2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見

1 :考える名無しさん:03/02/09 20:22
人生最大の発見は「原則」である。

個人のみならず、人類にとっても最大の発見であるだろう。
あと何十年もすれば、一般的にも認知されているのではないかと思う。

ひとまずここにスレを立ててみようと思う。

501 :rice:03/08/14 04:28
今「七つの習慣」読んでるんだけど、思ったのが、このスレ読んで思ったことと同じ。

つまり、原則って何?っていうことにバチーンとした説明がされてない。抽象的すぎる感じ。

「七つの習慣」によれば、
●原則(あるいは自然の法則)は人間の普遍的な意識・良心に属するもの
●たとえば、公正さ・誠実・正直・人間の尊厳・奉仕・貢献・可能性・忍耐・犠牲・勇気
●原則は手法ではない。原則は深い基礎的な真理であり、普遍の応用である
●原則は価値観とも異なる。正しい原則に価値をおけば、真理を手に入れることができる
●原則の定義や実行の仕方についてはいろいろ議論はあるだろうが、
 人間は生まれながらにしてその存在を知り、それを意識しているのだ。

なんとなく、人間のDNAに共通に埋め込まれている「イイ(・∀・)と思うコト」があること、
もっと広くいえば、世界中の万物には絶対そうなることがある、
みたいなのをイメージしたが、ま、結局はそれはなんなんだ!?ってことになる罠。

また、そうだと考えると、全然「人生最大」レベルの「発見」じゃないんだよな〜(w

とりあえず「七つの習慣」読み終わってまた来るよ。





502 :考える名無しさん:03/08/14 05:04
おはようございます
哲学についてご教授いただけたらと思いまして
大学に提出する表現はどのくらいのレヴェルで
書いていいかアドバイスをいただけたら光栄なのですが


503 :最後の楽園 ◆TiTUs.psVY :03/08/14 05:05
つまりは何を言いたいのかね。
となるわけで。

504 :考える名無しさん:03/08/14 05:58
大学はどれくらいの思想があるかな。
どれくらいの人が理解しているんだろう。


505 :1:03/08/14 21:01
>496
>>>1
>で、マニュアル作ってくれているのでつか?

マニュアルというよりは、
参考にできるようなものと考えてくれると良いと思います。


>498
>>>491-493
>平面で高さがないようにおもえる

その通りのようなものです。
それなりに読み取ってくれたのだと思います。

ちなみにそれらのことが、一般的に隔たりのない原則的教訓とも言えるものだと思います。
つまり、様々な思考の中でも核になる部分だろうと。


余談ですが、

>491 は、個人が直面している物事を為すときの様子
>492 は、一歩引いたときに見える世界の様子
>493 は、原則的な世界観と、世界に対して存在している人間の様子

と、分類できるかもしれません。

506 :1:03/08/14 21:02
>501
なるほど。
とりあえず私が「七つの習慣」を知ったのは、
「原則」を知ってから、そういうのを探していた時に見つけた本なのです。

そういう本があるとは真に驚きましたね。
しかし不思議だったこともありました。
何故、世の中に「原則」が広まっていないのだろうか?ということです。
しかも、その本を読んでいる人でさえ「原則」の意味が良く分かっていないのです。

私の中ではすでに分かったことなのですが、
「原則」とは真に発見するものなのです。
そういう意味では、その著者は真に原則を会得しているというわけではないのだと思います。

「原則」というのは人の中に存在しているものではなく、
それは「独立して存在しているもの」として捉えた方がよさそうです。


>今「七つの習慣」読んでるんだけど、思ったのが、このスレ読んで思ったことと同じ。
>つまり、原則って何?っていうことにバチーンとした説明がされてない。抽象的すぎる感じ。
>
>なんとなく、人間のDNAに共通に埋め込まれている「イイ(・∀・)と思うコト」があること、
>もっと広くいえば、世界中の万物には絶対そうなることがある、
>みたいなのをイメージしたが、ま、結局はそれはなんなんだ!?ってことになる罠。

どうやら「原則」を発見してはいないみたいですね。
「それ」がつかめれば、疑いのない真実であることが分かるものです。言葉ではないのです。

それは言葉でうまく説明できたところで、それを発見させられるのかどうか?とは別の問題なのです。
それは認識できるものです。分からないのであれば、認識できていないということになります。

もう一度言葉で表せば、「この世の中にある全ての法則を生み出している根元」と言えるものだと思います。

507 :1:03/08/14 21:02
>502
>おはようございます
>哲学についてご教授いただけたらと思いまして
>大学に提出する表現はどのくらいのレヴェルで
>書いていいかアドバイスをいただけたら光栄なのですが

んん?
あまり原則的に書きすぎるとまずいのか?ということなのでしょうか???

勘違いかもしれませんが、他の場合にも言えることなので答えておきます。
今のところ、原則的にハッキリと物事を断言すると、
それが普遍的な答えであった場合にも良い評価をされるとは限りません。

つらい立場ですが、ケースバイケースで表現は変えなければならないと思います。
それが特にすごいものでなければ、無難に濁すのも良いかもしれません。

原則的というのは一般には受け入れられない場合が多いので気をつけなければならないのです。
一般的に人と話す場合には、
その人の「会話可能の領域」や「思考のレベル」に合わせて会話をするのが無難です。
もちろん「原則」が常識になった世界ではその限りではありません。

508 :1:03/08/14 21:02
>503
>つまりは何を言いたいのかね。
>となるわけで。

なるほど。
何度も言っていることですが、私の言いたいことは >1 の通りです。
分かっている人には、分かってもらえていると思います。

509 :考える名無しさん:03/08/15 01:33
原則とやらで将来どんな企業の株価が上がるかとか分かるか?
将来人類がどうなるか分かるか?

原則については循環論法に陥ってるから
『原則的に世の中が進むと仮定したら』例えば日本のどんな産業が成長するか説明して見て。

原則的に考えて具体的な事象を予測あるいは説明することで1氏の言う『原則』とやらはみんなに伝わるはず。
上でも誰かが言ってたが、『原則の説明に原則を使う』というのは循環論法で何も説明していないのと同じ。分かる?

原則をダイレクトに説明せず原則を原則の説明に使う無意味性に気づかない?
(これで『原則は原則だから』とか言い訳するとすれば1氏はちょっとおかしいと思うぞ)

ではとりあえず
『原則的に世の中が進むと仮定したら』
例えば日本のどんな産業が成長するか、
日本人の食生活はどのように変化していくか。
説明してくれ。

原則が1氏の言うように普遍性を持っているとしたら説明できるはず。
しかも『原則的に世の中が進むと仮定したら』という1に有利な条件付きw

回答楽しみにしてます

PS.みんなも1の言う『原則』で具体的な事象をどう説明できるのかどんどん質問した方が理解が早いと思うがどうか。
おそらくこのスレを読んで皆(一部は理解しているっぽいが)狐につままれたような印象を受けているだろう。(俺だけ?藁)

1は裸の王様で回りは自分がバカだと思われたくないから迎合したり、原則とやらを理解したふりをしているような感じに見える。


510 :考える名無しさん:03/08/15 01:34
age

511 :考える名無しさん:03/08/15 02:37
>1
>その人の「会話可能の領域」や「思考のレベル」に合わせて会話をするのが
無難です。

大学思想のレヴェルで書いてもそれが根底まで伝わっていなかったのが
悩ませる根源です。その人っていう人が解らないのです。

それから、以前に他スレで話をした気がするのですが。
解明できないままのことってありますか?


