2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

    ありがとうディオクレティアヌス    2

1 :ユリアヌス:04/03/05 19:17
時代の波には勝てなかった・・・・
しかしコンスタンティヌスめ!
ディオクレティアヌス先帝・・・・・・・・・・

前スレ
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1035217741/

2 :世界@名無史さん:04/03/05 19:19
終了

3 :世界@名無史さん:04/03/05 19:20
なんか変なのがいるな

4 :世界@名無史さん:04/03/05 19:23
ミルトンは公言どおり引退しますた

5 :世界@名無史さん:04/03/05 19:25
終了
終了
終了
終了
終了
終了

6 :世界@名無史さん:04/03/05 19:25
貴重なスレたて権使って次スレたてたんだから、引退するにしてもなんか書き込んでくれ>ミルトン氏
ああいうおもしろくもくそくもない荒らしはムカツクから嫌いなんだ

7 :世界@名無史さん:04/03/05 19:56
パート2があるとは…

8 :世界@名無史さん:04/03/05 19:59
とりあえずディオクレティアヌス帝について語るか

9 :世界@名無史さん:04/03/05 22:33
>>6
じゃぁラウンジ板や馴れ合い板にでも逝ってくれ

10 :世界@名無史さん:04/03/05 22:35
ディオクレティアヌス帝が行ったキリスト教の最後の大迫害って、実際にはどれくらいの数殺したんだろう?
数だした人とかいるのかな

11 :世界@名無史さん:04/03/05 22:40
前スレが落ちる前にDQNコテにしてバカコテ四天王ミルトン高木のレスをコピペしよう

貴重な初レス↓↓↓

高木真一 ◆cA7oIM8fok 02/12/07 13:22
引退してからキャベツを栽培してたっていうのは本当なのか?

12 :世界@名無史さん:04/03/05 22:43
高木真一 ◆cA7oIM8fok 02/12/07 23:29
ちなみにオレも冬至生まれなんだよw

13 :( ´,_ゝ`)&rlo;水&lro; ◆TCygujgOWY :04/03/05 22:46
>>11-12 すまんがワロタ

14 :世界@名無史さん:04/03/05 22:53
ディオクレティアヌス Gaius Aurelius Valerius Diocletianus ?-311ごろ
ローマ皇帝.在位284-305。
ダルマティアの貧農出身の兵士であったが、軍人としての頭角を現し、カルスM.A.Carus変死後東方で軍団から皇帝に推戴され、以後20年間帝国の再建に尽力して、軍人皇帝時代に終止符を打った。
彼はニコメディアを居所とし、まず僚友マクシミアヌスを西方の皇帝に任じ、さらに2人の副帝を置いてそれぞれの正帝を補佐させるテトラルキア(四分治制)を採用した。
皇帝の神的権威を強調して、正帝はユピテル、ヘラクレスを守護神としてその地上の代理人だと称し、ペルシア風の皇帝への拝跪礼や豪華な衣装を導入した。 またみずからを〈主にして神(dominus et deus)〉と呼ばせた。
ここにローマ帝国は専制君主制(ドミナトゥス)の時代を迎える。
平凡社『世界大百科事典』より

15 :世界@名無史さん:04/03/05 23:06
こうしてミルトンは引退しキャベツづくりに専念した
だが善良な世界史板の住民は板違いのレスに怒りミルトン宅に刺客を送り込んだ
とりあえずスカパー!は破壊せんといかんな

16 :世界@名無史さん:04/03/05 23:08
どうしてディオクレティアヌスは暗殺とかされなかったんだろ

17 :世界@名無史さん:04/03/05 23:15
全言語のページからdiocletianusを検索しました。 約6.850件中1-10件目・検索にかかった時間0.29秒

18 :世界@名無史さん:04/03/05 23:22
こんなかんじのひとでした。
ttp://www.romancoins.info/portr-diocletianus.jpg


19 :世界@名無史さん:04/03/05 23:31
なんか光栄の信長の二階堂にそっくり。

20 :世界@名無史さん:04/03/06 09:49
いま語尾でにゃあにゃあいってる腰が低い奴。
あれが例の170ことミルトンだ。
行き場が無ければ最終的にはナポレオンみたいに
なるっていっただろ(w

人間は社会的動物で孤独じゃ生きられないのに、
「ネットの中ならおれは王様」と錯誤して
結局ネットのなかでさえ破綻する若年者のいかに多いことか・・・

21 :世界@名無史さん:04/03/07 12:09
>>17は名無しのミルトン

22 :サルベージ ◆vBOFA0jTOg :04/03/10 22:53
10 名前:世界@名無史さん 投稿日:02/10/26 22:35
ローマ帝国の寿命を100年延ばした
その残酷さをも含めてすべてが時代の要請に一致していた

36 名前:世界@名無史さん 投稿日:02/12/07 23:42
マジな話し、宗教的不寛容との批判はディオクレティアヌスのみならず、
コンスタンティヌスに対しても向けられるべきである。ってこと。
むしろ、コンスタンティヌスこそ批判されるべきであると思う。

273 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/08/11 03:41
名実共にローマ初の専制君主

274 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/08/11 18:32
>>273
その前の軍人皇帝達だって十分専制的だろ。
いや、それ以前のネロ、ドミティアヌス、コンモドゥス、セルウェルス
だって専制的だった。

何で初なんだ?>ディオクレティアヌス

275 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/08/11 19:28
アタナシウス派

276 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/08/12 04:59
でも制度的に元首政から専制君主政にかえたのはディオクレティアヌスでしょ?

