2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ナヴァール王国史

1 :世界@名無史さん:04/01/14 14:48
マイナーだけど
おもしろいぞ

2 :世界@名無史さん:04/01/14 15:05
おまんこ女学院

3 :世界史@名無史さん:04/01/14 15:45
1593
 フランスに併合される。
 こうしてバスク人の政治的独立は奪われる

4 :世界@名無史さん:04/01/14 15:55
ブルボン王家、発祥の地の一つ

5 :世界@名無史さん:04/01/14 16:23
「ナヴァール」? 「ナヴァル」?

6 :世界@名無史さん:04/01/14 16:28
ナヴァラ

7 :世界@名無史さん:04/01/14 17:42
中世イベリア関連スレ大杉・・・
【中世スペイン・ポルトガル】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1031831813/
バスクの歴史
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1065673885/
レコンキスタについて地道に語る
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1061491857/

>>5
フランス語ならナヴァール、スペイン語ならナバーラでいいんじゃねえの。
バスク語やカタラン語では知らないが。

8 :世界@名無史さん:04/01/15 08:09
ナヴァール副王。

9 :世界@名無史さん:04/01/21 01:40
ナバラと言われてやっとどこだが分かターヨ

10 :世界@名無史さん:04/01/22 01:43
スペインとフランスの国境沿いの地方。バスク地方の一部。

11 :世界@名無史さん:04/01/23 22:31
ブルボン家はここの出身。

12 :世界@名無史さん:04/01/24 04:49
ブルボンは新潟だろ。

13 :世界@名無史さん:04/01/24 11:06
フランスかスペインの微妙な位置。

14 :世界@名無史さん:04/01/25 19:15
ナバラと言えばアルベニスのピアノ曲だけど、何でイベリアに含まれなかった
のだろう。まあ、傑作には変わりないと思うけど。

15 :世界@名無史さん:04/01/25 19:28
ナヴァル女王ジャンヌ・ダルブレが1548年にアントワーヌ・ドゥ・ブルボンと
結婚し、子どものアンリ・ド・ナヴァルがのちのフランス王アンリ4世となったことで、
フランスとのつながりが強くなった。そして最終的にはフランスに併合されたでよかったけ?

16 :世界@名無史さん:04/01/25 20:05
>>15
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1074888147/28n
>中世にはナヴァラ王国という独立国があった。
>ナヴァラの南半分は1512年にアラゴン王国(のちスペイン王国)に征服され、北半分はのちブルボン家が王位を継承したため、ブルボン家のフランス王位継承に伴い、フランスに統合。


17 :世界@名無史さん:04/01/25 20:07
NHK教育でガイシュツ

18 :世界@名無史さん:04/01/25 20:08
ブルボン朝の王家は、正式には「フランスおよびナヴァラの王」という称号を名乗っているはず。
フランスとナヴァラの正式な統合はフランス革命後。

19 :世界@名無史さん:04/01/25 22:11
フランスとロレーヌの統合も正式にはフランス革命後だね。

20 :世界@名無史さん:04/01/26 10:28
>>563はすめし

21 :世界@名無史さん:04/01/26 10:33
ナヴァラの農家に監禁されていたフランス人の若い女性が、警察により解放された。

犯人は、コロンビア人1人を含む誘拐グループ7人。

22 :世界@名無史さん:04/01/26 15:31
ナタール州?

23 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

24 :世界@名無史さん:04/03/14 13:33
いまこそ age


25 :世界@名無史さん:04/03/14 18:00
>>21
人質の体で親善ずみ

26 :世界@名無史さん:04/03/15 14:01
今のスペイン王家はブルボンだね

27 :世界@名無史さん:04/04/17 23:35
バスク人の歴史

新石器時代
 カフカス語族がヨーロッパにも分布?
 バスク人や古代イベリア人はその一部とも言われる。

古代  ローマ帝国の支配下に入るが、実質上は独立を保つ。

5世紀後半  西ゴート族のスペイン侵入に抵抗し、民族的独立を守る。

8世紀後半
 フランク王国のカール大帝はピレネー地方を征服するが、バスクを領土
化することは出来なかった。

9世紀
 イスラム勢力の侵入の時、スペイン辺境伯領の一部ナバラ (Navarra) を抵
抗の拠点として建てる。

905  スペイン辺境伯領の一部ナバラが、「ナバラ王国」として独立。
  イスラムに対するヨーロッパの防壁となる。

11世紀前半  サンチョ大王の治世
 サンチョ3世ガルセス(大王) (位1000〜1035) 治下にナバラ王国は最盛期を迎えた。
 アラゴン、カスティリャを支配下に置いて「イベリア王」と呼ばれ、イスラ
ムに攻勢に出ると共に、ピレネー以北との交流を進め、サンティアゴ巡礼
を保護するなど、内政にも手腕を発揮。

1035 大王の死後、アラゴン王国が独立。
 アラゴンが次第に強大化するにつれ、ナバラ王国は歴史の表舞台から退き、主役の座はアラゴン王国に渡される。
1076  ナバラ王国、アラゴン王国に併合される。
1134  ナバラ王国、アラゴン王国から再独立。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)