2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【しづ心なく】「桜」を語ろう【なかりせば】

1 :名無氏物語:04/04/03 06:39
今年も桜のシーズンになりましたね。
日本人に最も愛される花である「桜」について、古文を中心にいろいろ語りましょう。
花見の時にウンチクとして使えるような桜のエピソードもお願いします。

・世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし(在原業平)
・ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ (紀友則)
・ねがわくば花の下にて春死なむその如月の望月のころ (西行)
・敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花        (本居宣長)
・清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき  (与謝野晶子)

2 :名無氏物語:04/04/03 07:35
今日桜見に行くので早速使わせていただきます。
さすが、古典・漢文・漢字板、感じ入りました。

3 :名無氏物語:04/04/03 08:12
宣長の歌だけはワカラン。

散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき
まあ今時言われているような事は平安時代には既に言われているわけで……

4 :定家厨:04/04/03 21:40
作者・出典は忘れたけど狂歌でこんな面白いのがあるよ。

風神の袋持ちとも身を成して花咲く頃は負ひて逃げばや

5 :名無氏物語:04/04/04 23:56
吉野山こずゑの花を見し日より心は身にも添はずなりにき
あくがるる心はさても山桜散りなむ後や身にかへるべき    西行



6 :名無氏物語:04/04/06 00:18
『万葉集』までは、桜を詠んだ歌はそんなに多くなかった。
聖武天皇の治世下において、初めて桜がメジャーな花になったらしいね。
何しろ聖武天皇の異称は、天璽国押開豊桜彦尊(あめしるしくにおしはるきとよさくらひこ)。

7 :昔、名無しありけり:04/04/09 23:30
葉桜を読んだ歌ってある?

8 :名無氏物語:04/04/10 05:12
東芝病院の宮崎有加さん、かわいい。

9 :名無氏物語:04/04/12 12:56
紫の上のイメージ・フラワー

10 :名無氏物語:04/04/12 15:40
このスレ、来年の桜の時季まで休眠だな

11 :名無氏物語:04/04/12 22:36
>>10
えー、とーほぐはやっと咲いたのに。
ちなみに気仙沼からカキコ。

12 :名無氏物語:04/04/12 22:45
>>11
蝦夷はひっこんでろ。

13 :名無氏物語:04/04/12 23:31
>>12
お前隼人の間違えだろ。

14 :名無氏物語:04/04/13 11:28
>>13
熊襲もひっこんでろ!!

15 :名無氏物語:04/04/16 00:16
「高欄のもとに、青き瓶(かめ)のおおきなるを据ゑて、
桜のいみじうおもしろき枝の五尺ばかりなるを、いと多くさしたれば、
高欄の外まで咲きこぼれたる昼つ方……」

『枕草子』より。
清少納言は自然のままの桜よりも、こういう「人の機知の加わった桜」
を愛したようで。その辺がいかにも彼女らしい。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)