2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポストモダンの条件

1 :ポストモダニスト:04/04/14 15:49
1.自己中
2.怪しげな科学概念で武装する
3.過ちを指摘されると無視か逆ギレ
4.煽りにすぐ反応 すぐ釣れる

全盛期という「大きな物語」は消滅し、ポストモダン自体が「小さな物語」
となってしまいました。
これぞポストモダンの真骨頂。


グワシ!!!!!!!!!!!!!


2 :考える名無しさん:04/04/14 15:50
フロイトのことか

3 :考える名無しさん:04/04/14 15:53
二重カキコは三度ボタンを押す

4 :ポストモダニスト:04/04/14 16:07
みんなもポストモダンの条件をあげよう!!!!!!!!!

 ↓テンプレ
1.自己中
2.怪しげな科学概念で武装する
3.過ちを指摘されると無視か逆ギレ
4.煽りにすぐ反応 すぐ釣れる

5 :考える名無しさん:04/04/14 16:11
気が利かない

6 :ポストモダニスト:04/04/14 16:12
1.自己中
2.怪しげな科学概念で武装する
3.過ちを指摘されると無視か逆ギレ
4.煽りにすぐ反応 すぐ釣れる
5.気が利かない


7 :考える名無しさん:04/04/14 16:14
馬鹿ですか?

8 :ポストモダニスト:04/04/14 16:23
ポストモダンの条件

1.自己中
2.怪しげな科学概念で武装する
3.過ちを指摘されると無視か逆ギレ
4.煽りにすぐ反応 すぐ釣れる
5.気が利かない

本日の釣果

>>7

9 :考える名無しさん:04/04/14 16:26
1.自己中
2.怪しげな科学概念で武装する
3.過ちを指摘されると無視か逆ギレ
4.煽りにすぐ反応 すぐ釣れる
5.気が利かない
6.馬鹿ですか

10 :考える名無しさん:04/04/14 16:30
「裏切り」の構造を理解すると、良い。

11 :考える名無しさん:04/04/14 16:35
周りの人間は全て馬鹿だと思ってる

12 :考える名無しさん:04/04/14 16:39
損失感を代替要素で補う

13 :考える名無しさん:04/04/14 16:42
ののたんは奇跡

14 :考える名無しさん:04/04/14 16:43
なにも悪い事はしていない

15 :考える名無しさん:04/04/14 16:44
慣れてしまえば大丈夫

16 :考える名無しさん:04/04/14 23:58
フロントがポモやから野球ができんのや!


17 :考える名無しさん:04/04/15 00:05
1.自己中
2.怪しげな科学概念で武装する
3.過ちを指摘されると無視か逆ギレ
4.煽りにすぐ反応 すぐ釣れる
5.気が利かない
6.馬鹿ですか
7,〜の引用です

18 :考える名無しさん:04/04/15 00:07
ポモは永久に不潔です!

19 :考える名無しさん:04/04/15 02:27
無益無害なことしかいわない。

20 :考える名無しさん:04/04/15 08:27
誰もいちいち大数学者の定理や予想などきちんと理解する能力もヒマもないのだが、フランスのポストモダン思想家達のもっともらしい、術語に満ちた「哲学」に欺かれても止むを得まい。
しかしソーカルはそれを許さない。いやしくも思想界の旗手たるthinkerたるもの、「メタファー」などという言葉を超拡大解釈して、
それを隠れ蓑にして堂々と嘘をつくなど(実は本人も嘘をついているつもりはなかったりして)、言語道断の仕業なのだ。
「知の欺瞞」はなんの意味も根拠もないことを「ファッショナブル」(聞こえよく)喧伝し、それが如何にも自らのオリジナルな作品であるかのように取り繕うイカサマ思想家たちを糾弾した、優れた書である。



21 :考える名無しさん:04/04/15 18:35
これ、本の題名でしょ?
宣伝活動かな。
そして、>>20の内容は知の欺瞞において、意図するところではないところを
逆に濫用してみたの?

