2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

平家落人村について教えてください

1 :日本@名無史さん:04/05/05 11:44
GW中に栃木県の湯西川に逝ってきました。そこで興味を持ったのですが、平家の落人達は各地の山奥に散りじりになって逃げ延びたようですが、
本当に源氏側は見つけられなかったのでしょうか?
私は、見つけても、戦意消失している人たちをそっとしておいた..と解釈したいのですが。
勿論、源氏方の見張りがついて。見張りのように近くに住みながら監視していたような史実はあるのでしょうか?



2 :鹿島:04/05/05 13:30
平家の落人は鎌倉幕府創設期に発生したのが多いと思うが、その場合元々平氏の地盤であったところに逃げている場合が多い。
鎌倉将軍は代々平家から正室を迎えている事実からも解るように源平融和策をとっていた。
だから差別もなく、落人側も自らの血統の良さに尊厳を保ちながら生活できた。
従ってことさら監視する体制はなかったと思うよ。

知り合いの家の近くに平家の落人部落がある。その中の由緒ある家には、いまでも当時の赤旗が残ってます。




3 :日本@名無史さん:04/05/05 17:09
3333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333


4 :日本@名無史さん:04/05/05 18:04


5 :日本@名無史さん:04/05/05 18:04


6 :日本@名無史さん:04/05/05 18:06
終了






               / ̄ ̄ ̄\          / ̄ ̄ ̄ ̄\ / ̄ ̄ ̄\.
    / ̄ ̄ ̄ ̄\ ( ((((((^))))))´ ̄ ̄ ̄ ̄\(# ノノノノノノノノノ)|___A_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   (  人____).|ミ/ _=_| ノノノノメノナノノ)  ノー◎-◎|ノ川 ノ  ー))/))ナ)))ナ)ヽ)
    |ミ/  ー◎-◎-)(6ー[¬]-[¬] ノー□-□-|リ(彡ミ)\  つ|ノ川 ー●-●.| ノ  ⌒ _ ⌒ |ノ
   (6     (_ _) )|    、」 |川) ∴)`_´(∴)ゝ彡ミ) | ∀ノノ .|   (・・) |( .///)  3 (//)
  _|/ ∴ ノ  3 ノ \  (ー)// \___/ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/|   (三) |)\___/()
 (__/\_____ノ_|  \___/ |_|       | ノ三三三三|/::::::::\___/\      ヽ()
 / (__))     ))| |   コヴァ  | | 憂●國 (6ノー⊂⊃⊂⊃:::::::ミリオタ::::::::|/ 石原閣下命(())
[]__ | | 2チャンネラー.ヽ |        | |       |彡     ・・ |:::::::::::::::::::::::::::::::::/|       )|
|]  | |______)_)三三|□|ミ(__)____ノ彡    (ーノヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_)_____))
 \_.(__)三三三[国]) \::::::::::::::::::/  \:::::::Y::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|三三[国])、_/)_/)_\
  /(_)\::::::::::::::::::::| ̄ ̄|:::::::|::| ̄ ̄ ̄ ̄|::::|:::(⊃人質事件は自演⊂):::::::::::\:::(∴)◎∀◎(∴) \
  |産経新聞|:::::::::/:::::/   .|:::::::|::|  正論  |::::|:::::|________|´)::::::::/⊂) ̄ 維新政党~(つ ̄
  |____|;;;;;;/;;;;;/.____|;;;;;;;|;;|____|;;;;|:::/;;;;;;__.へへ__;;;\/;;;;/;;/(~ ̄ ̄ ̄) ̄ ̄~)
     (___|)__|)  (___)__)(___(;;;;;;;;;;;___||__;;;;;;(__).__)(____)___)








7 :日本@名無史さん:04/05/05 21:08
GWでドライブして山中の道をうろうろしてたら
平家落人の伝説が残る集落に出ました

8 :日本@名無史さん:04/05/05 23:41
北陸にはたくさんあるぞ
世界遺産になった富山・岐阜の山間部にまたがって存在する合掌造りの村々は
平家の落人が住みついたところからはじまったといわれてるし
能登半島にも安徳天皇が落ち延びて住んでいたといわれるところがある

9 ::04/05/06 23:12
新潟県と長野県の県境の山間地帯 秋山郷、福島の桧枝岐。
墓石にアゲハチョウの家紋が...。
姓..平野、星。
アゲハチョウの家紋は源平合戦時には使用されていたのかな?
栃木の湯西川にはアゲハチョウの家紋のついた纏い?(笑)があるけど、
これは避難後に作ったものじゃないかなと思います。自分達の血統の証に。

10 :四国・九州にて隠棲:04/05/07 00:11
うちは壇ノ浦から逃げたクチなんだけど、
明治維新まで姓はずっと名乗ってたみたい。教盛流の末裔でつ。
対蝶、蝶丸等々、蝶は桓武平氏の紋章なのですが、
平氏以外でも使っていた家はあるようです。

11 :日本@名無史さん:04/05/07 00:20
伝説はいろいろあるけれど確実に平家の子孫といえる所ってあるの?

