2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見

1 :考える名無しさん:03/02/09 20:22
人生最大の発見は「原則」である。

個人のみならず、人類にとっても最大の発見であるだろう。
あと何十年もすれば、一般的にも認知されているのではないかと思う。

ひとまずここにスレを立ててみようと思う。

301 :考える名無しさん:03/06/15 23:44
掲示板はひたすらモノローグを展開する場所じゃないことは「原則」に含まれていないようだね。

302 :考えるサル:03/06/16 00:38
未だに「原則」なるものが理解できていないのですが、
先日、本屋で「『原因』と『結果』の法則」という本を見つけました。
パラパラと見ただけですが、
1さんのおっしゃる「原則」と何か共通していますか。

本の紹介
ttp://bookweb.kinokuniya.co.jp/html/9976850646.html

303 :考える名無しさん:03/06/17 03:33
自然界には確かに法則のようなものが人間から独立して存在する。それは、人類の誕生前から存在し、人類が滅亡した後でも、宇宙の構造が質的に変わらない限り、同じように存在するだろう。
しかし、それを人間が認識するとなると話は違ってくる。科学的認識は、広義の言語行動の形をとるものだ。
人間は、普遍的な真理をそっくりそのまま認識するのではなくて、自己の要請に応じて、環境により有効な働きかけを行うために秩序づけていくだけなのだ。

304 :1:03/06/17 21:05
>302
>未だに「原則」なるものが理解できていないのですが、
>先日、本屋で「『原因』と『結果』の法則」という本を見つけました。
>パラパラと見ただけですが、
>1さんのおっしゃる「原則」と何か共通していますか。

その本は、私も以前に立ち読みしていました。

その本の著者は「原則」を知らなかったと読み取れたのですが、
その「『原因』と『結果』の法則」というのは、
私の言う「因果の法則」と同じものだと思います。

知りませんでしたが、その本の紹介に
ナポレオン・ヒル や デール・カーネギーにも強い影響を与えたとされていましたね。


>303
>しかし、それを人間が認識するとなると話は違ってくる。
>科学的認識は、広義の言語行動の形をとるものだ。
>人間は、普遍的な真理をそっくりそのまま認識するのではなくて、
>自己の要請に応じて、環境により有効な働きかけを行うために秩序づけていくだけなのだ。

人の認知は言語と切り離すことができないことによって、
普遍的な真理をそのまま認識することができないということなのでしょうか?
そのために人間は「普遍の法則」を認識することはできないと?

305 :考える名無しさん:03/06/18 15:36
そもそも普遍的真理なるものが存在するのか、かりに存在するとして、我々はそれを先験的にそっくりそのまま認識できるのかということ

306 :考える名無しさん:03/06/18 15:39
まず、普遍的な真理が存在するかどうかと問われれば、私は、あるだろうと答える。
それは、我々の住んでいる世界になにがしかの秩序があり、したがって予測可能性があり、かつ、その秩序は地球やその近隣の宇宙において共通性をもち、しかも安定しているという意味での「真理」である。
そしてそのような真理は、人類の誕生以前、宇宙の誕生以後極めて短時間の後から現在を経て何十億年か後に至るまで安定しているものと予想される。人類誕生以前から存在していたという意味では、普遍的な真理は意識と独立して存在する、と言ってよいだろう。

 問題はここからあと、つまり真理の認識についての捉え方である。小学校高学年から大学に入るまでの私は、「科学とは、初めから存在している普遍的真理をどうにかして見つける努力」であるとずっと思ってきた。
しかし、この考えからを押し進めると、地道な実験研究などしなくても、ある日の突然の閃きで普遍的真理に到達できることがあるかもしれないという可能性も出てくる。
 
これに対して、大学入学以降、まったく別の見方があることを知った。それは、
科学的認識は、広義の言語行動の形をとるものだ。人間は、普遍的な真理をそっくりそのまま認識するのではなくて、自己の要請に応じて、環境により有効な働きかけを行うために秩序づけていくにすぎない


307 :1:03/06/18 20:53
>306
なるほど、とりあえずそのままでは水掛け論になってしまうので、質問をしてみます。
私は、普遍の真理を認識可能だと思っていますのでね。

「科学的認識は、広義の言語行動の形をとるもの」ということですが、
それは、「人の認知も同様に広義の言語行動をとる」ということですか?

ちなみに、このスレは読みましたか?
「原則」について何か考えがありましたらお願いします。

308 :考える名無しさん:03/06/19 13:50
俺が発見した真理それは
ミクロ=物理
マクロ=量子
だった。(逆ではない)
つまり量子宇宙から物理宇宙が生み出されておりそれぞれへ向かう力の流れが存在する(5つ)
ということだ。

309 :ドクサ2:03/06/21 06:46
原則は、ラカンの象徴界に近い概念では? 主体は、象徴界の論理に沿って
自己を形成する。象徴界は人間にとって、動物の環境に当たるものだと思う。


310 :考える名無しさん:03/06/22 23:26
>>1は和田サンの好み、これは最高の褒め言葉だよ。

311 :1:03/06/24 23:19
>309
>原則は、ラカンの象徴界に近い概念では? 主体は、象徴界の論理に沿って
>自己を形成する。象徴界は人間にとって、動物の環境に当たるものだと思う。

ラカンについては多少調べた程度ですが、
これは他のことにも言えることなので言ってみると、

「原則」を分からない人が、『「原則」とはこういうものである』と聞くと、
その人の持っている何らかの概念で原則を解釈できる場合が多い
(それが原則の伝わりにくい理由の一つでもある)。

実は、「原則」が分かっている人からみれば、「原則」がそれらの概念に近いのではなく、
「原則」があるからそれらの概念が生まれたのだと見ることができる(分かる人には分かるだろう)。


「原則」というのは、
ただ何もない中で、都合のためだけに「原則」があると言っているわけではない。
やはり、この世の中にはそれなりの「流れ(何らかの傾向)」があるのである。

「原則」が分かった!という人は、
ハッキリとそれらしき軸をつかむことができた人だと思われる。

とりあえず他のジャンルに対しても言えることだが、
この世の中のものは、山のようなものに例えることができる。
そして、それぞれの山は軸(原則)を持っており、
その山の特性というのは軸(原則)が全てを生み出しているとも捉えられる(綿飴のような構図である)。

実は、個別の原則に対し、そのような軸を見出した瞬間に、
ひとまず、その原則を身につけることができたとなると言えるのだろう。

312 :1:03/06/24 23:20
初めは軸(個別の原則)など分かるわけもなく、
もやもやとした周辺の情報を獲得していくしかなく(その状態でも原則による方向決めは可能)、
大量の情報を得ていくうちに軸(個別の原則)を見出すことになる
(簡単に言えば、IQテストの法則を見出すようなイメージであり、一つや二つの情報では分からない)。
様々な理由があるのだが、原則の分からない人は途中で挫折してしまうこともあるかもしれない。

一度軸を見出してしまえば、後は綿飴が作られていくように、
得た情報全てを的確に自分の中に消化することができるようになるのである。
分かりやすく言えば、軸を獲得した後の様子とは
『地図の無かった状態から、地図を手にしたようなもの』である。
地図を手にすれば、さらに緻密な地図作りへの道(完成への道)が開けるのである。

もう一度言えば、
「何かをひらめいた瞬間」とは、「脳の回路が繋がった瞬間」でもあり、
「各種の原則を見出した瞬間」でもあり、「初級者が中級者になった瞬間」でもある。

また、「緻密な地図作りへの道」とは、「上級者への道」ということになるだろう。
(これは簡単な一つの例なので、実際には順序が変わることも、それ以外のものもあり得る)

「上級者への道を進んでいくこと」はどのようなものであるかと言えば、
数学的に言えば、どこかで収束してしまう関数をたどっていくようなものであり、
どこまでも進んでいくことが可能でもある反面、ある限界値を超えることは決してできないのである。
パレートの法則的に言えば、8割型の完成にはそう遠くないうちにたどり着けるかもしれない。

「原則を超えることはできない」とは、
そのようなイメージである(もう少し具体的なイメージもあるのだが)。

313 :1:03/06/24 23:20
>310
>>>1は和田サンの好み、これは最高の褒め言葉だよ。

ふむ、ありがたくその言葉を受け取っておきます。
2chで浸透するかもしれませんね。(w

314 :1:03/06/24 23:20
ところで、このスレもそれなりに落ち着いてきたみたいなのですが、
「原則」が分かっている方はいらっしゃるんでしょうか(いるようですが)?

