2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なんで中国には永久的な権威が存在しないのか★

1 :世界@名無史さん:04/03/30 12:19
ヨーロッパの教皇 日本の天皇 イスラームのカリフは
どれも宗教的な権威であり、世俗を超えており侵してはいけないもん
ですたが、なんで中国には、こういう半永久的な権威が存在しないんですか
中国皇帝は、みんなどんどんじゃんじゃん強制的に武力で変えられてるし
そんなんしてるから、ダメナンダヨ<中国





2 :世界@名無史さん:04/03/30 12:23
なんで俺が2を獲らなければならないのか

3 :世界@名無史さん:04/03/30 12:45
世俗権力と宗教権力(とは言い難い物だけど)が
近接しすぎてるからじゃないか?

4 :世界@名無史さん:04/03/30 12:59
地理的不動性に立脚する中華思想が他国への権威委譲を認めない事と、
権力と権威の分化の、そもそもの未発達が原因。

5 :世界@名無史さん:04/03/30 13:40
孔子一族はどうか

6 :世界@名無史さん:04/03/30 13:46
http://www.sankei.co.jp/news/040329/kok005.htm

偉大なる共産中国に仇を成す西側の犬は処刑すべきだ。

7 :世界@名無史さん:04/03/30 14:42
1989年6月に北京で起きた民主化運動への武力弾圧、天安門事件で一人息子を亡くした中国人民大学元助教授、丁子霖さんら事件犠牲者の母親3人が28日、中国の公安当局に連行されたことが分かった。遺族関係者が明らかにした。

 ことしは事件15年に当たり、母親たちは4月初旬の清明節(死者を弔う日)に家族を弔う行事を予定していた。

 丁さんは帰省先の江蘇省無錫市で連行された。北京の自宅にいた別の2人の母親は「1989−2004、天安門の母」とプリントされたTシャツ数十枚が入った荷物を受け取った直後に家宅捜索を受け連行された。荷物は香港の支援者が発送したものだった。

 3人は今も、事件の真相究明や再評価を求める活動を続けている。(共同)

(03/29 01:02)


8 :世界@名無史さん:04/03/30 15:35
事件の再評価か?
米帝に使嗾された反革命分子が共和国の内乱を画策した。
これを解放軍が阻止し首謀者らの企ては阻止された。
チュングオレンミンホワンチェは輝き続けるのだ。
対日闘争ー諸島を奪還しようではないか。

9 :世界@名無史さん:04/03/30 15:45
中国ではどうして官界が腐敗しやすく、その度合いが桁外れなのですか?

10 :世界@名無史さん:04/03/30 15:50
まず日本は先日判決が出た強制連行について自己批判すべきだろう。
同時に大阪で出ている無防備都市構想を全国に拡大し尖閣諸島や
沖縄においても無防備を早急に実現すべきだろう。
他国の市民団体を他所の國の領土で逮捕するなど日本帝国主義の
発露と受け取られかねない。
このことに関して小泉に対し靖國問題と絡んで問題し新幹線受注にも
影響が出ると友好国中国は警告している。
また台湾問題についても日本は口を出すべきでは無い。

11 :世界@名無史さん:04/03/30 16:14
>このことに関して小泉に対し靖國問題と絡んで問題し新幹線受注にも
>影響が出ると友好国中国は警告している。

「これ以上、靖國参拝すると、日本の新幹線を購入するぞ!」という脅しのことですか?


