2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

** 倫理学 **

1 :考える名無しさん:04/03/28 11:39
倫理学についての総合スレです。
この分野は哲学板ではなぜか手薄な感が強いですが、マターリいきましょう。


【現行の関連スレ】
環境倫理学
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1069219499/

【おもな過去ログ】
倫理学@2ch掲示板
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1023/10235/1023548995.html
倫理の可能性と限界
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/mentai.2ch.net/philo/kako/979/979618538.html
功利主義について語ろう
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/academy.2ch.net/philo/kako/1024/10240/1024055157.html
正義論
http://mimizun.com:81/2chlog/philo/mentai.2ch.net/philo/kako/956/956144522.html

2 :考える名無しさん:04/03/28 11:43
和辻哲郎
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1011123298/

3 :考える名無しさん:04/03/28 11:57
倫理学科って具体的にどういうこと勉強しているの?
倫理学科の人、あるいは倫理学専攻している人いたら教えてください。

4 :考える名無しさん:04/03/28 12:00
一般的なイメージでは倫理学は哲学の一分野だと思うので
哲学とは別に、倫理学で何をやろうとしているのかは、
確かに気になる。どうか教えてください、偉い人!

5 :考える名無しさん:04/03/28 15:00
「哲学とは別に」ってどういうこと? 学科が分かれているから別の学問って
ことはないよ。

6 :三浦 ◆K8EfEbyWG6 :04/03/28 15:02
もうえぇ。
もうえぇよ。


7 :考える名無しさん:04/03/28 15:06
>>5
じゃあなんで倫理学科なんてあるんだよ

8 :考える名無しさん:04/03/28 15:14
さあ、むかしの人が真善美のそれぞれに対応させて哲学科、倫理学科、
美学科、の3つが必要と考えたとか、そんなところじゃないですか。
日本の大学は、学科・学部の再編成が難しいところのようだから。


9 :考える名無しさん:04/03/28 15:34
倫理専攻の奴らが一体何をやってるのか前から疑問だったんだ。
わざわざ哲学と別れて独自に何をやってるのか、倫理やってる人教えてくださいな。

10 :考える名無しさん:04/03/28 15:37
哲学・倫理学・美学これを原理的に統合したのが竹田現象学と思われ。

11 :考える名無しさん:04/03/28 15:37
こりゃぁ!2ちゃんねる倫理に反するんじゃないか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
60 名前:考える名無しさん :04/03/28 13:52
>1,39,40,43
本当だぜ!前スレ989で止まっている!
書き込みも出来ねぇ?
以前の発言だけは倉庫に格納??
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レス数が950を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
【セカイの中心で】東浩紀スレッド31【活躍中】

989 :考える名無しさん :04/03/26 13:19
きわめてひどいですね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ERROR:このスレッドには書けません!
=============================================

12 :考える名無しさん:04/03/28 15:39
哲学専攻と倫理学専攻が分かれている大学でも、それぞれの専攻の傾向は
たまたまそのとき教授になっている人の考え方で決まっているのが普通。


13 :考える名無しさん:04/03/28 15:43
Sidgwickとかはこのスレでいいの?

14 :考える名無しさん:04/03/28 15:45
>>13
それがわからないならあなたにこのスレで語る資格はないかと。

15 :考える名無しさん:04/03/28 15:48
2chで「語る資格」!!!

16 :考える名無しさん:04/03/28 15:50
それが倫理学です。

17 :考える名無しさん:04/03/28 15:51
>>14
仏独系の倫理学だったらSidgwickはダメかなと思ったの
英米系もいいのね?

18 :考える名無しさん:04/03/28 16:01
>>10
>哲学・倫理学・美学これを原理的に統合したのが竹田現象学と思われ。

確かに竹田の欲望論は総合したのかもしれません。

19 :考える名無しさん:04/03/28 16:05
竹田の話題は、専用のスレでやって欲しいと、個人的には希望する。

20 :考える名無しさん:04/03/28 16:09
>>17
それについては>>1の言及も無いし、両方ともいいと思うよ。

21 :考える名無しさん:04/03/28 16:11
>>19
どうして?

22 :考える名無しさん:04/03/28 16:15
バディウが最近できたが、
今度新刊の『倫理』はどうなの。
タイトル的にはストライクだと思うが。

23 :22:04/03/28 16:15
バディウが最近できたが
→○バティウスレが・・・

24 :考える名無しさん:04/03/28 16:16
「哲学・倫理学・美学これを原理的に統合」なんてことをいまさら言っ
ているとしたら別世界の住人としか思えないからかな。ま、個人的希望
だから無視してくれていいけど。

25 :考える名無しさん:04/03/28 16:17
意味不明だから無視するよ

26 :考える名無しさん:04/03/28 16:18
竹田の話題は竹田シンパ以外には興味が薄いものだから、
そっち専用のスレでやってくれると嬉しい。

正直、倫理学にとって竹田の存在はあまり意味を持ってないから。

27 :考える名無しさん:04/03/28 16:19
彼のいう真理というものがよくわからないの、だから彼のいう倫理もなんとなくしかわからない。

28 :27:04/03/28 16:20
>>27の書き込みは>>22に対してです。


29 :考える名無しさん:04/03/28 16:25
竹田の本買ってそれについて発言すればシンパ?ばかばかしいな

心理学というのは価値を扱うわけでしょ?
竹田の現象学は社会集合体に向かっているようなんだよね。
で価値世界を構成する人間的世界の関係を解明する。
それを倫理学という領域でやるのではなく、人間的欲望の範疇論
としてやろうとする。

30 :考える名無しさん:04/03/28 16:26
29訂正

倫理学というのは価値を扱うわけでしょ?
竹田の現象学は社会集合体に向かっているようなんだよね。
で価値世界を構成する人間的世界の関係を解明する。
それを倫理学という領域でやるのではなく、人間的欲望の範疇論
としてやろうとする。




31 :考える名無しさん:04/03/28 16:29
>それを倫理学という領域でやるのではなく、人間的欲望の範疇論 としてやろうとする。

この時点で当スレには関係の無い方だと思いますが。
別に竹田の仕事を低く見ているわけではなく、単純に倫理学スレで扱うというよりも、
彼専用のスレがあるのだからそこで語れば良いと言っているまでです。

32 :考える名無しさん:04/03/28 16:32
>>31
同意。

33 :考える名無しさん:04/03/28 16:36
>>31
では聞きますが、あなたのいう倫理学をはなんですか?
他の領域が並び照射しあうことをし拒否排除する倫理学という領域はなにか?

