2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

人生最大の発見

1 :考える名無しさん:03/02/09 20:22
人生最大の発見は「原則」である。

個人のみならず、人類にとっても最大の発見であるだろう。
あと何十年もすれば、一般的にも認知されているのではないかと思う。

ひとまずここにスレを立ててみようと思う。

601 :1:03/08/22 02:22
>590
>…っていうか、食べ物に絶対困らないということは
>たぶん1さんにとっても重要なことだと思うのでお聞きしますが、
>1さんはお金持ちですか?当然、ですよね?

「原則的であれば、食べ物に絶対困らない。」とは言ってませんよ。

しかし原則的であれば、そのような状況になりかけた場合でも、
何とかその状態は回避するようにするでしょうね。

飢え死にすることはないだろうと思います。
もちろん、あきらめた時点では原則に反していることになります。

また、社会が原則的に動き出せば、
基本的に飢え死にすることは、それこそなくなると思います。
今の社会は、まだそのようにはなっていないと思います。


ところで私は特別お金持ちというわけではありませんよ。
将来お金持ちになることはあり得ても、
原則的であった人が全てお金持ちになるとは限りません。

原則が分かっている人にとっては、
お金以上に大事なものがあることを知っているのです。
それについてはすでに書いた通りだと思いますが。

602 :509:03/08/22 03:40
まぁ、俺も確信してるが自分がこれだけ書いても理解されないことに1がどう思ってるのか知りたかっただけ。

老子の書はそう言われてるが書いてあることは原則そのもの。
誰が書いたか知らんが書いた奴は原則を理解してたんだろう。

1の説明は例えが多すぎてかえって理解しづらいと感じる人間がほとんどだろうな(俺もそうだった)
1は原則についての様々な説明を抽象化、一般化すればいいじゃん。
俺はもう完了済み。(加速度的に理解度が高まっている)
今はその抽象モデルで過去、現在、未来の原則を当てはめている。
過去の人物でも原則に気づいてる人間は沢山いた。
しかし、それを抽象化、一般化しなかった。
ただ、原則に気づいた人物は分野ごとに当時のトップレベルだということ。

『意志を持った』ってのがおかしいな。
原則を例えるなら単に『水みたいなもの』の方がいい。
ただ、水だと原則の一側面しか注目していないから混乱するかも。
原則は少なくとも水の性質を備えていると言った方がいいか。
『意志を持った』ってのは原則のもう一方の側面も説明しようと思って入れたが失敗。


603 :1:03/08/23 01:07
>602
>まぁ、俺も確信してるが自分がこれだけ書いても理解されないことに1がどう思ってるのか知りたかっただけ。

そうでしたか。
509さんも分かると思いますが、
「原則」を伝えようと思っても、それはひどく難しい場合もあることは分かると思います。

このスレでは、「原則」をただ説明するだけにするつもりはありませんでした。
「原則」を説明したところで、
分からない人には「だから何?」で終わってしまうのですよ。
そういうわけで、原則はさておき、使えそうな話を取り入れて説明してきたのです。

>1の説明は例えが多すぎてかえって理解しづらいと感じる人間がほとんどだろうな(俺もそうだった)
>1は原則についての様々な説明を抽象化、一般化すればいいじゃん。

しかしそれらを言葉で表すことは非常に難しい
(また、視覚的に表現できたところで伝わらない人には伝わらない)。

初めはそういう原則的なモデルを説明しようと考えたこともありましたが、それでは難しいと思い、
(仮に表現できたところで、「だから何?当たり前でしょ?」で、終わってしまう)
原則的な世界観を含む、基本的な思考や考え方を説明することによって、原則を伝える方法をとったのです。
結果として良かったのではないかと思います。

また、「原則」自体は「玉っころ」というイメージにした。
そういう一般的な抽象モデルというのは、あくまで「原則」の及ぼす性質の一部であるという見方である。
そして、人間はその観点に立つことができると。

604 :1:03/08/23 01:07
>602
>過去の人物でも原則に気づいてる人間は沢山いた。
>しかし、それを抽象化、一般化しなかった。

それについて一言いえば、
普遍的な「原則」が存在すると考え、それを認識できた人物は皆無だったと思われる。
(おそらく私と509さんとでは、何を「原則」とするかは微妙に違っている)

便宜的に、あるジャンルにおいて、
そのジャンルにおける「原則」とも言えるものに気が付いている人間は多く存在していた。ということである。

また、ある意味様々な分野で「原則的に書き記した書物」というのは、
一般的に、原則的に振る舞う対象についてのモデルを書くことよりも、
それに対する自己のあり方を書いていることの方が多い(そうでなければ役に立たないからである)。

一つ上のレスと同じことを言うが、
このスレでは一般的な原則的抽象モデルを説明することによって「原則」を伝える方針はとっておらず、
「原則」に則った基本的な考え方を書くことによって「原則」を伝える方針をとっている。

>ただ、原則に気づいた人物は分野ごとに当時のトップレベルだということ。

それについては、その通りだろう。

605 :1:03/08/23 01:07
>602
>『意志を持った』ってのがおかしいな。
>原則を例えるなら単に『水みたいなもの』の方がいい。
>ただ、水だと原則の一側面しか注目していないから混乱するかも。
>原則は少なくとも水の性質を備えていると言った方がいいか。
>『意志を持った』ってのは原則のもう一方の側面も説明しようと思って入れたが失敗。

お節介かもしれないが、
客観的に見ると、「水みたいなもの」では分からない。(^^;
「水」という言葉の中に隠れている性質は、万人にとって共通の性質ではないからなのだが。。

606 :241:03/08/23 21:23
>>594
>>>まだ作ってはいないっす。(^^;
>>作ってないのかよ!w

>とりあえず、作ってみました

_| ̄|○  殴 っ て や っ て く だ さ い


607 :1:03/08/23 22:27
>606
>殴 っ て や っ て く だ さ い

\ ベシッ
_| ̄|○\ ○
\_|__
   |
       /\

608 :1:03/08/23 22:28
>607
失敗・・・

609 :509:03/08/24 22:01
>(おそらく私と509さんとでは、何を「原則」とするかは微妙に違っている)

どの辺?