22 :パレルゴン:04/04/15 22:53
それでは、ソーカルは真実を述べていると言う証明は出来ますか?
絶対正しいと言う根拠を述べてみて。

23 :パレルゴン:04/04/15 22:54
明日返事は読みます。楽しみだ。

24 :考える名無しさん:04/04/15 23:50
これからはポチとモダンヤキでのんびり暮らそう…


25 :考える名無しさん:04/04/15 23:52
>>20
それってまんまぴかぁーに当てはまるじゃん!



26 :考える名無しさん:04/04/16 00:34
ソーカルが述べていることは真実です。
ソーカルのいっていることはごく簡単にいると1+1=2ということだけです。
足し算すら理解できないのに足し算のできない素人に「俺は足し算ができる頭のいい人だ」といっているのがラカンやドルーズです。
「ソーカルが正しい」ことは理工系の教養課程程度の数学が理解できる人なら容易に理解できます
ポストモダン系で数学用語をでたらめにつかって自分があたかも科学にも通じているかのように装っていた人達はその程度の数学もできなかったというわけです。
だからその程度の数学すら理解できない人に「正しいことを証明」しようとしても馬の耳に念仏です。
ところでパレルゴン君は以下のことが理解できるでしょうか?駄目なら人に「証明」を要求すべきではないです。「数理言語」や「英語」ができない人に数学や英文法の「正しさ」を「証明」することなど
できないからね。
答えられますか?楽しみだ(W

ラカンが好きな人むけ(W
1、(X,d)を距離空間とする。このとき d'(x,y)=d(x,y)/{1+d(x,y)} はdと同値であることを示せ。

2、(X,d)を距離空間とし、f,g:X→Rを連続関数、c∈Rとする。このとき
(f+g)(x)=f(x)+g(x)
(fg)(x)=f(x)g(x)
(cf)(x)=cf(x)
と定義するとf+g,fg,cfは連続関数であることを示せ。

3、距離空間(X,d)の部分集合Aに対して次が成り立つことを示せ。

     (@)Aの内部=Aの補集合の閉包の補集合

    (A)Aの閉包=Aの補集合の内部の捕集合

4、(R,d(1))においてQの内部と閉包は何か。

「超」基本的問題だよーん




27 :考える名無しさん:04/04/16 00:45
と、>>26は2ページ先にわけのわからないことを始める。
もちろん、このことにおいてソーカルが正しいこととポストモダン*26が終焉を迎えることには何の関係もない。
数学的基礎を完全には理解していないであろう読者(執筆する上で当然念頭に置いているであろう)に対して
博学であることを示し、感歎させているのである。

28 :考える名無しさん:04/04/16 00:48
位相幾何学を専門にした人が数日前に書いていたな…。真面目そうな感じだから、来てくれないかな。

29 :考える名無しさん:04/04/16 01:44
つーか
俺にモダンとポストモダンを教えろよ

30 :考える名無しさん:04/04/16 01:50
>数学的基礎を完全には理解していないであろう読者(執筆する上で当然念頭に置いているであろう)に対して
博学であることを示し、感歎させているのである。

それこそラカンやドルーズやボードリヤールがやった詐欺の手口なのだか。(嘲笑)
詐欺の手口を暴いた側が「数学自慢」をしていると曲解する奴の頭脳の構造は「トポロジー」をなしているに違いない。


31 :考える名無しさん:04/04/16 02:00
>詐欺の手口を暴いた側が「数学自慢」をしていると曲解する奴の頭脳の構造は「トポロジー」をなしている

感歎させられた読者のその後を、>>27ではソーカルの文体を借りてパロディを作ったに過ぎない。
ソーカルが触れなかったデリダ(理由は自然科学の濫用の痕がない)の手法を用いて
裸の王様を書いてみただけだ。ポストモダンがしぶとく生存し続ける可能性を、詩的に表現したまでだ。

32 :考える名無しさん:04/04/16 04:47
>>22
絶対正しいと言う根拠を述べてみてと言う根拠を述べてみて

33 :考える名無しさん:04/04/16 04:50
>>32
でたらめに書いたギャグ論文がソーシャルテクストに掲載された
というのが事実だったという根拠を述べてみてw。
絶対そういう事実があったという根拠を述べてみて。
明日が楽しみだ。