512 :考える名無しさん:03/08/15 02:39
今はプロ野球解説者として活躍してる、
落合博満というプロ野球選手がいる。
彼の奥さんは信子といって言わずとしれた恐妻で、みなさんもご存知であろう。
その恐妻の信子に事件が起こった。
フライデーが落合選手と若い美女がホテルに入るところを激写したのである。
雑誌発売後、レポーター達は恐妻落合の所へコメントを求めた。
レポーター達は恐妻信子の爆発振りに期待した。
しかし事情は違った。
「落合はやってません」
放ったコメントはこれだけだった。
「いや、写真とってあるじゃないですが?しかもホテルで」
「だからやってません」
信子はあくまでも、かたくなだ。
その時、信子の偉大さを目のあたりにした。
信子は女のカガミであると、私は確信した。
何人の哲学家が信子なみのコメントを発せられるだろう?
いやはや難解だ。




513 :考える名無しさん:03/08/15 14:25
>>512
妻、とはすべからくこうありたいものですね。いや、こうあらねばならん。
偉大なギリシャの哲学者ソクラテスは悪妻を持ち、
偉大な日本の三冠王落合博満は良妻を持った。

落合信子ばんざい。

514 :考える名無しさん:03/08/15 15:25
>>512
むしろ怖いわw
すっぽん女は怖いよー

515 :1:03/08/15 23:10
>509
質問ありがとうございます。
ひとこと言えば済む問題ではないので、答えるのもなかなか難しいところですが。

>原則とやらで将来どんな企業の株価が上がるかとか分かるか?
>将来人類がどうなるか分かるか?

まあ原則といってもそれほど大したものではありませんが、
ある意味優れた投資家はすでに原則に則って投資をしているのは間違いありません。

現在では時代が変わってきているので、ひとまず置いておくとして、
過去に原則に則って投資をしてきた投資家は相当儲かってきたのではないかと思われます(事実として)。
仮に「原則にどの程度則っていたか」という割合と、「どの程度の成果だったか?」というのを
すべての出来事に対して調べ尽くした場合、綺麗なグラフ(相関関係が強い)が仕上がると思われます。

以前に「原則」は微妙なところがあると書きましたが、
それというのは、「原則」自体はハッキリとしているものなのですが、
それによって未来を予測できるかどうかというのは「原則」を持ってしても微妙なのです(当たり前ですが)。
(それについてはいくらかパターンなどもあるのですが・・・)

例えば「人類はこう動くだろう」という予測があったところで、
ある大金持ちがそれなりに意図をすると、それだけで世界は相当に変わってしまうのです。
影響力の強い者が別に意図をすると世界は変わるのです。
予測が難しい理由の一つは、未来は決まっていないからです。

また、偶然性があることも予測が狂うことになる理由の一つです。
いくら綿密に人生設計ができたところで、あるところで乗った飛行機が事故に起こることもあるのです。
宝くじに当たれば、それだけで人生は変わります。
地球規模で考えても、偶然性には様々なものが考えられます。

516 :1:03/08/15 23:10
結局、様々な理由から原則を持ってしても将来を遠くまで完全に見通せるわけではありません。
仮に原則的にすでに決まっていることであったとしても、
人類がそれを知ることができるかどうかは別問題だからです。
あの諸葛孔明でさえ、その国の中の、その時代のちょこっと先を見通せた程度です。

イメージ的に原則が人類にどう役立つのか?といえば、それはサーチライト的なものです。
原則に則っていても、遠くまで見通すことはできないのではあるが、
その時々の時点においては、どのように動けばいいのかは分かるのである。

つまり連続的にベストな選択をしていけば、それが自ずと理想的な行動となるのです。
また、それが原則に従って進んでいくということになるのです。


では、具体的にどう先が見えるのか?といえば、
物事の本質的な部分については大体原則的になっていくだろうと考えられます。
そのことについてはすでにこのスレに書いてあるとおりです。

その本質部分から表面部分に向かうにつれて、予測が不可能になってきます。
「人類の満足度が上がってくる」ことは原則的にみれば容易に考えられます。
それが人類にとって最重要項目だからです。

本質的なものとしては、人間関係がうまくいくことによって満足するのですが、
他に、具体的にどのようなものによって満足を得ているのかまでは分からないのです。
ましてや、未来の世界で流行っている映画の題名などは分かるはずもないのです。
映画そのものも進化しているかもしれないのです。

あらゆるジャンルで考えた場合、全てを予測できることはありえません。
新しいジャンルも出現し続けるです。
時代が遠くなればなるほど分からなくなるのです。

しかし本質的な部分については、原則的なものとなると思います。

517 :1:03/08/15 23:10
>『原則的に世の中が進むと仮定したら』例えば日本のどんな産業が成長するか、
>日本人の食生活はどのように変化していくか。説明してくれ。

では、私が原則的に考えていることを述べます。

まず日本全体についてですが、
仮に50年くらい先に行ったとしても、
道を歩いていたところで、表面的にはさほど変わらないのではと思います。

産業構造も基本は同じまま、
それぞれの割合がシフトしていくのではないかと考えられます。

そして食生活についてですが、表面的にはこれからもほとんど変わらないと思います。
当然、健康的な食生活というのを多くの人が意識し始めると思いますが、
50年経っても基本的なところは同じでしょう。
200年経てば多少は変わるかもしれませんが。

と、つまらない答えになってしまいましたが、
それなりに人や物は流動し始めると思いますが、
まだ表面的に見えるものは、基本的に50年後くらいではほとんど変わらないだろうと言うことです。
100年後になってくると世界的な流動が起こりそうな気もするので、
日本だけでは考えられないような気もします。

しかし、そこで感じているものは現在とは全く違っているものと思います。
何が違うのかと言えば、とにかく人が違うことによっていろいろと変わってくるのです。
原則については、最低あと5年程度で徐々に世界に広まり始めれば良いのではないかと思います。

また、知らない人同士の交流会(2ちゃんのオフ会のようなもの・またはそれなりに立派な催し会)
などが盛んになってくるのではないかとも思います。

これは個人的にですが、様々な人が集まっていろいろと会話をするのは楽しいものです。
共通の目的があれば尚良しというところでしょうか。

518 :1:03/08/15 23:11
>原則的に考えて具体的な事象を予測あるいは
>説明することで1氏の言う『原則』とやらはみんなに伝わるはず。
>上でも誰かが言ってたが、『原則の説明に原則を使う』というのは
>循環論法で何も説明していないのと同じ。分かる?