610 :1:03/08/24 22:28
>609
>>(おそらく私と509さんとでは、何を「原則」とするかは微妙に違っている)
>
>どの辺?

ひとまず答える前に聞いてみたいと思うのだが、
「原則」そのものについて、509さんはどのように捉えているのでしょうか?

宜しければ、お聞かせ願いたい。

611 :考える名無しさん:03/08/24 22:45
すいません。板違いだとは思ったのですが、書き込みをさせていただきます。
皆さんは自己を肯定する材料を「自分の哲学」と言うのは正しい
事とお思いでしょうか?
自分を肯定するものを自分の哲学と呼んでいい物なのでしょうか?
お考えをお聞かせください。

612 :考える名無しさん:03/08/24 23:27
>>611
質問の意図がわかりません。
実例を示して、もう一度問い直してください。


613 :考える名無しさん:03/08/25 00:09
はい、わかりました。
自分を肯定するってことに「哲学」って言葉を使っていいものなのでしょうか
ということなんです。
例えば、「勉強だけではない」と言ってやらないとかってことに「これが
自分の哲学や!」と言っていい物なのでしょうか?ということです。

614 :考える名無しさん:03/08/25 00:45
>>613
言うのは勝手でしょう。

むしろ>>613さんの質問の意図は
この浅薄な自己正当化に対して
どのように反論すべきか、というところにあるように
お見受けしますが
それは私には解りかねます。


615 :590:03/08/26 01:06
>598
>>とにもかくにも「原則を認識したほうが何かと良い」ということを主張していらっしゃるんだから、

>私は「原則は認識したほうが良い」とは一言も言っていません。
>認識するしないを決めるのは、その人の原則によって決めるべきことなのです。
>すでに述べたことですが、原則的な道が「原則を認識するための道」になるとは限りません。

なるほど「認識すること」と「概念を知っていること」は全く別なんですね。
では、1さんの言う、「原則的な観点に立つと、これこれこんなことができる」や、
「これから世の中には原則が広まり、それによって良くなっていくことだろう」といった主旨の話は
人々が「原則を認識することによって」ではなく、「その概念を知ることによって」ということでしょうか?
つまりは、原則を認識していなくても、原則の概念を知ることによって
原則的な観点に立って物事を行うことは可能なんでしょうか?
(勿論、「偶発的に原則に則した行動をとれるのか」という意味ではなく)
これらは既に頻繁に触れられていることなんであれば、申し訳ありませんけども。

要するには、
>認識するしないを決めるのは、その人の原則によって決めるべきことなのです。
の意味は、原則を認識するか否かは、その人が知る概念としての原則によって
その人の自由意志で決定されるものだから、それについて1さんはとやかく言ってはいない。
ということでしょうか。

であれば、ですよ、
原則に絡めて「世の中が良くなる」や、「〜できるようになる」などのような、
ほぼ誰しもの望むであろう事柄を連発している以上、
1さんは「皆さん、原則という概念は知ったほうが良いものですよ」と言っていることになると思うのですが、
これまた全然違いますかね?

616 :590:03/08/26 01:11
ちなみに、「お金持ちですか?」や「食べ物に困らないのは重要」と私が言った意味は、
原則を認識していらっしゃる1さんでも、時には他の偶発的に原則に従った物事によって
不測の事態に陥ることも往々にして原則的に予想ができるわけですよね?
原則がどんなに分かっていようとも、誰しも、様々な形で「自らの意に反すること」が
起こって欲しくないのは当然ですからね。
であれば、「食べ物」という広く他の活動に支障をきたすような例を、
社会的に重要な意味を持ち、その問題を解決するのに役立つであろうものの例としての「お金」でもって例えた。
ということなんです。
要するに、「そういった備えは当然、万全なんですよね?例えば目に見えるお金とか」
という感じでお聞きしたかった。
勿論、物理数学は楽勝だったというように、お金なら持ってますよと
1さんが答えてしまえばそれで確かめようのないことですけど。
非常にどうでもいいことをつらつらと申し上げてすみませんが、
どうにも伝わった意味が異なっていたようなので。

長々と失礼しました。
では私は引き続き特異な問題など少ない京大へ向け邁進いたします。

617 :590:03/08/26 01:16
↑なんか変な文章になってます。すみません。(いろんな意味で疑われちゃうな)

「であれば」を「それで、私の言いまわしはつまり」って感じに直して読んでください。

あーハズかし。


618 :1:03/08/27 01:44
>611
>すいません。板違いだとは思ったのですが、書き込みをさせていただきます。

このスレに書き込みたいと思えば、スレ違いでも構いませんよ。
自由に発言してください(真実に近づこうという考えがあれば尚良しです)。

すでに回答が得られているかもしれませんが、
せっかくなので私からも一言述べてみることにします。

>皆さんは自己を肯定する材料を「自分の哲学」と言うのは正しい
>事とお思いでしょうか?
>自分を肯定するものを自分の哲学と呼んでいい物なのでしょうか?
>お考えをお聞かせください。
>
>613
>自分を肯定するってことに「哲学」って言葉を使っていいものなのでしょうか
>ということなんです。
>例えば、「勉強だけではない」と言ってやらないとかってことに「これが
>自分の哲学や!」と言っていい物なのでしょうか?ということです。

最後の質問に対して、「これが自分の哲学や!」という使い方はあり得ると思います。

また、下の前半の質問に対してですが、
>自分を肯定するものを自分の哲学と呼んでいい物なのでしょうか?