34 :考える名無しさん:04/04/16 04:52
なんか、燃えてますね

35 :THE グル:04/04/16 05:03

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。




36 :考える名無しさん:04/04/16 05:25
>>32
でたらめに書いたギャグ論文がソーシャルテクストに掲載された
というのが事実だったという根拠を述べてみてw。
絶対そういう事実があったという根拠を述べてみて。
明日が楽しみだ。




37 :考える名無しさん:04/04/16 17:37
>>32
でたらめに書いたギャグ論文がソーシャルテクストに掲載された
というのが事実だったという根拠を述べてみてw。
絶対そういう事実があったという根拠を述べてみて。
明日返事は読みます。楽しみだ。


38 :考える名無しさん:04/04/16 18:19
266 名前:考える名無しさん :04/04/16 18:01
そもそも言語のデコレーション、アートであるものに対して、
やれ、不正確な言語使用だという文句のつけ方が、暇ですなぁとしか胃炎わな。
もともとでたらめを楽しむためのものなんであって。




39 :考える名無しさん:04/04/16 19:09
心理学の科学主義的な神話学とその応用領域とのあいだに、
少なくとも3種類の結びつきを挙げることができるだろう
――もっとも、これら3つはあらゆる可能な仕方で交叉しているのだが。
それらは、禁欲的な道〔精神物理学など〕、同一化の道〔教育分析という方法〕、依託の道である。

第3の依託の道は、科学を側面的に使うことであろう。
そして科学の言表は、考察される理論に対して外在的性格を保っているか、
あるいは隠喩としてのみ使われるだろう。
精神分析のある部分は、このような仕方でも機能してきた。
たとえば欲動の経済がエロスとタナトスへと二極化するのを正当化するために、
フロイトが――真剣に<<見直した>>――カルノーの原理に言及する場合である。
あるいはその後、シニフィアンの擁護者たちが構造主義言語学を剽窃したり、
不幸なことに、どうしもない数学的トポロジーに取り組んだりしたときである。

40 :考える名無しさん:04/04/16 19:15
266 名前:考える名無しさん :04/04/16 18:01
そもそも言語のデコレーション、アートであるものに対して、
やれ、不正確な言語使用だという文句のつけ方が、暇ですなぁとしか胃炎わな。
もともとでたらめを楽しむためのものなんであって。


41 :パレルゴン:04/04/16 22:47
返事は「ドゥルーズ意味の論理学を読む」を見てくれ。


42 :考える名無しさん:04/04/16 22:53
ちゃんと答えてあげなよ。

43 :パレルゴン:04/04/16 23:03
いや。
同じ問題が、あちらこちらに書いてあるんでのぅ。
どっかに纏めては。疲れるから。

44 :考える名無しさん:04/04/17 00:35
もうポスモダを総括していい頃だろう。もうやられてる?

45 :考える名無しさん:04/04/17 00:52
ポスモダって「生産」や「労働」を見失った思想だろ?

46 :Я ◆wMDHqGPerU :04/04/17 01:14
錆び付いた「生産」や「労働」を葬った思想ですね。

47 :考える名無しさん:04/04/17 03:29

おい、もうそろそろ「ポスモダ、ポスモダ」言うのやめようぜ。
きもいポスモダおたくは自分のルサンチマンまるだし。

48 :考える名無しさん:04/04/17 05:23
>>22

卑怯者だねバル君は。
『「知」の欺瞞』のターゲットになっていると感じている人たちは、『「知」の欺瞞』によって挙証責任がどちら側にあるかがはっきりしてしまったことを無視してはいけない。
挙証責任を反転してはならない。用いられている表現に理解可能な意味を与えることに成功していることを示す責任は、まず第一に、異義を唱えられた著者の側にあるのだ。
読者には、髪をかきむしってまで、意味を発見したり発明したりする責任はない。




49 :プリングルス:04/04/17 05:26
表現の分かり易さに限り、非難されてるなら、数学についても同じことが言えるんですけどね。

50 :ポテルカ:04/04/17 05:30
>>49
横レスだけんど。
すでに出来上がっている数学理論は、
相応の訓練を積めば基本的にだれでも理解できるよ。
適当な粉飾によるおふざけ論文が通用してしまうようなことは起こりえない。