ホームページを作るにも一人芝居ではつらいので、
よろしければ、「原則」が分かっている方がいればカキコでもしてもらえればと思います。
ありそうだと思っていたり、分かっていると思っていればOKです。
それと、コメントでもあればついでにお願いします。

とりあえず、私で一人目ということにしておきますが、
一人で終わらないことを願っています。(^^;

315 :1:03/06/30 00:20
ここにスレを立ててから5ヶ月弱が過ぎましたが、
今のところは順調にことが進んでいるというのが感想ですね。

とりあえずは一人芝居だろうが突っ走って行こうと思います。
ちなみにホームページを作るのは、他の人の意見などを取り入れたいという意味もあります。
あと2,3ヶ月後くらいには、それなりのものを作っていたいとは思っていますが。。

それにしても、よくここまで書くことができたと我ながら関心してしまいますね(さすが原則と)。
それというのも、ただまとめてみたいという、その意気込みだけでできたものではありません。

たかが「原則」されど「原則」ですが、
当初からこの世の中に「原則」を広めてみようという、そのつもりでやっていました。
様々な手段と道筋が考えられたのですが、今のところは計画通りというところでしょうか。

多少はこの哲学版になじんできたような気もします。

316 :1:03/06/30 00:20
詳しいことは言いませんが、実は「2ちゃん」から広めていくというのが王道であると思ったわけです。
仮にも、誰かが「2ちゃん」のすべての板に「人生最大の発見@哲学版」と称したスレを立てて
このスレを紹介したならば、2,3ヶ月もしないうちに世の中になんらかの変化が現れ始めることでしょう。
その作業には数時間とかからないでしょうが(「よろしければ、どなたかお願いします」と)。

もちろんそれだけでは、日本の中でもコアな部分にしか伝わりませんが、
世の中に伝わるための火種はすでに付いたと言っても同然でしょう。
もう一つ言えば、日本がそれなりの国としては原則にもっとも近いところにいるのかもしれません。

とりあえず今はそこまでしないまでも、
もしこのスレを読んで何かを気づいたきっかけになった人がいて、
「真実を多くの人と共有したい!」と思った方がいらっしゃれば、
適当に、他の板のスレでコピペなどで宣伝してもらえるとありがたいと思います。

多少は強引でお騒がせな気もしますが、
それ自体はあまり目立たないと思いますし、悪くはないだろうと思います。

また、いきなり全ての人に受け入れられる可能性は無いと思いますので、
できれば、「真実があるのかどうか?」を探ろうとする目的でいてくれると良いのですが、
それでも煽りたい方がいらっしゃれば、煽ってくれても構いません。
どちらにしても、本音を聞けなければ意味がないのです(とも言えなかったりもしますが)。

他に何かあれば、質問や意見でもしてもらえたらと思います。

317 :考える名無しさん:03/07/06 00:45
>「原則」を分からない人が、『「原則」とはこういうものである』と聞くと、
>その人の持っている何らかの概念で原則を解釈できる場合が多い
>(それが原則の伝わりにくい理由の一つでもある)。
>実は、「原則」が分かっている人からみれば、「原則」がそれらの概念に近いのではなく、
>「原則」があるからそれらの概念が生まれたのだと見ることができる(分かる人には分かるだろう)。

とにもかくにも、「自分の言うことは絶対に新しく正しい」と言い張るのですね…
(いや、別にそこまで言うならもう結構ですが)

318 :考える名無しさん:03/07/06 00:49
1さんはいつごろその「原則」に気づかれたんですか?
また、周りのお友達にそれを深く分かってらっしゃる方は
いったいどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
(早い話が現時点で1さん以外に分かってる人はいるのか?ということ)

319 :考える名無しさん:03/07/06 03:30
なんかね、「原則を理解した人(または理解してない人)がどのように
感じるか」を延々と語ってらっしゃるんですが、物事を説明する
方法としてそれだけでは不十分じゃないですか。

例えば、これから英語を勉強したいと思ってる人がいて、全く英語のことは
どんなものなのかさえ理解してないとします。それで英語の先生から授業を
受けるわけですが、そのときに「英語というのは世界の共通語と言われて
います」「英語ができれば簡単に世界の人とコミュニケーションできます」
とかだけずっと言われ続けて、実際の発音だとか文法だとかを全く教えて
もらえないと、理解できないだけじゃなく興味さえもわかないと思うんで
すよね。

320 :考える名無しさん:03/07/06 03:31
続き
今回の「原則」に関しては、その性質上、英語とかみたいに体系的に
説明はできないものなんでしょうが、やはり「中身自体」の説明を試みて
ほしいものです。ホームページの立ち上げも考えておられる程なのだから、
モノローグではないつもりなのでしょう?でしたら今の冷静な文章も結構
なんですが、口語体で多少文を乱してでもそれ自体のイメージを具体的に伝えてほしい
のです。

1さん自身、>>11で「主観的な判断とは区別がつく」と書かれているので、
原則に気付いていない人の感覚もよくわかるということですよね。今
こういう場で大事なのは、気付いた感覚を並べ立てるよりも、自分の中
にある気付いてない人の感覚だとかを総動員して、いかに説得力を出すか
っってことじゃないですか?

321 :考える名無しさん:03/07/06 03:33
また続き

気付いてない人に気付いてもらうことが目的ではなくて、自分の感覚を列挙
することで同類の人間を捜すことが目的であるなら、的はずれな意見ですが、
一通り読んで思ったのがやはり説得力がないということなのです。
繰り返しますが、自分が言いたいことの核心に触れないまま淡々と文章が
進んでいます。伝えにくい概念なりに熱意を持って伝えようとしてください。

僕は差し当たって何か新しいものを理解したいと思っているわけではない
のですが、好奇心からこのスレを一読してみました。そういう立場(原則を
会得したいわけではない)からすると一向にその好奇心は満たされません。

322 :考える名無しさん:03/07/06 07:17
>>319
そこはみんな分かっているわけ
俺もこのスレの上でそこを指摘するカキコをしたんだが
、「原則を理解した人(または理解してない人)がどのように
感じるか」を延々と語っているだけだった


323 :1:03/07/09 02:08
>317
>とにもかくにも、「自分の言うことは絶対に新しく正しい」と言い張るのですね…
>(いや、別にそこまで言うならもう結構ですが)

言い張るも何も、「原則」は存在しているのでどうしようもないのですよ。
「私の発言」自体に目を向けて言い張っていると言われても困ってしまうだけなのです。

私は、「原則」があるとした場合に導き出される考え方で論じているだけなのです。
「私の発言」にではなく、「原則」があるのかどうかに焦点を当ててもらいたいものです。


>318
>1さんはいつごろその「原則」に気づかれたんですか?
>また、周りのお友達にそれを深く分かってらっしゃる方は
>いったいどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
>(早い話が現時点で1さん以外に分かってる人はいるのか?ということ)

このスレにも書いてありますが、私が「原則」に気が付いたのは2,3年くらい前のことです。
私の周りには「原則」を深く分かる人などいるわけもありません。

現状では、深く認識している人などは、この地球上を探してみても、
数えることのできるくらいの人しか分かっていないのかもしれません。
私自身は探求していくことによって、深く知ることになったのです。

私は、「原則」は早いうちに世の中に知られるべきものであると思ったので、
ここにこうしてカキコしてきたのです。

ここで多くの人間に「原則」がたたかれて行けば、
意図的なものに加え、それだけ「原則」が文字になって浮き出てくるのではないかと思います。

324 :1:03/07/09 02:08
私は片手間ながら、過去の歴史やこの世の中の全てさえ探るつもりでやっていましたが、
今では、地球の誕生もつい最近起こったことのように実感できるといってもまんざら嘘ではないのです。