34 :考える名無しさん:04/03/28 16:37
まあ、もう竹田氏の問題を論じていても埒があかないから、そうしたいなら
このスレで自由に竹田氏の倫理学について語ってもらっていいんじゃないで
すか? 他の人に興味がなければ、それにはコメントしなければ言い訳で。

35 :考える名無しさん:04/03/28 16:38
訂正します。
>>31
では聞きますが、あなたのいう倫理学とはなんですか?
他の領域が並び照射しあうことを拒否し排除する倫理学という領域と
はなにか?




36 :考える名無しさん:04/03/28 16:41
>>33
俺の倫理学の定義が問題になるのでしょうか。
倫理学とは何か、その共有できる一般解を出すというのもこのスレのひとつの意義だと思いますよ。

それに、「他の領域が並び照射しあうことを拒否・排除」しているわけではなく、
「他の領域」が倫理学について語る上で言及が必須と思われれば言及されるべきだし、
もし議論の流れの中で「他の領域」が語られる要件が無いのであれば、
このスレはとりあえず「倫理学」をメインに語るスレなのだから「他の領域」はご遠慮下さい、
ということです。

「他の領域」を議論のとっかかりなりメインの主題なりに据えて語るのならば、
その「他の領域」を専門とするスレがある場合にはそちらでやってくださいよ、ということです。

37 :考える名無しさん:04/03/28 16:42
>>34
>それを倫理学という領域でやるのではなく、人間的欲望の範疇論 としてやろうとする。

これは竹田のは厳密には倫理学ではないということだが

38 :考える名無しさん:04/03/28 16:43
倫理学の総合スレだからいろいろな問題あつかっていいんじゃない?


39 :考える名無しさん:04/03/28 16:44
いいじゃないですか。「人間的欲望の範疇論」でも何でも、自由に語って
もらえば。倫理学の主題と関係はあるでしょうしね。

40 :考える名無しさん:04/03/28 16:44
例えば、ラーメンとチャンポンの持つ社会的意味について倫理学を射程に入れつつ議論したい人がいるとして、
その人がこの話題は倫理学と隣接する領域に属するからこのスレでラーメンとチャンポンについて、
様々な側面から検討していきたい、と言ってもそれは認められませんね。
素直にラーメン板に行けということになります。

それと同じです。

竹田を語りたいなら竹田スレでどうぞ。

41 :考える名無しさん:04/03/28 16:45
>>37
>これは竹田のは厳密には倫理学ではないということだが

価値を扱うにしても、従来の倫理学では駄目だということなら
倫理学としても反論しないと。

42 :考える名無しさん:04/03/28 16:46
>>41
その反論は、竹田の主張が元にあるのだから竹田スレですべきことです。
ここは厳密にスレの使い方を規定していかないと、「スレ違い」という概念そのものが危うくなりますよ。

43 :考える名無しさん:04/03/28 16:47
>>40
いや、しょうがないですよ。「幸福」は倫理学の重要概念だからと、
「幸福の科学」についてここで語りたい人が出てきたら、それもまた
認めるしかない。こうした議論をしている方が無駄。

44 :考える名無しさん:04/03/28 16:48
「医の倫理」とか言うのがあったね。
ガン告知、クローン、脳死、とか。。。

45 :考える名無しさん:04/03/28 16:54
質問しますよ。
学問としての倫理学とはなんですか。


46 :考える名無しさん:04/03/28 16:57
>>45
道徳とか価値とか、そういった行動にかかわる規範概念について扱う
哲学の分野じゃないですか?

47 :考える名無しさん:04/03/28 16:58
>>42
倫理学に関係すると思われる話題を提供することがなんでスレ違いとなるんでしょうか?
スレ違いといなら、倫理学とはなにか明確に今言って下さい。

48 :考える名無しさん:04/03/28 16:59
>>42さんに質問です。
倫理学に関係すると思われる話題を提供することがなんでスレ違いとなるんでしょうか?
スレ違いといなら、倫理学とはなにか明確に今言って下さい。




49 :考える名無しさん:04/03/28 17:00
>>47
そこは程度問題ということでしょう。

竹田スレにラーメンの分類の話題を提供してもいいんですか?

50 :考える名無しさん:04/03/28 17:01
倫理学をメタに語ることはスレ違い

51 :考える名無しさん:04/03/28 17:03
>>49
意味がわかりません。
程度の問題だからなんですか?


52 :考える名無しさん:04/03/28 17:03
もう止めようよ。竹田でも何でも自由に語ってもらって、興味がない人は
無視すればそれでいいじゃん。

53 :考える名無しさん:04/03/28 17:05
>>42さんに質問です
>倫理学に関係すると思われる話題を提供することがなんでスレ違いとなるんでしょうか?
>スレ違いといなら、倫理学とはなにか明確に今言って下さい。

一応これにちゃんと答えてもらいたいですね。
スレ違いとまでいったんですから。



54 :考える名無しさん:04/03/28 17:05
下らない議論でスレが埋まるからやめろ。
竹田の話題が出ても無視すればいいだけだろ。

それでもこの議論をしたいなら竹田スレへ移動してやれ。
迷惑だ。

55 :考える名無しさん:04/03/28 17:07
>>42
スレ違いの基準を言えばいいんですよ!

56 :考える名無しさん:04/03/28 17:11
>>53
上にも書きましたが、俺の個人的な倫理学の定義は今ここで問題ではないので。
スレ違いと書いたのは、俺個人の倫理学の定義の範疇からずれるからではなく、
倫理学という領域から逸脱しているという竹田の議論をこのスレでメインに扱うのはどうか、
と思ったからですよ。
倫理学の周辺領域はあくまでも周辺領域でしかないし、その領域自体を語るなら、
他にふさわしい場があるはずです。
周辺領域と倫理学の関連性が深いために、倫理学を語る上では欠かす事が出来ない、
そういう理由があれば別にこのスレで議論して構わないんですけどね。

別にスレが立ったばかりの現状では、そのような議論進行上の理由などありませんよね。

57 :考える名無しさん:04/03/28 17:13
>>42
スレ違いと言う以上、竹田現象学(たまたま竹田なわけだけど)を排除する
倫理学の基準があるはずです。それはなにかを言ってください。

58 :考える名無しさん:04/03/28 17:15
>>57
そんなものはないよ。ただ、ここにいる多くの人が、聞きたくないと思
っているだけだろ。聞きたくないと思っている相手に語るのが趣味だっ
たら、どうぞお続けください。

59 :考える名無しさん:04/03/28 17:16
>>57
>スレ違いと言う以上、竹田現象学(たまたま竹田なわけだけど)を排除する
>倫理学の基準があるはずです。

無いですよそんなの。
スレの趣旨に合致するかどうかは倫理学のもとで語られることではなく、
スレッド論的に語られなくてはなりません。

60 :考える名無しさん:04/03/28 17:21
人間はよいものを求めるべきだ。
これは倫理学の主張たりえますか?