51 :考える名無しさん:04/04/17 05:38
>>48
「数学を知らない人が読んで彼らの本を理解している」という事情がある、というのはどうでしょう?
少なくとも伝達の手段である比喩としては成立しているわけで。
ラカンのトポロジーのようなものは、ラカン派内部でも問題視されているし、
一方的に目くじら立てるほどでもないような。

読者には髪をかきむしってまで意味を発見したり発明したりする責任はないが、
著者にはあらゆる読者を想定する義務はないでしょう。
明らかに数学や物理学のみに精通している人を対象にしていないし。

数学的に華麗に書かれているというだけで「深い」と思ってしまう一部の人(特に文系にありがち?)は、
『「知」の欺瞞』のような本を見ておいたほうがよいだろうけど、
そうではない人にとっては、単なる事実確認の本でしかないのでは?
「ああ、やっぱりインチキ数学・物理学だったんだな」ぐらいにしか思わないような。
挙証責任がどうのという話にはならないような気がする。
どれだけ責任を追及されようが、すでに出版されたインチキはインチキでしかないし。

>>22のパレルゴンの物言いが卑怯なのは、その通りだが。

52 :プリングルス:04/04/17 05:50
訓練は、哲学でも基本的に変わらないと思いますよ。
結構な時間を粘り強くやらないと、読めないというのは同じでしょうし。

53 :考える名無しさん:04/04/17 09:23
ちなみにソーカルは左翼だし、ポストモダンが扱っている問題は重要だといっている。ただそれが不真面目に論じられているのが我慢ならないといっている。
また数学用語の濫用粉飾使用にのみターゲットをしぼってソーカルは論難している。
バル君の逃げ口上は知的誠実が感じられない。いかにもポストモダン信者らしい。

54 :考える名無しさん:04/04/17 09:31
7月17日のニューヨークタイムズに、知的詐欺著者のアラン・ソーカルら260人のユダヤ系アメリカ人によるアメリカ政府への公開状と署名が掲載された。
内容は国連決議に近いもので、イスラエルが占領地および入植地から撤退することを求め、その受け入れをイスラエルへの経済軍事援助の条件とせよとアメリカ政府に要求している。
「知的詐欺(日本語版では「知的欺瞞」)」に関連していえば、ソーカルと対立したポストモダン派では、「ソーシャルテクスト」のブルース・ロビンス、スタンレー・アーノウィッツ、
アンドリュー・ロスらが署名に参加し、ソーカル派ではバーバラ・エプスタインの名がある。
署名は、社会民主主義者といわれるソーカルからポストモダニスト、左右ふくめさまざまな色合いのユダヤ系アメリカ人の妥協の産物であろう。
ノーム・チョムスキーの妻の名は署名にあるものの、チョムスキー本人はニューヨークタイムス掲載以降に署名参加している。



55 :考える名無しさん:04/04/17 09:34
ソーカルの意図は左翼をポストモダニスト的言説のばかばかしさから救うことにあった

56 :考える名無しさん:04/04/17 09:43
ソーカルの批判するポストモダニズムのスタイル、つまり数学や諸科学を下敷きにした理論展開、文明論的相対主義などは、結局レヴィ=ストロースから出ている。
構造主義とかポスト構造主義というより、レヴィ=ストロース・コンプレックスとでもいったほうがいいようなスタイルの近縁性がある。
レヴィ=ストロース的な数学の適用も、数学自体には破綻はないのかもしれないが、親族理論などでの喩としての使い方の手続き、つまり構造の発見というやつは、
かなり怪しげなものだ。
少なくとも英米の「実証的」人類学者はストロースのいってることをまったく信用していない。

57 :考える名無しさん:04/04/17 09:52
ここは水族館か何かか?ハッキリしろ

58 :考える名無しさん:04/04/17 09:58
>>52
哲学は、訓練を積めば共通認識に達するようには整備されていないようだけど。
常に誰某の何某解釈が間違っているいないの論争が絶えない。
少なくともポモでは共通認識がないからこそ、悪意のいたずらが成功してしまったわけでしょう?