このスレで言うところの「哲学」というもので考えるとすれば、その質問自体が正確には正しくありません。
「哲学」というのは、「その人の考え方の根底になるもの」というものとしています。

つまり、その質問の「自分を肯定するもの」というのは、
「(自分の哲学の上に成り立つ)自分を肯定するもの」というようになるのです。
それが前提であれば、それが「自分の哲学や!」といえるのは、自明とも言えます。

619 :1:03/08/27 01:45
>615
>なるほど「認識すること」と「概念を知っていること」は全く別なんですね。

うむ。その通りです。

>では、1さんの言う、「原則的な観点に立つと、これこれこんなことができる」や、
>「これから世の中には原則が広まり、それによって良くなっていくことだろう」といった主旨の話は
>人々が「原則を認識することによって」ではなく、「その概念を知ることによって」ということでしょうか?
>つまりは、原則を認識していなくても、原則の概念を知ることによって
>原則的な観点に立って物事を行うことは可能なんでしょうか?

いい質問ですね。

まず言えることは、「原則」を会得していれば、
必ずあらゆる場合において、原則的に行動(思考)することは可能です。

また、「原則」という概念を知って、それを使おうとする者にとっては、
それなりに「原則」というものが役に立つことはあり得ます。
場合によっては、強力なパワーを(知らずのうちに)得られることもあると思います。
つまり、「原則」をはっきり認識できていない場合にも、利用することは可能であるということです。

もちろん人によっては、「原則」を利用しようと思っても、空回りしてしまうこともあり得ます。
また、認識できていない場合は、「原則」という観点に立つことはできないものと思われます。
しかしその観点に立たなくても、「原則」は利用できるのです。

ついでに「荘子」の教えの中に、『盗賊の道も「道(タオ)」に頼る』というようなものがあります。
実は、悪の道にも「原則」を利用することは可能なのです。。。しかし最終的には、、、

>(勿論、「偶発的に原則に則した行動をとれるのか」という意味ではなく)

「原則」の面白みの一つは、「原則」があるとすれば浮かぶ考えにより、得られる利益が出てくることです。
それはハッキリと認識することが可能です。そこから「原則」の効力がハッキリとつかめるのです。

620 :1:03/08/27 01:45
>615
>要するには、
>>認識するしないを決めるのは、その人の原則によって決めるべきことなのです。
>の意味は、原則を認識するか否かは、その人が知る概念としての原則によって
>その人の自由意志で決定されるものだから、それについて1さんはとやかく言ってはいない。
>ということでしょうか。

その通りです。
様々なものが考えられると思いますが、
基本的に次の3通りのパターンがすぐに思いつきます(その中間もあり得ます)。

・「原則の概念を知っている」→今まで通り、「原則」を意識せずに過ごす。
・「原則の概念を知っている」→すでに持っている原則的要素のみを利用して過ごす。
・「原則の概念を知っている」→さらに「原則」を探求し、会得(認識)を目指す。

どう選択するかは、その人の意志により決めることが「原則」でもあります。

621 :1:03/08/27 01:45
>615
>であれば、ですよ、
>原則に絡めて「世の中が良くなる」や、「〜できるようになる」などのような、
>ほぼ誰しもの望むであろう事柄を連発している以上、
>1さんは「皆さん、原則という概念は知ったほうが良いものですよ」と言っていることになると思うのですが、
>これまた全然違いますかね?

全然ではないですが、微妙に違います。

まず言えることですが、実は根深いところにそれぞれの人は、
「原則」を知りたい欲求のある人と、そうでない人とがいるのです(もちろんその間は連続的です)。
つまり、その欲求のある人だけが「原則」の概念を知ればいいのだと思います。
また、中には「原則」に反発する人もいると思います。

ところで「そのように振り分けることは可能なのか?」と聞かれれば、
おそらくそれは可能です。しかも自然に振り分けられます。

一例ですが、このスレには「人生最大の発見」という題がついていますが、
それに反応する人は前者であり、反応しない人(このスレは読まない)は後者なのです。

今のところですが、
590さんは、「原則とはなんだろう?」と思い、その概念を知るに至った(?)。
しかし認識しようとは思っていない。
というのがその本心なのではないでしょうか。

結局、それらは大体うまく、しかも自然と振り分けられていくのです。
また、それが「原則」でもあるのです。
そして、「原則は広まっていく」というのも「原則」なのです。
例えば、現在では20%の人が「原則」を受け入れ可能だとすれば、
時間が経てば、60%、90%・・・と、なっていくものなのです(ちなみに日本はその割合が比較的高いだろう)。

直に「原則」が常識となる時代がやってくるだろうと私は考えています(もちろん原則的な発想です)。

622 :1:03/08/27 01:46
>616
>要するに、「そういった備えは当然、万全なんですよね?例えば目に見えるお金とか」
>という感じでお聞きしたかった。

なるほど。
とりあえず言えることは、
何をするときにも原則的な手順というものが存在するのです。

原則的であれば、意識して「備えは万全」かどうかを考えることはありません。
しかし原則的な行動というのは、基本的に「備えはほぼ万全」です。

ただし前に挙げたような例ですが、
いくら安全運転を心がけていたところで、突然隕石が現れた場合には回避不可能なのです。
飛行機に乗った時点で、100%安全であるとは数学的には言えないのです。

それら不慮の事故は、原則的であっても回避することはできません。
(もちろんその可能性を低くすることは可能ですが)

623 :考える名無しさん:03/08/27 01:50
俺はモテない

624 :考える名無しさん:03/08/27 02:00
モテてもわりとつまらないよ

625 :考える名無しさん:03/08/27 02:04
つまらなくてもモテたい男の哲学。

626 :考える名無しさん:03/08/27 02:15
モテるとさけたい女の哲学。

627 :考える名無しさん:03/08/27 02:15
じゃあ、モテるってなんだ?
不特定多数の女に好かれるのは人気があるだけだろ?
自分の気に入った女を手に入れられるかどうかがモテるだ
お前
モテんのか?
すげえな

628 :考える名無しさん:03/08/27 02:23
あのー女ですが。。。
べつに凄いとかも考えませんが、
女の本音を理解できていないだけですよ。

629 :考える名無しさん:03/08/28 09:53
モテるってのは大衆うけするってことだろ

630 :628:03/08/28 11:17
違う。
底から。

631 :考える名無しさん:03/08/28 11:23
>>628別に凄いとも考えない
の意味不明

632 :考える名無しさん:03/08/28 11:26
女の男性に対する欲

=1金
=2セックスうまい(うまそう)



修了w

633 :考える名無しさん:03/08/28 14:10
面白かったから貼っておく

<女と言う生き物>

うん。=いや。
いや。=うん。
たぶん。=だめ。

私たちに必要よ。=私が欲しいの。
あなたが決めて。=答えはもう分かってるでしょ?