23 :サルベージ ◆vBOFA0jTOg :04/03/10 22:54
278 名前:ニキータ 投稿日:03/08/13 22:14
ディオクレティアヌス
Gaius Aurelius Valerius Diocletianus ?-311ごろ
ローマ皇帝.在位284-305。
ダルマティアの貧農出身の兵士であったが、軍人としての頭角を現し、カルスM.A.Carus変死後東方で軍団から皇帝に推戴され、以後20年間帝国の再建に尽力して、軍人皇帝時代に終止符を打った。
彼はニコメディアを居所とし、まず僚友マクシミアヌスを西方の皇帝に任じ、さらに2人の副帝を置いてそれぞれの正帝を補佐させるテトラルキア(四分治制)を採用した。
皇帝の神的権威を強調して、正帝はユピテル、ヘラクレスを守護神としてその地上の代理人だと称し、ペルシア風の皇帝への拝跪礼や豪華な衣装を導入した。
またみずからを〈主にして神(dominus et deus)〉と呼ばせた。
ここにローマ帝国は専制君主制(ドミナトゥス)の時代を迎える。
平凡社『世界大百科事典』より

283 名前:第20軍団兵 投稿日:03/09/23 23:52
皇帝が暴君化したり、暗殺されたりすると、結局元老院が事態を収拾するために動き出し、
結果的に元老院階級のもしくは執政官級の人物でまとまるという結果になるのが元首制。
また、理論的にも実質的にも支配階級(元老院、もしくは騎士階級)に属さないと皇帝になるのは無理だったのだが、
この人以後、それが可能になるから。
元首制と専制君主制では政策そのものはあまり問題にはならない。

284 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/09/28 11:21
> 専制君主制(ドミナトゥス)
ローマ史研究ではほとんど死後になりつつあるようだね

> 283
> 結局元老院が事態を収拾するために動き出し、結果的に元老院階級のもしくは執政官級の人物でまとまる
アルカーナ・インペリィーという言葉を知ってるかい?

285 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/09/28 11:46
   ビザンチン帝国時代もクーデターはよくあった

24 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/03/10 22:54
286 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/09/29 21:00
 ローマの民会はいつまで開かれていたのですか?
  アウグストスの時代にはまだやってたのですか?

288 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/10/15 09:11
アウグストスの時代に民会の権限はほとんどなくなったはず

362 名前:世界@名無史さん 投稿日:03/10/22 02:31
http://archive.ncsa.uiuc.edu/SDG/Experimental/split/split30.jpg
共治体制下の四帝

ディオクレアヌス帝自身が上位の正帝(アウグストゥス)として東(パルス・オリエンティス)
を統治し、286年に同じく正帝となったマクシミアヌスが西(パルス・オッキデンティス)
を統治した。
両者はさらにコンスタンティウス・クロルスとガレリウスを副帝に指名して、
それぞれの領域をさらにニ分割するという制度である。
この結果、帝国東半分の首都としてニコメディアが制定され、
ローマは西半分の首都でしかなくなった。
しかも、防衛上の理由から皇帝がローマに滞在することはほとんどなく、
実際の首都機能はトリーア、ミラーノ、ラヴェンナのような北の都市に移った。

946 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/01 15:48
ディオクレティアヌスって何をした人なんですか

947 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/01 17:11
>>946
歴史上、実質最後のキリスト教大迫害、皇帝崇拝強化を実施した皇帝。
ユリアヌス帝も同調したが、結局人口に於いてキリスト教徒はどんどん膨れ上がり、迫害を続ける事は不可能になり、
コンスタンティヌス帝によってキリスト教が公認された。

25 :サルベージ ◆vBOFA0jTOg :04/03/10 22:55
948 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/01 19:24
キリスト教徒ってなんであんなに増加したのかね。

949 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/01 19:59
>>946
とはいえ、三世紀の軍人皇帝時代の混乱を収束させた功績は大。
おかげで四世紀のローマは(比較的にだが)安定した時代となった。

950 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/01 20:27
で、スレタイトルでディオクレティアヌスにユリアヌスは何の業績について感謝しているの?
時代の波に勝てなかったとはどういうこと?
ゲルマン人の侵入で帝国の基盤がやばいという事を=時代の流れと形容しているの?

951 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/01 21:00
>>950
キリスト教迫害だろう。『時代の波』は、キリスト教徒の増幅による国内のキリスト教化の事だ。
コンスタンティヌス帝はキリスト教徒に対して妥協した。そうしなければ、国を保つ事など有り得なかったのだ。

952 名前:世界@名無史さん 投稿日:04/03/02 05:07
ディオクレティアヌスがもう少し早く登場してればローマはもっと続いたのかねえ

26 :例の170 ◆vBOFA0jTOg :04/03/10 22:57
前スレから発言サルベージ完了。ああキモかった。ちょっとぐったりしてきます。

27 :世界@名無史さん:04/03/10 23:20
ディオクレティアヌス引退後の宮殿のあるスプリットに行ってきたけど、
今じゃすっかり市街地と同化してました。
一部別途保存してある区画もあったけど、状態もイマイチ。
エジプトから運ばれたというスフィンクスとかはばっちり見れますけど。


28 :世界@名無史さん:04/03/11 06:40
例の170とミルトンとナポレンは同一人物だろ?
引きこもりのさ。


29 :世界@名無史さん:04/03/22 10:31
出遅れてきたディオクレティアヌス

30 :世界@名無史さん:04/03/22 12:04
>>170
乙。
藻前らも乙ぐらい言っといてもバッチはあたらんぞ。

31 :第20軍団兵:04/04/12 07:16
>27
あそこでキャベツうんぬんって言われてもね。現代人の目としては感動しない。
さすが、元皇帝、エー所にに住んでらっしゃいますねってね。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)