2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

山口・斎藤・谷―現象学―

1 :有漏:04/04/11 08:10
フッサール現象学です。※必ず下記を一冊以上読了の上で御投稿下さい。
特に山口氏と谷氏は(他者論の根幹でもある)時間論について
異なる解釈をしているので併読を御勧め致します。
山口一郎『現象学ことはじめ』(フッサール『受動的綜合の分析』の訳者)
斎藤慶典『フッサール 起源への哲学』
谷徹『これが現象学だ』(フッサール『ブリタニカ草稿』の訳者)

新田義弘『現象学とは何か』(後期フッサールの紹介者)
クセジュ文庫『現象学』

2 :考える名無しさん:04/04/11 09:00
>>1
山口氏と谷氏による時間論についての異なる解釈とは、
どんなものなんですか?

3 :3:04/04/11 09:19
      /⌒ヽ
     /  =゚ω゚)___
     |   つ|  |
     ( ヽノ .|3 |
      ノ>ノ  |___|
. 三  しU


4 :考える名無しさん:04/04/11 23:23
スレが伸びない
「山口・斎藤・谷」て選択が恣意的なんじゃないのか?

5 :考える名無しさん:04/04/11 23:30
時間論はハイデガー嫁。

6 :有漏:04/04/13 03:38
>>2
「原印象」と「把持」と「原印象の意味内容」についての解釈の相違です。
谷先生は、山口先生の批判するレヴィナス・デリダ(・中島義道氏?)
(『内的時間』のフッサール?)の考の様です。
山口先生によれば、谷先生の考は、
「原印象は原-受動性であり、把持は原印象の意味内容を内容を
変容してしまう」という考であり、山口先生は「原印象の意味内容」は、
受動的=事発的志向性である衝動志向性を介して、
空虚表象と原印象とが対化して生成するとしています。
山口先生によればこの「空虚表象の生成」において
自他の別異が生成するらしいです。

>>4
>スレ伸びない
すいません。
わたくし自身の知る限りで、水準以上の概説書を著しておられ、
更に、入手容易な先生方を選びました。
このスレでも信者の多い某氏系は谷先生が名前こそ出しませんが
こっ酷く批判しているので出しませんでした。
概説書等を著すならば、時間論にも関わる、
『フッサリアーナ』及び『草稿』群等を(原文で)きちんと
読破せずに概説書等を著している様に思われるので論外と思います。

>>5
新田先生の『現象学とは何か』を御読み下さい。
フッサールとハイデッガーとの思想的関係も論じておられます。

7 :しろうと三号:04/04/13 14:14
「還元」したら、世界はどのようにみえるのでしょうか?一方、「還元」に失敗したり成功したりするものなんですか?又は、完全な「還元」とか不完全な「還元」とか、乃至正しい「還元」とか間違った「還元」ならあるんですか?

8 :考える名無しさん:04/04/13 14:24
現象学の入門書って、ほとんどフッサール入門なんだけど、
フッサール以降の現象学を総括的に扱った入門書ってない?
木田元の新書は読みますた。

9 :考える名無しさん:04/04/13 14:32
谷さんが「これが現象学だ」ですすめる本が高いです

10 ::04/04/13 14:49
>>6
あ、すいやせん。別に「信者の多い某氏系」を擁護したかったわけじゃなくて、
「山口・斎藤・谷」てゆう括り方はナンで?
と単純に訊きたかっただけなんだけど…

もしかすると、現象学畑の人にはそれが「自明」なのかもしれないけど、
他分野の人間の場合、例えばフッサールの著作は興味があって読んでいても、
最近の研究はよく知らね、って人もいると思うので。

著作を挙げるだけじゃなくて、もう少し立ち入って問題提起をしてみた方が
いいのでわ?


11 :考える名無しさん:04/04/13 17:58
>>10
>あ、すいやせん。別に「信者の多い某氏系」を擁護したかったわけじゃなくて、

いい加減にしてくれよな、おっさん。
批判者は、まともに竹田を読まずにエッセイストだとか思ってる人も出る始末なんだから。
最初からイメージを固定して、読まず嫌いにしないでくれ。


12 :考える名無しさん:04/04/13 19:31
>>11
どうして竹田信者はどこにでもでてくるの?もうやめてください!

13 :しろうと三号:04/04/13 21:51
>7
おらの疑問に答えてくれる人は、いるのかヌ〜ン〜〜??教えてくらはい。ペコリ

14 :考える名無しさん:04/04/14 01:33
まあ>>13みたいのもいるから、
入門書くらいは読んで来いよ、てのも分からないわけではないが

15 :考える名無しさん:04/04/14 03:16
>>7 >>14 >正しい「還元」とか間違った「還元」ならあるんですか

鋭い問いに思われ。明証性は絶対真理を保証するかい?危機書ならどう?