話し合いましょう。=文句があるのよ。
それでいいわよ。=私は不服よ。
この台所使いずらいわ。=新しい家が欲しいの。

私のこと愛してる?=買いたいものがあるの。
もうちょっとで準備できるんだけど。=言っとくけど,ずいぶん時間かかるわよ。


<男という生き物>

ハラ減った。=ハラ減った。
眠い。=眠い。
疲れた。=疲れた。
うん。その髪型いいね。=前の方がよかったな。
その試着した服良く似合うよ。=なんでもいいから早く選んで,家に帰ろうよ。
映画でも見に行かない?=終わったらエッチしたい。
バンゴハンでもどう?=終わったらエッチしたい。
退屈だね。=エッチする?
愛してる。=エッチしよう。
俺も愛してるよ。=よし。言ったよ。さあエッチしよう。


634 :考える名無しさん:03/08/28 14:26
ぼくは真理を見た

635 :考える名無しさん:03/08/28 14:36
>>633
最高です。

636 :考える名無しさん:03/08/28 14:45
女=虚言
男=アホ

637 :1:03/08/30 21:39
webサイトに本の紹介のページを追加してみた。

無数に溢れている書籍の中で、原則的な要素が強く表れているものは少ない。
その中でも有益そうなものをピックアップしてみた。
これだけあれば十分だろう。

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/9272/books.html

638 :241:03/09/01 00:57
少し思った事、書きます。

わざわざ理解力をあげるという事に時間を割く必要はないのかもしれない。
分かった、理解したと心底思うまで理解する努力を続けてみる。
「何となく分かった」と言うのは分かっていない証拠。
問題の後回しはしない。問題浮上したらすぐに解決に向かって努力する姿勢を保つ。
怠らない。甘えない。常にやりつづける。
はじめは基礎から。焦らない。決め付けない。当たり前も難しい。灯台もと暗し。
問題と答えは二つで一つ。答えを知りたかったら問題を知る事。
出来ないものは出来ない。知るのと分かるのは違う。分かるのと出来るのも違う。
一歩一歩。自分を動かしているという認識が大事。自分を知る。ミクロとマクロの視点を使う。
効果が高い方を選択する。10は9でも11でもなく10である。無駄を省く。
応用しようとする心。何かあると思う心。しないと言う事をする事も考慮に入れる。

そんな感じです。自分でも良く分かってないんですが(w


639 :1:03/09/01 02:05
>638
おおお。
少しずつ前進しているようですね。そう見えます。
第三者的に見ればわくわくしますよ。w

袋から開けたばかりの直方体である粘土の固まりを、
その内部に両手をつっこみ、中央から引き裂いて広げていくような、
そういうイメージでもあります(つまり、思考の幅が広がっていくと)。

そういうこととは別に、全く新しい領土を開拓することによって、
新しい概念や世界観を獲得するという方法もあると思います。

・・・とは言っても、分からないかもしれませんが。
とにかくその調子でいろいろとやってみるのが良さそうですね。
特に何かを言う必要はありませんでした。

640 :考えるサル:03/09/01 09:31
HPが完成したようで、
おめでとうございます。

しかし、このスレを見ましょうっていうのは、アリなんですか?

期待していたのですが、ものすごくがっかりです。

641 :1:03/09/02 00:59
>640
>HPが完成したようで、おめでとうございます。

お祝いの言葉をありがとうございます。
まあ、完成したというよりは未完成と言った方がいいですね。

642 :1:03/09/02 01:00
ところで、これらをまとめるのは大変そうなので、しばらく時間がかかりそうです。
というのも、「原則」だけをまとめるとすると、あっさりしすぎてしまうからです。

「原則」に関するものは近いうちにまとめてみたいと思いますが、
他のものに関してどうするのかは、やはり未定です。
というより、「原則」とは関係ないものとしてまとめるかもしれません。

これからどうする予定なのか?
まず、私の一番の主張はすでに言い切っています。
それが分かっている人には、すでに何も必要ないのでしょうね。

本当は他の人の反応も知りたいですし、
「原則」を広めることを手伝っても欲しいところですが、なかなか難しいのかもしれませんね。
仮に何か言いたいことがある人は、どんなことでも遠慮なく書き込みしてみてください。匿名なわけですし。

また、「原則」によって現れるその他の一般的な現象や、他に私の言いたいこと。
それらもなくはないのですが、あまりそれを書く必要性を感じなくなってきました。(^^;
「原則」が分かっていれば、全てがその人によって解明できてしまうことなのですから。。

私が何かをする必要は全くないのですよね(希望があれば別ですが)。
(本当は本音をザクザク言いたい気分でもあるのですが、
 建前上そういうことはできないのですよね・・・トホホ)

ま、ひとまず様子を見ながらコツコツと進めていこうと思っています。
まだ世の中に広めることを主眼にする必要はないだろうと思います。

そのことは、その気になれば、いともたやすいことなのですから。
できれば「原則」が確実なものと思えるようになってから、そうしたいものです。

まだ哲学版を見ている人くらいにしか伝えていないのですよね。
もうじきグーグルなどで検索可能になるかもしれませんが。どうなることやら。

643 :考える名無しさん:03/09/02 01:03
HPってどれ?