59 :プリングルス:04/04/18 00:31
どうでしょうねー、そのいたずらによって、古典読む必要性が無くなる訳でもないですから。
ところで、>>53-56はどっかの引用ですか?いいこといってるように読めましたが。




60 :考える名無しさん:04/04/18 00:59
>>59
もちろん古典読む必要性が否定されたなんて胃炎わな。
むしろポモのイカサマぶりが暴露され古典派は溜飲さげた。

61 :プリングルス:04/04/18 01:25
イカサマなんですかね?ヨーロッパ批判というのは、結構、ポストモダンの役割として大事だと思うんで、
ソーカル事件によって、それが数学の問題にすり替えられて隠蔽されたら、いやな感じがしますけどね。
でも、左翼?としての、哲学のことを考えた行動であったなら、それは嬉しいことだなんですが。
今のところ、そういうポストモダンの扱っている問題に対して、新しい展望を拓くってとこまでは来てないようですし、
これからの行方を見守ってからですね。

62 :考える名無しさん:04/04/18 07:00
ベクトルと点で混乱する人間に学問をする資格はないと言明する。

63 :考える名無しさん:04/04/18 07:41
人文科学にそんな知識は必要ないと記述する。

64 :考える名無しさん:04/04/18 19:24
>61
>左翼?としての、哲学のことを考えた行動であったなら
彼はそのつもりだったと思う。

65 :9300925992498513:04/04/18 19:26
>イカサマなんですかね?ヨーロッパ批判というのは、結構、ポストモダンの役割として大事だと思うんで、
>ソーカル事件によって、それが数学の問題にすり替えられて隠蔽されたら、いやな感じがしますけどね。

正直いって影響はゼロに等しいでしょうね。

66 :パレルゴン:04/04/19 23:05
構造主義を論理的に分析する事も意味あるだろうが、学説とは、誰か天才が新たな理論
を言い出したから、生まれたと考えるのは単純すぎると思われる。
つまり、背景と言う事が考慮されないで、「あれは間違いだ。」「これは正しい。」
とは言えないのだよ。つまり、色んな状況変化から、また、間テクスト的な影響
から、諸説は生まれると考える方が納得できる。誰かがいなくても、誰かが代弁する。
そう言う風に、ある同じ時代の言説の中に皆生きてると言う事。
安易に一人の人間が新たな説を唱えたと考えて研究するよりも、同時代の
諸哲学者の意見を相対的に見ていく方が分かりやすいのじゃないのかと思う。


67 :THE グル:04/04/19 23:28
いいですか、
ポストモダンなんてのは言い様でして、
様は老婆心に過ぎないんです。
可能性の空白を埋めるだけの行為に意味はなく、
また、
自然の流れと言うものに逆らう行為なんです。
これが定説です。
どうかしましたか?

68 :68:04/04/20 03:57
68 MB


69 :THE グル:04/04/20 19:07


いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。





70 :考える名無しさん:04/04/26 22:22
おい、ソーカル厨いるか?
文学板にもスレたててやったから逝ってこいや
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1082923412





71 :考える名無しさん:04/04/26 22:32
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1021004393/
http://www.qualia-manifesto.com/mail/mis4.html

72 :考える名無しさん:04/04/27 20:19
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1015997758/241


73 :考える名無しさん:04/04/27 20:24
http://media.excite.co.jp/book/special/bk1/index.html

74 :THE グル :04/05/07 02:17


いいですか、

チンシュッチンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。




75 :考える名無しさん:04/05/07 08:11
でも、いまごろ1が必死になってまとめている、自己弁護の理屈は
まさに、なんでも哲学なんだろ?


76 :ソーカル厨:04/05/19 23:25
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1084975296/

77 :考える名無しさん:04/05/19 23:57
てか、このスレそのものがポストモダン現象と化しているよ

78 :考える名無しさん:04/05/20 00:02
>ソーカルの意図は左翼をポストモダニスト的言説のばかばかしさから救うことにあった

ソーカルは旧左翼的だよね。しかし旧左翼的な進歩主義知識人の有効性には
いまや疑問があるけどね。

79 :考える名無しさん:04/05/20 00:16
>>77
つまりポストモダンは結局ただのクズってことが図らずも証明されたわけですね


80 :考える名無しさん:04/05/20 00:29
>>78
ポストモダンが出てくる背景には、旧左派的な啓蒙主義知識人や進歩主義知識人
の危機があったと思う。
旧左派イデオロギーが従来より人間解放の武器と信じて依拠してきた近代合理主義が
実は「諸刃の剣」であったのではないかと疑われるようになった背景がある。


