2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スターリン!!

1 :ウマカ坊:02/11/22 23:41
スターリン!英雄に見られる人間的魅力、軍事的才能、さらには革命的エピソードが欠如していた、まさに凡人?であるが、それにもかかわらず、あの前近代的な風土が残るユーラシアで空前の独裁国家を形成し、それを長らく采配することができたのか?
皆さんの考えをお聞かせ下さい。


213 :世界@名無史さん:03/08/28 23:39
「ヒトラーとスターリン」
http://www.soshisha.com/books/1234.htm

1700ページ。
長げぇ
が、おもろい。

214 :世界@名無史さん:03/08/28 23:42
田代を一位に!!!!!!!

http://cozalweb.com/ctv/ranking/actor.html

http://www.popkmart.ne.jp/yozemi_ranking/a.html

http://www.no1boy.com/cgi-bin/choice/index.html


管理人が票を削っても、あきらめるな!!

〜コピペ推奨〜


215 :世界@名無史さん:03/09/03 20:44
来週の週刊100人あげ

216 : :03/09/03 21:50
2年の時塾の英語の先生がレーニンの遺書に、
「スターリンだけには後を継がせてはいけない。
あの男は危険すぎる。」
と書いてあったらしく、
それを見たスターリンは激怒して遺書を破り捨てて、
遺書の存在をもみ消したらしい。

217 :世界@名無史さん:03/09/04 03:50
ちなみに、レーニンの人物像はどういうものなのでしょうか?

>>162にあるようなことを平気で指示できるというのは、すこぶる残忍な性格のような
気もしますが、何か人間的なエピソードってあるんですか?

218 :世界@名無史さん:03/09/04 07:03
>>217

自分の禿頭を冗談の種にするようなところがあった。

219 :世界@名無史さん:03/09/04 07:59
>>218
うほっ!

220 :世界@名無史さん:03/09/04 10:28
Q:ハゲに悩んでいるのですが……。
A:

質問者は即日逮捕され、死刑になったという。

221 :世界@名無史さん:03/09/10 14:36
週刊100人あげ

222 :世界@名無史さん:03/09/10 15:34
☆リンにくらべりゃ小ブッシュなんざ唯の猿
最近の日本人はそこら辺がワカっていない

223 :NPCさん:03/09/12 00:21
そらそーと、ロシアで20世紀の最も偉大な政治家についてのアンケート結果

なんとジュガシビリが二位ですよ?
確かに、大反対者はスターリン時代を生き抜いてないし、
生まれてない奴には偉大さは伝わっても真の悲惨さは判らないだろうし

しかし、一位はもっとおどろきだ

224 : :03/09/12 22:01
>>221
レジの前にあるので立ち読みでけません。
買ってもよかとね?
(ごめんへたれで・・・)

225 :世界@名無史さん:03/09/25 21:18
「ソ連と呼ばれた国に生きて」という本にのっている、スターリン時代に労働者だった人のインタビュー
がおもしろかったので報告。

「良きにしろ悪しきにしろ、民衆の心を掴んだものが権力を握るってことさ。スターリンは秘密警察
を操って支配したって? 違うね。スターリンは民衆の心を掴んでたんだ、特に肉体労働者のね。
単純なことだよ。金だよ!俺は体験を通してよくわかってるんだよ。
スターリン体制の賃金体系はどうなっていたか知っているかね。肉体労働者は大卒のインテリの
倍の給料をもらっていたんだ。
しかもスターリンは賢かった。給料は一ヶ月単位じゃなかった。一週間から二週間ごとに支払って、
金を通して労働者につながっていた。
手につるはしやハンマーを持っていた労働者はペンを持ったインテリの倍の給料をもらってたんだよ。
この事実こそ、スターリンを支持した労働者の意識の土壌だったんだよ。」