644 :考える名無しさん:03/09/02 01:06
ネット上ですら、HPをヒットポイントと読む人がいる

人生最大のはっけんだ

645 :考える名無しさん:03/09/03 00:12
老子の本の解説者は道(原則)について本当に分かっているのかな?

646 :509:03/09/04 20:04
合気道はそれ自体このスレで言う原則にかなったものですね。


647 :1:03/09/04 21:45
>645
>老子の本の解説者は道(原則)について本当に分かっているのかな?

何を「本当に分かる」とするかはおいておくとして、
ほとんどの人は、老子の説く「道」を「思想の一つ」として捉えているのだと思います。
つまり、そういうものを認識できるかどうかなどは、知る由もないのだと思います。

また、老子自身も「原則」を認識できていたのかどうかは定かではないと思います
(はっきりと認識できてはいなかったのではないかと思いますが、微妙です)。
少なくとも、人間が「原則」に近づくことができることは知っていたのだと伺えます。


>643
>HPってどれ?

念のため、これ↓です。
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/9272/


>646
ですね。

648 :1:03/09/07 03:57
ところで「原則」についてですが、
知ろうとするつもりでこのスレを読めば、大体概念はつかめるようですね。
哲学版自体にも影響が出ている様ですし。

また、改めて言いますが、
「原則」に関してのとらえ方は全くその人の自由で構わないと思います(無視してもらっても構いません)。

ただ、私の言い分は「原則」というものを通すことによってしか伝えられなかったので、
敢えて私の提案した「原則」というものを利用したということです。
もしかしたら、「原則」なんぞは世の中には無いのかもしれませんのですしね。(w

一応形式的には完結させる必要があったので、敢えて「原則」そのもののイメージを
「玉っころ」という形に仕立て上げてみた(もちろん空想上の産物である)。

そういうものが自分の内に備わっていると考えると都合が良いからである。
また、全てにおいても辻褄が合っていて、都合の良いことこの上ない。
この世の仕組みも例外なく原則的である(矛盾のない因果が存在している)。

また、全ての現象を「原則」という観点から眺めることが可能である。
全体像をありのままに捉えることができれば、
どこへメスを入れればいいのかが分かるのだ。全ては手の内にある。

649 :1:03/09/07 03:59
ついでに、「原則」が分かる人間の得意とする能力は、
全体を統括して考える能力、人を推し量る能力、未来を切り開いていく能力・・・etc。
細かいところを緻密に対処することも可能であり、混沌とした世界に秩序をもたらすことも可能だろう。

イメージ的には諸葛亮孔明としておくが、
今の世の中には、そのような人間が100人程いたところで焼け石に水である。

結局、全ての物事は原則的な事象の繰り返しなのである。
物事を繰り返し乗り越えて行くと、そのうち全てが同じ事の繰り返しだと思えてくるわけなのだ。
全く未知なものに対しても、流れるように次に進むべき道が分かるのである。

しかし「原則」が分かることによる利点は、次の一手を知ることができることに尽きるのかもしれない。
原則的に進むことができるだけであって、その時々の時点では到って地味に見えるのである。

650 :1:03/09/07 04:00
結局のところ、この「原則的(玉っころ)発想法」とでもいいましょうか。
私が勝手に創り上げただけとも言えそうなんですよね。(^^;

しかしながら、私の勝手に思うところですが、
「万有引力というものが普遍的に世の中には存在している」と言えるのであれば、
それと同程度の信憑性で、「原則というものが普遍的に世の中に存在している」
と言っても差し支えないと思います。
やはりそれは「人類最大の発見(発明?)」と言えるでしょう。

ところで、そろそろ本格的に「原則」を世の中に広める時期だろうと思ってきました。
この調子でのんびりしていても埒があかないと。
少しずつ他の板に進出する方法もありますが、
一気に2ちゃんにスレでも立ててやろうかと思っている節もあります。
(一気と言っても、1、2ヶ月くらいかけてでも良いのですが)

徐々に広めていくのではインパクトが薄い。
ここは一気に日本のパラメータを「0」から「1」へとビットを立てるかのごとく、
「原則」というものによって革命を起こすくらいの勢いでやるのが
世の中にとっても得策なのではなかろうかと。
その行動は、法律や2chのルールの範囲内でしょう。

えらい非難も多いかもしれませんが、
それと同時に「原則」が分かる人間も大量発生するのではないかと。
今の日本の土壌であれば、それほど問題はないと考えます。

「原則」が一部の人間の共通認識になれば、
世の中に「原則」の火種が付いたと言っても同然だろうと思います。
そうなってしまっては、もう誰にも止めることはできません。

もうしばらくは様子を見たいところですが、そのような考えはあります。
多少大げさな表現でしたが、この世の中にそんなことがあっても良いでしょう。w
まあ、何か言い分のある人はカキコでもしてみてください。

651 :DQN ◆DQN.TxIIOE :03/09/07 04:22

 「人生最大の発見」を世間では常識という(ワラ

652 :考える名無しさん:03/09/07 04:23
ワラワラワラ

653 :考える名無しさん:03/09/07 04:49
がいしゅつかも知れないけど俺は射精を誰にも教えられずに自ら発見した。
セックスの知識も何もない時期に。
ただ女のハダカを見ていてあるときピュッと出た。
半年くらいは自分が何をやっているのかも理解せずに気持ちいいので
ピュッピュッ出していた。
これは俺だけの人生最大の発見だと半年くらい密かに楽しんでいた。
しかし、あるとき鶴光か谷村のラジオを聞いてそれは男なら誰でもやる行為だ
と知って安心と同時に少し残念に思った。

654 :厨房 ◆TDFFzP5Uj. :03/09/07 04:55
653イタいほど早熟(ワラ

655 :DQN ◆DQN.TxIIOE :03/09/07 04:55

 そもそも発見というのは教えられてするものではない(ワラ

656 :655:03/09/07 04:59
ま、俺は原則うんぬんホザいてる頭でっかちのオマイラとは
大違いってことだ!

