2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆15歳にも分かる哲学☆

1 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:04
あの…教えてくれますか?

2 :考える名無しさん:04/04/05 01:06
哲学は中卒の物だからね。君はまずもって、高校に行くのを
やめなさい。この板を見れば解るでしょう。

3 :考える名無しさん:04/04/05 01:07
ようこそ、哲板へ!

4 :考える名無しさん:04/04/05 01:08
ここはソクラテス的アイロニーを実践するスレですか?

5 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:09
最近、生きる意味について考え出したんです。
すると、いっつもここの板を見てた…
なので、思い切ってスレ立てしました。

6 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:14
>>4
ソクラテス的アイロニーってなんですか?

7 :考える名無しさん:04/04/05 01:15
>>5
生きる意味なんてないよ。
いやホント。マジ。

8 :考える名無しさん:04/04/05 01:16
悪意はスルーせよ。また、無視されてもきれるな、答えは急ぐな。

ある程度問いが明らかなら、たいていは教えてもらえる。
ただし、問いの立て方は教えられない。

9 :考える名無しさん:04/04/05 01:20
アイロニー=皮肉
ソクラテス的=おれにも分からん

10 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:21
>>7
悲しいですね…


でもあることに最近気がついたんです。
人間のすることなすことを「なぜ?」という問で
問い詰めると、最終的には「なぜ生きるの?」になるんですね。

11 :考える名無しさん:04/04/05 01:28
>>10
その問いへのあなたなりの答えは考えて出ましたか?

12 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:29
>>11
はい、出しました。
答えは死ぬまで考え続けることです。

13 :考える名無しさん:04/04/05 01:30
>>10
生きる必要は「なに」にとってあるだろう(「だれ」にではなく)。
そもそも、自分にとって生きる必要ってあるのだろうか。
「生きなければならない」とは、そもそもなにが言っているのだろうか。

「生きるか」「死ぬか」をなぜ問わなければならないのだろうか。
そういう問いが立つのはなぜだろうか。

14 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:32
>>13
知らないから問が立つ。
人間は貪欲で自分に無いもの=知らないものをやたらと欲しがるのでは
ないでしょうか?

15 :考える名無しさん:04/04/05 01:32
卒業する度にほんの少しだけ分かるようになったりは絶対になかったですか?

16 :ヘラヘラ:04/04/05 01:35

             あ
             た
             り
             前
             田
             の
             ビ
             ガ
             ロ
             だ
             ろ
             ?




17 :ばかぁ〜:04/04/05 01:36
>>10
>人間のすることなすことを「なぜ?」という問で問い詰めると、
最終的には「なぜ生きるの?」になる

というその論理過程はよくわかりませんが、「なぜ生きるの?」という問いが根源的、自律的な
問いであるとは思えないんですね、僕には。「なぜ生きるの?」というのは「なぜこの辛い
生を生き抜かなくてはならないのか?」というのが変換されたものにすぎない。
逆に「なぜこの楽しい生を生き抜かなくてはならないのか?」が「なぜ生きるの?」に転化
しないことは明白です。その意識すら起きない。つまりそこにはすでに価値判断がすべりこんでいる
のです。

18 :考える名無しさん:04/04/05 01:37
死後の世界が想像できないから、認識できないから、とかいう問題ではなく。
なぜ生き死にの問題を考えなければならないのか。

19 :考える名無しさん:04/04/05 01:38
>>17の問題はつまり、
「哲学」と「倫理学」の問題を混在させるな、とは言わないけど、その違いを知ろう、ということ。

20 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:38
う〜ん、哲学は難しいです。因数分解よりも。

21 :考える名無しさん:04/04/05 01:39
>>20
因数分解と一緒にするなよ・・・・・・

22 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/04/05 01:40
>>17
まさにそのとおりですね。
「生きるってどうよ?」の次元ですね。
ディノテーションとコノテーション、
コンスタティブとパフォーマティブの読解。
まさに2ちゃん的脱構築。

23 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 01:41
スミマセンが私は寝ます。
このスレが明日消えてないことを祈ります。