それにしても、ここ最近の進化は異常なまでの早さですが、
そういう意味では、ほとんどの人は歴史の深みなどあまり感じていないようにも思えます。
歴史という時間軸から見てみれば、現代人は表面の薄っぺらいところで生活しているに過ぎないのです。
それも、細かく細分化されている現代世界のほんのわずかな領域を認識しているに過ぎないのです。

多少話は変わりますが、
ある意味、アインシュタインの相対性理論や、ダーウィンの進化論や、
過去の偉大とも言われている発見のすべては、当然のごとく起こってきた結果に過ぎないわけです。
仮に彼らが発見できなかった場合にも、必ず他の誰かが発見してきたであろう出来事に過ぎないのです。
そのことは、見識のある人であれば「その通りである」と答えるでしょう、それは事実なのですから。

実は、地球上の数千年の人類の歴史から見て、
「原則」が発見されるのは、情報時代のこの時期あたりであるのは偶然のことではないのです。
おそらく私がそうしないまでも、おそらく誰かが広めようとするものだと思います。

325 :1:03/07/09 02:08
ちなみに、後に「天才」や「才能」がどういうものなのかは語りたいとも思いますが、
現代に置いては、この世の中の謎の多くがすでに解かれているのです。
ただ、それらのことを各個人が分かっていないだけなのです。

今の世の中において苦悩している人が多いのは、
「原則」を知らないからだと言っても過言ではないのです。

この世の中には、確かに永遠不変である「原則」なるものが存在し、
それは過去から現在に至るまで、永続的にその効力を発揮し続けているのです
(それも便宜的なものとも言えるのですが)。

やはり、例えばですが、
この世の中は連続的に、宇宙の誕生から縄文時代、そして現在に至るまで間違いなく繋がっているのです。
そして、世界のかしことも、自分の場所とが繋がっているのです。
また、それらは奇妙なまでに辻褄があっているのです(当たり前のことなのですが)。

そう実感できるようになれば、
世界は狭く感じ、この世の中の歴史も自分の人生のことのように感じてくるものであると思います。

私自身も、つい最近までそれを知らなかった訳ですし、
どこを探し回っても、「原則」自体を論じている人間は見つからないのです。
それとですが、「原則」の概念自体を持ち得ていない人もいるようですね。

326 :1:03/07/09 02:08
>319
>なんかね、「原則を理解した人(または理解してない人)がどのように
>感じるか」を延々と語ってらっしゃるんですが、物事を説明する
>方法としてそれだけでは不十分じゃないですか。
>
>今回の「原則」に関しては、その性質上、英語とかみたいに体系的に
>説明はできないものなんでしょうが、やはり「中身自体」の説明を試みて
>ほしいものです。ホームページの立ち上げも考えておられる程なのだから、
>モノローグではないつもりなのでしょう?でしたら今の冷静な文章も結構
>なんですが、口語体で多少文を乱してでもそれ自体のイメージを具体的に伝えてほしいのです。

なるほど、おっしゃっていることは分かりました。
まず言えることは、その要望に応えられる性質を「原則」は持っていないのではないかと思います。

「原則」に関して言えば、それ自体に中身があるわけではないのです。
「原則」が物事の摂理をつかさどっているだけであって、それ自体には何もないのです。

私自身、「原則」だけを取り上げられて、どういうイメージを持っているか?と言われたら、
単なる「玉っころ」のようなものだと答えるしかないと思います。
しかし、その「玉っころ」が、様々な性質を世の中の出来事に与えているのです。

もう一つ言えば、
それ自体の性質というのは、人間の頭の中で捉えられているとも言えるのではないかと思います。
つまり、「原則」が分かっている人も、分かっていない人も、
全く同じものを見ているにも関わらず、「原則(本質)」を見抜ける人と見抜けない人とに分かれるのです。

ひとまず私の意見としましては、「原則」を分かっている人が感じている感覚を知ることによって、
「原則」の持つ性質を知るヒントになるのではないかと思います。
また、そのような性質を少しずつ知っていくことによって、
「原則」の性質の全体像が分かってくるのではないかと思います。

327 :1:03/07/09 02:09
>320
>1さん自身、>>11で「主観的な判断とは区別がつく」と書かれているので、
>原則に気付いていない人の感覚もよくわかるということですよね。今
>こういう場で大事なのは、気付いた感覚を並べ立てるよりも、自分の中
>にある気付いてない人の感覚だとかを総動員して、いかに説得力を出すか
>っってことじゃないですか?

う〜ん、どうなんでしょうか。
今のところはなんとも言えませんが。。

ちなみに原則的に言えば、
本来相手を説得させるようなことというのは、意味が無いことなんですよね。
それ自体(真実)が伝わらなければ、あたかもあるように見せかけることができても無意味なのです。
他人を踊らせることができても、本質が伝わらなければ意味がないのです。

そういうわけで、私は誰に対してもそうですが、説得したいとはこれっぽっちも思っていないわけです。
信じてもらえなくても一向に構わないのですよ。
そういう態度が強情で気にくわないと思うのでしたら、放っておいてくださいと
(これは原則的な態度なのであって、普段そういう態度であるという訳ではありません)。

少なくとも「原則」に限って言えば、
「原則」を受け入れようという態度でなければ、それを知ることは決してできないものだと思います。

そもそも「原則」が分かるかどうかというのは、ものの見方にも関係しているので、
原則的に言う「謙虚」というものが分からなければ、「原則」を分かることはないのです。

他に何かあれば、また質問してください。

328 :寺嶋眞一:03/07/09 05:20
原則を考えることは、大切なことである。
だが、日本人にはこれを考えることが難しい。
日本人が原則を考えようとすると、裏と表の「表」になりやすい。
日本人の考える裏と表は、どちらも現世のことである。
英語の 'You shall not kill.' は、未来形で現世に関する陳述ではない。
つまり、原則であり「あるべき姿」である。
日本語には未来形が無いので、日本人には原則を保持することが難しい。
つまり、神も仏も無かりけりである。
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/



329 :319:03/07/10 06:26
>1さん
「原則」を理解したい人と、そうでない、ただの好奇心で
質問をしてる人、両方に向けるようなレスはしないでください。

一応自分の書いたことへのレスだと思って読んでますので、このような

>少なくとも「原則」に限って言えば、

>「原則」を受け入れようという態度でなければ、それを知ることは決してできないものだと思います。
>そもそも「原則」が分かるかどうかというのは、ものの見方にも関係しているので、
>原則的に言う「謙虚」というものが分からなければ、「原則」を分かることはないのです。

くだりは、ただ不快なだけです(僕が原則自体に興味がないことは書いてます)。
ていうか再三同じようなことおっしゃってますし。

で、思ったんですが、原則なんていう一般名詞を使うのやめませんか。
今までずーっとあなたが書いてきた「原則」の部分を、例えば
そっくり「セックス」とかに(おっと失礼)置換しても普通に読めちゃいますよ。
外野としては。
わかりますか、このばかばかしさが(原則自体に対して言ってるんではなくて
論理展開の仕方に対して言ってます)。

せっかくなら、「オリジナル玉っころ発想法」とか名付けて進めてくれた方が
理解したくなったりします。で、早くここを引き上げてサイト立ち上げた方が
良さそうですね、原則の性質上。

やっぱあんまり面白くないので離脱します。すんません、言い逃げで。


330 :1:03/07/14 00:02
これまで、「原則」の観点から「原則」に焦点を当てた話し方をしていたことが多かったと思います。
なるべくそう一貫させることで、「原則」を知る上では都合が良いと思ったからです。

しかしながら、日常ではそういう話し方をすることは稀であると思います。
事実というのは重いこともあるのです。
本来「原則」が分かっている人ほど寡黙でなければならないのかもしれません。

相手の度量を超えることは口にするべきことではなく、
それとなく伝えようとするか、暖かく見守ってあげるべきなのです。
それを破ってしまうことは、心が痛いことでもあるのです。
(あえて匿名掲示板のここで原則を論じているのは、他では原則を語れないからでもあるのです。
しかし、ここではそれを提唱しているわけなので、多少は強引に出ていかなければならないのです。)

331 :山崎 渉:03/07/15 12:29

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

332 :考える名無しさん:03/07/15 17:32
age

333 :素朴に…:03/07/19 00:32
>316とか

なんで
そんなに
原則は
宗教くさいんでしょうか?