657 :考える名無しさん:03/09/07 05:04
ワロタ

658 :考える名無しさん:03/09/07 05:04
>656  まあ誰かに認めてもらったときにいえることでは?

659 :DQN ◆DQN.TxIIOE :03/09/07 05:04

 頭が小さいことは自慢にはならない(ワラ


660 :655:03/09/07 05:04
俺が最初に射精したころはネットは愚か、ヘアヌードすらなかったが、
今の若者は情報過多で頭でっかちになって急き立てられ煽られるように
精通しているのではないかと心配である。
哲学上の問題についてもまったく同じことが言える。

661 :厨房 ◆TDFFzP5Uj. :03/09/07 05:05
>>658いつものように目的語がない鉄ヲタ(ワラ

662 :DQN ◆DQN.TxIIOE :03/09/07 05:07

 亀頭でっかちにはなってみたいものだ(ワラ

663 :655:03/09/07 05:08
世界で一番の、歴史上始まって以来の最大の発見ではなく、
自分にとっての最大の発見を試みよ。
俺にとっての精通のように。
さすれば人類最大の発見とやらにも通じることができよう。

664 :厨房 ◆TDFFzP5Uj. :03/09/07 05:10
>663
今すぐ町中を裸で走り回れば(ry
ワラ

665 :DQN ◆DQN.TxIIOE :03/09/07 05:12

 歴史にも精通してくれ(ワラ

666 :考える名無しさん:03/09/07 05:14
ネチケットに精通してくれ(ワラ

667 :厨房 ◆TDFFzP5Uj. :03/09/07 05:16
666

とりあえずの逃げ道確保、安心(ワラ

668 :厨房 ◆X/WonVKLQc :03/09/07 05:17
ワラ

669 :DQN ◆DQN.TxIIOE :03/09/07 05:17

 そっちの精通じゃない(ワラ

670 :厨房 ◆TDFFzP5Uj. :03/09/07 05:17
668仲間登場(ププ

671 :厨房 ◆XZNhn2Jsxg :03/09/07 05:20
ワラ

672 :キッチン:03/09/07 05:34
類は友を呼ぶ(ワラ

673 :考える名無しさん:03/09/07 05:36

>>672
お前も漏れも同類 (w

674 :考える名無しさん:03/09/07 10:11
>>663
人類最大の発見はなんですか?

675 :考える名無しさん:03/09/07 10:13
普通の答えでいいなら、言語。


676 :考える名無しさん:03/09/08 01:13
原則のホームページを見つけました。
http://benri.gaiax.com/home/eiji_asakawa/

世の中は、何万年の昔から「原則」で動いています。

人間のたかが70−80年の人生では、この
「原則」を探し身につけることはできません。

677 :厨房 ◆TDFFzP5Uj. :03/09/08 01:15


  まず非核三原則を守れよ(ワラ

678 :考える名無しさん:03/09/08 01:25
>676 ホームページ内

sence→since ww

679 :1:03/09/09 18:12
一応、他の人の目もあることなので答えておきます。


>651
>「人生最大の発見」を世間では常識という(ワラ

仮に「原則」が存在していた場合、
「原則」を知らない人にとっては、そういうことになりそうですね。

>656
>ま、俺は原則うんぬんホザいてる頭でっかちのオマイラとは
>大違いってことだ!

普段は原則のことなど考えていないので大丈夫です。

>660
>俺が最初に射精したころはネットは愚か、ヘアヌードすらなかったが、
>今の若者は情報過多で頭でっかちになって急き立てられ煽られるように
>精通しているのではないかと心配である。
>哲学上の問題についてもまったく同じことが言える。

「原則」は分かっているのでしょうか。
心配なさっているようですが、そのことには当てはまらないと思うので大丈夫だと思います。

>663
>世界で一番の、歴史上始まって以来の最大の発見ではなく、
>自分にとっての最大の発見を試みよ。
>俺にとっての精通のように。
>さすれば人類最大の発見とやらにも通じることができよう。

あなたにとっての人生最大の発見は「精通」だったのですね。

680 :考える名無しさん:03/09/09 18:15
でつ{死)

681 :1:03/09/10 00:45
連続投稿の規制がかかってしまっていました。(^^;

>676
>原則のホームページを見つけました。
>http://benri.gaiax.com/home/eiji_asakawa/

そのようなホームページがあったとは、、見落としていました。

682 :1:03/09/10 00:46
たかが原則、されど原則。
原則が分かっている人にとっては当たり前のことにすぎない。

しかし、やはり原則が分かっていないことによるマイナス点が
世の中には多く存在していることは否めない。
そして、原則には無限の可能性が秘められていることも確かである。

他人の行動を見て、原則が分かっていれば、それはないだろう!
とでも思ってしまうことが多々あるわけなのだ。

しかし、そういう場面に遭遇したところで口にすることは稀である。
心の内でそう思っていることしかできないのである。
その理由の一つは、それを教えようとしたところで理解することができないからである。
触らぬ神にたたりなしとでもいうべきものであろう。

ある意味、多くの人が知らずのうちに不幸になっているのかもしれない。
原則がすでに当たり前の社会であれば、そのようなこともなくなるだろうと思われる。

683 :1:03/09/10 00:46
やはり全てを説明するには、今のところは「原則」を用いる方法しかない。
しかしそれが分からん人間に教えたところで分かるはずのないことなのである。
ましてや人類最大の発見に繋がってしまうことなのだから信じるはずもないのだ。

私は「原則」を超えるものを探してきたつもりであるのだが、
それを見つけることはついになかった。
手を伸ばせる範囲で手当たり次第に探してきた。書店も巡りに巡ってみた。
しかしその程度では、やはり見つからないというわけなのか。
全ては「原則」の範囲内のことでしかなかった。

