2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ人は考える

1 ::04/04/02 15:49
答えを出したところでどうにもならないのに考えようとするのは一体なぜ?

2 :考える名無しさん:04/04/02 16:01
病です。

3 ::04/04/02 16:08


4 :考える名無しさん:04/04/02 16:17
大きくなりすぎた脳の余剰機能です。


5 :考える名無しさん:04/04/02 16:32
暇つぶし。

6 :考える香具師:04/04/02 17:20
一方で、哲学の問題を考えるとき、<それに何か価値があるかもしれな
い>という期待も、無視できないよ。哲学を考えるのと、クロスワード
パズルを考えるは、似たところと違うところがある。

7 :考える名無しさん:04/04/02 17:27
なぜ考えるかの答えを知ってどうしますか?
満足して考えるのを止めますか?
それともさらにそれがなぜなのか考えますか?

8 ::04/04/02 17:50
人の不思議をこの場所で表現してみただけです>>7


9 :考える名無しさん:04/04/02 17:52
人間は不思議だなぁ〜

10 :考える香具師:04/04/02 17:55
上手く説明できないが、一般論で「なぜひとは考えるか?」ということ
を問うより、「なぜ私は考えているのか?」を問う方が意味がありそう
な気がする。

11 :考える名無しさん:04/04/02 18:13
どうでもいいことに、長時間かけて考えるのは
鬱の傾向だそうだ。

12 :考える名無しさん:04/04/02 18:49
>>1
おまえは何故自分が人であると確証できたのですか?

13 ::04/04/02 19:32
じゃああなたは人なんですか?
>>12


14 :考える名無しさん:04/04/02 19:33
>>13
哲学的な問いかけをしたのに、質問で返すなよ・・・
せっかくレスしたのに厨みたいで正直ガッカリ。

15 :考える名無しさん:04/04/02 19:59
>1 は、結局、ボブ・ディラン の「風に吹かれて」

の、答は 「風の中に聞け」 と、言いたかっただけですよね。

ちと、単純。  もっと、ひねりましょう。



16 ::04/04/02 21:02
ボブ?

17 :考える名無しさん:04/04/02 21:06
きみは、中学生だったんだね、ごめん

18 :考える名無しさん:04/04/02 21:07
個人的見解↓
五感=インプット
行動=アウトプット
考える=内部処理
人間=とても複雑なコンピューター

ありがちな意見かもしれないですけど…行動をおこすのに必要なプロセスだからでは?
無意味なことを考えているとしてもそれはその人にとっては無意味ではないかもしれないわけですし。
安心したいとか気になることを解消したいとか個々に理由があるはずですし。

これに関して反論はあるでしょうけどこれが自分の考えです。

19 :考える名無しさん:04/04/02 21:29
考えることの必要性か。・・・・・・夢は、短期記憶を整理して長期記憶に編纂する
ために必要だとかいう説ってなかった?

20 :考える名無しさん:04/04/02 22:18
(´ゝ`)フーン

21 :考える名無しさん:04/04/02 22:22
>1 へ
明日の朝食は、何にすればよいか考えてください。

22 :考える名無しさん:04/04/03 00:35
スクランブルエッグ
バタートースト
ミルク
いつもの朝食でいいんじゃないの。

23 ::04/04/03 00:37
I AM ウンコボーン

24 :考える名無しさん:04/04/03 18:24
考えることによって脳の活性化が図られるのではないでしょうか

25 :突然失礼:04/04/03 18:24
>>1さん
そうすることが、その人にとって「楽」だからです。
人を含め、生き物はみんな「苦」から離れ、「楽」を目指すのです。

26 :考える名無しさん:04/04/03 18:52
細胞が分裂するから。

27 :考える名無しさん:04/04/03 19:02
考える能力を進化の過程で与えられた君達の脳が、一切何も考えずに
居る(ただそこにある)ということは生命活動をしている以上は
(脳死を除けば)ないのです。
感覚機能が働き知覚し、判断し、人の動静に作用すべくシグナル
を送るという作業を人間は四六時中繰り返しているのですよ。
たとえそれが無意味なことだとしても。

だからこそ人間は能動的に意味を探そうとするのです。
その能動性の感覚こそが、君達が現在議論している「考える」
ということなのです。

では、それは結局無意味なのか?
それは、





考えろ!