334 :F:03/07/19 00:55
宗教は哲学やからやないでしょか・・・

335 :考える名無しさん:03/07/19 00:57
名前欄にfusianasanていれてごらん
&とgとtをつなげてごらん



336 :F:03/07/19 00:57
で・・・原則って何か?シンプルに説明出来ないのやろか・・・

337 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :03/07/19 00:58
>>333-334
基本的にsage進行で。

338 :考える名無しさん:03/07/19 00:58
論理とは、モデルである。モデルとは仮説である。
論理は抽象と捨象によって、組み立てられる。

「捨象」に、注目しなくてはいけない。

339 :F:03/07/19 00:59
・・・

340 :F:03/07/19 01:00
犬でもわかるように簡単には言えないのやろか・・・

341 :F:03/07/19 01:01
根源はなんやろか?

342 :F:03/07/19 01:03
原則を見つけても、それを役立てられなくても見つけた事に意味はあるんやろか・・・

343 :F:03/07/19 01:04
自分一人がわかってれば良いことなのやろか・・・

344 :F:03/07/19 01:06
結局意味わからん・・・

345 :F:03/07/19 01:08
・・・

346 :サトラレ:03/07/19 03:54
このスレ、 1 からず〜っと読んでると、頭が痛くなってきます。
>>1 の大風呂敷、すごいです。

>>1 はきっと、五島勉やコンノケンイチみたい人物なんですね。

347 :考える名無しさん:03/07/20 13:04
そういえば、ホームページはどうなりました?

348 :1:03/07/22 02:05
なにやらいろいろと言われているみたいですね。

原則は宗教くさいですか。
確かに「原則」を認知させよう(広めよう)としている点や、
ある意味「原則」は思想にも繋がってくる点などからそう思われるかもしれないですね。

仮にも、今はそれを「原則」と呼んでいるだけであって、
特にそう呼ぶ必要はないですし、名付ける必要もあるわけではありません。
(ここでは、何か良い名がない限りは「原則」と呼ぶことにします。)

ちなみに私自身は表に出るつもりはありませんし、なにやら団体など作るつもりもありません。
(勝手な考えですが、世の中が一つの思想を共有するようになるのは興味深いとは思いますが。
 ついでに、宗教は原則に反しない限りは、原則と同時に成り立てるものだと思われます。)

そういうものがあれば、私に関係なく自ずと世の中は自然な動きになって行くはずですし、
そういうものがなければ、特に何も無いまま、今まで通りに時は流れていくはずです。
時間が経てば、自ずとどちらであるかはハッキリすることだと思われます。
(まあ、今のところ私は「ある」とほぼ確信しているわけですが。)

ちなみに原則的に動き出すとすれば、
「人生を楽しく過ごすこと(満足させる)」を多くの人がスローガンとするのではないでしょうか。
どう追求するのかは、それぞれの人で違うところですが。

349 :1:03/07/22 02:05
う〜む、「原則があった。だからどうしたの?」ということですか。

浅く言うこともできるし、深く言うこともできる。
人によっても説明するべきものは違ってくると思いますが、
試しに、犬にも分かるように説明したいと思います。。

まず、個人の立場にとっての「原則」とはどういうものかを考えてみます。

通常の場合、
『自分はこの世の中の仕組みを完全に解明できている。
 人生において、過去にも未来にも悩みは全くない』と、
考えている人はあまりいないと思われます。
どこかしら不安感を持っているのではないのだろうか。
それというのは、この世の中の仕組みがよく分かっていないので、
将来安泰なのかどうかさえ分かっていないということに原因があるのではないかと思います。

話は多少それますが、「原則が分かった!」ということと、
「悟った!」ということは違うことだと思われます。
悟ったという人は、「原則」が分からないまでも、
「原則」から生じた流れに乗っかることができた人ということになるのではないかと思います
(世の中には、無意識に原則的な行動をしている人もいれば、原則に反している人もいるのです)。

350 :1:03/07/22 02:05
つまり、個人が(その個人の理解を超えた根深い)何かしらの不安感を持っているのは、
その個人が世の中の仕組みを完全に分かっていないことによるのです
(しかも当の本人でさえ、この事実に気が付いていない場合がほとんどだと思われます)。

また、『この世の中というのは訳が分からないもの』というのが、
今のところの常識であると思います(「世の中はこうだ!」といった共通認識がない)。
なので、宗教などに心のよりどころを求める人も多いのではないかと思われます。

しかしながら、実は『世の中はある単純な根元を持っていたのだ!』という、
その根元こそが「原則」そのものなのです。

もっとも、今はそれが証明されてあるわけではないので、
あくまで仮定ということにしてあります。
しかし、そう見なせるものではないかと思われるのです。

351 :1:03/07/22 02:05
また話はそれますが、
何故に勇敢な人は勇敢でいられるのかをご存知でしょうか?

未知なことや、危険なことは誰もが怖いものです。
しかし、勇敢な人というのは、何故それが危険なのかを知っているが故に、勇敢でいられるのです。
勇敢な人は、その恐怖の対象の性質を良く分かっているが為に、勇敢でいられるのです。

そのものの性質を完全に理解していれば、逆に有効利用さえできてしまうものなのです。
火 や 電気 や 猛獣、またはその他の様々なことや、世の中にさえ対しても全く同じことが言えます。
(このことも原則の一つと言えますが、今は納得できない人もいるかもしれません。)

352 :1:03/07/22 02:06
その上さらに原則が分かっている人は、未知なものに対しても勇敢でいられるのです。
なぜなら、今は自分が分かっていないだけであって、
全てのものも裏が分かれば、ある理屈によって成り立っていることを知っているからです。
それも、たいてい同じような仕組み(原則)によって成り立っているだけなのです。

(仮にも宇宙や地球というそれ以上のレベルで新たな発見が無い限りは、
人類にとってのパラダイムが変わるような革命は、もうこの世の中には起こらないとも言えるのです。
まあ、見方によっては全てが新しいとも言えるのですが、根本原理は変わらないのです。)

それを承知の上で、安全を確保しながら恐怖の対象である未知の性質を少しずつ探っていけば、
必ずコントロールすることができるようになることさえ分かっているのです
(何故分かっているのかと言えば、それが原則的な性質だからです)。
反例が無い限りは、そうと決まっているのです。

つまりは、ある対象を分かったつもりでいると、逆に痛い目に遭うのです。
(ある意味人間が保守的であるとも言えるのは、 歴史的に行動的な人種は
未知のものにも無謀にチャレンジし、生き残れなかったからなのかもしれません。)


すなわち(ここのところはそれぞれの人に分かってもらいたいところなのですが)、
この世の中というのは、不安を抱えながら過ごす必要は全くない!ということになるのです。

何故そうなるのかといえば、おおざっぱに言えば、
自分が世の中の仕組みを全く分かっていなくても、
世の中全体がその仕組みで動いてさえいれば、自分自身とは関係なく、
自ずと世の中全体が安泰な領域に変わってくるからです。

353 :1:03/07/22 02:06
結局、「原則」がもたらす人類への最大の価値というのは安心感とも言えるのかもしれません。
最善を尽くした上での失敗であれば、あきらめもつくというものです(原則的であれば)。

また、人によって受け入れ方は異なるかもしれませんが、
世の中が原則的に動いていれば、知らずのうちにその利益を享受することができるのです。
語り尽くせないほどの例があるかもしれません。

つまり、ある人にとって「原則」の意味がないように思われたとしても、
知らずのうちに価値が高められているのかもしれないということも考えられるわけです。

そして、「原則」が分かっている人が「原則」を分かることによる最大の利益とは、
これ以上ない満足感なのではないかと思われます。
その満足の種類も多義に渡るものと思われます。