226 :世界@名無史さん:03/09/25 21:41
    >>225
なんか文革から一昔前までの中国みたいな
毛沢東はスターリンを真似たのか

227 :大沢ルール監督、嘆く ◆qa1nbig0x2 :03/09/25 21:52
>>225
この「インテリ」はほっとんどユダヤ人が該当

228 :世界@名無史さん:03/09/25 21:58
  >>227
で、未だにユダヤ人差別が酷いと
ユダヤ人は一旦イスラエルに渡り、兵役に就いてから、アメリカなどに移住する

229 :ナポレオン ◆vYVYAtFe0o :03/09/25 22:01
労働者ってのもスタハノフ主義者とか、
一部の労働エリートだけでしょうなあ。
一般の労働者にはそういう例で夢を振りまいてた、
ってのが実情に近いんじゃないかと。

にしても、ソ連の給料は週払いってホントだったのね。
『バイバイ・バーブシュカ』ってドキュメンタリ映画にそんな話が出てきて、
今ひとつ信じられなかったんだけど。

230 :大沢ルール監督、嘆く ◆qa1nbig0x2 :03/09/25 22:13
>>228
「ロシア人は愚図でうすのろ」byレーニン
「ロシア人は賄賂をもらわないと仕事しない」byレーニン
「優秀なロシア人はユダヤ人かユダヤ系ですね」byレーニン
差別はひどくないと思いますよユダヤ人いないとロシア人困るから(藁
ロシア人はDQNで使えないから(w

231 :世界@名無史さん:03/09/26 10:27
>>225
で、当時のソ連の「民衆」の何割が農民で何割が労働者だったんだ?

232 :世界@名無史さん:03/09/26 12:08
>>231
1920年代で8割以上、1950年前後でも6割以上は農民だよ。
スターリンは1925-30年代に権力掌握、1953年に死亡。

233 :世界@名無史さん:03/09/26 23:21
>>299
ちなみにスタハノフ本人は1970年代に一文無しのアル中で死亡。

234 :世界@名無史さん:03/09/27 09:21
>>231-232

農民なんてのは生かさず殺さずで飼ってても散発的な抵抗しか出来ない連中なんだよw
でなきゃ、農業集団化なんて不可能。

235 :世界@名無史さん:03/09/27 12:27
>>234
それは労働者でも同じ。
あっ、ネップの意義わかってないな?

236 :世界@名無史さん:03/09/27 16:29
当時の労働者は殆どは農民上がりだろ。

237 :世界@名無史さん:03/09/29 07:49
スターリン母「ヨシフ、今日からおまえをソソと呼んでやるぜ 」

238 :世界@名無史さん:03/10/01 22:41
あるとき、食卓を囲んでいて、スターリンは突然妻に向かってこんなことを言った。
「私はお金を愛したことがない、それというのも日頃お金を持っていなかったからだ」

彼の死後、数着の軍服、縫い込みの入ったフェルトの長靴、つぎのあたった農民外套
以外にこれといったこれといった私物はなかった。

239 :世界@名無史さん:03/10/01 22:58
トロツキーを軍事人民委員のポストから解任するだけにとどめた第十四回党大会
(1925年。スターリンが権力を完全に握ってるわけではない時期)でトロツキーの
追放を要求したジノヴィエフとカーメネフに対するスターリンの演説はすごいものがある。
「われわれがジノヴィエフとカーメネフに同意しなかったのは、首切り政策は党に対して
大きな危険をもたらすということ、首切り手段、血を出す手段は危険であり、伝染しやすいこと
を知っていたからだ。今日、あるものの首を切り、明日は別の者の首を、あさってはさらに別の者
の首を切っていたら、我々の党にはいったいなにが残るだろう」


結局は、トロツキーもジノヴィエフもカーメネフもスターリンに殺されてるから怖い。

240 :世界@名無史さん:03/10/02 01:39
資本主義が共産主義を脅威に観ていた時代に生きていると、
スターリンは英雄に見えないかもしれない。
しかし、世界的に観ても相当な傑物であることはたしか。