12 :日本@名無史さん:04/05/07 00:28
死んだ祖母の住んでた山形の集落はそこ一帯みんなお平家さんだったみたいで…。
乳母とかちゃんといたし築300年くらいの家住んでたってさ…。
自分は行ったことないが。


13 :日本@名無史さん:04/05/07 00:40
山口県の三島ゆうとこは壇の浦の戦い後、
平家方兵士が落ちのびたと言われています。
その島独特の踊り白鷺の舞、鬼凧とかそういった文化的なものまで
あります。


14 :四国・九州にて隠棲:04/05/07 00:43
リアル平氏である条件は、
「姓が明確に平氏諸流の裔であることが確認できるもの」
であるか否かでしょう。伝説や家紋だけでは平氏と確認できるとは言えない。
姓については、全国での総世帯数が数家〜数百くらいまでの希少性があれば、
ほぼ間違いないでしょう。ちなみにうちの場合は全国で数十世帯です。


15 :日本@名無史さん:04/05/07 00:49
うち千いってるなぁ。

16 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/07 00:52
>>11
無いでしょう。家ごとに家紋が定着するのももっと後では。
>>14
姓はどこも平の筈では。

17 :日本@名無史さん:04/05/07 01:08
栃木県は那須一族も足利一族もみんな源氏だよ。
平家の落人がどうやって栗山村まで行けたの?

18 :日本@名無史さん:04/05/07 01:13
平氏が逃げるとすれば西でしょう。九州の山奥。
東はほとんど源氏でしょ

19 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/07 01:20
>18
前半はともかく後半は・・・。別に源氏と平氏が東西に分かれて戦っ
ていた訳でも無し。

20 :日本@名無史さん:04/05/07 01:25
山奥の村々では自分たちの惨めさをごまかすために、
平家の落人であることにしたんだろ。
大体、鎌倉時代とか戦国時代のどさくさに紛れて
お家再興するなり、どっかの大名に仕えるなりしただろ。
いつまでも大人しく山奥に隠れている理由がない

21 :もりもり:04/05/07 02:10
人権板より出張。福岡には平家部落といわれる部落があり長らく外との連絡を遮断していたそうです。
その部落に親父と二人で行ったとき可愛い娘が二人で舞っていました。
親父は『平家舞』とか行ってましたけど…

余談ですが福岡には蒙古部落や兵隊部落、維新部落など歴史的背景から生まれた部落が多いです。

22 :mi:04/05/07 02:27
どこか忘れたが、瀬戸内海地方のある平家集落では、
領主よりも領民の方の先祖が立派だったので、
名字を変えてくれと、領主が頼んだのだそうだ。

23 :日本@名無史さん:04/05/07 04:47
うちの近所に平知盛の末裔とつたえられる友森家という名家があります

24 :日本@名無史さん:04/05/07 09:28
落ち延びた後に、追手に見つかって、村を壊滅させられた、なんてとこないのかな?
再起を図ろうと、不穏な動きをしたりしないか監視はないのかな?


25 :日本@名無史さん:04/05/07 15:20
ウチの先祖は平家に仕えていた武将で
家系図や当時の刀などが本家に残っている
名前も当時、手柄をたてた時に貰った名前で日本でも数える程しかいない珍しい名前
読売新聞で”全国の珍しい名前”という企画に載っていたくらい
七五三の時は男子が赤い着物を着て女子が青い着物を着る風習が残ってる



26 :日本@名無史さん:04/05/07 16:08
>>17 そう思う。しかし新潟県側から行ったのなら考えられないかな?
福島の桧枝岐も近いし..。
新潟は平氏の領国だったような..。

27 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/07 19:01
>>20
身も蓋も無いですが、そっちが正解のようですね。木地師と惟喬親王みたいなもの。

28 :ang:04/05/07 21:59
>>27
それが正解と言いますが、惨めさを隠すためというのには賛同できません。

29 :日本@名無史さん:04/05/07 22:44
やっぱり、平氏を名乗るからには何らかの関係があるんじゃないのかな?
何で源氏の落人村って聞かないのかな?

