思われ。

>吉野ヶ里弥生人は滅亡した呉人かな。または呉越抗争の難民か。
>呉を併合したあと越は一時的ながら中原に覇をとなえ
>山東半島の南の付け根の浪邪に首都を移した。ここは東シナ海の
>交通の要。呉越の憎しみは半端でなかったから負けた方が
>日本に逃げてきても不思議ではない。

153 :日本@名無史さん:04/05/09 20:52
[科学科未来]韓民族遺伝子開けてみたら…"南方系も先祖だったな"

美術と解剖学を専攻した静か陣寒暑台顔研究所長は"顔などの特徴を通じる分析結果でも韓国人の中20%ほどは
南方係の特徴を強く現わす"と説明した.南方係は濃い眉毛と二重続,厚い唇などが特徴である一方北方係は目が
小さくて二重続がないし鼻が長くて終りが尖ったような兄さん(型)というのだ.
カトリック医大ハンスングホ教授は数年の前人間白血球抗原(HLA)を比較分析した結果韓国人がむしろ泰国の高
山族であるアカゾックなどともっときっかり会うという論文を発表した.ハンギョスは東北アジア民族と頭形態を比べ
た結果でも韓国人は耳から脳天までの頭高さが高い一方モンゴル人は低く現われるなどモンゴルで分離した単一
民族ではない可能性が大きいと指摘した.
http://j2k.naver.com/j2k.php/japan/news.empas.com/show.tsp/it/jo/20040128n02817/


154 :日本@名無史さん:04/05/09 20:56
今の中国人の華僑をみればわかるとおり、彼らは非常に同化する
のがうまい。だから日本でもさっさと同化していったんだろう。
また今の中国や朝鮮半島からきた人も一度日本に住めば、あまり
帰ろうとしない。だから気候も大陸よりも冬場で10℃以上
高くて水も豊富、山菜や海洋食物の豊富な日本に来たらやっぱり
帰りたくないだろうな。

155 :日本@名無史さん:04/05/09 21:00
>南方係は濃い眉毛と二重続,厚い唇などが特徴である

それは縄文系。
縄文人は新モンゴロイドになる前の北方モンゴロイド。
韓国の人類学や歴史学は日本と比較にならない程遅れている。

>>154
それでも出ていってもらわねばな。

156 :日本@名無史さん:04/05/09 21:01
>>98
>B型が多く脱アルコール遺伝子に歯並びが良い典型的な朝鮮系

朝鮮系だけではなく華北の中国人もB型気質だよ。つまりB型は北方中国人にも多いタイプ

>朝鮮東部『新羅』の朝鮮語(ズーズー弁)を話す東北民国人

鼻音を濁らせた発音ってのは、おそらく出わたりの鼻音がある有声音
(窓を[mando]のように発音する、ただしdの前のnはあとの音と一緒に発音されるため、
「まど」と「まんど」の中間ぐらいの音に聞こえる)のことでしょう。
確かに韓国語の鼻音はそういう発音をすることが多いのですが、これで発音するのは
nやmのような「鼻音」であり、東北弁のように「有声(破裂)音」ではありません。
また、確かに韓国語の「平音」は東北弁のように語中で有声音になるのですが
これは韓国語の音の中で「有声」で特徴づけられる音(要するに濁音)が存在しないので
息の出し方が一番プレーンな音(無気音)が有声音で発音されても大丈夫、という現象です。
東北弁の「訛り」とは似ているのですが、こちらは有声音が鼻音化して発音される地域では
無声音が有声音として発音されても大丈夫という現象ですし、また鼻音化が起こらない地域では
しばしば「的」と「窓」のような区別が曖昧になるといった「音韻衝突」が起こります。
実際にはイントネーションなどで微妙に区別されているのですが。
というわけで、一見2つは似ていますが、音韻システムの中で見ると簡単には「同じ現象」とはいえません。

音の特徴は、隣接している地域で話される言語同士、似ていることがあり、
単純には民族の移動とか言語の同系とかの証拠にはなりにくいのです。
同じような現象だったら出わたりの鼻音を持つ言語はアフリカにもたくさんありますし、
「訛り」に近い現象は中国の官話にも見られます(これは韓国語の有声化とほぼ同じ理由です)。
要するに、「ただ似ているだけ」の可能性が強いのです。
新羅の住民が東北に移動したなら、音の特徴よりも語彙に類似点がはっきり残ると思われ、

そのような例が見つからなければ「他人の空似」といわざるを得ません。

157 :日本@名無史さん:04/05/09 21:03
>>98
>朝鮮「高麗郡」

朝鮮?