いくらお金があっても、幸福になれない人もいるのです。
その原因は全て原則が関与しているとも言えるかもしれません。

354 :1:03/07/22 02:06
また、「原則」があったとして、それが見つけられたとしても、
この世の中の人間の誰一人として「原則」を気にしないで過ごすのであれば、
「原則」を見つけたことの意味は全くないことになると思われます。

人間にとって「原則」が見つかったことによる意義というのは、
それによって、人間の考えや行動が変わることにあるのです。

ある意味、「原則」自身は冷酷なものです。
行いが良くなかったとしても警告してくれるものではなく、
ただただ、その行動が起こったことによる結果を返してくるだけなのです。
その代わり、「原則」が分かった上で、どういう行動を取るのかは自由なのです。

また、その人が変わらないでいた場合でも、
周りが変わればその影響を受けるものと思われます。

ちなみにですが、「原則」が全く必要のない人もいるはずです。
しかし客観的に見てみれば、その人は原則的な流れに沿っていることが分かるものです。

355 :1:03/07/22 02:06
>346
まあ、確かに主観的に見ると頭が痛くなって来るかもしれませんね。
前半については重要な要素がてんこ盛りで感心できそうな感じでもありましたが。

ちなみに全ては、原則がある場合に考えられる図の説明です。
大風呂敷と思われるのであれば、それだけ常識とはかけ離れた効力を示すものであるということです。

これまでの発見でもそうですが、
偉大な発見というのは、その時点において、それが分かる人はごく少数しかいないものです。
それどころか、たいていは大きな批判を受けたりもするのです。
しかし時が経てば、いつの間にかに自然と受け入れられているものなのです。
パラダイムが変わらなければ受け入れられないのです。
それは地動説も然り、進化論も然り、相対論も然りです。

また逆に、それだけのインパクトが無ければ偉大な発見とは言えないものだと思います。

もう少し言えば、分かる人から広まっていくのです。
多くの人が「ある」と言えば、さらに多くの人が「ある」と思うようになるものだと思います。
それでも頑固な人もいると思いますが、
世代交代していくうちに、だいたいのところには広まって行くものなのです。
もっともそれが「偽」であれば、その限りではありませんが。


>347
ホームページについては、もうしばらく後に作りたいと思います。
多少は手間のかかる作業なので。。


何か要望があればとも思いますが。

356 :考える名無しさん:03/07/22 06:07
(´-‘).。oO(世の中にはいろんなこと考えてる人がいるんだなぁ・・)

なんかすげぇ(・∀・)ワクワクしてきたw

ホムペ期待してまつ(・∀・)ノ



357 :考える名無しさん:03/07/23 08:26
1さんの、今の悩みはなんですか?
それともそんなものはありませんか?

358 :考える名無しさん:03/07/23 09:00
全部読んでないから同じ質問出てたら悪いんだけどさ、
1のいうことは予定調和とか因果律とはどう違うの?

359 :考える名無しさん:03/07/23 09:12
[東大]に怒られるよ!


360 :考える名無しさん:03/07/23 09:24
俺も、頭打って入院したとき(本当)ベットの中で
思った事 全部口にだして ニヤニヤしながら
勝ち誇った顔してた らしいよ。大丈夫?

361 :考える名無しさん:03/07/23 09:46
1と似たようなこと言ってたサイトがあったよ。
まあ、もう閉鎖しちまったんだがな。

閉鎖文、書き込んでやろうか?
名前とか伏せるけど。

362 :考える名無しさん:03/07/23 09:53
>>361
書き込め

363 :考える名無しさん:03/07/23 10:08
>>362
判った。

これ、とある小説サイトなんだがな。
めずらしく無断転載を許してるサイトだったよ。
ちょっと長いから、幾つかに割るから。

364 :考える名無しさん:03/07/23 10:10
おーいみんな、もう此処に来たらいかんぞー。
先生、君たちが来るから削除できないじゃないか。
リンクから来る人はともかく、ブックマークで来られると罪悪感がするだろー。
先生な、この鯖でやっていくのは、もう疲れたんだ。
なんで?って言われてもなぁ。
んじゃまあ、下記の文を見てくれー。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――
□XXXの批評
このXXX、全く意味がありません。延々とレビューも書く必要は無いだろう。
人間同士の殺し合いに、「生きる意味」とか「殺す意義」とか「感動」とか、何も無い。
普段テレビゲームで行っている人殺しを単に実写にしただけの話です。
このXXXを見てから暴力的描写で性的興奮を覚えた輩もいるだろう。
数年前のあの事件の犯人のような子供が増えそうで恐ろしい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


365 :考える名無しさん:03/07/23 10:11
はい。先生に注目しろー。
な、判ったろみんな。
こういう莫迦が世界にはゴマンといるんだ。
先生は違うが、世には「反面教師」ってのがいる。
「教えられたもの」が、自分の中で「間違っている」と確信するんだ。
しかしな、世には二人の勘違い者がいる。
一人は「判らない阿呆」で、もう一人が「上記の批評を書いたような莫迦」だ。
先生はもう小説を書かないし、書いても理解されないだろうから、今此処で教えてやる。
人間の進む道には、四本の「区切り」がある。それは「断ち切れない線」だ。

一本目は、「進歩する線」。
二本目は、「否定する線」。
三本目は、「覚醒する線」。
四本目は、「超越する線」。


そうだなー、図解すると、


 何も判らない阿呆
1―――――――
 知った気になる莫迦
2―――――――
 理解できた盲目
3―――――――
 物事を知る電波野郎
4―――――――
 神様

366 :考える名無しさん:03/07/23 10:11
ということだ。
さらに、もう少し判りやすく言うとだなー。


例:同人絵描き

 ヘタクソで似てない絵(ダメ絵)
1―――――――
 上手でよく似てる絵(それなりに売れる)
2―――――――
 独自の絵柄を混ぜ、自分を表現できる絵(ダメ絵)
3―――――――
 他人の心を掴める絵(よく売れる)
4―――――――
 神


例2:数学の問題

 何も書けない(0点)
1―――――――
 間違った答えを書く(部分点)
2―――――――
 間違ってると判ってるので何も書かない(0点)
3―――――――
 とりあえず完全点
4―――――――
 先生も驚きな解答

367 :考える名無しさん:03/07/23 10:12
これでよく判っただろー。
ちなみに先生はなー今、世界の三本目と四本目の間にいるぞー。

だけどなーみんな、先生のマネはしちゃいかんぞー。
途中で線越えに失敗したら、「プラスチック」になっちまうぞー。
「遊びを忘れた玩具」はな、ただのゴミだ。
物事の価値を求めるなよ。
社会の人間を視ようとするなよ。
「犬ってアタマ良い」とか言うのは勝手だが、あんまり他を見下すなよ。
いつか、先生みたく何かを悟った時、全てが信じられなくなるからなー。
先生はなぁ、価値を求めてこれからも悟り続けにゃいかん。
他人が自分を踏み台にして良い思いしても、それを喜べる人間にならないといけないんだ。
彼女が幸せになれるなら、笑って別れてあげれる心を持たないといけない。
「壊れたプラスチック」は土に還らないといけないが、先生は違う道を探してる。
これは断ち切るモノではなく、超えるモノなんだ。
自分の中に其れがあるならば、超えてみせる。
それが――ということだからな。


それじゃ先生の話しは、これで完全終了だ。
先生は次の学校に行くから、これでさよならだ。グッバイъ( ゚ー^)

368 :考える名無しさん:03/07/23 10:13
これで全部な。

1の言う原則は、こういうことと一緒か?
なんならメールアドレス知ってるからここに呼んでやろうか?