24 :考える名無しさん:04/04/05 01:42
>>23
早いな・・・

25 :考える名無しさん:04/04/05 01:45
>1
「自分とは何か」とか「何のために生きているのか」という「間違った問題」
を考えようとすることが哲学です。

26 :考える名無しさん:04/04/05 01:47
>>25
そういう間違ったことを教えるなよw

27 :ばかぁ〜:04/04/05 01:52
俺なんか15の時は「性欲」と「目立ちたがり欲」のみで、哲学なんてまったく興味なかったけどねえ。
逆に春に目覚める前の小学生のときのほうが物事を考えるのが好きだった。今思うと思春期に考えた
ことはあまりに現実的利害にそくしたことばかりだったような気がする。

28 :考える名無しさん:04/04/05 02:02
まぁ、でも哲学に興味持つ香具師ってのは最初は、
>1みたいな「悩み」を解決するために哲学やら思想やらを知ろうとするわけでしょう?
全員かどうかは知らないけど、概ねそうなんじゃない?
で、アイデンティティクライシスは片付いたけど、そのまま惰性というか嗜癖というかで
哲学やってます、まあその方が「あー哲学とか知ってるんだ偉い(キショい)ねえ」と云われるし、
とかいうカンジで。漏れは会社とかではいわないけどさ、ギロンスキーとか思われたらヤだし。

>1は哲学的(と1が思うようなこと)を学校で喋っちゃいけないよ。ハブかれるぞ。

29 :考える名無しさん:04/04/05 02:05
汗を流せばいい。

30 :ばかぁ〜:04/04/05 02:23
>>28
>哲学的と1が思うようなことを学校で喋っちゃいけないよ。ハブかれるぞ。

という発想は逆転すべきじゃないかな。むしろ、しゃべってハブかれるかどうかというのを
自分の考えに説得力があるか否かの試金石にしちゃう、くらいの図太さでいいと思う。
最近のガキは小利口になることばかり考えているのが多いから、>1にはそういう風潮に
風穴を開けてほしいね。

31 :考える名無しさん:04/04/05 02:32
15歳。
汗を流せばいい。

32 :考える名無しさん:04/04/05 04:16
暇ならExcel覚えなさいExcelで遊んでなさい。

33 :考える名無しさん:04/04/05 13:24
ageとくよ。
>1いらっしゃいよー。

34 :考える名無しさん:04/04/05 16:41
>>1
高校には行くな
働くな
そうすればここの人の仲間になれる
>>32
最近エクセル覚えたんだな

35 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:20
来ちゃた…((*´∀`))

36 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:27
あの…学校の教科に哲学があるとこってあるのかな?

37 :ばかぁ〜:04/04/05 23:27
奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M さんは試しに自分の考えをダーッと書いてみれば?
そのほうが話が展開すると思うよ。

38 :考える名無しさん:04/04/05 23:28
>>36
フランスに逝け

39 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:29
>>38
フランスあるの?!

40 :考える名無しさん:04/04/05 23:31
シモーヌ・ヴェーユもサルトルもドゥルーズもリセで教えてたの知らないのか?

41 :THE グル:04/04/05 23:32

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。





42 :考える名無しさん:04/04/05 23:33
とりあえず、悪いこと言わねからこの板からは直ちに逃げれ

「チンチンシュッシュッ」とか言ってる香具師しかいね

43 :考える名無しさん:04/04/05 23:36
>>36
大学までは独学で頑張ろう。

44 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:38
>>37
じゃあ、書きます。

まぁ、考えとして…というよりいつも心がけていることが僕にはあります。
座右の銘とはいきませんが、自分の生き方として「全てを否定する」という
考えがあります。人間は古来から何かを信じて(信仰)している存在です。
その象徴として宗教があります。宗教は恐ろしく強いもので、このおかげで
今の世界が成り立ち、また破滅への序曲ともなりうる存在です。
話が外れましたが、「全てを否定する」ということは宗教を初めとする
どのイデオロギーなどにも属さないということです。なぜ属さないかというと
僕は貪欲にこの世のさまざまなものをあらゆる方面から見たいからです。
イスラム教を信仰してしまえば、それに対しての目線しかなくなり、
また、オウム真理教を信仰すれば麻原にしか目が留まらなくなってしまうように…
つまり、多種なものを見て自分なりに吟味するためには、一つのことを肯定しては
いけないと考えているので「全てを否定する」という思想に考え付きました。

このような意見ですが、みなさんはどうですか?