61 :考える名無しさん:04/03/28 17:22
>>60
さあ、知らないよ。先に君の考えを言ったらどう。

62 :考える名無しさん:04/03/28 17:31
>>60
それだけじゃならないんじゃない? 何を主張しているのか分からないし。

63 :考える名無しさん:04/03/28 17:34
戦争は勝った側も負けた側も犯罪者だと思いませんか?

64 :考える名無しさん:04/03/28 17:35
>>60
それは倫理学ではなく、宗教だと思う。

65 :考える名無しさん:04/03/28 17:40
>>63
犯罪者ということは、何らかの法に違反したということだろうが、「勝った
側も負けた側も犯罪者だ」と言うとき、そこで仮定されている法は何?

66 :60:04/03/28 17:41
>>60はなんか釈然としませんよね。
でも人間の当為を語っているなら倫理学の管轄ですよね?

67 :考える名無しさん:04/03/28 17:44
>>65
横レスだが、国際法か自然法か・・・

68 :考える名無しさん:04/03/28 17:44
>>65
人が作った法律じゃなくて普遍的な道徳のようなもの

69 :考える名無しさん:04/03/28 17:49
>>66
ほんと、何言っているのかわからない。「…べきだ」と言っているのだから
<人間が求めるものがつねによいものだとは限らない>ということを前提に
しているのだろうし、「求めるべきだ」という言い方から見て、<何を求め
るかを人間は自分の意志で選択できる>ということを前提にしているように
もみえる。これらは、倫理学的に議論できることだろうけれど、ああいう風
に一行だけ言われても、<1+1=2は数学的主張か?>と聞かれているよ
うな感じで、何とも言い様がない。

70 :考える名無しさん:04/03/28 17:50
国家レベルで言えばジュネーブ条約に違反することになるのかな

71 :考える名無しさん:04/03/28 17:52
>>68
ということは、戦争を禁じる普遍的な道徳が存在する、とあなたは感じ
ているということだね。それはどういう道徳なのだろう?

72 :60:04/03/28 17:59
>>69
でも当為は倫理学の中心問題ですよね。

73 :60:04/03/28 18:02
倫理学は価値の問題を扱うのであって、存在の問題とは区別されますよね?

74 :考える名無しさん:04/03/28 18:02
>>71
うん。よくわからないけど、自分の身の回りの人たちや、
自分の国の中だけで通用する倫理じゃなくて、
社会全体、社会一般に通用するような倫理(道徳)を想定すれば、
国家どうしの暴力は悪いことになると思う。

両者とも犯罪者と書いたけど、正当防衛ならあるか。。。

75 :考える名無しさん:04/03/28 18:03
>>72
だからといって、当為命題がすべて倫理学的に意味がある命題であるわけ
がないでしょ?


76 :60:04/03/28 18:04
つまり目的とか手段は、必然性とか存在に対して言われる。
しかし、対立していいのか?
でも倫理学ってそんなもんでしょ?

77 :60:04/03/28 18:05
あたりまえでしょ。

78 :60:04/03/28 18:06
>>75
倫理学は諸善悪の目録じゃあるまいし。

79 :考える名無しさん:04/03/28 18:08
>>76
「である」と「べきである」に関する、ヒューム以来の問題のことなのか?
それなら、「である」から「べきである」を導出できるという人と、で
きないという人の間で散々議論されてきているね。私はよく知らないが、
最近のモラルリアリストの議論なども、それに大いに関係あるだろ。

80 :60:04/03/28 18:19
>>79
いたって古い問題ですよ。
倫理学というのは必然とか存在に対立して、目的手段の原理を
考える程度の学問ということでしょ。

81 :60:04/03/28 18:21
ここで竹田現象学は生きてくるのだろう。

82 :60:04/03/28 18:24
倫理学はそんなていどじゃねえ!とお怒りの方、落ち着いてください。
この良スレで学としての倫理学をぜひ語ってください。

83 :考える名無しさん:04/03/28 18:25
でさ、オレが聞きたいのは、倫理学科って具体的にどういう勉強してるのかってことなんだが。

84 :考える名無しさん:04/03/28 18:26
「倫理学というのは必然とか存在に対立して、目的手段の原理を考える
程度の学問」???

あなたが竹田氏の言っていることを理解していないだけなのか、それと
も竹田氏自身がキチガイなのか知らないけど、ともかくあなたの言って
いることは議論の対象にもならないナンセンスだと私は思う。

85 :60:04/03/28 18:27
倫理学はそんなていどじゃねえ!とお怒りの方、落ち着いてください。
この良スレで学としての倫理学をぜひ語ってください。


86 :考える名無しさん:04/03/28 18:29
>>83
具体的には、アリストテレスとかカントとか功利主義とか最近の英米の
メタ倫理学とかロールズとか、いろいろなことを勉強している香具師が
いるだろ。

87 :考える名無しさん:04/03/28 18:40
それ以外にも、環境倫理とか生命倫理とかビジネス倫理とか、そういう
具体的な応用倫理を研究している香具師も、最近では多いだろうけど。

88 :考える名無しさん:04/03/28 18:41
カントのいう善意志というのは道徳的人格のことと考えていいのかな?


89 :考える名無しさん:04/03/28 18:44
>>88
そうですね。
それが自由な人間として「およそこの世界において、…無制限に
善と考えられ得るものは善意志のほかに考えられない」とカント
が賛美するとことのものですね。

90 :考える名無しさん:04/03/28 18:50
人権というのはなんでしょうか?
これは考えてもみれば画期的です。
生きるに値しないとして排除すべき人間は地上にただの一人もいない
ということです。根本的には。
ものすごくすばらしいと思いませんか?