369 :考える名無しさん:03/07/23 11:26
呼んでくれ。

オレも3と4の間だな。
昔から分析好きな生意気なガキだった。
意味とか考えると生きにくいわ。

370 :考える名無しさん:03/07/23 14:39
その閉鎖文ってやつ、凄く詰め込んでるな。
それ書いた人が一つ一つ説明し始めたら長いだろうなあ。
「先生はなぁ、価値を求めてこれからも悟り続けにゃいかん。」ていう部分は
>>369の「意味とか考えると生きにくい」ってことなんだろうな。
それで「遊びを忘れた玩具」か。的を射てるよ。

小説かいてるなら、是非読みたいね。

371 :368:03/07/23 21:23
とりあえずメールしといた。

ネットやってるかどうか判らないけどな

372 :1:03/07/24 01:39
>356
ども!期待して頂けると嬉しいです。
(期待を裏切ることにならなければいいのですが(^^; )



一応ですね、何もないままホームページを立ち上げるのもお粗末なので、
多少は形にしておきたいと思い、もう少し時間がかかりそうだというところです。

やはり、当初からの計画である世の中に広めようとするには、
ホームページがあるに越したことはないと思います。

意図的なものに加えて、あと1,2年あたりで国内に広まると良いのではと考えています。
理想としましては、「原則」を確立させつつ、同程度に広まっていくと良いと思います。
実際のところはどうなるか分かりませんが。

もう一つの選択肢として、
このまま「原則」を2ちゃんにまき散らして私は消えるというのも一興でしたが、
やはり前者の方が良いだろうと言うことです。

373 :1:03/07/24 01:40
ちなみに1,2年という時間がかかるのは(予測ですが)、
私自身の問題ではなく、この世の中の問題なのです(私は世の中の速度に合わせたいと思っています)。
今のこの世の中の状態が、原則に近い環境であれば早く広まるものですし、
原則から遠い環境であれば、それ相当の時間がかかるというものです。
仮にも世の中のメディアが本気を出せば、一週間のうちに全世界に広めることも可能だと思います。

何故に時間をかけてゆっくりなのかというのは、信用的な問題もあるのです。
つまりは、私一人が叫んでいてもなかなか信用されるのは難しいのです。
世の中というのを総括して考えるというのは、そういうことなのです。
また、そうでなければこの世の中を原則的に動き出させる計画も、夢のまた夢ということです。

もしも私と同意見を持つ人がいれば、それだけで広まるスピードは早くなると思われます。
「原則」もサクサクっと確立させることができるでしょう。

また、微力だとしても広めるために力を貸してくれる人が多く現れてくれれば、
それだけ広まるのも早くなるものと思われます。

つまり(くどいようですが)、
様々なものを同時に揃えながら進まなければならないということです。
私一人の力では到底不可能であるということです。

原則を深く分かっている人がいないと思われる状態では、
それほど多くの人の目にさらすわけにはいかないのです
(原則を深く分かる人が集まって話している風景があれば信用度も高まるのです)。

かといって、少しずつでも多くの人の目にさらしていかなければ、
深く原則を分かる人も見つからないのです。
つまりは、徐々に同時にと、進めていくしかないということです。

そういうわけで、私自身はのんびりと、急ぐことなくやっていこうと考えています。
これまた大げさな話だったかもしれませんけれども。

374 :1:03/07/24 01:40
>357
>1さんの、今の悩みはなんですか?
>それともそんなものはありませんか?

悩みですか。
実は、原則的にみると「悩み」という概念はないのです。

確かに「望むもの」は限りなくあるかもしれませんし、
「抱えている問題」というのも多いかもしれませんし、
「どうすることもできない事実」もあるかもしれません。

しかし、「望むもの」や「抱えている問題」というのは、
如何なる問題に対しても、それを解決する方向に向けて行動することができるということです。

多少話は飛躍しますが、俗な言い方をすれば、
「目的達成のために使う資源」と「それによる目的達成度」とを秤にかけて、
もっとも価値が最大になると思われる行動をして行くのです。

「望むもの」を手に入れる為の代償がそれ以上に大きいのであれば、
それは手に入れるべきものではないものとなるのです。

結局、全ての問題はそれ相当のことをすれば解決できる問題であるので、
後はトレードオフの関係にあるということです。
(「トレードオフ」という概念は結構使えるので知っていても良いと思います。
 基本的な考えですが、AとBとを両立させたい場合に、Aを重視するとBが欠落し、
 Bを重視するとAが欠落するという関係にあるものです。
 通常は、AとBとの均衡点を求めるのがベストな選択になることが多いのです。)

「どうすることもできない事実」は受け入れるしかありませんが、
意外と違うところに目を向けていれば、あまり気にならないことも多いものです。

基本的にはそういうことになると思います。

375 :1:03/07/24 01:40
>358
>全部読んでないから同じ質問出てたら悪いんだけどさ、
>1のいうことは予定調和とか因果律とはどう違うの?

とりあえず、それらとは次元が違うので比べられないと答えておきます。
「原則」というのは全てのものの根元なのです。

「予定調和」や「因果律」というのは、「原則」の一部とも言えるかもしれません。



>368
>これで全部な。
>
>1の言う原則は、こういうことと一緒か?

なるほど、どうもありがとうございます。
とりあえず、原則を会得するまでの道のりは、その線越えに相当するものとも言えると思います。
その話でいくと、私は4の線を超えているということになると思います。
そしてそのカギは「原則」が握っているということです。

ちなみに、原則が分かっている人が他のジャンルの道を進むときは、
「知った気になる莫迦」にはならずにすむものだと思われます。

376 :_:03/07/24 01:41
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

377 :371でメールされた人:03/07/24 02:50
とりあえず来た。
色々と言いたいこともあるが、それは省略しておこう。
しかしなんだ、1さんはカナリ冗長だな。
もっと簡潔に出来ないのか?退屈したよ。

でまぁ、書いてる事はだいたい判った。
それだけは言っとくな。

378 :371でメールされた人:03/07/24 03:16
>ちなみに、原則が分かっている人が他のジャンルの道を進むときは、
>「知った気になる莫迦」にはならずにすむものだと思われます。

それは当たってる。
でも、だ。
如何に天才であろうと、経験で成せるレベルに初めから達するなど有り得ないのだよ。
たとえば君、こんなスレを立ててるよね。阿呆が成せる業だよ。
これはスタート地点という意味だ。しかし君は、これを悟りの理由にできる。
同人絵描きの例でいうなら、似せようとして失敗した絵を、
「自分を表現した」と言い換えれるってことだ。
数学の問題で言うなら、何も判らないから書かなかったのを、
「ある程度は解けたけど最後までは無理と判ったから何も書かなかった」と言い換えれる。
即ち、莫迦を飛び越せるってわけだ。
それは何故か。単に、洗脳を免れたからだよ。
某映画でいうなら、マトリックスの外にいるってわけだ。

原則を知るってのは、そういうことなんだろ?
阿呆だった故に莫迦では成せない成功を収めることもあるだろう。
なんなら君、そのネタで何か物語でも作ってみてはどうかな。
人生最大の発見なら、それこそ人生を賭けるべきだよ。

379 :考えるサル:03/07/24 11:24
「1さん」と「371でメールされた人さん」との対話編がみたい。
「原則」というものが、さっぱりわからなくなった私には、
それが「原則」を理解する一手段になりそうな気がする。
ぜひよろしく。

380 :考える名無しさん:03/07/24 13:03
原則に従いたい!!

381 :考える名無しさん:03/07/24 15:31
原則を広める原則をとっとと見つけろやw

382 :1:03/07/25 01:24
>378
>即ち、莫迦を飛び越せるってわけだ。
>それは何故か。単に、洗脳を免れたからだよ。
>某映画でいうなら、マトリックスの外にいるってわけだ。
>
>原則を知るってのは、そういうことなんだろ?

そうです!
原則を知る者とそうでない者とを比べて表現するとそうなると思います。

ところで、371でメールされた人さんは、すでに「原則」には特に興味はないのでしょうか?
また、人生的に追求しているものはあるのですか?