158 :日本@名無史さん:04/05/09 21:13
土器も、縄文前期の轟式、曽畑式が多く出土している。特に曽畑式は海に関わりの深い土器である。韓国釜山市の
東三洞遺跡から出土したように、韓国南部や対馬、沖縄付近にまで広がっていた。また逆に、同時代の朝鮮半島の
土器である櫛目文土器も、対馬から出土している。土器や石器を介して、大陸と広範囲な交流が行われていたよう
である。
 遺跡の前面、本山川の向こうには田圃を大きく跨ぐようにして、国道205号のバイパスが通る。
 平成3年から、佐世保で初めての本格的な弥生遺跡である四反田遺跡が、バイパスの工事現場で発掘された。
そして今、相浦川のさらに下流域に、弥生後期の卑弥呼の時代の遺跡を中心とした広範囲な遺跡が発掘されている。
この遺跡からも、クジラやイルカ捕りに使われた石銛のほか中国渡来の銅鏡が出土している。
 やはり佐世保には、古代から海の道が開かれていたのである。


つまり急に半島から渡来してきたのではなく、以前から交流があった事を示しているのである。

159 :日本@名無史さん:04/05/09 21:18
>>158
昔は、別に朝鮮だ、日本だって、国境があったわけではないから、
その辺は混然一体となって、相互に行き来してるし、色んな民族も
相互に交易したり、侵略したり、仲良くしたり、ごちゃごちゃに
なっていたっていうイメージなのかな。

その中で、強い者が次第にリーダーシップを取って、部族国家から
本格的な国家へ進んでいったんだろう。

160 :日本@名無史さん:04/05/09 21:56
アイヌ語は、SOVのアルタイ系に近い言語。
アイヌ語は、半島の古い体系の言語に近いと聞いた。


161 :日本@名無史さん:04/05/09 21:57
さらに言うと、アイヌ人はB型が非常に多い。

162 :日本@名無史さん:04/05/10 10:22
国立市出身の宇梶元総長もアイヌだって自分で言ってたな。
母ちゃん女性運動家だったし。

163 :日本@名無史さん:04/05/10 11:15
つまりアイヌ語は、日本語や韓国語、朝鮮語よりも古い体系の言語という事になる。

164 :日本@名無史さん:04/05/10 11:56
まあ今の日本・朝鮮の国家観で考えるとよくないわな

国家が形成されていなかったとすれば、日本、朝鮮半島で往来が激しくあっても
不思議ではない

ただ、当時朝鮮に国家があったかどうかが問題になってくる気もするが……

165 :日本@名無史さん:04/05/10 21:37
朝鮮半島に最初に住んだ人々は7000年前に南方から渡ってきたそうだ。
熊を崇拝する人々。
韓国から日本産の縄文土器が出てくる。
韓国人の2割は南方系と言われているが、実は縄文系と思しき顔立ち。


166 :日本@名無史さん:04/05/10 21:54
>韓国人の中20%ほどは南方係の特徴を強く現わす"と説明した.
>南方係は濃い眉毛と二重続,厚い唇などが特徴である一方北方係は目が
>小さくて二重続がないし鼻が長く方係は濃い眉毛と二重続,厚い唇て終りが
>尖ったような兄さん(型)というのだ.


