2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

エヴァレット・ライマー

1 :脱学校命:03/07/17 06:55
 イリイチと共同で脱学校論やっていたライマーについて語り合おう!

2 : :03/07/17 09:26
まずはイントロダクションぎぼんぬ

3 :脱学校命:03/07/17 23:25
 それじゃ、リクエストに答えて。
 かつてメキシコのクエルナバーカで、去年の暮れからおかくれになったイバン・イリイチ
はご存知?
 彼の作ったCentre Intercultural de Docmentavion
国際文化資料センターで、学校制度への痛烈な批判セミナーをイリイチとともに行ったのが
ここで話題にしているエヴァレット・ライマーなの。


4 :脱学校命:03/07/17 23:29
 あっ、まちがえた。「かつて〜クエルナバーカで」は、「彼の作った」
のあとに挿入して。

5 :脱学校命:03/07/17 23:33
 すみません。訂正追加。Documentavionもミス。
 Documentacion.oの上にアクセント記号もつきマス。



6 :脱学校命:03/07/17 23:41
 イントロダクションのつづき。
 ライマーには著書もある。「学校は死んでいる」訳者は松居弘道。
晶文社1985/11.(原著は1971)
 ライマーは地図の販売・タイヤ工場勤務などさまざまな職をわたりあるいている。
その経験をかてに学びについての学校の有用性を疑い、人は仕事や経験のなか
からこそよりよく学ぶのだと主張する。
 また学校が特権階級にとって都合のよいシステムだと告発した。

7 :銀ちゃん:03/07/19 12:17
 ライマーの主張は、イリイチとほぼ重なっている。
 ライマーのほうが経済的なことを重視しているけどね。若いときに苦労した
からかな?
 イリイチの視点のほうがちょっと上流っぽい。

8 : :03/07/20 00:56
「学校は死んでいる」かあ。どこかで見かけたような。
とりあえず探してみるよ。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)