質問には特に答えなくても良いですが、
とりあえず私はそれらが分からないことを前提に話をして行きます。

>377
>しかしなんだ、1さんはカナリ冗長だな。
>もっと簡潔に出来ないのか?退屈したよ。

何を求めているのかは分かりませんが、
「原則」自体は、それを解説すれば分かるようなものではなく、
ものの見方に関係しているものであるので、
特にそれ自体を説明できるようなものではないと思います(詳しくは>384 から)。

仮にも「原則」自体の説明は、>14 までの説明で全てとも言えるのではないかと思います。

ちなみに冗長なのは、多くの人にとって分かりやすい説明にするためと言っておきます。
それと、ここに書いてあるのは、後でまとめるための前段階のつもりです。

383 :1:03/07/25 01:24
>378
>たとえば君、こんなスレを立ててるよね。阿呆が成せる業だよ。
>これはスタート地点という意味だ。しかし君は、これを悟りの理由にできる。
>同人絵描きの例でいうなら、似せようとして失敗した絵を、
>「自分を表現した」と言い換えれるってことだ。
>数学の問題で言うなら、何も判らないから書かなかったのを、
>「ある程度は解けたけど最後までは無理と判ったから何も書かなかった」と言い換えれる。

なるほどありがたい。
つまり、「原則」がそれほどまとまっていないうちにこのスレを立てたということが、
まだスタート地点にたったばかりであると言うのですね。

もし「原則」が完全に分かっているとすれば、
このようなスレを立てる前に、「原則」の内容が分かるような文章を作っていれば良かったのだ!
という助言ということで良いのでしょうか?
(確認したあとで私の意見を言いたいのですが)

384 :1:03/07/25 01:25
もう一度、「原則」が分かるとはどういうことかを書いてみることにします。

「原則」自体は、やはり玉っころのようなものだと考えられる。
それは様々なものに「原則」的な性質を与えるものである。

そして、原則を伝える(原則を学ぶ)のは、数学を伝える(数学を学ぶ)のと同じようなものだと考えられる。

数学ができるというのは、
数学という学問を、体系的にその人が身につけていることによってなせる業であると思われる。
つまり、様々な数学的ツールを身につけていることによって成り立つのである。
その業を伝えようとしても、口頭などによってすぐに伝えることができないのは自明とも言える。

おそらく「原則」というものもこれと同じようなことが言えると思われる。
これまでこのスレに書き込んできたものは、
なるべく様々なものが含まれるよう意図して書き込んできたものである。

言い方は変かもしれないが、
「原則」があった!とは、そういう体系的な真理があった!
とも言えるのではないかと思います。
それらを体系的に身につけることによって、
ハッキリと「原則(なにやら核になる代物)」を認識できるようになるのではないかということです。

つまり、部分的に「原則」が分かるというのは、
数学的に例えれば、「俺は行列計算ができるんだぜ!」というようなことになるのではないかと思います。

385 :1:03/07/25 01:25
そして、次に述べることが最大のカギになるような気がします。

原則が分かっていない人も、それなりの情報量を脳にもっていることも多いはずであるのだが、
それが脳の中において、一貫して情報が整理されていないことに
「原則」を分からない原因があるのだと思われます。
もちろん情報が足りないことによるものもあるかもしれないのだが。

実は原則が分かる人というのは、
隔たりのない十分な量の情報を脳に持ち、
それらがきれいに原則によって一貫された構造を持つ回路が脳に作られた状態なのだろうと思われる。
おそらくこの表現を聞いて「原則」が分かる人なら納得できるものだと思われる。

仮にも図書館にある本がランダムに並んでいたとすれば、
目的の本にたどり着くのは至難の業になると思われます。
しかしながら、階層構造を持つことによって、
どんなに大量の数の本を所有する図書館でさえ、
比較的あっさりと目的の本にたどり着くことができるものと思います。

繰り返し言えば、原則が分かっている人とは、それなりの本(情報量)を脳に所有し、
それらが順序正しく脳の中で整理させた脳内回路を保有している人ということになるのです。

つまり、原則的に原則の説明をしていくと、原則の分からない人がそれを聞いて、
「当たり前である」とか、「それは分かっている」などと思うことがあるのは、
何もそれらが特に真新しいことだからではないのです(真新しい場合もある)。

386 :1:03/07/25 01:25
結局のところ、ある一貫したものの見方ができているかどうかが
「原則」そのものを知るということに関係しているのです。

脳の回路が変化すると、考え方(感じ方)も変化するのです(当たり前と思われるかもしれませんが)。
このことを実感して分かれば、この世の不思議の一つとも思えるでしょう。
よく「今日の自分と明日の自分は違う」などとも言いますが、そういう理由なのです。

実を言えば、この自然界というのはとても綺麗に物事を整理して考えることが可能なのです。
奇妙なまでにシンプルにできているのです。
様々なものを見たり聞いたり体験してきて、さらにそれらを深くまで味わってきた人であるなら、
そのことを痛いほど良く分かっているのではないかと思います。

物事には(原則的な性質を持つ)順序や仕組みというものがあるのです。
原則が身に付いていると、未知な物に対しても、自然とそれが分かってしまうのです。

そのことが分かると、自然と普段の認知の仕方もそれに合わせた仕方になるのです。
となると、自ずと脳の回路もそのように整頓されてくるのです。

つまり「原則」を知るということは、何かそのようなものを新しく知るということなのではなく、
それなりの情報量を獲得し、原則によって一貫された構造で脳内に所有しなおす作業であるのです。
脳の回路が変化すると、認知の仕方(感じ方)も変化します。
その作業が完了すると、はっきりと物の見方が変わったことを実感することができ、
常に一貫して、正しく的確な場所に情報を出し入れできるようになることが分かったときが、
原則というものが分かることの一つのきっかけなのかもしれません。

387 :1:03/07/25 01:26
また、似たようなことはすでに述べましたが、
「原則」というのは根元をつかめた感触があるのです。
確かに「原則」によって生じた流れによって一貫させると、何かを悟ったような気にもなると思いますが、
その状態では、「原則」はまだ分かっていないのかもしれません。

結局のところ、分かったと感じられれば分かったことになり、
そう感じなければ分かっていないということになるのではないかと思います。

そして、新たに自分にとって未知な物を探っていったときに、
それらまでも全てが「原則」的な仕組みで物事が成り立っているのだと確信できたときが、
それなりの到達点になるのではないかと思います。

ちなみに私の場合は、
未だかつて理解不能な現象を見聞きしたことがないのです。
ある概念を説明されればたいてい理解することができます。
もちろん知らないことは無数にありますが、
それらは積み重ねが無いことによって分からないものだと思われることにすぎないのです。
最近では、新たに共通して使えそうな概念でさえ無くなってきたようにも思います。

ちなみに、脳の回路は意志によって自由に操作することができるのです。
当たり前に思われているかもしれませんが、実は結構重要なことです。
そして、その意志操作が様々な役割を担います。

もう一つ思ったことは、
「原則」は自分の外にだけ求めるのではなく、内にも求めなければ手に入れることはできないものである。
「原則」は分からないがそれなりの理解力のある人にとっては、
その内側に「原則」を見出そうとするのが早いのではないのだろうか。
形が変形しているジャングルジム(脳の回路)を、元の正しい形に直す必要があるのである。

388 :1:03/07/25 01:26
ところで、よく何かで失敗や挫折する人を見かける。
実は、どんなに身勝手な考えを持っている人の考えでさえ、
必ずそれなりに筋が通っているものである(曖昧ではあるが、ベクトル(哲学・回路)を持っている)。

物事をどれだけ達成できるかの指標になる考え方(イメージ)は、
その物事のベクトル(原則)を、各個人のベクトル(哲学)に射影することのできた量なのである。
つまり、原則に近ければ近い考え方ほど、正確に物事を捉えることができる。

もしも、原則以外である独自の考え方を貫いている人がいたとすれば、
その人は、世界をその独自の哲学によって眺めていることになる。

物事(原則)に対して独自の哲学で突き進んでいけば、必ず原則とはかみ合わない箇所が出てくる。
それが失敗や挫折、個人的な限界に繋がってくるのである。

もっとも原則的な限界というのもあるわけで、
おそらく人間が100mを7秒で走ることは不可能に近いのではなかろうか。
まあ、さらに遺伝子のレベルで変化していけば可能かもしれないが、
どちらにしても100mを1秒で走ることはほとんど不可能とも言えるだろう。

389 :1:03/07/25 01:26
>379
一つ伺いたいのですがいいでしょうか。
このスレを読んで何か考えや感じ方が変わったことはありましたか?
それとも、全く何もありませんでしたか?