91 :考える名無しさん:04/03/28 18:55
ここでいう倫理学って、高校の「倫理社会」のこと?

92 :考える名無しさん:04/03/28 18:57
西研の『ヘーゲル・大人のなりかた』は倫理とか制度論まで広がりがあってけっこう面白かった。


93 :考える名無しさん:04/03/28 19:14
良スレが立っていきなりすごい伸びだと思ったら竹田の話題で荒れてたのか。。。

94 :考える名無しさん:04/03/28 19:16
カントで重要なのは、人間には自由はないがただ道徳的な次元でのみ
自由だということでしょうね。
他者への責任においてのみの自由ということで。

95 :考える名無しさん:04/03/28 19:18
>>94
カントの本を読んだ上でそれを言っているの?

96 :考える名無しさん:04/03/28 19:19
>>95
いいえ。
柄谷の本読んだだけですが、なにか?

97 :94:04/03/28 19:22
>>95
ではカントについておっしゃってください。

98 :考える名無しさん:04/03/28 19:22
それじゃ、柄谷が言っていることが本当かどうかあなたは知らないんだ
から、「カントで重要なのは・・・」なんて無責任に断定すべきじゃな
いですね。

99 :94:04/03/28 19:25
>>98
どの程度やれば責任ある発言とされるのですか?


100 :94:04/03/28 19:28
原典を読まなくてもそれなりの情報ははいっているのですから、
その中で自分にとって重要と思われることを話していいのでは?
それでも無責任といわれるのであれば、責任ある発言というの
はなんですか?

101 :考える名無しさん:04/03/28 19:29
自分でできる範囲で正しいかどうか確かめてから発言するか、あるいは
「柄谷の……という考え方は重要だと私は思う」というような言い方を
するといいんじゃないですか。

102 :考える名無しさん:04/03/28 19:32
あるいは、カントとも柄谷とも関係なく、「人間は因果的には自由では
ないが、道徳的な次元では自由であるとみなすことに意味がある」とい
う考えについて論じるとか。

103 :94:04/03/28 19:34
>>98
例えばあなたは「柄谷が言っていることが本当かどうかあなたは知
らないんだ」と言った。
では聞きますが、あなたは原典を読んで、自分の解釈が正しいこと
をどのように知るのですか?
正しい解釈があるとしてそれがどうして正しいといえるのでしょうか?
正しい解釈があるとしてどうして様々な解釈が存在するのでしょうか?
正しい解釈は唯一つしかないはずですよ。

104 :考える名無しさん:04/03/28 19:41
カントを読んだことがなければ、カントが他に何を言っているか知らな
いでしょ。それで何で「カントで重要なのは・・・だ」なんて断定でき
るの? 

105 :94:04/03/28 19:42
>>101
>>102
論文ならともかく、2ちゃんねるではそれは余計なお世話でしょ。
あなたは常にオリジナルの意見と他人の意見を区別して表記してますか?

106 :94:04/03/28 19:43
>>104
それは情報量と理解度によって言ってもいいじゃないですか?


107 :考える名無しさん:04/03/28 19:44
>>105
そうか。2ちゃんねるだもんね。

108 :94:04/03/28 19:45
>>104
カント理解に問題があればあなたが指摘すればいいじゃないですか。

109 :考える名無しさん:04/03/28 19:45
>94
柄谷しか読んでない奴が「カントは〜」なんて語っても、ただただ痛いだけだね。
そういう奴多いみたいだけどね。



110 :94:04/03/28 19:46
>>107
そうじゃなくで私はあなたに
>あなたは常にオリジナルの意見と他人の意見を区別して表記してますか?
と質問しているのです。

111 :94:04/03/28 19:47
>>109
カント理解に問題があればあなたが指摘すればいいじゃないですか。


112 :94:04/03/28 19:49
>>109
ではあなたに質問します。
哲学者について語るとき、あなたは原典を読んだ限りのことしか
いわないのですか?

113 :考える名無しさん:04/03/28 19:50
>>112
もちろん。
学問的な事柄について話すんだ、当たり前だろ。



114 :94:04/03/28 19:52
>>113
それは凄いですね。
なにについてなら語れます?

115 :考える名無しさん:04/03/28 19:54
>>110
多分、その点で人に誤解を与えないように、注意して書いていると思うよ。

116 :考える名無しさん:04/03/28 19:54
>>114
凄くはない。当たり前のことだ。
自分では読んだこともないのに他人からの受け売りを垂れ流すなど
極めて恥ずかしい行為だ。


117 :94 :04/03/28 19:58
>>116
では私の受け売りのカントについて何か意見を。

118 :考える名無しさん:04/03/28 19:59
まあ、2ちゃんねるだからどうでもいいだろ、と言えばそうかもしれな
いが、「カントで重要なのは・・・だ」とか断定されると、ビックリし
ちゃうわけ。「カントが・・・ということを言っているそうだが、この
考え方は面白い」とか言ってくれれば驚かないんだけど。

119 :94:04/03/28 19:59
>>116
ここは倫理学のスレですよ。
さあ、語ってください。

120 :94:04/03/28 20:01
>>118
あなたがカントに関して重要だと思ったことはなんですか?

121 :94:04/03/28 20:04
語らなければあなた方は荒らし同然ですよ。

122 :考える名無しさん:04/03/28 20:04
まあ、カントは別にして、私はその柄谷氏の考えには賛成できない。
それでは「責任がある」というのは、判断する側が恣意的に決定して
いいことになってしまうと思うから。

123 :94:04/03/28 20:06
>>122
どういうことですか
柄谷の本のどの部分で?
それにカントがらみの話なのでカントにも言及してください。

124 :考える名無しさん:04/03/28 20:08
>>120
たくさんあるよ。道徳的判定における動機の重視とか、動機付けの力を
もつ実践理性の仮定とか、道徳の体系の演繹的な基礎付けの試みとか。

125 :考える名無しさん:04/03/28 20:10
>>123
『倫理21』という本の中で言われている、<人間の行為は、因果的に
見れば外的な原因によって決定されているが、それを自由なものとみな
すことによって、責任や倫理が可能になる>という考え方。

126 :94:04/03/28 20:13
>>125
何ページですか?