韓国の南方係は濃い眉毛と二重続,厚い唇などが特徴であるそうだが、
南方系は短頭、鼻骨が低い、毛深くない、突出した口蓋が特徴。
縄文系は中頭〜長頭、鼻骨が高い、毛深い、垂直な口蓋、歯が小さいのが特徴。

韓国人類学にそこまでちゃんと調べてほしいね。

167 :日本@名無史さん:04/05/10 22:22
>>165
ちなみに朝鮮半島南部の言葉も日本の言葉にも南インド系の言語タミル語の影響を受けているとも言われているね。

168 :日本@名無史さん:04/05/11 19:26
論点が拡散してるけど、要するに>>1は間違いていいんだろ?

169 :日本@名無史さん:04/05/11 22:35
タイトルからして流言流布、対立煽動スレなのに
以外に情報が多いな、ジサクジエンとイニシアティブは鼻につくけどな。

170 :日本@名無史さん:04/05/11 23:24
ネタだろ。
ま、楽しめ。

171 :日本@名無史さん:04/05/14 10:01
制服あげ

172 :日本@名無史さん:04/05/14 20:54
弥生人に朝鮮半島の特徴  鳥取で出土の頭骨研究で
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?culture+CN2004051401004477_1

173 :日本@名無史さん:04/05/15 06:10
礼安里遺跡(4−7世紀)は日本から渡った倭人の遺跡だろが。
弥生人に朝鮮半島の特徴でなくて、礼安里遺跡人に日本の弥生人の特徴と言えや。
あほ。

174 : :04/05/15 06:18
>>173
そういう表現絶対しないよね。してもいいと思うんだけどなぁ

175 :日本@名無史さん:04/05/15 15:41
>>172はなんで後世の日本人の骨(4−7世紀)と比べて
云々いってんのかな?ちょっと論理構造が意味不明な記事だね。


176 :175:04/05/16 05:29
訂正

>>172はなんで後世の韓国人の骨(4−7世紀)と比べて
云々いってんのかな?ちょっと論理構造が意味不明な記事だね。

日本人の骨は弥生前−中期、韓国人の骨は4−7世紀。
明らかに日本から半島へ渡っていった証拠以外のなにものでもない
というのが普通だと思うが???

177 :日本@名無史さん:04/05/16 08:48
奈良時代の人口が600万人だという説があるそうだね?

縄文-弥生時代は何人くらいが日本に住んでいたのだろう?

それによっても侵略なのか交友なのか考えるヒントになる気がするんだが……

178 :日本@名無史さん:04/05/16 09:27
>>167
>ちなみに朝鮮半島南部の言葉も日本の言葉にも南インド系の言語タミル語の影響を受けているとも言われているね。
有名なネタだな。

179 :日本@名無史さん:04/05/16 14:11
やっぱ同化したんでしょう。
日本人には中国系の顔付きの要素も強いから、かなりの部分
中国のDNAが入っている。あのジャッキー・チェンとか、
ブルース・リーなんか見てるとそんな感じがする。

180 :日本@名無史さん:04/05/16 14:19
縄文時代晩期の日本人口はちょっと分からないが、
弥生時代晩期の日本人口は280万人くらい。

昔、人類学者の埴原和郎は弥生時代以降に100万人も渡来人が来たと言ったが、
今では否定的な学者が多い。

日本人のgm遺伝子の赤の南方遺伝子の割合や一重まぶたの出現率から推測して、
在来種7割に対して、渡来種3割くらいが妥当なところ。

ただし、渡来人の農耕文化は日本全国の人口爆発の起爆剤に
なったのは事実だろう。

181 :日本@名無史さん:04/05/16 14:36
>>179
BC2C、漢の武帝の対外侵略政策によって、華北人の部隊が中国全土
のみならず、中央アジアやベトナム、朝鮮に侵入。
朝鮮経由で日本に来たのが土井ヶ浜弥生人。

このとき始めて、アジア中で見られる新モンゴロイド的な顔立ちが
拡散し始めたのだろう。

182 :日本@名無史さん:04/05/16 14:46
漢の武帝が朝鮮を征服したのはBC108年だろ
渡来系弥生人がそれからきたとするのは時代的に遅すぎるだろ。
いくらなんでも無理。