81 :考える名無しさん:04/05/20 00:40
ポストモダン論者は、必ずしも近代合理主義を否定しようとしたわけではないが、
旧左翼的な啓蒙主義的知識人がもっているある種の楽観主義に疑問をもつように
なった人たちだった。


82 :考える名無しさん:04/05/20 00:44
旧左派的な進歩主義知識人がもっているとされた楽観主義的発想とはつまりこうだ。

科学が進歩し、社会的な合理主義を押し進めれば進めるほど、左派理念の勝利が
訪れるだろうという発想である。



83 :びかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/20 00:50
ポストモダン論者ってのもまた不思議な言い回して、
だれなことをいうんだというのがあるわけだけけど。
ポストモダン論を語るときに引用され安い人々ということなんだろうな。
代表は、リオタールとか、デリダとか、ドゥルーズとかいるけど、
現代について語るととくに、様々な分野で引用されるわけで、
それでポストモダン論者というイメージができたんだろうね。

84 :考える名無しさん:04/05/20 00:53
ポストモダン論者といわれる人たちの中にも様々な対立点があるんだけど、
そうした対立・差異が無視されて、一つの矮小化されたイメージで論じら
れているところはあるよね。
「ポストモダン」という表現を使ったのはリオタールだけじゃないの?


85 :考える名無しさん:04/05/20 01:00
>科学が進歩し、社会的な合理主義を押し進めれば進めるほど、左派理念の勝利が
>訪れるだろうという発想である。

ポストモダン論者は、この発想にある種の根本的な疑いをもちはじめた。
そして近代(化)が諸刃の剣である面にむしろ注目しようとしたのであった。


86 :考える名無しさん:04/05/20 01:08
科学技術は本当に人間を解放したのか? 本当に神を殺したのか?
中世の人が天動説という神話を信じたように、それは近代の「天動説」
ではないか。
ポストモダン論者はそこに左翼理念の危機を見たのである。


87 :考える名無しさん:04/05/21 22:55
ソーカルの批判するポストモダニズムのスタイルは、結局レヴィ=ストロースから出ている。
レヴィ=ストロース的な数学の適用も、数学自体には破綻はないのかもしれないが、
親族理論などでの喩としての使い方の手続き、つまり構造の発見というやつは、 かなり怪しげなものだ。
少なくとも英米の「実証的」人類学者はストロースのいってることをまったく信用していない。


88 :考える名無しさん:04/05/22 01:28
中心がない。
主体と客対がない。
救うものと救われるものの依存関係がない。
因果律の否定。
時間空間は非連続。

89 :考える名無しさん:04/05/22 02:20
日本全国3000万のソーカル厨のみなさんに質問です。
『「知」の欺瞞』で批判された連中から、これまでなんらかの「学術的」反論が
でたことが一度でもあるのでしょうか?
ないとしたら、少なくともその部分はまったくのナンセンスであったことがわかるわけですよね
連中から、ナンセンスな部分を抜くと何が残るのでしょうか?

さらに科学社会学者が科学者の社会学をするように、ポストモダニストの社会学を
行えば、「知識」が本当に正確に伝わっているかがわかるのではないでしょうか

誰か答えてください。
気になって夜も眠れない一ソーカル厨でした。


90 :考える名無しさん:04/05/22 02:32
>>89

ソーカル厨に質問なの?
ポストモダニストにではなく?w

91 :考える名無しさん:04/05/22 04:18
>>87
ポストモダニストがいったい何を意味するのか不明だが・・・
構造主義とポスト構造主義がごっちゃにそこに入っているのかなあ?

レヴィ=ストロースは構造人類学の人だね。いわゆる構造主義系。
彼は構造分析を大脳神経メカニズムとの関連で研究されて実証される
べきものと考えていたから、反実証主義者ではない。

デリダやドゥルーズらはいわゆるポスト構造主義系の人で、
構造主義批判がその主要な論点であって、この二つは混同できない。


24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)