具体的にその循環論法の場所を指摘してもらえると良いと思います。

「原則」についての説明は>506 にもありますが、
「この世の中にある全ての法則を生み出している根元」というので良いと思います。

それは存在し、認識できるものなので、特にそれ以上の説明はいらないと思います。
ここで長々と説明しているのは、それだけでは分からないと思われたので、
原則的に見た場合の世界についての説明をしていたのです。

「世の中金が全て」という見方もあると思いますし、
「生まれ持った才能が全て」という見方もあると思います。
見方については無数に考えられるのです。

しかし私は、原則的という一貫した見方ができるだろうと思い、それを広めようとしているのです。

「原則的にみればそうなる」というのは循環論法ではありません。
無数にある見方の中で、唯一である原則からの見方についての説明をしていたのです。

519 :1:03/08/15 23:11
>511
>大学思想のレヴェルで書いてもそれが根底まで伝わっていなかったのが
>悩ませる根源です。その人っていう人が解らないのです。

なるほど。
ところでそれは「原則」を思想として表現しようとしたのでしょうか。

そうでなかったとしても、そこに込めた根底となる思想をそのまま伝えるのは難しいと思います。
というより、その人に伝えることは不可能かもしれません。

人の中には表面的な解釈しかできない人もいるのです。
それは原則的な認識とは心で捉えている深さが違います。
「そういうもの」を伝えることができないこともあるのです。
そもそも、その人の認知の仕方では「それ」を認知させることができないのです。

このことは分かっていると良いと思います。

>それから、以前に他スレで話をした気がするのですが。
>解明できないままのことってありますか?

う〜ん、どうなんでしょう。
とりあえず言えることは、
「原則」が分かっていれば、解明できずに苛立つことはないと思います。

解明できないままのこともあると思います。
科学的なことでもあるかもしれませんが、
例えば「徳川家康が死ぬまでに何粒の米を食べたか?」などは解明不可能ではないかとも思います。
しかしそのことは、周辺情報からある程度の推測はできるかもしれません。


ところで、>512 はこのスレのことを、そこに表現したのかもしれませんね。
>513 >514 は読み取れなかったみたいですが。

520 :509:03/08/16 00:48
>>1
なるほどね。
原則は分かったよ。
が、しかし格別『人生最大の発見だ!』と騒ぐようなものじゃないだろw

確かに『原則』を理解する人間が増えれば『原則的な世界』に変化するスピードは加速するな。
だけど俺は『それがなに?』って感じなんだが。。。

まぁ、1の楽しみは原則的な世界に変化する過程が面白いのかもね。
(上で書いてあったかな?)

あえて『原則』を広めなくてもどうせ『原則的な世界』になるんだからほっときゃーいいじゃんw

もしかして『原則的な世界』に変化するスピードを加速させたいのか?>1
確かに加速させたら面白いとは思うが、変人扱いされるのがオチだと。。。



521 :509:03/08/16 00:52
『原則』が理解できてから1の今までの書き込みを読み返したら謎は解けた。

なんか俺も『原則』を広めて世界の変化を加速させたくなってきたわw
がんばってくれ>1

522 :考える名無しさん:03/08/16 01:04
シンクロニシティのことを言いたいんでしょうか?

523 :考える名無しさん:03/08/16 01:08
>>1
>そもそも、その人の認知の仕方では「それ」を認知させることができないのです。
>このことは分かっていると良いと思います。

理性的な刺激をあたえるまでの感情表現でしょうか?

>「原則」が分かっていれば、解明できずに苛立つことはないと思います。
苛立つことはないと思いますが、この世の常というのがあると思いまして、
そのなかで、伝えられることがあればと思いました。
自分はかなり先の教科書の題材をできるかぎり集めておこうとしています。
そのなかで、>1さんの原則も参考文献にしたいなぁと考えていたので。
’城‘や’日銀‘の次を探していました。

自分自身はまだまだ多くの人々方から教えていただくことばかりです。






524 :考える名無しさん:03/08/16 01:08


このスレッドでは、「なれ合い」がゆるされていますか?なにが「原則」ですか。


525 :509:03/08/16 01:12
にしても1はもっといい説明の仕方があるだろ。

俺ならもっと分かりやすく説明できるな。

でも原則的な世界より現在のアノマリー的世界の方が俺には合ってるから遠慮。

まぁ、ページが出来たらメールで1の文章校正してやるよw

(´-‘).。oO(しかし、こんなあたりまえなこと(『原則』)を回りくどく説明したら読者は混乱するだろ)

526 :509:03/08/16 01:14
まぁ、俺の言うアノマリー的な動きすら『原則』の範囲内なんだよなぁ。。。

527 :考える名無しさん:03/08/16 01:15
.

528 :考える名無しさん:03/08/16 01:17

この人>>1は「原則」っていう言葉の再発見に
酔いしれているのかな!

529 :509:03/08/16 01:20
>>528
俺はそうおもう。
あと、原則を広めたいなら説明はもっとうまくするべき。

といっても1がどう説明しようと『原則的な世界』に変化していくのは変わりないが。。

530 :考える名無しさん:03/08/16 01:28

>>1この人はなにを発見したのかな。
どこかに<原則がある>というイメージだけなのかな。
それじゃ「将棋のルールを覚える」よりずっと大したことないんじゃないかな
というのは言い過ぎかな

将棋もサッカーも「原則(ルール)」の上に成り立つのだよな
人生にひとつのルールを見いだしたのならはっきり「原則化」して欲しいな
これじゃオヤジの雑談にすぎない気がするな

という意見を書き込んでみるTest

531 :509:03/08/16 01:29
なんらかの関係性を持っているモノ同士は普遍的に『原則的』になる。

と1のように回りくどく言ってみる。

532 :考える名無しさん:03/08/16 01:44

嘘つけ!
世界では圧倒的に「例外的」なことのほうが多いですぜ。


533 :509:03/08/16 01:53
物理学と哲学ってのは非常に親和性があるな。
新たな発見だ。

おそらく1なら532に対して
『その例外も原則の一部です。』と言うだろう。

534 :509:03/08/16 01:55
結局『原則』の適用範囲をどのように設定するかだな。

535 :考える名無しさん:03/08/16 01:56
そもそも原則って何よ?
誰が決めたのって感じだな

536 :考える名無しさん:03/08/16 01:59
はっきり言えば、
>>1のレスをほぼ予測できるほど彼は「原則的」
なわけですね。


まあいいけど、
そんな発見をなんに使うのか、と。
結局自己満足と社会を「原則的に」見渡してるだけかと。

そう僕は言いたい

537 :509:03/08/16 02:02
『原則』は世界中(宇宙も?)どこでも適用可能。
さらに時間・空間に縛られない。もちろん対象にも。
つまり普遍性を持っているモノだ。

で、こんなこと言うと普通『こいつ基地害じゃねー?』って思われるから1は気をつけるようにw

ただ、『原則』は有史以前も有史以後も厳然と存在してきたことは確か。
そして、『原則』は過去にも現在にも未来にも『絶対的に』存在していたし、その存在が消滅することは無い。


538 :509:03/08/16 02:07
>>536
>まあいいけど、
>そんな発見をなんに使うのか、と。
結局自己満足と社会を「原則的に」見渡してるだけかと。


正直言えばそうなんだ。
『原則』を理解しても理解していなくても世界は『原則的』になるんだから『原則理解』などホントはどうでもいい。
ただ、『原則』が広まれば広まるほど加速度的に世界は『原則的』になっていくだろう。
そして、理解していれば世界を『原則的』に見渡せる。ただそれだけ。


539 :考える名無しさん:03/08/16 02:12
君の言う原則(ルール)とは何か記せ。>>1

540 :509:03/08/16 02:16
>>522
シンクロニシティも『原則』の大きな枠の一部。

541 :考える名無しさん:03/08/16 02:18
ていうか早いな理解するの、、、、
コツがあるのか?

542 :考える名無しさん:03/08/16 02:21


最強の理屈のための「言葉」を見つけた!