183 :日本@名無史さん:04/05/16 14:49
征服と言うより混血したんだろう。

184 :日本@名無史さん:04/05/16 14:51
渡来系弥生人には吉野ヶ里弥生人、土井ヶ浜弥生人、南九州・離島弥生人
の3つあるんだよ。

このうち北海道南部から沖縄まで、日本全国で骨が見られるのが
土井ヶ浜弥生人。

185 :日本@名無史さん:04/05/16 14:57
吉野ヶ里弥生人はBC3Cに他2者に先んじて渡来するが、
農耕型性質で土着化し、その後宗教的な関係で、
弥生晩期には衰退していった事が分かっている。

186 :日本@名無史さん:04/05/16 15:16
土井ヶ浜弥生人が渡来したのは前1世紀頃だよ。

187 :日本@名無史さん:04/05/16 15:22
>>180
やっぱり農耕により食料供給が安定して人工増えたんでしょうな

弥生後期で280万だとすると、まあなんとなく考えて、人工爆発前だから
縄文後期、弥生初期でその1/4として70万からせいぜい100万くらい?

征服はともかく圧倒的な文化の違いを持つ民族なら、10万人くらいの渡来でもヘゲモニーを
握れるか?

188 :日本@名無史さん:04/05/16 15:26
ん?縄文人はすでに農耕民だったのでは?

189 :日本@名無史さん:04/05/16 15:44
>>188
それ最近の説でしょ?
どの程度農耕文化か浸透してたかはわからんのでは?

190 :日本@名無史さん:04/05/16 15:47
初期縄文人の骨って全国からでてるんですかね?

そうでなくて後期縄文人の骨しか北とかからでないとなると、弥生人に北のほうに追いやられた
という仮設もうらずけられませんか?

191 :日本@名無史さん:04/05/16 16:02
みなさん、知識を披露してくださいな。

http://history.ten.thebbs.jp/1084662757/e100



192 :日本@名無史さん:04/05/16 16:16

@北海道南部から沖縄まで、全国で発見されるのは土井ヶ浜タイプである事。
A土井ヶ浜タイプは長身、中頭、面長、のっぺりなど、華北型の形質である事。
B土井ヶ浜遺跡はBC1C頃の遺跡である事。
CBC1C頃の朝鮮半島は漢が直轄領4郡を置いて支配していた事。
D本当の真番郡は朝鮮半島南西部ではなく南東部にあった事。
E土井ヶ浜弥生人は農耕民ではなく、海洋民であった事。


以上などを総合的に考えれば、
漢の朝鮮支配の延長線上に土井ヶ浜弥生人の渡来があり、
漢人は朝鮮から日本にまで遠征して一時的に領有支配した事実が見えてくる。

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1068266612/

193 :日本@名無史さん:04/05/16 20:00
藻前らここで少し勉強汁!

縄文人の知恵と力知って 小山市立博物館で企画展
ttp://www.tokyo-np.co.jp/00/tcg/20040516/lcl_____tcg_____003.shtml

194 :日本@名無史さん:04/05/17 01:50
弥生人には、渡来系弥生人(春秋戦国時代の燕人・斉人)と
在来系弥生人(縄文人の子孫)とがある。

弥生時代は前10世紀から。
しかし渡来人がきたのはせいぜい5世紀。

つまり弥生文化というのは、渡来系弥生人が来る前に
もう始まっていたのだ。

195 :日本@名無史さん:04/05/17 02:03
弥生時代の始まりと渡来人とは関係が無い。
弥生時代の最中にたまたま渡来人がやって来たというだけである。
そして、弥生時代の渡来人には3種類ある。

最も古いのが吉野ヶ里弥生人。
最も日本各地に拡散したのが土井ヶ浜弥生人。
あと不明な点が多い南九州離島弥生人。

吉野ヶ里遺跡は創始は在来種であったが、
途中で渡来種に取って代わられたと見られる。

196 :日本@名無史さん:04/05/17 23:34
縄文人が弥生人と混血した場合の顔の変化では、まず最初に、


目 を や ら れ る 。


縄文人は四角い眼窩に高い鼻骨、弥生人は丸い眼窩に低い鼻骨。
近年、東北地方で縄文人と弥生人が混血したばかりの頃のものと思われる
約2000年前の男児の骨が発見された。
その混血児童と見られる頭蓋の鼻骨は縄文人と同様に高いのだが、
眼窩は弥生人のように完全に丸くなっていたのである。