127 :考える名無しさん:04/03/28 20:14
>>126
そんなもん自分で調べろよ。お前バカか。

128 :94:04/03/28 20:16
>>127
ちょっと待ってください。
ページを示すのは当たり前じゃないですか?

129 :94:04/03/28 20:18
それにカントの話なのでカントとの関連も含めて言って下さい。

130 :考える名無しさん:04/03/28 20:22
>>128,129
さすがにここまで幼稚な奴だと、相手をする気がなくなるな。

131 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/28 20:29
>>130
ちょっとまった。それはないんじゃない?

引用っていうのは、人に分からせるためにやるわけで、
情報の詳細を説明するのは最低限の礼儀だよ。

132 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/28 20:38
>>125
>『倫理21』という本の中で言われている、<人間の行為は、因果的に
>見れば外的な原因によって決定されているが、それを自由なものとみな
>すことによって、責任や倫理が可能になる>という考え方。

一見説明しているようにみえるけれど、
「外的な原因によって決定される人間の行為を自由なものとみなす」
とは、一体どのような状態をさすことをいうのですか?

133 :125:04/03/28 20:38
>>131
引用なんかしてないよ。<>内は、柄谷氏の主張を私の解釈に基づいて
私が言い換えたものだよ。

134 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/28 20:41
>>133
たしかに、解釈をしたものをページ数で教えることはできませんね。

135 :125:04/03/28 20:45
>>132
あなたは『倫理21』か、同様の見解が述べられている柄谷氏の本を
読んだことがあるか? あってそう聞いているのなら、どこか解釈が
違うのだろう。なくて聞いているなら、あまり説明する気にならない
な。簡単に言えば、たとえば<宅間があのような事件を起こしたこと
が彼の育った環境や遺伝などによって因果的に決定されていたとして
も、倫理的な視点では彼が自由にその行為を行ったとみなし、責任が
あるとみなすべきだ>ということを柄谷は言おうとしているのだ、と
私は解釈しているが。

136 :考える名無しさん:04/03/28 20:46
低レベルってのは、言い換えだと気付かなかったからか。
>>126は「そんな文章あったっけ?」と思ったのかもな。

137 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/28 20:47
>>135
なるほど。彼が自由意志でその行動をしたと判断する、ということのようですね。
僕は「倫理21」なる本を読んだことがないので、これ以上の質問はやめることにします。
では。

138 :94:04/03/28 20:54
ちょっとおちてました。
>>135
>宅間があのような事件を起こしたこと
>が彼の育った環境や遺伝などによって因果的に決定されていたとして

この手の因果性を前提に柄谷が言ったことありますか?
具体的にどこか指摘してください。
ポイントになる部分は指摘できるはずです。
そういう指摘もなく、勝手にまとめて批判するのはそれこそ無責任では?


139 :125:04/03/28 20:56
どれとどれが同一人の発言なのかよく分かってないから、混乱があるかも
しれないが、幼稚っていうのは、「カントを読まないで『カントで重要な
のは・・・』とか言うな」と言われて、「じゃ、どの本の何ページのどこ
に書かれているんだ」とか言い返すやりかたのことだね。「流言蜚語を
真に受けて『朝鮮人が井戸に毒を・・・』と言うのは無責任だ」と言われ
て、「じゃ、あなたは自分で全部見たのか、何月何日何時何分に現場検
証したのか」とか言えば言い返したつもりになるようなものだ。こんな
のは当然程度問題なんだから。

140 :94:04/03/28 21:02

それに
>人間の行為は、因果的に
>見れば外的な原因によって決定されているが

この部分の解釈の出所もお願いします。

141 :☆キキ+キ゚Д゚♪ ◆IDiumpIPqw :04/03/28 21:03


(´゚c_,゚` )プッ

142 :125:04/03/28 21:04
>>138
いま探したのだが、『倫理21』の本が見つからない。だからどのあた
りか特定できない。しかし、たしかにそういうことが書かれていたと記
憶している。違うのなら、指摘してほしい。


143 :94:04/03/28 21:05
>>125
ある哲学者を賞賛するより批判する時こそきちん解釈の出所を明記
すべきではないですか?
そうしないと荒らしとなんらかわらなくなりますよ。

144 :143:04/03/28 21:07
訂正
きちん→きちんと


145 :94:04/03/28 21:08
>>142
もういいですよ

146 :125:04/03/28 21:12
今探したらあった。『倫理21』の3章から4章あたりだね。
別にあなたに「荒らし」と見られようがどうでもいいが。(w

147 :考える名無しさん:04/03/28 21:37
>94
「カントは〜」と語りだすんじゃなく、「柄谷は〜」と語りだせばよかったんだよ。

一批評家の文言を読んだだけで、当の哲学者自身についてあれこれ言えるかの
ような風潮にカチンとくる奴がこの板にもちゃんといて、俺は少し安心した。


148 :考える名無しさん:04/03/28 21:47
原典読まないで語る奴は信じられん。

149 :考える名無しさん:04/03/28 21:49
入門書もだめ?

150 :ウン子:04/03/28 21:50
訂正
きちんと→もちんと

151 :考える名無しさん:04/03/28 21:53
入門書でわかった気になるやつはもう人生おしまいだろ

152 :125:04/03/28 21:59
まあ、この際カントは置いておくとして、柄谷に対する私の批判はどう
なのだ? 私の解釈が違っていて、柄谷はそんなことを主張していない
という可能性もあるし、柄谷はだいたいそんなことを主張してはいるが、
私の批判は当たっていない、という可能性もあると思うが。

153 :考える名無しさん:04/03/28 22:42
94はDQNか。(>>103的発想は幼稚すぎる)

>正しい解釈があるとしてそれがどうして正しいといえるのでしょうか?
>正しい解釈があるとしてどうして様々な解釈が存在するのでしょうか?
>正しい解釈は唯一つしかないはずですよ。

なんだこれ。
「正しい」とは何ぞや。

154 :考える名無しさん:04/03/29 00:18
柄谷とか竹田とかそんな奴らはどーでもいいから
倫理学について語ってくれよ。

155 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/29 07:14
おおまかな議題があったほうが議論しやすいのでは?
たとえば、
「正しい」という判定は、何によって決まるのか? とかさ。

156 :考える名無しさん:04/03/29 19:49
>>155
倫理に、客観的に唯一正しい描写方法はないでしょう。
そんなありきたりのお題目よりも、例えばこのような議題の
方が話しやすいのではないですか?