45 :考える名無しさん:04/04/05 23:38
奇人短命 は、最近読んだ本とか、感銘を受けた本とか、
そういうのある?
小説でもエッセイでも教科書に出てきたのでも思想書でもなんでもいいから。

46 :考える名無しさん:04/04/05 23:39
「全てを否定する」て思想は否定しないのか?

──て誰でも突っ込むだろ

47 :考える名無しさん:04/04/05 23:39
愚か者どもが

48 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:40
>>45
う〜ん、老子は感銘受けましたね。
あとは手塚治虫さんの火の鳥、あれは漫画ですが
僕的には哲学書です。

49 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:41
>>46
俺もそう思いました。でも、それいったらおしまいなので…

50 :考える名無しさん:04/04/05 23:41
>>48
ああ、そこらへんは割とフツーね。
トンデモないものを読んでるわけでもないし、
相応なものを読んでると思うよ。

51 :考える名無しさん:04/04/05 23:43
>>49
つまりね、全てを否定するのはいいんだけど、
「なんのために全てを否定する」のか、
ってことがあるわけですよ。
全てを否定する動機。

52 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:43
>>49
トンデモないものとは…?どんなのがありますか?

53 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:44
>>51
動機は、多くのものを知るためです。
一つのことに集中するよりいろんなことに手をだしたい性格で…。

54 :ばかぁ〜:04/04/05 23:46
>>44
なるほど。ニュアンスはかなり解ります。あなたのいう「全てを否定する」というのは
デカルトの「懐疑」、フッサールの「エポケー」などに近い感じがしますね。
哲学用語を覚えなければ哲学は語れない、などということはありませんが、「全てを否定する」
という態度を「懐疑」という言葉で語れば、ここの板ではいいたいことが伝わりやすいと
思いますよ。

55 :考える名無しさん:04/04/05 23:46
>>51
じゃあ、なんで多くのものを知りたいの?

こういう質問が、割とえんえん続くんだけど、大事だから我慢してね。

56 :考える名無しさん:04/04/05 23:48
>>52
トンデモってのは、「精神世界」ものとか、怪しいユングものとか、
まあ色々さ。

57 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:48
>>54
そうですか、懐疑っでいきます!

58 :考える名無しさん:04/04/05 23:49
>>54はバカだから相手にしない方がよい。

59 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:50
>>55
それはあの人が好きだ。っていう感情と同じだと思います。


60 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:50
>>56
読んだことあるんですか?

61 :考える名無しさん:04/04/05 23:50
>>54みたいな香具師もトンデモだ

62 :考える名無しさん:04/04/05 23:52
>>59
そこで「好きだ」っていう好き嫌いに帰着させちゃあダメなんだよ。
あとは「知的好奇心です」とか。
そういうのは思考停止なんだよね。

多くのものを知ってどうしたいのか。
あるいはどうもしなくても、なぜ多くのものを知ると、自分は満足するんじゃないだろうか、と思うんだろう?

63 :考える名無しさん:04/04/05 23:54
>>62もトンデモくさくなってきたぞ

64 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:55
>>62
すみません。でも、そういう感情なんですよね。
多くのことをしることによって、自分が何かに満たさせていくのですよ。
満腹ってな感じで。

65 :考える名無しさん:04/04/05 23:55
>>60
俺はパラパラっとしか読んだことないけどね。
あとトランスパーソナル心理学とかも、アブないなあ。

ひとついっておけば、別に宗教とかトランスパー・・・で「幸福」になるのはまったくかまわないことなんだよ。
そんな幸福はウソっぱちだ、とかいう方が概ね下らない。

「真理」と「幸福」は、基本的に関係がないんだよ。
と思っておいてね。

66 :考える名無しさん:04/04/05 23:56
14歳じゃなかったっけ

67 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/05 23:57
>>62
すみません。でも、そういう感情なんですよね。
多くのことをしることによって、自分が何かに満たさせていくのですよ。
満腹ってな感じで。

68 :考える名無しさん:04/04/05 23:57
>>63
一応ニヒリズムというか一回全否定する方向に誘導しているんだけど(当方62)
怪しいかねえ?