縄文人が弥生人と混血した場合の顔の変化では、まず最初に、


目 を や ら れ る 。

197 :日本@名無史さん:04/05/20 02:52
>>195 >最も日本各地に拡散したのが土井ヶ浜弥生人。
おそらく、こいつが魚追って各海岸に寄港地を作ったんだろ。
千葉常陸東北の天孫族の神社を見るとそんな感じを受ける。
ただ古墳の位置を見ると、内陸部の進入はそれとは関係なく
後から、陸沿いで進出して来たと見るべきだな。
ということは、
ある期間共存していた時期があったと見て良いだろう。
間違えていけないのは、その侵入者は倭王朝だと言う点で
もう弥生人とは呼べない点だな。

198 :日本@名無史さん:04/05/20 22:45
山林部の縄文以来の生活圏と、平野部の稲作圏と海岸部の漁労圏は
三者それぞれ「住み分け」て相互に交易だろ。侵入だの戦争にはならない。
戦争は山岳部族同士、稲作部族同士、沿岸部族同士で起こるんだよ

199 :日本@名無史さん:04/05/21 06:45
縄文人だって魚とってたかもしれないじゃん

200 :198:04/05/21 07:20
別に否定はしないが?つーかとってたでそ、魚ぐらい。

201 :日本@名無史さん:04/05/21 08:37
だったら縄文人と弥生人で漁場争いになったかもしれないじゃん

202 :日本@名無史さん:04/05/21 21:09
昔話に出てくる鬼というのは、縄文人だという説を聞いたことがある。

203 :日本@名無史さん:04/05/21 21:09
ああ、縄文人というか、縄文人系の人に訂正。

204 :日本@名無史さん:04/05/21 21:15
>>202
鬼は上陸して住み着いたバイキングっていう説も
アメリカ大陸にも、バイキングは上陸してたんじゃ
なかったっけ。
(っていうか漫画にそういうストーリーがあった)
でも、案外鬼の姿が、バイキングの姿に
ダブっている感じも・・・
つの付かぶと、毛皮を着て、女欲しさ、
食料欲しさに、村を襲ったかもしれない。
毛むくじゃらで、赤顔。白い顔は青く見えたかも。

205 :日本@名無史さん:04/05/22 00:17
>>199 当然だろ。
遺跡には釣り針や銛が数多く出ている。
それと貝塚を見れば、海の資源に密着している。< 養殖もあるが海女も居た?
まぁそれと、やはり黒曜石、アスファルト、翡翠の「鉱物」関係の交易が
航海によると見た方が、山湿原の多い日本としては合理的だな。
これは伊豆において、島の黒曜石をとって運んでいる点から船で物を運ぶ事
を知っているということで、沿海の航海の可能性は高い。
ただ、定住が否定されていた時、山と海を往復していたとかの説もあり、
陸の移動の大変さも気にならなかったかもだが...

魚場の争いの話だが、結局騙されるが、熊襲が倭猛を受け入れている物語がある。
他にも騙されて戦いに負けた例が多い。人を信じやすく他人を受け入れやすい
性格だったんだろう。クニの概念が無い初期はそういう状態だったかも。

>>202
常陸風土記に佐伯(サエキ)と言う縄文系というか、
大和王朝に原住民とされた族が居たとある。そこに○○ハギという原住民もいたという。
これと、秋田のナマハゲまたは○○ハギと同じかなと見ている。秋田は関西方面の倭人
が文献上多く入植しているから、昔から原住民を意識していたんだろ。
そのナマハゲの形は鬼に似ている。まぁアイヌに似ているかもだが。


206 :日本@名無史さん:04/05/22 00:27
ナマハゲは神話に基づく伝統行事で、類似の習俗は世界中にあるので
特定地域の歴史的事件に結びつけるのは無理。