しかし「原則」で十分だという考えもある。
「原則」を超えるものがあれば、今でも知りたいと思っている。
反例が無い限りは永遠不変に存在しているものとしても良いだろう。

ところで、ネットを通じて世の中に広めようと考えたのは、その必要性を感じたからである。
くだらないことだとしても、反論があろうとも、それによって何かを得られる人もいるであろうと。
後々のために繰り返し書いておきますが、賛同してくれる人は、軽く宣伝をお願いします。w

684 :1:03/09/10 00:47
これだけ毒を吐いておけば、私が「原則」を広めようとする理由も少しは伝わったのではないのだろうか。
どちらにしても、身近なところから口コミで広まるような代物ではなかったということだ。

そうなるためには、もうしばらくの時間が必要になったことだろう。
ネットを通じることは、時間が早まったに過ぎないことなのだ。

しかし原則的に考えてみれば、ネットを通じさせることが最も理に叶ったことだろうと思う。
書籍化されたところで信じる人は少ない。
それに新聞社が人生最大の発見と報じるだろうか?
非常に考えにくいことである。少なくとも必要以上に時間がかかるだろう。

ネットで広めるのが、最も手っ取り早い方法だったのだ。
日本にはちょうどありがたいことに、この掲示板があった。
ここから「原則」が生まれることは理想的だと勝手に思っている。

しかし、それが実現するのも、潰れるのも、私によって決められることではないのである。
私には、自らの主張を言うことしかできない。

私にも「原則」があるのかどうかが分かるわけではないのだ。
今のところは矛盾がないだけであり、そういう発想法ができることが分かっただけなのだ。
何かそれだけでは「足りていないもの」があるのかも本当のところは証明されてはいないのである。
また、私なりに調べられる限りのジャンルに置いては、成り立つことは確認できた。

しかし「原則」があることを示す材料としては、まだ足りていないだろう。
少なくとも、さらに多くの人の認知が必要になりそうである。
「原則」の反例が見つかるかもしれない。

もうじき哲学版以外のところへと宣伝しようかと思っているところではあるが、
心持ち程度でも良いので、誰もが信じることができるような「原則」が生まれるよう、願っていてほしい。
と、勝手なわがままでもあるのだが、、。

685 :考える名無しさん:03/09/10 05:05
1は星新一の愛読者じゃなかろうか。
似たような展開のショートショートを読んだことがある。

686 :1:03/09/10 07:58
>686
>1は星新一の愛読者じゃなかろうか。
>似たような展開のショートショートを読んだことがある。

また勝手な類推を。

多少演じているのは、しょうがのないことなのだよ。

687 :考える名無しさん:03/09/10 22:46
あれだ、某新興宗教の三原則とかだろ。どうせ。

688 :1:03/09/13 00:28
結局なんだかんだと言ってきたわけだが、
強制的に広めるのはやめようかと思う(誰かがそうしてくれればありがたいものだが)。
このまま自然と(誰かのコピペなどを含む)広まるのを良しとしたい。

しばらくは(数ヶ月?)この板で様子を見たいと思うところだが、
何か「原則」について思うところがあれば、ここにカキコしてみて欲しい。
「広めることについてどう思うのか?」など、云々。

個人的にあのホームページについては、
しばらく後に大きく改善したいと思っている。
少なくとも2ちゃんねる風のイメージではどうかと。(^^;
独自に掲示板もあれば良いのではないかと思うところである。

689 :考える名無しさん:03/09/13 05:16
スレッドを読んで原則がどういうものか認識できました。
日頃から>>491-493にあるような原則的発想をしていたおかげか、
1さんには感謝しなくてはなりません。ありがとうございます!

う、>>688広めるのをやめちゃうのか・・・
いろいろ質問してみたいことがあったりします。せっかくなのでひとつ。
>>491-493の原則的発想から原則を発見したと思いますが、
1さんの中で原則的発想の順番というものはありますか?
(もしかして、原則を発見したから原則的発想を思いついた?)

690 :1:03/09/13 10:14
>689
>スレッドを読んで原則がどういうものか認識できました。
>日頃から>>491-493にあるような原則的発想をしていたおかげか、
>1さんには感謝しなくてはなりません。ありがとうございます!

おおお。おめでとうございます!
私にとっても、嬉しい限りです。

>う、>>688広めるのをやめちゃうのか・・・

今の現状を考えると、強制的に広めることはないかなと、、
このスレで、広めようとする雰囲気が高まればそうしてしまうかもしれません。

>いろいろ質問してみたいことがあったりします。せっかくなのでひとつ。

いろいろ質問してもらって構いませんよ。



やはり、このスレに書いてあることで「原則」については十分みたいですね。

691 :1:03/09/13 10:14
>689
>>>491-493の原則的発想から原則を発見したと思いますが、
>1さんの中で原則的発想の順番というものはありますか?
>(もしかして、原則を発見したから原則的発想を思いついた?)

とりあえず、2行目の意味が明確に分かりませんでした。
今の私の状態は、その時々で理想的な発想や思考が自ずとできるという感じだと思います。

私も原則を知る前から、それなりに原則的な発想をしていました(もちろん後になって分かったことですが)。
原則を発見してから、さらに新しいものを探求して行ったのです。
最近では、今私の持っているもので、ほとんど十分だろうというところまでは来ていると思います。

>491-493で書いたのは、全体的な発想の中でも、
核になるアナログ的なものを、デジタル的に大ざっぱに表現してみたというところです。
(言葉で書く以上、必ずデジタル的な表現になってしまいます。
 言葉はただの記号ですし、コンピュータ上でも所詮は「0」か「1」のデータです。)

もちろん、応用的な発想や思考の仕方などは、他にも様々にあります。
しかしそれらは、あらゆるジャンルにおいてまでは必要でなかったり、
基本である「原則」が分かっていれば、特に知っておく必要のないことなので書いてはいません。
その都度発見していける代物だと思います(実は原則が分かっていても、発見は永遠に続くのです)。