ちなみにマトリックスは見させてもらいましたが、
>133 での質問ですが、そういうような感じでもあるかもしれませんが、
原則的に見ればどうでもいいようなことでもありそうなという、感じです。



>381
>原則を広める原則をとっとと見つけろやw

ですね。(w

とりあえず、今のところは原則的に動いているとも言えそうですが
(少なくともここに書き込んできたことによって認知している人も増えている)、
やはりそれなりに広めるためには、どこかの出版社にチャレンジしてもらいたいものです。

390 :蛙かえるカエル ◆FvSfD0wmM. :03/07/25 03:35
1さん 要約をおねがいします20行以内で

391 :ピポ ◆r7L7LnzQVY :03/07/25 08:50
とりあえず、コテハンにしておく。
371でメールされた人、だ。

>原則を知る者とそうでない者とを比べて表現するとそうなると思います。

簡単に言えば、何かテストをした場合、0点か100点ってことだろ?
二極ってわけだ。白か黒か、全か無か。
その狭間、何か混じったような存在にはならない、と。

>ところで、371でメールされた人さんは、すでに「原則」には特に興味はないのでしょうか?
>また、人生的に追求しているものはあるのですか?

昔はな、随筆サイトを作って延々と語ってたんだが、それももう飽きたな。
まぁ、俺の文を読んで其の人が人生で何かプラスされたなら俺は喜ぶよ。
「原則」てゆーか、洗脳を解いてただけだがな。
今の社会に生きてる人間は、一つもマトモに考えたことがないのだよ。
現在に縛られすぎて、宇宙人とか考える場合でも人間をベースにしてる。
地球の重力が生み出した「規定」だよ。大きさや質量は全く違うと言っていい。
地球でさえ大昔には、恐竜とかいう生物がいたというのだから、
そりゃもう想像できるはずもないさ。「原則」をもってしても、そこまでが限界だろ?

あと、人生だが、それはとても儚いぞ。
何か自分が存在してた証拠を残したいなら、それはもう人生の全てでなくちゃいけない。
俺は小説家にでもなろうかと思ってるが、どうなることやら。
今はまだ18歳だ。これから色々と決まっていくだろう。
で、1は何歳なんだ?

392 :ピポ ◆r7L7LnzQVY :03/07/25 09:04
>もし「原則」が完全に分かっているとすれば、
>このようなスレを立てる前に、「原則」の内容が分かるような文章を作っていれば良かったのだ!

子供から大人になるとき、幼稚な好奇心が無くなる。
それは何故か。
経験して飽きたからだ。
例えば、犯罪。
子供の頃に悪い事をしていないと、大人になってからその好奇心が暴れる。
何事も経験だ。
飽きることによって、それらの洗脳から解き放たれるだろう。
そしてまた、選び取れば良いんだよ。何が価値のあることか。
君が云う「原則」というものを知れば、それが明確に判るんだろ?

393 :考える名無しさん:03/07/25 22:58
100までしか読んでないが

原則についてだが
原則を理解できない人もいて、原則は必ずしも全ての人には成り立たず
原則を理解した人にしか成り立たないのですか?
それって原則って言いますか?
原則って言葉にただ酔ってるだけで本当は何も分かっていない。
誰も否定できないし、肯定もできない「原則」って言う言葉だけ存在する。
>>17にもあるけどあの変な宗教の定説と同じですね。
定説、定説・・・

1は原則という言葉に酔っているだけですね。
それを自分のアイデンティティにして他人より優越に感じ、
全ての現象を分かったつもりになっている。
ニーチェの超人みたいなもの。
自信過剰のうちだけ有効

394 :393:03/07/25 23:11
>ニーチェの超人みたいなもの。
>自信過剰のうちだけ有効

これはちょっと言い過ぎたかもしれない。
とにかく、世の中に原則は存在せず、ただの自然の摂理じゃないですか


395 :GET! DVD:03/07/25 23:13
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
★☆                       
☆★ 送料激安!!  送料激安!!  送料激安!!
★☆      http://www.get-dvd.com      
☆★  激安アダルトDVDショップ        
★☆    お買い得セール1枚500円〜980円!急げ!
☆★    インターネット初!「きたぐに割引」  
★☆    北海道・東北の皆様は送料も激安!   
☆★      http://www.get-dvd.com      
★☆        スピード発送!        
☆★      http://www.get-dvd.com      
★☆        商品が豊富!         
☆★      http://www.get-dvd.com      
★☆                       
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

396 :393:03/07/25 23:19
あれ、自然の摂理ってじゃなくて・・・・

とにかく
言いたい事は
>>393の下の二文以外です。


397 :考える名無しさん:03/07/25 23:25
>100までしか読んでないが

全部読んでから出直せ愚か者が

398 :1:03/07/26 00:16
>390
何を求めているのか分からないので、
あなたの求めているものを表現することはできないだろうと思います。
このスレは読んだのですか?

また、ここで改めて言いたいことを言えば、
「原則」と名付けた、この世の仕組みがある。
そしてそれが全てなのです。

だからどうしろというわけでもないのです。
このスレでは、だからどうなんだということを語っていたのです。
それ以外の何物でもありません。


>393
そうです。
ただの「自然の摂理」のことですよ。

この世の中、例外なく万人に対してその摂理が適用されています。
その摂理に気が付くことによって、生き方が変わる人もいるのです。
全く関係なく過ごす人もいると思いますが。

399 :1:03/07/26 00:17
>391
>原則を知る者とそうでない者とを比べて表現するとそうなると思います。
>
>簡単に言えば、何かテストをした場合、0点か100点ってことだろ?
>二極ってわけだ。白か黒か、全か無か。
>その狭間、何か混じったような存在にはならない、と。

「原則」が分かるか分からないかで言えば、ハッキリと白黒のつくものだと思われます。

また、「原則」が分からない人でも、
「なるほどそういうものがあるのかあ」と、思うことはできると思います。

ちなみに「原則」を知ろうと追求していく人としては、
連続的にその過程はあるものだと思います。
その途中で「原則」に近づいているのは感じることができると思いますが、
最後の一歩で認識できるその境界を越えるものではないかと思われます。

400 :1:03/07/26 00:17
>391
>地球でさえ大昔には、恐竜とかいう生物がいたというのだから、
>そりゃもう想像できるはずもないさ。「原則」をもってしても、そこまでが限界だろ?

なるほど。
ところで、宇宙人や、それ以上のものは人間には想像のつく話ではないということなのでしょうか?
つまり、今の地球人の英知を超えていると?

そうであるとすれば、私は違う見解を持っています。
人間という生き物が真実を認識できるということは、
この世の中で最も不思議な出来事なのではないかと考えています。
自然が自然を認識することが可能になったということです。

とりあえず、私たちが見ているこの宇宙を超えないことを前提に話をしたいと思いますが、
その限りにおいては、私は、現状の人間の英知では及びもつかない生命というのはいないだろうと考えます。

恐竜という生き物も、遺伝子のレベルで見ればたかが知れています。
姿形という意味で想像がつかないというのであれば、
私の考えているものとは直接比べることはできませんが。

今の地球の生命は4種類の基本塩基(A,T,C,G)で成り立っています。
人工的にそれ以外のものが作られているということは、
それ以上の生物(もしくは生物でない)があるかもしれませんが、
仮に塩基という仕組みでなかったにしても、どんなに物質が組み合わさったところで、
真実を認識できる物体を超えるものができることを今の私には想像できません。

もっとも、それ以上のものを否定することはできませんが、
それだけ真実が認識できるということが、奇跡的な出来事だと言うことです。
真実が認識できなければ、それこそ因果律に縛られただけの物体であるということです。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)