28 ::04/04/03 20:13
考えるということは生きている上必ず必要なのはわかるんですが、例えば謎をとくことで何が得られるのでしょうか。ちょっとした快感?

29 :考える名無しさん:04/04/03 21:13
特に無し


30 :ノルマンディー上陸作戦:04/04/03 21:50
理性は欲求を制御しようとする。
しかし、理性は欲求の複雑系なのだ。
欲求により考えようとする、欲求があるからこそ考えられる。

31 :考える名無しさん:04/04/03 22:25
ある対象の概念を明晰にとらえようとするならば、その対象がどんな
効果を、しかも行動に関係があるかもしれないと考えられるような
どんな効果を及ぼすと考えられるか、をよく考察せよ、
そうすれば、このような効果についての概念は、その対象についての
概念に一致する。(プラグマティックな格言)

32 :考える名無しさん:04/04/03 22:30
>>31
プラグマティズムって本当に説得力がある。
現代の実社会では、最強に思えます。
これを本質的に批判できる哲学的な理論ってあるんですか?

33 :考える名無しさん:04/04/04 01:01
>>32
それはパース(チャールズ・サンダース・)の言葉らしいんだけど、ジェームズ、
デューイと時代を下るにつれて俗世間化した、ってな感じの批判を目にします。

問題は、独我論の疑念を拭いきれない点・・・でしょうか。
本人達がおそらくそんな事を主張していないにもかかわらず
プラグマティズムは万能とみなされがちな傾向があるのですが、
人によっては行動や認識のとらえ方に差異があるので、合意
形成には支障が生じ、概念上の不都合があるのでしょう。

一人称単数の哲学をいかにして一人称複数、二人称、三人称にまで
普遍性を持たせる事ができるかという点を考えると、規範論・道徳論と
合い通じざる所があって、政治哲学・倫理学方面に発言の重点が移って
ゆくのが必然の流れであります。

万能の思想・理論があるとは私にも思われませんが、正面きって
批判している理論があるわけではなく、現象学やら分析哲学やら
実存主義やら解釈学と相補関係にあります。(というか競合関係?
単なる好き嫌い・・・いやいや適不適の問題のような気もします、、、)
私は洞察=着想の基礎付けがどうなのか気になってるだけ。

↑断片的な憶測です。一冊も読んでないので、突っ込まないでね・・・

34 :考える名無しさん:04/04/04 11:53
考えることについて考える。考えることは生きている証拠の一つなんだな

35 :プラトン ◆eue9xANBOo :04/04/04 11:57
善く生きる為です。


36 :考える名無しさん:04/04/04 17:45
葦だから

37 :考える名無しさん:04/04/04 18:22
葦は考えないよ。

38 :考える名無しさん:04/04/04 18:23
糞だから

39 :考える名無しさん:04/04/04 18:25
藁だから

40 :考える名無しさん:04/04/04 18:26
楽しいから

41 :考える名無しさん:04/04/04 18:41
>>37
問う

考える、とは

葦がなぜ考えない、といえるのかね?


42 :考える名無しさん:04/04/04 21:39
葦だから

43 :考える名無しさん:04/04/05 00:04
>>42
では、人は考えない、といおう。

44 :考える名無しさん:04/04/05 00:36
そう、2本の棒が支えあっているのが人だ。

45 :考える名無しさん:04/04/05 14:35
何言ってんだよ…

46 :考える名無しさん:04/04/05 14:36
∧ ひと!

47 :考える名無しさん:04/04/05 14:46
┏━━┓
┃━┏┃
┃  ┛┃
┗━━┛何も考えてませんが何か?


48 :孔子の弟子:04/04/05 17:27
>>1
俺は言葉が生まれたからだと思うよ。

49 ::04/04/05 21:59
言葉が生まれたからとは…?

50 :考える名無しさん:04/04/05 22:02
納得いかないから……かな?
ストレス??