30 :日本@名無史さん:04/05/07 22:51
>>29
だって負けたのは平家じゃん。

31 :日本@名無史さん:04/05/07 23:28
>>30 その前に源氏の負け戦もあったじゃん。

32 :日本@名無史さん:04/05/07 23:30
しかし源氏が勝ったせいで鎌倉以降九州の大名はほとんど東国出身者
になったわけだからホント影響大きいな。

33 :日本@名無史さん:04/05/07 23:45
昔、国史特講で教授が「南北朝や戦国時代の落人が追っ手に見つかった時に
『自分達は平家の落人で○○とは関係ありません。』と言い逃れる為に
出自を隠す一方、らしく見せる為に赤旗や蝶紋の物品をわざわざ作った。
そして子孫は本来の出自を忘れ、自分達が本当の平家の落人だと思い込んだ
のだ。」と教えてくれました。(○○は南朝とか尼子とか)
確かに出自を証明する品を残しておく方が不自然ですね。

34 :日本@名無史さん:04/05/07 23:58
>>31
そういやそうだな。
でも、位人臣を極めた平家が零落しちまったっていうほうが断然ドラマチックだろ。

35 :日本@名無史さん:04/05/08 00:23
>>33 なるほど。話は違うが、日本人は戦いに敗れた相手に寛大なところがあるな。
直系の男子はたとえ乳飲み子であっても命を絶たれることが多いが、主家一族の男子
以外には戦意を消失した者(武士としてのプライドをなくした者でもあるが)に命までとらないのか...。
武士道。勝手に美化しているかな。
イラクの米兵やイラク兵とは違う。と言ってみたい。(笑)


36 :桓武平氏教盛流:04/05/08 00:29
平氏でも後の世で政権中枢にいた例はいくらでもあるわけで
(例:鎌倉北条氏・室町伊勢氏等)、
山奥でもそれほどコソコソする必要はなかったみたい。
江戸期は藩によって扱いが違ったようだが、うちの場合は姓を名乗ってたからね。
蝶の紋章については、平氏以外でも藤原氏あたりの公家の一部が使ってたと思う。
まあ、自称平氏の大半はハッタリなんだけどね。

37 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/08 00:34
>>28
勿論戦国期に落人が逃れたくらいのことはあったかもしれませんが・・・
ブランド志向と言い換えてもいい。「貴種」を主張することで正当性を
図ろうとしたと考えることは、さほど不自然なことでもなさそうです。
>>31
「源平合戦」という事で誤解されがちですが、利害で結びついたり戦ったり
していた訳で源氏全員と平家全員が戦っていた訳ではありませんからね。
北条氏が平氏というのは措くとしても、源頼政は以仁王の乱の直前まで清盛
の信頼を得ていた。当時老齢であった彼がわざわざ以仁王を擁立するとは考
えにくく、寧ろ以仁王に付き合わされたのではないかという見解もあります。
執拗に追討されるような人間は限られていたんじゃありませんか。
また女性ですが、「平家」出身で鎌倉時代になってからも朝廷に食い込んだ
人が何人もいます。
>>35
朝廷に追討を命じられた「公」の戦ではなんでもありなところがあったよう
ですが、「私」の戦であれば「組打ちを望んだ相手が来たのを射たりしない」
ぐらいのルールに従って行動出来、また行動すべきだと考えられていたよう
です。

38 :日本@名無史さん:04/05/08 09:36
>>26
室町時代に越後を治めていた長尾家(後の上杉家ね)は平家の流れを組んでるよ

39 :ang:04/05/08 16:03
>>37
俺はそういう「正当性」云々てのは、落人伝説に限らず、うさんくさいと思っていますね。
もっと単純に、誰か知らんが高貴な人がこの村の先祖だって伝説があって、
それが誰かと考えてみたときに、状況や、名前が似てるとか、そういうのを検証して、
多分誰々だろうってことになったんじゃないんですかね?
元々「偉い僧侶」だったのが「空海」になったなんてありそうな話じゃないですか。
「平氏の落人」なんて、いかにもありそうだから、そう推定したってことではないですかね?
今の歴史家も、似たようなことしてると思うし…

40 :日本@名無史さん:04/05/08 16:20
個々人で逃げて逝った人はいるかもしれませんが、村全体が落人だったのは
単なる伝説と考えた方がよいかもしれませんね。
観光資源として今は役にたっているから何もないよりはましですけど。

41 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/08 16:50
>>39
確かに、中には戦国期に誰かが逃げて来て・・・という事のあった土地もあり
そうです。楊貴妃伝説の地というのもありますが、あれもおそらく明末清初に
漂流民がいたとかいう話だったのでしょう。

42 :ang:04/05/08 17:20
>>41
う〜ん。どっちかと言うと、戦国期というよりも、遥か古代の話ではないかと思うんですよね。
もちろん、村自体が、そんな古代からあったわけではないのであって、
そういう伝説が村々に伝播したものではないかと。
それが、ある村では、「平氏の子孫」ということになっていったのではないかと。
何が言いたいかと言うと、つまり元々は「神」だったのではないのかと。
さらに憶測すれば、それは「タケミナカタ」系の神話ではなかったのかと。

43 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/05/08 18:26
>>42
いやそこまで遡らねばならない必然性は無いでしょう。そもそもその土地と
なんら関わりの無い話が各地域に伝播するだけの理由がありません。
代々伝えていくだけの理由、各地に伝播する理由が無いと無理です。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)