12 :世界@名無史さん:04/03/30 18:53
http://www.asahi.com/international/update/0330/006.html

チャンコロや露助ってどうしてこう残酷なんかねぇ。
プロ市民はこういう谷津らが大好きw

13 :世界@名無史さん:04/03/30 22:02
ロシア極東・沿海地方の税関でこのほど、トラックの積み荷から49キロにのぼるカエルの油が押収された。当局は中国市場を狙った「ガマの油密輸犯」の組織的犯罪とみて捜査している。

 イタル・タス通信によれば、これほど大量のカエルの油が国内で摘発されたのは初めて。専門家は約10万匹のカエルから搾り取られたとみている。おもにタイガ(針葉樹林帯)の沼地や樹木で生息するツチガエルらしい。

 同地方では、中国の業者の注文に応じ、カエル捕りで生計を立てるロシア人が少なくない。別の希少種のカエルの油なら、
1キロあたり数千ドルの高値で取引されることもあるという。中国で薬などに用いられる。

 冬眠中のカエルに電気ショックを与えて大量に捕獲するという乱暴なやり方で、同地方の行政当局は「タイガの自然は取り
返しのつかない損害を被りつつある」と警告している。 (03/30 14:43)



14 :世界@名無史さん:04/03/30 22:04
ウサギや猫の皮を生きたまま剥ぎます。

15 :世界@名無史さん:04/03/30 22:12
宮殿なども、王朝が変わるたびに取り壊したので、古い遺跡が意外に少ない。

16 :世界@名無史さん:04/04/01 00:20
中国の明〜清というような国号の変移は日本の鎌倉〜室町
大日本帝国〜日本国といったようなものと違うということを認識
したほうが良い。
中国はいまだかつて国民国家どころか地域国家すら存在したこと
がない。支那やそれを中心にした満州や広東などの周辺部を支配
する王朝または政党と上記の版図、そこに住む被支配民といった
ものしか存在しないのだ。欧州におけるフランク王国、神聖ロー
マ帝国、フランスといったくらいの違いがあるのだ。支配者がマ
ジョリティーの漢人だったことは、漢、明、中華民国、中華人民
共和国くらいじゃないかな?つまり、支那に文明が存在した歴史
は4千年くらいあるだろうが、中国の歴史は辛亥革命以降と言える


17 :世界@名無史さん:04/04/06 20:01
410 :世界@名無史さん :04/03/18 19:26
「AERA Mook 11 宗教学がわかる」(朝日新聞社)という本を読んでみたら、
池澤優氏が中国の宗教について、「聖」と「俗」の世界が分離していないと
書いていた。

「中国の宗教的活動・思想のかなり多くの部分は、政治・哲学・文学など諸分野の
一部分として存在していたからです。
このことを端的に表すものとして、儒学が宗教であるか否かという問題があります。
儒家思想自体は人がいかに生き、人間社会がいかに運営されるべきかを主テーマ
とする哲学体系であり、仏教・キリスト教と同じ意味では宗教とはいい得ませんが、
同時に上帝(天)・自然神・祖先の崇拝を含む多くの宗教的要素を含んでおり、
それは儒家思想の不可分の構成要素となっています。宗教的要素のみを抽出
することは、儒家思想が持っている一体性を損なうことになります」

のだそうで。

18 :世界@名無史さん:04/04/06 21:08
儒学が宗教であるか否かなんていうなら仏教なんて・・・

19 :世界@名無史さん:04/04/13 22:01
道教なんて・・・

20 :世界@名無史さん:04/04/20 15:25
福沢さんが「もう中国は見限らないとダメなのよ!」と言った事は影響してますか

21 :世界@名無史さん:04/04/30 19:21
魯迅も「今のままじゃ終わりだ」と言っていたような。

22 :世界@名無史さん:04/05/05 15:56
>>20
ジャストミートがそんなコメントしてたのか・・・

23 :世界@名無史さん:04/05/05 21:22
よく言えば自浄作用がある。悪く言うと無限ループしてる。

24 :世界@名無史さん:04/05/06 07:36
>>22
その福沢じゃなくて財布の中にいるほうだと思うよ

25 :世界@名無史さん:04/05/09 01:16
財布の中の人も大変だな

26 :世界@名無史さん:04/05/09 08:23
おい1よ、「永久的な権威」なるものは世界史に普遍的なものか?
「永久的な権威」のない中国が特殊なのか?
ヨーロッパの教皇や日本の天皇やイスラームのカリフが本当に「永久的な権威」なのか?
問い直してみろよ。
設問じたいが相当にあやしいぞ。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)