熊襲は山岳民で、沿岸部族の話にいきなりもちだすのは飛躍。
おそらく熊襲と隼人を同一視する立場なんだろうが
倭建の話はあくまで熊襲伝説であって隼人伝説ではない。

海洋民族は古今東西、多民族的な集団だから、縄文弥生の混合集団も
あったかもしれないし、縄文系と弥生系が並立してたかもしれないし、
対立や戦争があったとしても、縄文と弥生だから戦争になったわけでなく
縄文同士、弥生同士でももともと戦争してたからその一貫という程度では
ないかな。ただし縄文系山岳民と弥生系平野稲作民の戦争はなかったろう。

207 :日本@名無史さん:04/05/22 19:34

>そもそも、揚子江下流域に発生した稲作技術と渡洋能力を備えた人々が、
>大陸の戦乱を避けて、北九州〜半島南部一帯へ植民したのが倭人だろ。
>別に半島人が文化的優位性を背景に日本を侵略したってわけじゃない。
>でもって日本人は多かれ少なかれこの当時の倭人の血を引いてるわけだ。
>半島に残った連中はその後新羅に制圧されちまったけどな。
>だから現在の朝鮮人の一部と近畿やそれを代表する天皇家とが近縁なのは
>ある意味当然だろ。


いやあ、久々に江南デムパを見かけて、懐かしいので貼っておくw

208 :日本@名無史さん:04/05/22 19:40
当時、あの部族は縄文、あの部族は弥生と区別なんて
できてなかったのは当然として、同じ、縄文同士、
弥生同士だって、地域の閉鎖性から、それぞれが
独自の特徴を持つようになっていっただろうから、
結局、自分の部族以外は、皆異質の部族として、
接するしかなかったんでは。

その中で、闘争より、むしろ物々交換により、
足らざるを補い、余ったものは、より有益な
物に交換していく方が歓迎されたのは予想できる。

209 :日本@名無史さん:04/05/22 23:25
[注]国立民族学博物館教授の小山修三氏は、古代の日本の人口の推移を統計学的
処理によって推測していますが、それによれば日本の人口は縄文時代の末期には
一度極端に減少し、それが弥生時代に入って爆発的な増加を見せているとのこと
です。このことも日本文化や日本人のルーツということを考える際には参考になる
と思います──

 これ(注:「先史時代の人口と人口密度」と「先史時代の人口の推移」の表の
こと)をみると、縄文時代の早期(八千年前、20,100名)から前期(六千年前、
105,500名)にかけて[人口が]急増し、中期(四千三百年前、261,300名)に
ピークを迎える。その後、減少し、何と晩期(三千年前、75,800名)にいたって
は、中期の三分の一以下に当たる七万五千人台にまで落ち込む。それは壊滅状態
とも言えそうな人口崩壊である。問題はここからだ。弥生時代(二千年前、
594,900名)には何と八倍近くの五十九万人台に激増しているのである。
さらにそれから七百年が経過した奈良(土師期、5,399,800名)時代になると、
十倍近く増えている。(隈元浩彦『私たちはどこから来たのか』毎日新聞社、
p. 139) 

210 :日本@名無史さん:04/05/22 23:45
3000年前に7万5千人だった日本人口が、弥生時代の2000年前には
約8倍の59万人に、奈良時代には更に約10倍の540万人になっている。

埴原和郎は短絡的にもこれを渡来人の入植による人口爆発とした。
しかし、gm遺伝子を見ると日本人は中国とも朝鮮とも異なり、
純度の高い北方モンゴロイドのままである。

やはりこの異常な人口爆発は、渡来人の移植によるものではなく、
3000年前にそれまでの狩猟採集と焼畑稲作から、新たに大陸から
水田稲作の技術を移入したためであって、それまでとは比べものに
ならないくらい超越した生産性と安定した食料確保ができるように
なったためだと思われる。

211 :日本@名無史さん:04/05/23 00:11
埴原は江上と同じくらい もうどうしようもないくらい馬鹿。
渡来人がたとえ100万人来ようが、食料が7万人分しかなければ、
人口はすぐに7万人になっちまうという簡単な事も分からんヴォケじじい。

食料あっての人口。

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)