69 :考える名無しさん:04/04/05 23:59
すべてを否定してしまった人は、何かを信じたくてたまらなくなる。
ニーチェのように。

70 :考える名無しさん:04/04/06 00:00
>>67
自分が満たされる、っていうのはどういうことなのか、
そこをまず分析していかなくちゃならないわけですよ。

71 :考える名無しさん:04/04/06 00:01
まあ確かに今自分がやってるのは自己啓発セミナー(行ったことないけど)
見たいなもんなんだろうなあ。
とはいえ、自己肯定感を植え付ける気はないけど。

72 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/06 00:01
>>70
満たされる=気持ちよくなる

気持ち悪い表現ですけどこれがそうですね。

73 :考える名無しさん:04/04/06 00:03
>>72
そうそう、ぶっちゃけて行かないとダメ。

74 :考える名無しさん:04/04/06 00:04
奇人短命さんは本当は真理を求めている。
真理を求めている途中なので不安がないだけ。

75 :ばかぁ〜:04/04/06 00:05
>>58,>>61
僕を相手にしないか否かを決定するのは奇人短命さん本人だからさw。

とにかく奇人短命さんは本を多く読むことだと思いますね。それにたくさん音楽を聴くことや
多くの映画を観るとか。横断的にいろいろなメディアに触れることは有益です。

76 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/06 00:07
はい!

77 :考える名無しさん:04/04/06 00:10
奇人短命さんは、いつだったか神と名乗り、最後に僕は中学生なのに、
と言って逃げ出した、あのバカではありませんよね?


78 :考える名無しさん:04/04/06 00:14
とりあえず72までの暫定的な結論にたどり着いたわけだ。

最初の問いと最後に出てきたものをつなげてみると、
哲学すること=気持ちいい
になるよね(最初の問いってのが本当はないけど)。
気持ち悪いし、否定したい衝動に駆られると思うけど、
そこを足がかりにきっちり考えていかないといけない訳ですよ。

79 :考える名無しさん:04/04/06 00:16
592 名前:○○○ ◆SQIDAUQYpc :03/01/13 15:36
>585
否定できるということは強みにもなりますよね。
常にそうあるならば人工衛星のようです。


593 名前:顔偏差値15 :03/01/13 15:44
なんで人工衛星?


594 名前:○○○ ◆SQIDAUQYpc :03/01/13 15:55
>593
その時々を否定して動き続けるということ。
地球の重力に引かれながらも無重力(開放)を味わえる。
落ちてるのに堕ちない不思議。

80 :奇人短命 ◆9hj3qQ2H8M :04/04/06 00:18
>>77
それはどんな人?

81 :考える名無しさん:04/04/06 00:20
>>80
別人ならいいんです。ほっとしました。

82 :考える名無しさん:04/04/06 00:22
「おっこたおっこた」ではありませんね。

83 :ばかぁ〜:04/04/06 00:25
エピクロス(エピキュリアン=快楽主義者の語源となった人)も人間の最高の快楽とは
上級認識能力の行使である、と言っています。つまり高度なことを考えることは最高に
気持ちいい、と言っている。安直に、理論の上位に感性的快楽を置く現代の功利主義的、
動物的な社会通念はまさに「疑う」べきものだと思いますね。

84 :考える名無しさん:04/04/06 00:31
もうご就寝かな。

次のステップに進むのは、まだまだ遠いと思うけど、
ネット上のとあるところから、とある詩を勝手失礼ながらコピペしてこよう。

                    ↓

85 :考える名無しさん:04/04/06 00:32
 この世界に意味なんてない
 じぶん探しに答えなんかない
 こころが癒されました
 生きていて良かった
 こころが傷ついた
 絶望だ、死んでしまいたい、でも
 それはみんなナルシシストのはかない幻想
 そう、たとえそれが「愛」であってもね
 ほんとうに愛されていたのは鏡に写った自分の姿
 でも、ふと気がつくと
 鏡のこちら側には誰もいない