貧しい階級に生まれ、しかもロシア人ではなくグルジア人。
にも係わらずロシアの統治者となり、ロシアを辺境の農業国から工業国へと発展させた。
善良ではないが清貧で高潔、理知的で計算高く、待つことを知っている人間。
>>1などは人間的魅力がないと書いているが、
冷徹さ、忍耐強さ、徹底的なあくどさが彼の魅力だろう。
そこら辺が同じ独裁者でもヒトラーのような誇大妄想家と違うところ。

野良犬みたいな使い走りから抜け出して、
インテリのライバルを抑えレーニンの後継者の座をいただくあたりが格好良い。
ドイツに攻め込まれて右往左往するあたりは笑えるが。

241 :世界@名無史さん:03/10/03 21:44
>>240
たぶん、スターリンは何百年後の歴史の教科書にものってるだろうな。

スターリンは有言実行だね。ドイツに勝つと言ってドイツに勝ってるし。
まぁ、失敗した場合は全部他人に押しつけてるというのもあるが。

待つことを知っている人間というのには全面的に同意。
政敵を、レーニンが死んでから十五年くらいかかって粛清してるわけで
ポルポトとかと違って妙なバランス感覚がある。

自分が天才でないことをわかっていてよく学んだというのも強い。
とくに敵からもよく学ぶというのが。
スターリンの持っていたトロツキーの著書には「的確!」「真理!」
という書き込みが多数されていたというし。
ヒトラーは自分の天才に頼りすぎ、ばくち打ちすぎ。

242 :世界@名無史さん:03/10/03 23:31
そうはいっても
毛沢東>スターリン>ヒトラー
でしょ

243 :世界@名無史さん:03/10/03 23:34
毛主席マンセー

244 :世界@名無史さん:03/10/03 23:51
>>242
なんで?

245 :世界@名無史さん:03/10/06 13:00
スターリン>マオ>ヒトラーだな。

246 :世界@名無史さん:03/10/06 22:10
スターリンと秀吉って似てない?

247 :世界@名無史さん:03/10/06 22:15
虐殺の量では、スターリンは秀吉の比ではない

 名古屋人は陰湿と残虐の血が流れてそうだが

248 :世界@名無史さん:03/10/06 22:18
   >>244
毛沢東は無教養なイナカッペ皇帝
主治医にも「虎は歯を磨かない」と言って、歯磨きを拒んだほど

249 :世界@名無史さん:03/10/06 22:43
スターリン、毛沢東、ヒトラー
誰が統治してる国に住みたい?

250 :世界@名無史さん:03/10/06 22:46
自分がユダヤ人やスラヴ人じゃないならばヒトラー

251 :世界@名無史さん:03/10/07 09:20
>>241
スタ−リンは伝統をよく知っていたんだよ。
性格よりも能力をもっと高く評価すべきだな。
革命革命の馬鹿騒ぎのなかそれと対極にあるロシアの伝統を上手く利用して
独裁と近代化を成し遂げ戦勝もした。
彼は間違いなく天才だよ。この点はフセインの畏敬の念も正しい。
今必死になってプーチンが見習っているところだ。
モスクワ劇場テロの直後にモスクワ総司教アレクセイに病気見舞に行った
なんざぁスタの猿真似そのままのパフォーマンスだよ。
ロシアの犠牲者の家族のおばちゃんなんかは十字きりながら泣きの涙だな。

レーニンが他の革命家に抜きん出ていたものも統率力と農村への理解だと言われている。
多くの革命家の反対を押し切ってネップを実行した理由だ。
これが無ければ反革命暴動が起き白軍が復権したとも言われていた。
馬鹿インテリ革命家どもはナロードニキよろしく労働者の都市革命とか言う脳内妄想しか
考えていなかったんだよ。どこかの島国の馬鹿共産党も同じ思考から、
戦後に農村票を自民に掌握された。
そして、ばら撒き行政により長期政権が確立していく。
理論馬鹿には困ったものだな。現実より教科書だからな。
レーニンだけはしっかり農村を凝視していた。リアリストだな。