「よい仕事とは何か?」

参考:
中公新書 1381 『「良い仕事」の思想』 杉村芳美 1997
――なかなか興味深い内容だったよ。

157 :考える名無しさん:04/03/29 19:50
倫理と「正しいかどうか」ってどう関係してんの?

158 :考える名無しさん:04/03/29 19:56

倫理 り倫理 り倫理  倫理 り倫理 りり倫理

倫理 り倫理 り倫理  倫理 り倫理 りり倫理

わおー ♪


159 :考える名無しさん:04/03/29 20:01
>>156
どういう内容かかいつまんで説明プリーズ!


160 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/29 20:02
>>156
>>155のはあくまで例としてあげたので、
それでいいんじゃないでしょうか。

「よい仕事とは何か?」とは、
どういった感じで議論をするのでしょうか?
その本の内容や、あなたの意見を教えてください。

161 :155:04/03/29 20:04
2ch的にはグッドジョブ、の方が良かったかな。

>>157
さあ、少なくとも「正義」は徳目とはみなされてない、と思いますけど。。。
アリストテレスのニコマコス倫理学では1章分くらいが割かれてます。

162 :155:04/03/29 20:19
内容はね・・・「新しい仕事倫理のために」ってのが副題ですけど、
ひと言では言い表しにくいなあ。。。

ギリシャの共同体社会との関係から説きおこして、
神学(アウグスティヌス、ベネディクト、ドマス・アクィナス)〜
芸術(モリス、ギル=建築家かな〜)〜産業関連(ルイス、シュマッハー)
をベースに、「労働の質が変わっているのに、今のままの価値観で
いいのだろうか」と問い直しを図っている、と言えばいいのかな〜・・・(汗

キリスト教とマルクスがところどころ出てくるので、アレルギーのある方
にはお勧めしません。

――要はもっといい仕事しようよってことなんですけど、私まとめる才能が
ないので、かなり苦しいです。。。

163 :155:04/03/29 20:26
わたし的には、今Download板で祭りになっているWinnyがとっても
気になるんですけど。。。。京都府警の警官がファイル共有ソフトの
ウィルスで公文書を漏洩しちゃったんですね。

この人たち(警察もDownload民もね)は何やってんだろ、もっとちゃんと
仕事しろよってのが今現在進行形の疑問です。

そもそも2chといい、ファイル共有といい社会自体が変わりつつある
ような気がしてるんだけど、体制(法体系)が追いついてないって問題
もあるのだと思うのですが、今の状況がなんとも解釈不能・・・

164 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/29 20:32
>>162
具体的には、どのように「労働の質」が過去と変っていて、
これからはどのような「労働」が「よい労働倫理」として
定義されるべきなのでしょうか?

165 :155:04/03/29 20:41
>>162
その本に則してわたしが解釈すれば、「よい仕事」の価値が
「勤勉」から「自己実現」へ、さらに「意味のある仕事」へ
移行してきているってところでしょうか。

職種については特に問いません。

――これではあまり発展性がないですねぇ・・

166 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/29 20:49
>>165
なるほど。
その著者の意見としては、
「よい仕事」=「意味のある仕事」ということでいいのでしょうか?

「意味のある仕事」とはどういうことなのでしょう?

…質問ばっかりでスマソ


167 :155:04/03/29 21:09
>>166
うん、それがね、よく分からないのですよ。材料を提供するから個々が
見出すべき課題にしてくれ、というべきか、それを言っちゃうと身も蓋もない
というスタンスなのか、ま、押し付けがましくはないんだけれども。
あとがきを読むと、どうやらその支えになっているのは阪神大震災の時の
「良い仕事」であったらしいのですね。

でも、その答えが「良い仕事」ではあるんだけれども、到達すべき課題ってわけ
じゃないんですよね。目指すべき(とされる)指針ではあるけれども、意味は
むしろ個々の活動の方にある。

・・・やっぱ、自分が何をしたいのか良く分からなくなってきました!
布教したいわけでもないし、どういう意見をもってるわけでもないし、
何を議論したいわけでもないし、Download板に干渉したいわけでもない・・・

ごめん、今回は、こういう本があるよという紹介だった、ということで許して。
気が向いたらまた来ます。

168 :けい ◆iPZ3/IklKM :04/03/29 21:26
>>167
いや、題材としては面白そうだと思いました。
機会があったらチェックしてみますね。

169 :考える名無しさん:04/03/30 10:14
ちょっとうかがいたいのですが、
倫理学の概論的テキストで標準的なものって、どういうものがあるでしょうか?

170 :考える名無しさん:04/03/30 11:06
標準なんてないでしょ? そんなもの誰がきめるのか?
あなたのおすすめの〜、と聞くべきだな。



171 :考える名無しさん:04/03/30 11:09
じゃあ、

倫理学の概論的テキストでおすすめのものって、どういうものがあるでしょうか?
極端に走ってないものでお願いします。

172 :考える名無しさん:04/03/30 11:12
漏れはいま外にいるので、すぐには答えられないな。。。
ほかのひとが答えてくれるのではないかな。
漏れは、あとで書き込むよ。


173 :考える名無しさん:04/03/30 12:10
>>169

・講談社学術文庫 『現代倫理学入門』 加藤尚武 1997

教科書としての使用を意識して放送大学の教材をベースに書いて
いるので、入門という意味であれば、これがいいんではないでしょうか。
参考文献いっぱい付いてるし。

内容については、中身を読んでないので、聞かないで。

174 :考える名無しさん:04/03/30 12:30
加藤尚武の本は、文庫本で手軽に読めるものとしてはお奨めだけど、
内容的にはけっこう問題も多い。
とゆうか、議論に飛躍が多いので、ツッコミどころ満載とゆう感じか。

その他に標準的な概説書つったら、
日本人によるものだと黒田亘の『行為と規範』、
翻訳であればフランケナの『倫理学』、もう少し進んだのだと
ギルバート・ハーマン『哲学的倫理学叙説』とかマッキー『倫理学』あたりじゃないか?


175 :考える名無しさん:04/03/30 13:00
>>174
講談社学術文庫 『現代倫理学入門』の一番のツッコミどころはどこですか?