ってことでしょ?
ぶっちゃけ

543 :509:03/08/16 02:23
>>541
1が上の方で紹介してる本を読んでみればいいかと。

544 :509:03/08/16 02:24
>>542
理屈じゃなくて『原則的になっちゃう』という感じ

545 :考える名無しさん:03/08/16 02:25
>>545
ハゲ堂

546 :509:03/08/16 02:27
『原則』を説明するとなぜか回りくどくなってしまう。。
1の辛さが分かった。

547 :考える名無しさん:03/08/16 02:27
>>543分かった。読んでみる。
まだ聞きたいんだけど、一言で表すならとういう?やっぱり自然の摂理か?

548 :509:03/08/16 02:36
>>547
その返事は1に任せた。
まだ俺は『原則』を認識できたばっかで深く考えてないから言葉にできん。

上で『原則』は実生活で役に立たないような書き込みをしたが、ちょっと考えると
いろいろ応用できそうだ。
『原則』はかなりスゴイ発見かもしれないと思い直してきた。

寝ます。

549 :考える名無しさん:03/08/16 02:44





あほ >>1


という屁理屈原則内での出来事

550 :考える名無しさん:03/08/16 02:48
そうか、、お休み

551 :509:03/08/16 12:31
>>1
夜『原則』について考えて疑問が出た。

もしかして『原則』を理解し、それに従順に従うようにすると世界・社会などの大きな範囲だけじゃなく、
一個人のレベルでも加速度的に『原則的』になるのかな?

もしそうだとするとスゴイ発見かもしれない。。。

552 :509:03/08/16 12:32
あと自然の摂理と原則の違いが分からないんだけど。。。

553 :1:03/08/16 18:28
>523
とりあえず疑問点はなくなったみたいですね。

>>>1
>>そもそも、その人の認知の仕方では「それ」を認知させることができないのです。
>>このことは分かっていると良いと思います。
>
>理性的な刺激をあたえるまでの感情表現でしょうか?

いえ・・・深く考えなくていいです。
まあ私の言いたかったことは、その人には理解させられないかもしれないということです。

また何かあれば聞いてください。


>524
「なれ合い」もまあいいでしょう。w

554 :1:03/08/16 18:28
>530
>将棋もサッカーも「原則(ルール)」の上に成り立つのだよな
>人生にひとつのルールを見いだしたのならはっきり「原則化」して欲しいな
>これじゃオヤジの雑談にすぎない気がするな
>
>という意見を書き込んでみるTest

ご意見ありがとです。

ひとまず原則化してあるのは、>491-493 こんな感じです。
原則的というのはマニュアル的対応ではないので原則化するのが難しいのです。

ケースバイケースをどうやって「原則化」すればいいのだろう。
試みようとは思いますが、できるかどうかは未定なところです。

555 :1:03/08/16 18:29
>532
>嘘つけ!
>世界では圧倒的に「例外的」なことのほうが多いですぜ。

>533
>おそらく1なら532に対して
>『その例外も原則の一部です。』と言うだろう。

確かに。
では、もう少し説明してみたいと思います。
その「例外的」なものであってもそれなりの理由があって「例外的」なものとなる。
反例はないのだ(あれば教えてもらいたい)。

経験則によってのみに判断する人間は、
「例外」が起こった時には過ちを犯してしまうものである。

原則によって判断をするというのは、あらゆるものを総合して判断するのである。
「例外」が起こる前兆を知ることもある。
そのような時は、原則に則っていた者の一人勝ちとなるのだ。

556 :1:03/08/16 18:29
>528
>この人>>1は「原則」っていう言葉の再発見に
>酔いしれているのかな!

>542
>最強の理屈のための「言葉」を見つけた!
>ってことでしょ?
>ぶっちゃけ

だ〜か〜ら〜、「原則」というのは言葉じゃないんですって!w
ただそれを「原則」と名付けて、そう呼んでいるだけなのですよ。

「原則」というのはこの世の中を生み出している根元とも言えるものなのです。
この世界を、その「原則」からの観点で眺めることができるのですよ。

物の見方を変えられない限りは「原則」を知ることはできないのです。
(または、「原則」が分かった瞬間に見方が変わるものなのです)

あなた達はまだ「原則」を知らないのです。
「原則」を発見してはいないのですよ。

>535
>そもそも原則って何よ?
>誰が決めたのって感じだな

そういうわけで、「原則」というのは誰かが決めたわけでもないのです。
人類が生まれる前から存在しているものなのですよ。

>539
>君の言う原則(ルール)とは何か記せ。>>1

私の言う原則(ルール)とは、この世の中に存在している「それ」のことです。

557 :1:03/08/16 18:29
シンクロニシティも「原則」があることによって起きる。

全ての物事は原則的な性質を持つ。
それがシンクロニシティが現れる原因なのだ。

「シンクロニティ」
ttp://members.jcom.home.ne.jp/stolatos/spirit/sinkuro.htm


ちなみに「原則」を人から説明してもらおうと考えているのであれば勘違いというものだ。
「原則」はこの世の中に存在しているものなのである。

この世の中から探してこなければ見つからないのだ。

558 :1:03/08/16 18:29
>551
>もしかして『原則』を理解し、それに従順に従うようにすると世界・社会などの大きな範囲だけじゃなく、
>一個人のレベルでも加速度的に『原則的』になるのかな?
>
>もしそうだとするとスゴイ発見かもしれない。。。

うむ。その通りだと思われる。
おそらく509さんは、原則的な見方ができるようになったのだと思う。
そのまま行けば時間の問題で、さらに原則的なものについての理解が深まるものと思う。

それと、「人が『原則的』になる」という表現よりは、
「この世の中の仕組み(原則)をさらに個人が理解し始める」という表現が正しいだろう。

原則が分かっていなければ、原則に則っていくことはできないが、
どんなに原則を分かっていても、原則に反する行動を取ることは容易なのだ。
人が『原則的』になるのではなく、人が『原則』の理解を深めるのである。
理解が深まれば自由度も増すのだ。

また、「原則」を発見できた時点で、その瞬間に「原則」を会得したわけではない。
ただ「原則」に気が付いただけなのである。

「原則」が発見できていれば、それを基準とした見方ができるので、
時間が経てば経つほど、原則的な性質の理解が自ずと深まるのである。
そしてそれ以上「原則」を理解をする必要がなくなった時を、便宜的に「会得する」と言っている。

おそらく未来の世界では、「原則」を会得している人間がごまんといるだろう。
様々なものが生み出され始めているに違いない。
今の世界と比べてみれば、おそらくとんでもない世界となることだろう。
高校の数学や物理などと言うのは、お手玉と同等のように生徒はこなすのである。

しかしその世界にいても焦って何かをする必要はない。
より多くの時間を楽しくマターリできる世界となるのだ。w

559 :1:03/08/16 18:30
>547
>まだ聞きたいんだけど、一言で表すならとういう?やっぱり自然の摂理か?
>552
>あと自然の摂理と原則の違いが分からないんだけど。。。

細かく言えば、「自然の摂理」と「原則」とは同じ概念ではない。

本当のことを言えば、自然の摂理などはどうでも良いわけだが、
一般的に説明するとき、自然の摂理といえばそれなりに分かるが、
「原則」と言ってもわからないだろうと考えたので「自然の摂理」という言葉を使ったにすぎない。

「原則」というものは、この世の中の「核」になるものである。
イメージ的には玉っころだ。
それがあらゆる因果や法則を生み出しているのである。
(実際には姿形はなく、「玉っころ」として存在しているわけでもない。
 しかし、それらの様々な性質を踏まえると「玉」のようなイメージになるのである。)

「自然の摂理」というのは、それら全体の総称のことである。
つまり、「原則」があることによって「自然の摂理」が生まれるのである。

「原則」については認識できるものであるが、
「自然の摂理」については便宜的な表現であり、言葉に過ぎないとも言えるだろう。

560 :考える名無しさん:03/08/16 19:03
>>1「それ」って 何?