252 :世界@名無史さん:03/10/07 09:20
同様にスターリンが理解していたものはマルキシズムの対極にある伝統たる宗教の重要性だ。
スターリンが独裁制を確立できた最大の理由だよ。これで近代化したツァーリになったわけだ。
イデオロギーの背景にしっかりと宗教の伝統を染みこませている。
伊達に神学校中退してないな。
トロツキーやレーニンの世界革命論なんて言うこれまた脳内お花畑なんかも
軽視して一国社会主義をも確立した。レーニンが独断的なポーランド進行で失敗した教訓
をしっかり生かしているな。彼もまたリアリストだな。

農村と宗教と言う視点で見ればレーニンからスターリンへの権力の移行は
寧ろ自然でさえある。毛沢東もホーチミンも似たような傾向がある。
農村部が圧倒的で近代化の遅れた社会で労働者による観念的都市革命論
なんてほざいている椰子は引導渡されて粛清されたわけさ。
それがトロツキー等だよ。

そのスターリンが東欧支配した途端に東欧に執着し後のソ連崩壊につながるのは
皮肉な話しではあるけどな、、。極東でのリアリズムを東欧でも実行していれば
より長命だったろうにな。どうにもイワンの馬鹿は西欧に近づくと焼きが回るらしいな。
スターリンも1812年の妄想からは逃れられなかったんだろう。


253 :世界@名無史さん:03/10/07 20:05
スターリンが独ソ不可侵条約を信じきって、ドイツ軍が着々と国境に終結していても、
対応を何一つ取らなかったのは、馬鹿みたいだけどな。

254 :世界@名無史さん:03/10/07 23:22
>>252
東欧でのスターリンの政策について教えて欲しい。どんなんだったの?

255 :世界@名無史さん:03/10/08 09:13
>>253
そうなんだよ、ドイツの観念馬鹿にどうしようもなく甘いのがイワンの
馬鹿たる所以だ。確かプロイセンのフリードリッヒ大王とやらにも
同様のマヌケぶりを発揮して戦勝を逃していたいたはずだ。

確かロシア語で外国人はドイツ人だかゲルマン系だかを表していた
はず。西欧の、特にドイツに甘いと言うか弱いと言うか、良くも悪くも田舎者なんだよ。
マルクス主義もドイツから来たってのがインテリにはかなり影響あったんじゃねーかな。
実際ドイツの共産革命にはボルシェビッキは期待していたんだよ。
西欧革命の目玉はドイツの革命だろ。
それが実現しないとわかるとあっさり一国共産主義だよ。

もっとも音楽でもなんでも「ドイツ!」って言うと骨抜きになりそうな国は
極東のどこかにもあるけどな。

256 :世界@名無史さん:03/10/08 17:52
同士斯大林万歳!

257 :世界@名無史さん:03/10/08 17:55
1984

258 :世界@名無史さん:03/10/08 18:24
>253
いや信じきっていたわけではなくてむしろその逆。
スターリンもソ連軍を国境付近に集結させていた。

開戦初日でソ連航空兵力の9割が壊滅、ってのはその結果。

259 :世界@名無史さん:03/10/13 21:41
ソソが司祭になっていたら。

260 :世界@名無史さん:03/10/14 12:49
>>259
大規模な異端狩りをやってたのでは?

261 :プロパガンダ映画:03/10/21 19:13
NHK『映像の20世紀』でスターリンを賛美する映画を流していた。
ビバ、スターリーン!!!

262 : :03/10/21 22:00
>>253
スターリンは疑い深い性格だから、スパイ・ゾルゲの情報も信用しなかったから
ドイツ軍にやられた。
あと、朝鮮人を日本のスパイと勝手に思い込み、中央アジアに16万人も強制移住
させたので、あの辺には今もその子孫がいる。

61 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)