16 :考える名無しさん:04/04/14 03:49
だいたい「絶対真理」て何だよ?
馬鹿は報知(てオレもな)

17 :考える名無しさん:04/04/14 03:54
まあ>>15みたいのもいるから、
入門書くらいは読んで来いよ、てのも分からないわけではないが


18 :考える名無しさん:04/04/14 06:26
こんなものを読んでる暇があったら素直にフッサール読めばいいんですよ

19 :しろうと三号:04/04/15 02:12
>>7補足
斎藤の『起源』によれば、エポケーされて還元を経た現れが、学であるために「エポケー」に制限を課す必要があるとフッサール(以下H)は考えたと斎藤は書いましゅ(68-84頁参照)

20 :しろうと三号:04/04/15 02:16
(続)しかし斎藤は、単なる思想こそが純粋現象であり、学を超えた普遍性/認識の起源であると主張してゅ。でもこの次元で現れた何かは真でも偽でもなく「まったくの不確実性と両立していることになる」(96頁)

21 :しろうと三号:04/04/15 02:21
(続々)でもこの考えって“オレの思想が真理なのら!信じるのら”と叫ぶ電波君の主張とどうやって区別したら良いのかにゃ?この次元、斉藤によれば「超越論的領野」の現れをどう理解したらよいのかにゃ??

22 :考える名無しさん:04/04/15 02:23
一緒一緒

23 :しろうと三号:04/04/15 02:26
(最後)だって、この領野で現れるのは、科学的に実証されたのではなく、論理的推論により論証されたのでもないのれすょ?
儂の言ってる事、おかしいのかにゃ?
儂はおかしくないと思うんだヌ〜ン

24 :考える名無しさん:04/04/15 02:30
還元は論理的推論ではないよ。直観的確実性に到る方法だ。

25 :考える名無しさん:04/04/15 06:25
>>23
還元が還元であるかぎりすべて「正しい」。
電波くんの主張は還元以前。電波は電波

26 :考える名無しさん:04/04/15 06:27
がんばれ

27 :しろうと三号:04/04/15 06:47
皆様
〈還元が還元であるならばすべて「正しい」〉ならば、その「正し」さは何によって、何を根拠として、「正しい」のかにゃ?
還元であることそれ自身によって?

28 :考える名無しさん:04/04/15 06:51
>>27
>還元であることそれ自身によって?
とどのつまりは、そういうことですよ。
後はフッサールのような人は、
もう圧倒的な物量をほこる彼の粘着質の記述が、
記述そのものの迫力によって「正しさ」を証明している
と言えるのかもしれない。

29 :しろうと三号:04/04/15 07:13
>28様 サンキュ れす。
実際、儂も同感す。還元の領野は通常の意味では「証明」できないハズ。後は「(超越論的)動機」により記述し続けるダケ。電波君ナラ、他からの問に無視か矛盾ヲ連呼スルダケ。それが両者を区別する唯一の基準のように思われますが、皆様如何お考えれせうか?

30 :考える名無しさん:04/04/15 07:17
>>29
細かく区切りすぎ、それと少しは改行しろ。

31 :しろうと三号:04/04/15 07:59
ごめんなさい。 ショボン

32 :考える名無しさん:04/04/15 12:01
よしよしでち

33 :しろうと三号:04/04/19 15:26
ネエ ナンデ コノスレ デンデン モリアガラナイノ ???

34 :ROMらー:04/04/19 20:46
>>33
スレタイに挙がってる人と関わりがあるから。

35 :考える名無しさん:04/04/21 21:42
最近たまたま山口氏と谷氏の入門書読んだからage

36 :しろうと三号:04/04/23 12:30
>>34
ヘタな発言しちゃうと、誰だか分かってしまうから?そんで、睨まれてしまうから?

?疑問?あり?

少なくとも、斎藤現象学については。(他の人の著作は持ってないノデ)
『思考の臨界』と『フッサール〜』とでは、微妙な違いを感じる。(斎藤流)超越論的現象学なのニン。。。

37 :山田:04/04/24 18:20
田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田田田田田田田田田田田山山山田田田田田田田田田田田田田
田田田山山田田田田田田田田山山山田田田田田田田田山山田田田
田田田山山田田田田田田田田山山山田田田田田田田田山山田田田
田田田山山田田田田田田田田山山山田田田田田田田田山山田田田
田田田山山田田田田田田田田山山山田田田田田田田田山山田田田
田田田山山田田田田田田田田山山山田田田田田田田田山山田田田
田田田山山田田田田田田田田山山山田田田田田田田田山山田田田
田田田山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山田田田
田田田山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山田田田
田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田田


全国の山田さんはこのレスを他のスレにコピッペしてください。
しないと山ちゃんと呼ばれなくなります。

38 :しろうと三号:04/04/30 16:33
クドイが

斎藤『思考の臨界』3頁
斎藤は「すべての哲学がすべての思考が、超越論哲学によって発見された最終的な地盤
−それをフッサールは「超越論的主観性」ないし「超越論的領野」と呼んだのだが−
の上を動いている」
と考えている、らしい。
こうした主張に対して、反論や批判は
出ているのだろうか?

シカト か?

39 :しろうと三号:04/04/30 16:41

知らない人が読めば、ソンダイ ダヨネ


物理主義者や現代の自然主義者はこう言う発言を
どう思うのだろう?

マチガイ

って思うだけ??

40 :考える名無しさん:04/05/14 12:36
『数学文化 第2号』(日本評論社)に
E.フッサール「変分法への寄与」が掲載された。

41 :考える名無しさん:04/05/14 17:52
山口さんが、竹田青嗣の
現象学の入門書について、
「あんなものは現象学でもなんでもない」
って言ってました。

42 :考える名無しさん:04/05/14 22:54
本当だったら、大問題。
すぐに消される。

43 :考える名無しさん:04/05/16 18:01
放送大学の現象学のテキストが手頃で良いね。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)