561 :考える名無しさん:03/08/16 19:06

それ=対象=原則=それ

正にタマだなw堂々巡り。

562 :509:03/08/16 19:16
今日は図書館で『映像の原則』を読んできた。
やはり『原則』はある。確実に。

更に俺は『原則』をうまく利用する方法を考えついた。
ちょっと試してくる。



563 :考える名無しさん:03/08/16 19:28
>>1は恋愛に向いていない罠

564 :考える名無しさん:03/08/16 23:59
>1 なぜ素直になれないのでしょう?



565 :1:03/08/17 00:55
>560
>>>1「それ」って 何?

>561
>
>それ=対象=原則=それ
>
>正にタマだなw堂々巡り。

私が答えるまでもなかったようですね。

566 :1:03/08/17 00:56
>564
>>1 なぜ素直になれないのでしょう?

あなたは何をどう見てそう感じたのでしょう。

ここで論じていることは、「原則」はあるのかどうか?なのです。
それを主眼にして考える必要があります。

567 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

568 :考える名無しさん:03/08/17 01:49
>1
原則はない。

エクレイデスのもとで幾何学を学びはじめた1門人の話である。
その門人が1命題を学んだ時に訊ねた。
「こんなことを勉強して、いったいどんな利益があるのでしょうか」
するとエウクレイデスは、奴隷をよんでいった。
「あの男に3ぺんすおやり、あの男は勉強したからにはどうしても
 お金がほしいのだから」


569 :509:03/08/17 01:52
『原則』に はまってます。
理由は分からないけどどこにでもある。
秩序?
理由がわからない。。

570 :509:03/08/17 02:05
>>1
もう2,3冊参考文献紹介してー
『原則』そのものじゃなくて『原則が存在する理由』が示唆されている文献を。

おそらく『原則理解』には上記3冊で十分だと思う。

こんなにも普遍的なものがこんなにも身近に隠れているとはね。。。
21歳にして認識できたのは人生においてものすごく有益だと確信する。
thanx

571 :考える名無しさん:03/08/17 15:19
>>562
(´-`).。oO(何をしたんだろう?)

572 :1:03/08/17 20:41
>568
なるほど。
そういうものを知ろうとしたところで無益だと言うことですね。
しかし「ない」と言うのは簡単だ。

また別に「ある」という意見もある。
これについても考える必要があることは言うまでもないだろう。
それだけでは議論が終わったことにはならない。

科学というのは仮定するところから始まる。
否定していても何も始まらないことは確かである。


他の人の意見も求めたいところである。

573 :1:03/08/17 20:41
>569,570
>『原則』に はまってます。
>理由は分からないけどどこにでもある。秩序?
>理由がわからない。。
>
>もう2,3冊参考文献紹介してー
>『原則』そのものじゃなくて『原則が存在する理由』が示唆されている文献を。

なるほど。
しかし残念ながら『原則が存在する理由』を説いているものは見かけたことがない。

そもそも「原則」の存在を意識している人自体が稀である。
「原則」があれば、それは原則なので当たり前であるとの見方が常である。

しかし私にはそのような疑問はない。
そのような疑問があるのは考えが足りないからであると思う。
まず、何を持って「原則」と捉えているかを明確にしていけば自ずと分かる可能性もあるだろう。

ヒントを言えば、
「原則というのはどこにでもある。」という発想は、本当は正しくない。
「人類は原則という舞台に乗っかっていただけ。」という発想が正しい(原則的)。
また、そうであるとすれば「原則」がどこにでも存在していても納得がいく。

「原則」はたまたま発見できたものではなく、初めから存在していたものなのである。
そしてそれは、あるがままの全ての仕組みでもある。矛盾のない因果があって当然なのである。

これまでの人間の視点のまま「原則」を見ているのであれば、
「原則」が普遍的に存在している理由は見えてこない。

また、「原則」を極めていけば(身に付いてくると)「原則」は存在していないように思えてくる。
おそらくその視点が「原則」と一体化してくるからであろう。と、私は思う。

574 :1:03/08/17 20:41
>570
>おそらく『原則理解』には上記3冊で十分だと思う。
>
>こんなにも普遍的なものがこんなにも身近に隠れているとはね。。。
>21歳にして認識できたのは人生においてものすごく有益だと確信する。
>thanx

うむ。
これまでやってきた甲斐があったというものだ。

しかし「原則」を認識できた人がいたことには正直驚いた感はある。
私自身の体験だけでは格別な確信を持てたわけではなかったからだ。
しかし、原則的に見れば思惑通りであったことも確かではある。

おそらく普通に人は「原則」を認識できるようになるのだろう。

しかしそのためには、
それなりの「下地」と、発見する「きっかけ」が必要になると思われる。
そして本人の「意志」は不可欠である。

509さんの場合には、たまたま私がその「きっかけ」になったのだろう。

また、「原則」を目指しているのであれば、
必然的にそれは手にすることができるものだと思われる。

「下地」がなければ、その3冊を読んだところで「原則」を理解できることはない。
小さい子供がそれを読んだところで「原則」をつかめるとは思えないからだ。
しかし、その概念を知ることはあるだろう。

575 :考える名無しさん:03/08/17 20:53
>1
>そういうものを知ろうとしたところで無益だと言うことですね。
>しかし「ない」と言うのは簡単だ。

>また別に「ある」という意見もある。
もちろん、あります。なぜなら、あなたが創っているから。
しかし、もっと深く解ってもらえるとうれしかったです。

>これについても考える必要があることは言うまでもないだろう。
これの何についてかんがえるのですか?

>それだけでは議論が終わったことにはならない。
今は。

>科学というのは仮定するところから始まる。
ですから、理解できていないことってありますか。とお尋ねしたんですが。
なぜ仮定するのですか?

>否定していても何も始まらないことは確かである。
本当に確かですか?





576 :1:03/08/17 23:46
>575
あなたは568さんですか?

