2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

南北戦争について語ろう

1 :世界@名無史さん:04/04/25 19:00
コールド・マウンテンとかいう南北戦争を題材にした映画が現在公開されています。
今にわかに注目を集めている南北戦争を語りましょう。

2 :世界@名無史さん:04/04/25 19:05
ジュード・ロウかっこいい!!!!

3 :世界@名無史さん:04/04/25 19:06
NHKのドキュメンタリーをもう一度みたい

4 :世界@名無史さん:04/04/25 19:45
このスレで何代目かな?

5 :世界@名無史さん:04/04/25 23:43
ほしゅ

6 :世界@名無史さん:04/04/26 00:00
人気ない>アメリカ史


7 :世界@名無史さん:04/04/26 15:32
南北戦争そのものって映画は以外と無いよね。
その後の混乱を描いた西部劇とか多いけど。
なんて間違ったイメージを延々と持ってますたよ漏れは。

8 :世界@名無史さん:04/04/26 20:02
「アメリカ南北戦争とその時代」がもいちどみたい

9 :世界@名無史さん:04/04/26 20:07
始まりと終わりは、まるで違う戦争の様相。

10 :世界@名無史さん:04/04/26 20:13
とりあえず日の本一素晴らしいhpを
h ttp://www.civil-war.nu/

エミー賞受賞のあの作品はもいちど見たい。
つーかNHKよおくれ、日本語版DVD!DVD!

11 :世界@名無史さん:04/04/26 23:45
みんな、リー将軍は好きか?
やっぱりシャーマンは駄目だよな?
南軍と北軍どっちが好き?
サンドクリークの大虐殺ってどうよ?
南北戦争にまつわる財宝伝説ってホントかなぁ?

12 :世界@名無史さん:04/04/27 17:08
漏れはStoneWallJacksonだな。

13 :世界@名無史さん:04/04/27 19:48
ジャクソン将軍はいいよね

14 :世界@名無史さん:04/04/27 20:23
じみーにジョンストンが好き

15 :世界@名無史さん:04/04/27 20:39
グラント死去の時、元南軍将兵達が南軍の正装で彼の棺を持って行進したという逸話。
北軍将兵はグラントを見送らなかったのかい?

何はともあれ南軍でつ。判官びいきでつ。
バージニア軍万歳、ポトマック軍粉砕!

16 :世界@名無史さん:04/04/27 20:51
グラントは日本に来たことがあるんだよね
上野公園にレリーフがある

17 :世界@名無史さん:04/04/27 20:56
>>16
まじ?レリーフみたい・・・
よく戦時中も破壊されなかったね・・・
横須賀のペリー上陸記念碑と一緒で終戦直前に再建したんかな??

18 :世界@名無史さん:04/04/27 20:59
>>14
どっちのジョンストン?


19 :世界@名無史さん:04/04/27 23:03
ゲティスバーグの戦いの後、死体の埋葬処理が大変だったらしいぞ。
こんもりと土をかける位の埋葬で、手足ははみ出してるわ踏むとぐにゃっと嫌な感触がするわ
夜には家族が戦没者の墓を暴いて持って行くわ、間違えて掘ってしまってゲロを吐きまくってるわ…
横の畑で、死体を避けるように植えられた野菜だけが良く育っていたそうだ。

20 :世界@名無史さん:04/04/28 00:23
なんだかんだで南北戦争ネタっつーとやっぱり南軍!って話になりがちなんだろうなぁ(w
漏れもStoneWallJacsonとか言ってる時点で既にあれだが。

まぁ、奴隷制はちょっとマテ!だが自由貿易だったりなんだりで結構今の価値観に近い所もあったりするんだよな(と
思いっきり都合良く解釈してみるテスト)。

あと当時の軍装でアラブ風パンタロン履いた奴等が結構ツボだったり(w

21 ::04/04/28 18:29
ズ・ズァーブ連隊好みとは…かぶきものよのぉ…。

22 :世界@名無史さん:04/04/29 00:09
え〜かぶきもんでつか?
そ、そうなのかorz


23 :世界@名無史さん:04/04/29 02:04
>>18
ジョセフ・E・ジョンストン
戦後のシャーマンの葬儀に出かけた話が好き。

24 :世界@名無史さん:04/04/29 06:55
死傷率高杉

25 :世界@名無史さん:04/04/29 08:18
>16
グラント桜というのが芝にもありますね。

26 :世界@名無史さん:04/04/29 13:44
映画といえば「グローリー」も忘れちゃいけねべ

27 :世界@名無史さん:04/04/29 14:44
黒人は右と左もわからない、というのはかなりショックだった。

28 :世界@名無史さん:04/04/29 16:28
今も南部でリーと並んで人気があるのが騎兵隊のスチュアート

29 :世界@名無史さん:04/04/29 17:13
黒人兵より役に立たなかったのがインディアン兵だったらしい。
一騎打ちを好む戦士は馬鹿にされるとすぐに突撃してしまい
統率もなにもなかったらしいので、斥候位しか任務につけなかったといわれている。

30 :世界@名無史さん:04/04/29 18:19
>>29
南軍最後の勝者は誰でしょう?