51 :考える名無しさん:04/04/05 23:23
>>46
先生!それは人じゃありません。

52 :孔子の弟子:04/04/06 12:39
>>49
言葉ってのは力の弱い人間が酷い環境下において助け合っていく為に生まれた文化だとするでしょ?
まぁ最初は文字(絵みたいなもの)だろうけど。
そもそも”考える”と呼ばれる行為を言葉にしたものが”考える”ってことだよね?
なら、、”考える”って言葉が生まれる前は、”考える”とはどういうことかという明確な定義ないに等しい。
"考える"という言葉が生まれたからこそ、人間は"考える"ということを知覚したのだと思う。

文章が下手なので非常にわかりにくいと思うので、ここで例題。
欧米人は肩を凝らないらしい。
生物学上、日本人は背筋等肩まわりの筋肉が弱いから肩こりになりやすい。
なら欧米人は異常にに強いのか?
答えは否。日本人よりは強いがそう変わらないらしい。
では何故肩こりをしないか?

そもそも欧米人には肩こりという概念がないらしい。
英語では日本語でいう肩こりに該当した言葉がないそうです。
つまり、欧米人は肩こりにはなるが、肩こりという概念、及び"言葉"という文化がないので、
肩こりというものが理解出来ないそうです。

53 ::04/04/06 14:03
なんとなく納得しました>>52


54 :考える名無しさん:04/04/06 14:53
肩こりなんていうのは、それを気にし始めるとますますひどくなるもの
だからね。花粉症なんかも、その言葉ができてから、患者が大量発生っ
て感じもある。

しかし、これって、それほどたいしたことか? 「癌」って言葉がない
国の奴は癌にならないっていうんなら驚きもするが・・・・・・。

55 :考える名無しさん:04/04/06 14:55
オ〜、ソ〜リ〜
ジャパニーズスタ〜イル!

56 :孔子の弟子:04/04/06 15:12
>>54
そうですねぇ。そこは難しいところですね。
ただ、癌って言葉が無ければ、少なくとも"癌"では死なないでしょう?
なぜなら"癌"という病名が無いから。

ってこじつけみたいだ、、、吊ってきます、、偉そうにすいません。

57 :考える名無しさん:04/04/06 15:30
考えるということは思考回路を働かせるということで、思考回路を働かせるためには
脳を働かせなくてはならないわけで、脳の働きを促すためには考えるということはとても
重要な要素になるわけです。従ってなぜ考えるかという以前に考えなくては人は生きていけないのです。


58 :考える名無しさん:04/04/06 15:36
考えないと生きていけないってことは植物人間はどうなるんかな?死んでるのと同じ?

59 :考える名無しさん:04/04/06 16:57
中間>>58


60 :考える名無しさん:04/04/08 22:02
限りなく死に近いがかろうじて生きているのが植物人間

61 :考える名無しさん:04/04/09 01:54
植物だって生きているんだ友達なんだ

62 :考える名無しさん:04/04/09 19:23
暴力を避けるためだと思っていた。でも今の人質問題を考えるとどうしたらよいのか。

63 :考える名無しさん:04/04/09 21:41
>>61
 おもしろい!おもしろいよ!

64 :考える名無しさん:04/04/10 19:43
人が考える理由・・・それは

自分自身を受け止めてくれるなにかがほしいからさ

65 :考える名無しさん:04/04/12 12:26
う〜んマンダム

66 :考える名無しさん:04/04/16 14:21
考えることを考えるとはのぉ

67 :考える名無しさん:04/04/22 13:48
考えることもまたtanasinn…


68 :考える名無しさん:04/04/27 19:46
缶がL

とても飲み干せないよ   ゲップ

やっぱ、S缶がいいよね


69 :考える名無しさん:04/04/27 22:21
考えることが生存につながってきたからさ

70 :考える名無しさん:04/04/27 23:18

思いつきの無謀な 1000歩 よりも、

熟慮した 一歩 。

諸君、 最後に笑う者は、長生きした者である。

あせる べからず。    長い目で生きて行こう。

こうかい ?     いや、 手でもって目を引っ張るのではないよ。



71 :考える名無しさん:04/04/27 23:48

この板の看板のイラストは、彫刻家ロダンの考える人 である。

が、お前らは、このように、右手の肘を、左足の踵につけての

ポーズを はたして 何分 続けていられるのか ?

そのポーズ で 一時間辛抱できるのなら褒めてあげる。

無理な やつは、腹についた贅肉を 削ぎ落とせよ !



72 :考える名無しさん:04/04/27 23:52
歯痛をこらえてる人をロダンが勘違いしたって説もあり。

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)