176 :174じゃないが:04/03/30 13:06
>>175
各章の参考図書に、必ず自分の著書を紛れ込ませているとこ。

177 :174じゃないが:04/03/30 13:09
>>174
はっきり言って糞ということです。

178 :THE グル:04/03/30 13:18

早朝から車でJラップ流してるドキュンは皆殺しにしてよい。

これが断言できます。

定説なんです。




179 :考える名無しさん:04/03/30 13:45
なんだか、自分にツッコんで欲しそうな奴が騒いでるな。
倫理に興味のある人はそんな手にはのらないよ。

180 :考える名無しさん:04/03/30 14:39
>>174
175の言うように、一番のツッコミどころぐらい披露しなければただの煽り
と思われても仕方ないぞ。

181 :考える名無しさん:04/03/30 14:56
>>180
だからそれは
>各章の参考図書に、必ず自分の著書を紛れ込ませているとこ。
じゃねえの?w

182 :考える名無しさん:04/03/30 19:10

経済優先なんでもありの資本主義社会に、倫理は、いらない。

アメリカを見習え。 自分こそが倫理である。

つまり、唯我独尊  って、 それはインドの お釈迦さんだろ !

あれれ ?



183 :考える名無しさん:04/03/30 19:26
>各章の参考図書に、必ず自分の著書を紛れ込ませているとこ。

釣りだとしたら、つまらん。もし本気なら、もっとつまらん。

184 :考える名無しさん:04/03/30 19:31
ここはつまらない人しかいないインターネットですね。

185 :考える名無しさん:04/03/30 19:32
です。

186 :考える名無しさん:04/03/30 19:43
どっちかって言うとアメリカの方が「倫理」が力を持ってないか?

187 :考える名無しさん:04/03/30 19:52
倫理学自体、ハマリの産物だろう。



188 :考える名無しさん:04/03/30 19:57
>186 へ

解説しよう。

アメリカとは、自分自身は、破戒僧なことを平気でやらかし、

他人には、自分以外の者には、倫理 を強制するのである。


189 :考える名無しさん:04/03/30 21:01
それって倫理じゃなくて、道徳規範のことだろう。

190 :考える名無しさん:04/03/30 21:25
では道徳と倫理の違いとは?



191 :考える名無しさん:04/03/30 21:31
道徳は地域的時代的文化的な制約を受けたものであるのに対し、
倫理はそのような制約を受けず、人類一般において普遍的に扱われる概念。

192 :考える名無しさん:04/03/30 21:34
ウンコと味噌の違いだけある

193 :考える名無しさん:04/03/30 21:36
お前ら日本人としての道徳心が欠けてるよ。

194 :糞をするネコ:04/03/30 21:39
自分で本を買って読んだ方が良い。

195 :考える名無しさん:04/03/30 21:41
>>194
学生デモって何で無くなったの?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1079959897/10-12

196 :考える名無しさん:04/03/30 21:42
>>194
いえ
ライブの言葉が好きです。一応掲示版ですけど

197 :考える名無しさん:04/03/30 21:43
年上を敬う気持ちというのがないのかな?
まず言葉遣いを正さないと健全精神は宿らない。
そのためにはまず目上に対する正しい敬語の習得が必要である。
さらに条件反射的に自然に敬語が言える土壌として、天皇制を幼年期
から叩き込んでおくことが大切だ。

198 :考える名無しさん:04/03/30 21:47
>>197
随分と頭の悪そうなご意見ですね。
って、釣りかよ。

199 :考える名無しさん:04/03/30 21:48
↑もしこれを敬えという事があれば、それが道徳。
敬う必要なんかないでしょ、と根拠を示すのが倫理。
(「↑」は197を指している。念のため)

200 :考える名無しさん:04/03/30 21:48
注をつけててよかった(笑)

201 :考える名無しさん:04/03/31 07:29
>>199
さりはさりとて道徳規範が実質にあってこその倫理。
>197の天皇制→民主制に置き換えれば、それはそれなりにおかしくはない。

202 :考える名無しさん:04/04/01 09:06
他に倫理学お薦めテキストってないですか?

203 :考える名無しさん:04/04/01 09:22
>>197
それは、若い奴らだけの責任じゃないと思うけど。自然に敬う気持ち
を起こさせるような「年上」に出会わなければ、敬う気持ちなんて育
たないよ。敬語なんて、そんな重要じゃないだろ。(w

204 :THE グル:04/04/01 09:28
                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ていせつていせつ!
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 定説!定説!定説!
ていせつ〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄



205 :考える名無しさん:04/04/01 09:30
>>202
川本隆史『現代倫理学の冒険』
永井 均『倫理とは何か』
とかが売れ線かな


206 :考える名無しさん:04/04/01 09:56
>>203
同感です。
私の場合、実年齢ではなく精神年齢が高い人を尊敬します。
自分より年下でも優れた見識を持つ人は尊敬しますが、
年上のバカは尊敬できません。トルチョックしたくなります。

207 :考える名無しさん:04/04/01 10:29
今週のモーニングの『うああ哲学事典』でロールズがとりあげられてた。

208 :THE グル:04/04/01 10:32
                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ていせつていせつ!
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 定説!定説!定説!
ていせつ〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄



209 :考える名無しさん:04/04/08 14:16
 

210 :名無しさんの試論:04/04/12 01:36
「状況倫理」について 解説して下さい。

「殺人は犯罪だが 死刑執行は犯罪ではない」等の 「状況倫理」お得意の喩えの数々をみて
何だか「状況倫理」に対しての胡散臭さを感じるのは 私だけでしょうか?

211 :考える名無しさん:04/04/13 01:30
パンツのぞくのは倫理的にどーよ

212 :考える名無しさん:04/04/13 01:31
メタ倫理学的にはぜんぜんオッケー

213 :考える名無しさん:04/04/13 01:32
Virtue Ethics 的にはクズ

214 :考える名無しさん:04/04/13 01:33
功利主義的にはだいじょびかも。

215 :考える名無しさん:04/04/13 01:35
状況倫理的にはパンツしだい?