そこら辺までいくと、私もどこまで分かっているのかは明確ではありません
(少なくとも地球人が知ることのできる範囲でしか、私にも知ることはできません。当たり前ですが)。
ただ、私が関わることに関しては、今の状態で問題がないことは確かです。
最近では、ある程度の大きさの発見でさえ、ほとんどなくなって来ました。

つまり、原則的発想というのは、原則が分かった後でも次々と発見していくものなのです。
そこに書いてあるのは、多くの人が無意識でやっている思考のわずかな一部を言語化したにすぎないのです。
イメージ的には、原則が発見できた人は、そこから思考の源泉を膨らましていくことになるのです。

といった感じだと思います。

692 :考える名無しさん:03/09/13 10:22
>>1
そこまでゲンソク、ゲンソクって言うんだったら
そのゲンソクを駆使して何か凄い事やってみてよ

693 :692:03/09/13 10:58
ていうかゲンソクに従っていれば、シャカリキになって何か凄い事しようとする必要も無いんだね
全てはただあるがままで満たされてんだから
アホな要求してスマソ

694 :1:03/09/13 11:14
>692
>そこまでゲンソク、ゲンソクって言うんだったら
>そのゲンソクを駆使して何か凄い事やってみてよ

>693
>ていうかゲンソクに従っていれば、シャカリキになって何か凄い事しようとする必要も無いんだね
>全てはただあるがままで満たされてんだから
>アホな要求してスマソ

なるほど、分かっているみたいですね。

ひとこと言っておくと、
私が何か凄いことをしない場合にも、必ず世界は凄いことになると思いますよ。
原則があるならね。

695 :689:03/09/13 14:53
>>691
原則的発想の順番は、その人の発想の歴史といいましょうか。
>>491-493の原則的発想に辿りつく過程、プロセスのようなものです。
とりあえず、僕の原則的発想を身につけていく過程なんかを。
今思えば、失敗からより多くの原則的発想を学んでいたようです。

昔は原則的発想はこれぐらいしかもっていませんでした。
(あんまり長くなると面倒なのでそれぞれ三つぐらいでw)
・事実でないことは起こらない、何事も自らにとってのみに都合の良い解釈をしてはならない
・すでに先駆者がいるのであれば利用できるだけ利用する
・全ては解析可能、解決可能

で、案の定、人生はじめての大きな失敗をするわけです。
視野の狭さや、人を要素ととらえきれずに理想的に扱えなかったり。
その失敗の中からまたいくつか原則的発想を学んでいきました。
・あらゆるものは独立している要素から成り立っている
・あらあるものと「原則像」とを比較して考える
・あらゆるものを利用する(組み合わせる)ように考える

失敗から学ぶものは多かった、おいらは成長したぜぇ〜と思っていたら、
上の失敗を元に視野を広げすぎて情報の大海に溺れてしまいました。
またしても大きな失敗をしてしまいました。そして原則的発想を学ぶことに。
・物事は単純である
・常に理想を目指して前進し続けるのである
・常に手応えを感じていなければならない

696 :689:03/09/13 14:53
実のところ、よくもまぁ、失敗から学ぶ姿勢を崩さなかったなぁと・・・
二回目の失敗は心のダメージがでかくて立ち直るのに時間がw
今ではすぐさま原則的にダメなところがわかるんだけど。
しかも、他人の成功や失敗を原則的な要素としてとらえると、
実際に物事をなさなくても原則的な発想を学べてしまいます。

そうですね、なによりも原則的発想を気付かせてくれたのは、
人の言葉や漫画や小説や映画や・・・すべてですね。
例:「・常に手応えを感じていなければならない」
五つあった企画うちの三つまで出来ていたのに、
出来なかった企画にとらわれすべてを出来なかったと思い込んでいた。
そんな時に「今出来たことを意識すること」を人から教えていただいた。
そうやって、>>491-493の原則的発想に近づいていったのです。


697 :考える名無しさん:03/09/13 18:37
( ´_ゝ`)

698 :1:03/09/13 22:53
>695
>>>691
>原則的発想の順番は、その人の発想の歴史といいましょうか。
>>>491-493の原則的発想に辿りつく過程、プロセスのようなものです。

なるほど、そういうことでしたか。
私の場合は特に明確な順序はなく、全体的に徐々に学んできたと言えると思います。
それでも、下の方に行くほど遅くなったかもしれませんが。

しかしもう一つ言えることは、
原則が分かって、これから原則的に物事を見ていくとしたら、
その思考は、「原則」というその一点から生み出されるようになると思います(そういう感覚になる)。
その一点のものを表現すると、>491-493のようなものになると言うことです。

>498の「平面で高さがないようにおもえる」というのは、
正にそういうものを表現したから、ありのままに感じ取って出てきた感想なのだと思います。

699 :1:03/09/13 22:55
>696
>しかも、他人の成功や失敗を原則的な要素としてとらえると、
>実際に物事をなさなくても原則的な発想を学べてしまいます。

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ」という格言を思い出しました。

>そうですね、なによりも原則的発想を気付かせてくれたのは、
>人の言葉や漫画や小説や映画や・・・すべてですね。

そうですね。
私の場合も様々なものを通じて学んできました。

特に人の考えを参考にして来れたのも良かったと思います。
実は、「人の考えを知る」ということは、この世の中でも最も難しいことの一つではないかと思います。
その理由の一つは、この世の中の仕組みが分かっていなければ、「人の考え」もつかめないからです。
人の意見を聞いても、腑に落ちないで終わってしまうのです(どうしてそう発想できるのかが理解できない)。
自分が世の中の仕組みを知っていなければ、「他人の思考」を理解することはできないのです。
私は、最後の最後まで他の人の考えを理解することは、なかなかできませんでした。
・・・余談でしたが。

689さんもいろいろと苦労なされて来たのですね。頭が下がります。
これからもがんばっていきましょうか!w

700 :考える名無しさん:03/09/14 16:46
減速

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)