>もちろん、あります。なぜなら、あなたが創っているから。

間違いをなされているみたいですが、
「原則」は私個人が創ったものではありません。

私が創ったとあなたが言うのであれば、話を進めることはできません。
ここで論じているのは、世の中にそれがあるのかどうか?なのです。

さすがに「原則」を創って、それを「発見」と言うことはありませんよ。
それに、創った「原則」が世の中に出回ることはあり得ません。
そのようなことは多くの人が分かっていることだと思います。

私は、すでにあるものに気が付いたので「発見」と言ったのです。

577 :考える名無しさん:03/08/18 19:48
カツオです。
この間中島と、おやじ狩りに行きました。変なたらこ唇から十二万円取りました。
そしたら昨日マスオ兄さんが、「あなご君が恐喝されたらしいんだ」と、言っていました。

さて、次回は、
「続・波平アルツハイマー」
「マスオ勃たなくなる」
「フネ生理上がる」
の、三本です。
来週も見て下さいね。


578 :1:03/08/19 01:08
うむ。
このスレに対する発言と、私の理解から、ここらで「原則」の確立を宣言しておく。

もちろん、「それ」についてはあくまで仮定である。「ある」と証明されたわけではない。
私自身は、無ければ無いで良い。あればあったで良いのだ。

私はその答えを知っているというわけではない。
ただ、あっても良いだろうとは思っている。少なくとも反例は見つかっていない。
また、あった場合についての「原則」に関するものは、すでに説明したつもりだ。
私自身は、今後の様子によってその答えが少しでも明らかになるのではないかと考えているところである。

最後にもう一度言うが、私と「原則」とは関係のないものである。
つまりそれを提唱するのは私でなくとも良かったということだ。

もう一つ言えば、これらの説明によって何かを掴んだ人がいたとしよう。
その人は私から教えてもらったのではないのだ。
その人に眠っていた原則的要素が掘り起こされただけなのである。

よって、それらの情報を持たない人間がこれらの文章を読んでも素通りしてしまうだけなのだ。
その人に根付いた感情に引っかかった場合や、十分な情報を持つ人間だけが何らかの反応を示す。
また、原則を知ろうとする者にとっては、何かしら得るものもあるだろう。

それと、特に副作用を起こす場合は、無視してもらえるとありがたい。

579 :1:03/08/19 01:08
最後に個人的な感想としては、「原則」には正直関わりたくなかった感もある。早く忘れてしまいたい。
(矛盾しているようだが、本音を言えばwebサイトを作ることもなく世に広まることを願ってはいる。
 だれかが「作る必要はないだろう」と、それらしいことを言ってくれれば作らないかもしれない。)

しかしそれを伝えざるにはいられなかったのだ。
おそらくそれが私にとっての原則であったのだろう。
もちろん、それが誰かの何らかのきっかけになったのであれば、それ以上の喜びはない。
一人でも多くの人の幸福を心の底から願っている。

というわけで、あとは勝手に広まることを願っている(マジで)。
どなたかよろしければ、他板のスレか別の世界にでも、宣伝をお願いします。(^^;

人生最大の発見
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1044789777/


2003年8月19日、1@哲学版:人生最大の発見 ここに記す(ダサいかな?w)

(´-`).。oO(でもまた現れるような・・・dat落ちしたら困るもんなぁ)

580 :509:03/08/19 03:08
『原則』の応用マジですごいことになりそうです。

結果がある程度出てまだこのスレが残ってたら報告するかも。。。

『原則』は未知の可能性に溢れている。

581 :考える名無しさん:03/08/19 03:12
>>580とりあえず何したの?

582 :501:03/08/19 04:17
おう、やっと「七つの習慣」読み終わった来てみたら、熱い議論があったあと、完結してるし(w

「七つの習慣」には、原則とは何か?という定義は確かになかったよ。
ただ、WINWINを考える・感情移入の傾聴など、自分にとってまったく目新しく、かつ、役立つことがいくつかあった。
つまり、「人生最大」級ではないが「発見」は多かった、漏れにとっては。

閑話休題。

1の「原則はある」という主張と近い(と思われる)ことを言ってる人を思い出したので、その著書から引用してみる。

「世の中には、世の中をつくり、動かしている大きな原理・原則がある。
この原理・原則こそが天地自然の理だということを、我々は知っている。
この世の中は、おそらく単純な原理・原則によってできあがり、運営されているのだろう。

だが、我々は天地自然の理のほんの一端しか知らない。
いろいろなことを知っているようでいて、実は世の存在の原理、運営の原則の何万分の一も知らないのではなかろうか。
しかし、知らなくても世の中は確実に動いている。その動きの中に原理・原則がある。
この原理・原則に合ったことを実行していれいば、どうやら「つき」がめぐってきて成功するが、
それに反することを行っていれば、「つき」は逃げ、売り上げも利益も下がっていかざるをえない…」

●船井幸雄「図解 即時業績向上法―「つき」を呼ぶ船井流原則経営のすすめ」より

親本は1989年出版。船井の著書としては初期のもの。
ま、その後は加速度的にトンデモ志向になっていき、読めた本がないわけだが…。

(゜Д゜)ハッ!? ということは、1も今後は…。
(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル


583 :考える名無しさん:03/08/19 09:17
>>582
1さんの原則ってのはソレでいいんですかね??
ソレだったら、「だから何?」って感じなんですが、、

584 :1:03/08/19 22:11
ふふふ、早速現れました。1です。

>582
>「七つの習慣」には、原則とは何か?という定義は確かになかったよ。
>ただ、WINWINを考える・感情移入の傾聴など、
>自分にとってまったく目新しく、かつ、役立つことがいくつかあった。
>つまり、「人生最大」級ではないが「発見」は多かった、漏れにとっては。

原則があるとするならこうなるだろう。

501さんは人生において、まだ「発見」の量が足りないようですね。
「原則」というのは人生において、最後に到達するものであり、
それはまた最後に「発見」するものなのです。
他に「発見」することが多くあるうちは「原則」にはまだ遠いのかもしれません。

「原則」とはそういうものなのです。
また、そういうものがあるのかどうか?ということなのです。

>親本は1989年出版。船井の著書としては初期のもの。
>ま、その後は加速度的にトンデモ志向になっていき、読めた本がないわけだが…。
>
>(゜Д゜)ハッ!? ということは、1も今後は…。
>(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

彼の著書については私もいくらか拝見しています。
そのように「原則はあるだろう」と、ただ思っているうちは、認識はできていないのだと思います。
何故なら、認識できていれば疑いのない真実であると確信することになるだろうからです。
もっともそのことが「ある」ことの証明になるわけではありませんが。

ちなみに、私の言い分はすでに言い尽くしたところです。主張は>1 の通りです。
あとは何か質問等あれば答えてみようと思っている程度ではあります。
トンデモ志向になることはないだろうと思います。

585 :考える名無しさん:03/08/20 23:25
>人生最大の発見は「原則」である。

>個人のみならず、人類にとっても最大の発見であるだろう。
>あと何十年もすれば、一般的にも認知されているのではないかと思う。

>ひとまずここにスレを立ててみようと思う。

せっかく、ここまでお書き頂いたので、無駄にすることは無いと思う。
もっと、綺麗にまとめませんか?



586 :考える名無しさん:03/08/21 01:40
>>461
>どうやら完全に「理解力の軸」に則っている。という訳ではなさそうですね。(^^;
ああ、、、やっぱり(?)、、、難しいですね。理解力の軸か、、、、

>モチベーションがあがらないのは、おそらく「理解力の軸」が見えていないからだと思います。
>一本道の王道はあっても、近道は無いのです。
>その王道に沿って進んでいけば、それを感じることはできると思います。

王道ですか、、、逆を言えば沿ってない事が事が分かったッてことですね。なるほど。

>すでにそこから得られるものはあまり無くなっているのかもしれませんね。
>「原則へ向かう王道」を見つけるのが本当は手っ取り早いのですが、
>それが難しいなら、他に成長できる「何か」を見つけるのも手だと思います。

実を言うと最初のころはすぐにレベルアップが感じられてスゲーとか思ってたんですが
後になるとだんだんこれでレベルあがってるのか?大丈夫なのか?って言う
不安がありました。