216 :考える名無しさん:04/04/13 01:38
パンツにウンコついてた

217 :考える名無しさん:04/04/13 01:39
義務論・・・

218 :考える名無しさん:04/04/13 01:41
無知のパンツ

219 :考える名無しさん:04/04/13 01:46
パンツスレまんせー

220 :考える名無しさん:04/04/13 17:22
>>214
それは倫理ではないぞよ

221 :考える名無しさん:04/04/13 17:25
>>220
功利主義倫理学だろ?

222 :考える名無しさん:04/04/13 17:36
功利主義以外の倫理学は役に立たない。

223 :考える名無しさん:04/04/13 17:38
>>222 その通り

224 :考える名無しさん:04/04/13 21:59
>>222
「役に立つ」っていう基準がそもそも功利主義的だからな。

225 :222:04/04/13 23:43
>>224
そうか?

226 :考える名無しさん:04/04/14 00:39
>>225
違うか?

227 :222:04/04/14 00:45
>>226
どこが?

とか答えて欲しいのか?
正直いって、真面目に何で「役に立つ」と言う概念が功利主義を前提にしてるかわからん。

228 :222:04/04/14 00:49
×前提にしてるかわからん。
○前提にしてると思うのかわからん。


229 :考える名無しさん:04/04/14 00:54
>>224は言ってみたかっただけだろ。

230 :考える名無しさん:04/04/14 01:00
本気で議論する気があるなら、まず>>222の「役に立たない」が何に役に立たないのかはっきりさせろ。

231 :222:04/04/14 01:13
>>230
普通に倫理的判断の指針としてだろ?

232 :考える名無しさん:04/04/14 01:20
>>231
もうちょっと詳しい説明きぼん

233 :222:04/04/14 01:28
>>232
今までになかった道徳的判断を下すときや、従来の道徳の是非を具体的に検討するときに
つまり、ある具体的な問題に対する倫理的な是非を判断する指針。

234 :考える名無しさん:04/04/14 01:29
つか、ねらーはみんな功利主義者

235 :名無しさんの試論   :04/04/14 02:44
で,状況倫理の件はどうなってるんですか?

236 :考える名無しさん:04/04/14 03:00
>>235 放置されてますが、なにか?

237 :考える名無しさん  :04/04/14 03:16
2ちゃんには物知らずな知ったかぶりが多いから、不満を感じるのは仕方ない。

238 :考える名無しさん:04/04/21 14:01
保守

239 :考える名無しさん:04/04/21 14:17
2ちゃん哲板で倫理学を論じること自体倫理的でない。

240 :考える名無しさん:04/04/21 14:32
>>237
最初から、2ちゃんには物知らずな知ったかぶりが多いと思ってれば、
あまり不満を感じずに済むにゃんが〜

――2chにはまらないためのトリビアをお送りしました。提供は倫理学でした。たぶん。

241 :考える名無しさん:04/04/21 14:34
知る者は言わず、言う者は知らず。
知って知らずとするは上なり。
知らずして知るとするは病なり。
それただ病を病とす。
ここを以て病ならず、聖人は病あらず、
その病を病とするを以て、これを以て病あらざるなり。
(荘子)

242 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :04/04/21 16:42
倫理は、社会を機能させるためだけにあって、それ以外には目的は無いんだね。
それがわかっただけでおなかいっぱい。

243 :考える名無しさん:04/04/21 17:29
>>242
斬新な解釈ですね。

244 :考える名無しさん:04/04/28 07:00
プログラム的バイオレーション:罰が不適切であるとき、懲罰者に対し、
バイオレーション(禁止行為)を行う。
=不適切な罰の否定


245 :考える名無しさん:04/04/30 01:48
で、ここの人たちは永井均は読んでるの?
俺は彼の論に納得したわけだが。

246 :考える名無しさん:04/04/30 15:22
>>245
・永井均とは何者だ
・何を論じている何と言う本のことを言っているのだ
・どういう所になぜ納得したのか
・納得したとはどういう意味だ

以上の質問に答えてもらおうか。話はそれだけだ。

247 :考える名無しさん:04/04/30 16:46
>>246
ぎゃはははははっはっはっはっはっっっははははっh

248 :考える名無しさん:04/05/01 03:43
>>246
いやいやあたりまえの反論だって
全然おかしくない。



249 :考える名無しさん:04/05/01 04:05
>>248
レス番間違いとか死んでいいし

250 :考える名無しさん:04/05/01 10:25
246だ。
その質問に答えられないと言うことは、理解していない事を意味する。
至極あたり前の質問であり、常識的でもある。

251 :考える名無しさん:04/05/01 16:02
思想の特集、大庭すごいね。

252 :考える名無しさん:04/05/01 19:54
>>250
やばい、コーヒー吹いちゃったw

253 :考える名無しさん:04/05/06 01:45
>>246
「話はそれだけだ」より「話はそれからだ」のほうがより適切かと思います。
かっこよく決めたつもりなのでしょうが…。くす。

254 :考える名無しさん:04/05/06 11:55
>>253
分析だけの人にそれからは酷…

255 :考える名無しさん:04/05/07 22:13
>>254
そっか!言いっ放しがしたかっただけなのか!
気づかなかった…。

256 :場違いくん:04/05/09 07:37
倫理学の立場から「グローバリズム」や「マネーゲーム社会」について
言及した著作はありますか?
かなり些細なものでも、哲学者が言及している程度のものでもいいです。

哲学者って経済弱そうだからなあ・・・・・・・・(反論求ム)。


257 :考える名無しさん:04/05/09 16:28
>>256
アマルティア・センとかロールズ

258 :考える名無しさん:04/05/16 16:47
トマス・ネーゲルの話題はここでいいですか?

259 :考える名無しさん:04/05/16 17:05
どうぞ

260 :考える名無しさん:04/05/17 08:59
おすすめの本を教えてください

261 :考える名無しさん:04/05/17 09:06
何の?

262 :考える名無しさん:04/05/17 11:07
>>261
倫理21 柄谷行人
現代倫理学入門 加藤尚武

のような倫理学の本をお願いします。

263 :考える名無しさん:04/05/17 12:03
>>262
川本隆史『現代倫理学の冒険』
永井均『倫理とは何か』
あと、今月の岩波の『思想』

264 :考える名無しさん:04/05/17 12:09
>>263
岩波の『思想』って普通の本屋で買える?

265 :考える名無しさん:04/05/17 12:19
>>264
買えない。注文するか、岩波書店のHPで注文。
大手書店や大学生協の書籍部ならあるだろう。

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)