86 :ばかぁ〜:04/04/06 00:43
じゃあ僕も詩を一つご紹介しよう。

 Hey,Mr.Policeman 未来は ピストルを必要としない
 内気なカンガルーに酸素を与えてやってくれないか  
  (「ロメオ」ブランキージェットシティ)

87 :考える名無しさん:04/04/06 00:47
>>85,86
どっちもどっちだね。

88 :考える名無しさん:04/04/06 00:47
>85は一応、今後に直接の影響のある、
つまりフランスの某思想家の思想をベースにした、もので、
アーティスト(歌うたい)のものとかじゃないんですけどね・・・・・・
まあ、いいか

89 :考える名無しさん:04/04/06 01:56
くだらないからどうでもいい

90 :考える名無しさん:04/04/06 02:25
そりゃ大変だ

91 :考える名無しさん:04/04/06 22:12
>>44
うーんそうだなー、この板に出入りするのはオレもあまり感心せんな〜。
ちょっとヒドすぎるからなー。瘴気が充満しててユーモアに欠けている。
君の文章を読んでいると、なんだかほのぼのとしてて癒される。

つれづれに考えた事を置いておくね。
 否定と懐疑は似ているが、やはり違うものだから、オレは無理して否定
を懐疑に言い換える必要はないと思う。自分の感性は大事にするべきだ。
むしろ積極的に養った方がいい。特に人を疑うときりがなく、どこまでも
疑わなくちゃいけなくなり、暗い闇の底に落ちていく気分になってしまう。
また、全てを否定するといっても自分を否定する必要はない。自分は否定
する対象を自ら見出す特別な存在だから、自分を否定すると否定する対象
をも見失いかねない。その一方で、否定する対象はできるだけ広く多様な
対象を積極的に探し、自分の目で「見る」ことだ。見る範囲が広ければ広
いほど、多ければ多いほどよい。深ければ深いほどよいとは言えない。深
さは本質に迫ることができて時には普遍的なものを見せてくれるかも知れ
ないが、時には目を曇らせる。自分の間口を広げ多くのものに接し知るこ
とによって見えてくる本物もある。本物か偽物かは初めは分からないだろ
うが、偽物を怖れる必要はない。がむしゃらに動き貪欲に摂取する。否定
はその手段として有効な手だ。経験し、本物を見分ける目を養うことだ。
そうしている内に得るものが自分の世界だ。それは自分で自分を養う、と
いうことだ。ただし、有効な手段は否定だけではない、という事は覚えて
おいても損はない。懐疑という手を使うものもいるし、反逆と言って自分
に反逆するヤツもいるし、逆説を使ってひねくれるヤツもいれば、証明!
と叫んで喜ぶヤツもいれば、反骨ジジイもいる。得をするのはたいてい素
直なヤツだが・・・う〜ん、われながら理想郷を描いてるな。

92 :考える名無しさん:04/04/06 22:12
 その年齢で他の人間のヤツのことを考える余裕などは持たなくてもいい。
断固自分を磨くのだ。とにかく前進するのだ。
 本を読むなら、オレのおすすめは断然「荘子」である。オレは全部読ん
でないが、プラトンやソクラテスもいい。アリストテレスはもっといいが、
多分面白くない。
 宗教に関しては、オレは宗教を持ってない人間は信用できない、と思っ
ているので(これは信念だ)、特に言うべきことはない。もちろん例の宗
教を宗教だなどとは思っていない。精進せよ。

93 :ばかぁ〜:04/04/07 05:12
>>91
哲学板で作文を書かないように。つれづれに書くのはいいけれど、否定、懐疑、本質、
普遍、などの哲学のキータームはなるべく厳密に使いましょう。言葉の主観的使用の
排除は学の第一歩。あなたの言いたいことはわかるけどね。

94 :考える名無しさん:04/04/07 13:07
木田元の言葉にあるような「哲学の授業」は、明治以来の日本の伝統だが、
そういう流儀で近代ドイツ哲学の(翻訳)文体を真似た結果、
難解語を散りばめた悪文が哲学的文章のデフォールトになったという害毒も否定できないな。
――木田元による太宰治の評価も面白いぞ。

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)