587 :241:03/08/21 01:50
>>586のレスは241です

続き
>>453のレスは軽率でしたね。すみません。
方法自体が単調作業と言うのも原因の一つかもしれません。まあ微妙なんですが。

>それが難しいなら、他に成長できる「何か」を見つけるのも手だと思います。

とりあえずもう一度同じ方法でチャレンジし直してみます。(効率悪いかも知れないですが)
方法に始めて出会った(?)時の気持ちになって一からやり直してみます

>ひとまず具体的にはアドバイスをしていませんが。
いえ、勉強になります。

588 :241:03/08/21 02:20
>>488
>まだ作ってはいないっす。(^^;
作ってないのかよ!w
なるほど。これも原則ですか、、、つまり原則は星みたいな感覚ですか?
近づけば近づくほどよりその方向に引っ張られる力が強くなっていく、、、、
(加速度的に原則的になる?)
より大きな星ほど影響する範囲も広い。
(あらゆる事象に影響する?)
なんとなくであれなんですが、、、w

>>520
>なるほどね。
>原則は分かったよ

理解早!!w
なるほど。つまり509さんは>>509の時点で既に原則の回路生成一歩手前まで
きてたわけですね。で>>515のレスを読んで回路生成にいたったと、、、
うーん羨ましい。

>>562
(´-`).。oO(何をしたんだろう?)

>>579ひとまずオツカレ様です。
また疑問があったらカキコするんでそのときはよろしくお願いします。

589 :509:03/08/21 06:32
今もう一度このスレを1から読んでいる。
俺なりに『原則』について説明して見る。

俺は以前『原則』を探して思想書をいろいろ読んでいたが、最もはっきりと『原則』を記述していたのは
『老子』だった。
老子の『道(タオ)』というのは原則そのもの。
数千年前から原則を理解していた人間はいたようである。

いままで老子のいってることが理解できなかったが、今はスポンジのように言っている事が理解できる。
老子を読んでみるとなんとなく原則が分かるかとおもう。

(なぜか原則の説明は回りくどくなるなー)

原則は意志を持った水?

>>1

理解は出来るが明確な説明ができない。
よく『他人にわかりやすく説明できなければ本当に理解できていない』というが、1はこれだけ説明してきて
他人に理解してもらえない現実を見て自分の原則理解に疑問を持たない?


590 :考える名無しさん:03/08/21 21:18
んー…
「原則を理解し、それにしたがって生きている人間も時には理解していない人間に
負けてしまうこともある。そしてそれは原則的に説明できる」
という主旨の話を1さんは何度かしたように記憶しているんですが、
とにもかくにも「原則を認識したほうが何かと良い」ということを主張していらっしゃるんだから、
布教?するにあたっては、やはり原則を理解していらっしゃる1さんが、
とりわけ普通人よりも原則を理解しているがために優れているという
具体的な点を紹介した方がいいのではないですか?勿論なんでもかまいません。
高校数学や物理がお手玉になるとかなんとか言ってらっしゃったし(私は理系の受験生なんですが)
人間関係が云々も言ってましたっけ?(うろ覚え)
将棋や囲碁、スポーツ全般なんでも。

…っていうか、食べ物に絶対困らないということはたぶん1さんにとっても重要なことだと思うのでお聞きしますが、
1さんはお金持ちですか?当然、ですよね?


そうそう、「布教」のように原則があるのだということを説得したいわけじゃないとは言っても、
とりあえずその存在がほぼ確からしいものだと皆さんに思わせることは無意味ではないでしょうしね。

591 :1:03/08/22 02:18
>585
>せっかく、ここまでお書き頂いたので、無駄にすることは無いと思う。
>もっと、綺麗にまとめませんか?

ご意見ありがとうございます。

実は簡単に(何もないとも言えるが)ホームページを作ったのですが、
まとめる作業は始めていきたいと思います。

デザインは多少2ちゃんねる風です。
ご意見があればお願いします。

これからコンテンツを増やして行こうかと考えているところです。


人生最大の発見
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1044789777/

ホームページ:http://www.geocities.co.jp/NatureLand/9272/

592 :1:03/08/22 02:19
まとめることに関してですが、
どういう人を対象にまとめるかを考える必要はありそうです。
まず言えることは、「原則」がそれなりに分かっている人には
「原則がある」という一言意外にはいらないことは確かだと思います。

簡潔にまとめようとすれば、簡潔になりすぎてしまうし、
人によっては、どういうものをまとめると分かり易いのかが異なるので難しい。

少なくとも、このスレに書いてあることで、
概ね全体的に必要最低限のことは書いてあると思います
(他にも小技は多くあると思いますが、原則が分かっていれば知らずとも応用できるものばかりだろう)。
本当のことを言えば、これらを噛み砕いて、その血肉にできてしまった人にとっては、
これらをまとめた原則論とやらは、すでに無用の長物であるとも言えるのです。

しかし、そういうものを作ること自体が、それなりに価値のあることでもあることは確かである。

また、もう一つの方向性であるが、
「原則」という概念を伝えることに重きを置くか、
それとも重要な事実を伝えることに重きを置くか、である。

基本的にこのスレでは、「重要な事実を伝える」ことにいくらか傾かせて書き込んできたものである。
いったん「原則」という概念を知った人を対象にするのであれば、
「原則」という概念を伝えることに重きを置く必要はないと言える。


・・・という独り言であったが、
できるだけ一般的な人を想定し、その人に対して「重要な事実を伝える」ことに重きを置く。
というまとめ方をしてみようと思う。

それでも細かい点やバランスの取り方などはいろいろあるわけだが、
作っている途中や、作り終わってからの意見などを取り入れて、さらに改良して行こうかと思っている。
現時点においては、実際にどうまとまるかは未定である。

593 :1:03/08/22 02:19
>587
>>それが難しいなら、他に成長できる「何か」を見つけるのも手だと思います。
>
>とりあえずもう一度同じ方法でチャレンジし直してみます。(効率悪いかも知れないですが)
>方法に始めて出会った(?)時の気持ちになって一からやり直してみます

それがいいかもしれませんね。
いろいろと試行錯誤しながらやってみると良いと思いますよ。

それと、お節介で当たり前なアドバイスかもしれませんが、
最終的には常に自分の判断で動くことが大事です。

人から「こういうのがオススメだよ!」と言われても、
それが自分にとって良いのかどうかは別問題であることは良くあることです。
人の意見を鵜呑みにすることは、原則に反している行動なのです。

594 :1:03/08/22 02:19
>588
>>まだ作ってはいないっす。(^^;
>作ってないのかよ!w

とりあえず、作ってみました。
これから内容を増やして行くつもりです(すでに上で書いたことですが)。

>なるほど。これも原則ですか、、、つまり原則は星みたいな感覚ですか?
>近づけば近づくほどよりその方向に引っ張られる力が強くなっていく、、、、
>(加速度的に原則的になる?)
>より大きな星ほど影響する範囲も広い。
>(あらゆる事象に影響する?)
>なんとなくであれなんですが、、、w

そういうイメージも、「原則」の性質の一部としてある。
というのが答え(原則的ということ)であって、それだけが「原則」の性質全てであることはない。

仮にも「原則」がどういう感覚で捉えることができるのかと言うと、

例えば、宇宙に数々の星々があるとする。そしてそれらが一つの「銀河」を作っている。
また、それとは別の系として、様々な星から成り立つ「銀河」が存在しているとする。

その二つの「銀河」の振る舞いというのは、
その二つの「銀河」の重心というものを考えると、あたかもその重心が二つの星であるかのように振る舞う。

ここで考えた「銀河」の重心についてであるが、
そこには星は存在していない「無」の領域なのである(たまたま星が存在している場合もあるが)。
しかしその重心をあたかも存在してあるかのように人間の感覚としては捉えることができるのだ。

実はこのように、本来存在していないものをそこに置いて考えることで、
有利になる状況というのは、しばしばあることなのである。
また、「原則」をつかめた感覚というのは、そのような感覚であることもある。

595 :1:03/08/22 02:20
>>520
>>579ひとまずオツカレ様です。
また疑問があったらカキコするんでそのときはよろしくお願いします。

どうもです。
遠慮無く質問してください。

596 :1:03/08/22 02:20
>589
>今もう一度このスレを1から読んでいる。
>俺なりに『原則』について説明して見る。
>
>俺は以前『原則』を探して思想書をいろいろ読んでいたが、最もはっきりと『原則』を記述していたのは
>『老子』だった。
>老子の『道(タオ)』というのは原則そのもの。
>数千年前から原則を理解していた人間はいたようである。
>
>いままで老子のいってることが理解できなかったが、今はスポンジのように言っている事が理解できる。
>老子を読んでみるとなんとなく原則が分かるかとおもう。
>
>(なぜか原則の説明は回りくどくなるなー)
>
>原則は意志を持った水?
>
>>>1
>
>理解は出来るが明確な説明ができない。
>よく『他人にわかりやすく説明できなければ本当に理解できていない』というが、1はこれだけ説明してきて
>他人に理解してもらえない現実を見て自分の原則理解に疑問を持たない?

そのはてなマーク「?」は、私に対しての質問なのでしょうか。
または、私に「疑問を持て」とのことなのでしょうか。(おそらく後者なのでしょうが)

答えさせてもらえば、疑問については皆無ですね。
そのようなことを発言できる509さんは、まだ「原則」が良く分かっていないのでしょう。

自分なりに説明してみるとのことですが、
>589 で509さん自身の言葉で「原則」を説明しているのは、
最後の「原則は意志を持った水?」というところからしか、説明されているようには思えません。
私の説明の方が、「原則は意志を持った水」という説明よりかは分かりやすいと思います。

597 :1:03/08/22 02:21
ところで一般的なことで言いたいことですが、
「原則を理解する。」という表現は紛らわしいので注意です。

まず「原則」があると仮定してあることを前提にしていますが、
・「原則」が全く分かっていない人(概念も知らず、認識もできていない)
・「原則」という概念を知っている人
・「原則」を認識している人
(私的には、「認識しているが概念を知らない人」という項目も付け加えたいところです。)

というように人を分類できると思います。もちろん、
「原則」を認識した上で、どの程度深く世の中に対しての見識を持っているか?
「原則」を認識していない場合でも、どの程度原則的な要素を持っているか?
ということも考えられると思います。

ここでは上のことについて考えますが、
・概念を知っているかどうか?
・認識しているかどうか?
それが初めのカギであるのです。

「理解する」と言った場合、
定義をしてしまえば別ですが、
「概念を分かった人」を「理解した人」と言うのか?
「認識できた人」を「理解した人」と言うのか?
という意味では曖昧なのです。

ところで老子についてですが、
確かに相当「原則」に近いところにいたことは確からしいと思われる。
しかし老子については微妙なところが多いのです。

残された書物というのは、老子が書き残した五千字程度の原文に後から多くの人が付け加え、
一人の手(?)によって新たにまとめられたのが、よく知られているその書物なのです。
「発見だ!」と断言できるところまでは行っていなかったのだと思います。

598 :1:03/08/22 02:21
>590
>んー…
>「原則を理解し、それにしたがって生きている人間も時には理解していない人間に
>負けてしまうこともある。そしてそれは原則的に説明できる」
>という主旨の話を1さんは何度かしたように記憶しているんですが、
>とにもかくにも「原則を認識したほうが何かと良い」ということを主張していらっしゃるんだから、

私は「原則は認識したほうが良い」とは一言も言っていません。
認識するしないを決めるのは、その人の原則によって決めるべきことなのです。
すでに述べたことですが、原則的な道が「原則を認識するための道」になるとは限りません。

しかし、そういうものがある可能性はある。
ということを知っていても良いと思っているのは確かです。

599 :1:03/08/22 02:22
>590
>布教?するにあたっては、やはり原則を理解していらっしゃる1さんが、
>とりわけ普通人よりも原則を理解しているがために優れているという
>具体的な点を紹介した方がいいのではないですか?勿論なんでもかまいません。
>高校数学や物理がお手玉になるとかなんとか言ってらっしゃったし(私は理系の受験生なんですが)
>人間関係が云々も言ってましたっけ?(うろ覚え)
>将棋や囲碁、スポーツ全般なんでも。

まあ、その必要は特にはないですが、
どんなものにも「原則」が役立つことは確かですね。

ちなみにその件で言うところの数学と物理に関してですが、
私の場合は、大学受験程度の問題でしたら、大体見た瞬間に問題の方針は立ちますね。
解答までの流れを掴むことはできます。
もちろん1割程度は特異な問題が入試にはあるかもしれませんが、
国立大の入試くらいであれば、特に難しい問題はありません
(最近の東大の問題に関してはよく分かりませんが、東大以外は特異なものは少ない)。

受験時代は図書館にある全国大学問題集(?)を眺めて娯楽にしていました。
方針を立ててすぐに解答を見る。それの繰り返しで読み終わらせるのです。
勉強は全て独学で、授業は全く必要なかったですね。

600 :1:03/08/22 02:22
しかしその程度のことは、あるところへ行けばできて当たり前なのです。
私がすごいというわけでは全くありません。
「原則」が分かっていれば、そのくらいのことをできる人が増えてくることは明らかだと思います。

常に未知なものへと飛び込まなくてはならない現場というのは意外と多いのです。
技術者、研究者を目指すのであれば、受験というのはお遊び程度と思っていても間違いではないと思います。

ついでに助言ですが、
大学からと言うのは、基本的に詰め込み教育です(ほんとは違うところに意味があるのですが)。
教科書は難しく書かれているだけで、噛み砕けば単純なことばかりです。
多くの人はその難解なものに多くの時間が取られているのが現状です。
また、本来の目的を考えることは学問をすること以上に大切なことです。
現状では、学問のために学問をする人が多いと言えると思います。

原則というものが広まれば、
学問の単純さと、その十分なまでの魅力を知る人が増えるのではないかと正直思います。
今までで言うところの頭が良くなくても、数学や物理はできるようになるのです。
(数学・物理とそれを挙げるのは、特にそれらは原則的な思考を必要とされるからです。)

世の中にでると、数学ができるときに必要とされる能力はそれなりに役に立ちます。
また、原則的な枠組みをつかめる能力も重要です。
それは、「数学ができる」ということを一回り大きくした程度の能力です。
「原則」も「数学」も演繹的な要素が多いという意味では類似しているとも言えるかもしれません。

とにかく難しいことは皆無なのです。
全てが積み重ねであり、その「答え」を現在自分は分かっていないだけなのです。

受験としては、数学も物理も覚えることは少なくて済みます。
原則に対する理解の多い人には、
できればさっさとそれらの勉強にはキリをつけ、時間のかかる教科に取り組むことをオススメします。
(まあ、場合によっても違いますが。)

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)