31 :世界@名無史さん:04/04/29 19:07
ピケットとかいってみる

32 :世界@名無史さん:04/04/29 19:11
そういえば昔ファミコンで南北戦争のゲームが無かったっけ?

33 :世界@名無史さん:04/04/29 20:53
ゲティスバーグのピケット将軍の突撃

34 :世界@名無史さん:04/04/29 22:40
>>32
わくわく南北戦争
列車強盗のゲームだ

35 :世界@名無史さん:04/04/29 23:39
>>30
ブースだったりして…。
冗談はともかく、自分的にはファイブフォークスの戦いまでに至る
リッチモンド攻防戦を南軍の勝利としたいなんて考えたりして…
リー率いる北バージニア軍に何度も辛酸を舐めたグラントのポトマック軍は
正面攻撃を断念して戦線を横に拡大、南軍の戦線破綻を目論む作戦に転じた時点で
リーの勝ちでしょう。実際にゴードン大将率いる北バージニア軍はこの時に至ってもステッドマン北軍要塞の攻撃を仕掛けているから、戦意は高かった筈。
一時は北軍の塹壕を奪取する激戦になったらしい。
史実ではテキサス州パルメット農場の陸上戦が南軍最後の勝利だったらしいけど。

ちなみに南北戦争についてはここが一番詳しいサイトかな?
南軍軍歌「ディキシー」が聴けるぞ。みんなで歌おうぜ。
http://www.civil-war.nu/

他に詳しいサイトがあったら教えてちょ。

36 :世界@名無史さん:04/05/01 08:30
>>35
うわ。日本語のサイトがあったんだ(死<日本語で検索しろや!漏れorz

サンクス子。お礼代わりにRichmondとPetersburgの地図(3320×6060ピクセルで5Mの化けもん)をどうぞ(ヲイ

ttp://sunsite.utk.edu/civil-war/JPetersburg.jpg

37 :世界@名無史さん:04/05/01 15:52
リッチモンドの地図ですかい、ウチの検索では引っかかりませんでしたっす。
リッチモンドといえば、まことしやかに語られる財宝伝説があるぞ。
リッチモンド陥落寸前に南部連合軍曹ジム・サリーが4人の警備兵を殺し、軍資金の金銀財宝を強奪したらしい。
ジェームズ川付近で追いつかれ彼は殺害されたが、強奪した財宝はその前に何処かに埋めたと言われている。
それが未だに見つかっていないのだ。いったい何処ら辺に埋めたのか、地図を見ながら推理だ!

38 :世界@名無史さん:04/05/01 17:08
>>37
その手の南軍の軍資金ネタの西部劇はなんか数本見たような気が。
個人的には赤線と青線で書かれた配置図萌え〜だったり。
ttp://sunsite.utk.edu/civli-war/
あたりからたぐるといろいろリンクも貼られてておもろいっすよ。
当時のMemoirとか版権切れの書籍をHTML化したサイトとかも芋づるで引っかかる。
写真サイトとかも結構な数。かなりお腹いっぱいになれまつ。
てか一生かかっても全部を厳密に読み終わるこたぁないなorz
斜め読みしてまつ(w

39 :世界@名無史さん:04/05/03 23:59
>>38
せっかく教えて貰ったのにスマソ。   
ヘタレなもんでいっつも404でつ。_| ̄|○ガクッ
赤と青の配置図は旧軍の戦術書をわんさか集めてますので何となくわかります。いいなぁ…。
南北戦争であまり書籍を見かけない海軍の装甲艦の辿った命運を調べてみたかったのですが
ちまちま時間をかけて調べるとしますかね。

西部劇はジョン・ウェインよりイーストウッドかしら?
マカロニ好きにも困ったもんだ。

  /⌒\ヘ
/  ___)  
( /゙'´ノノ))))       
∀(∬イ゚ ー゚ノl|,,_  
§ノ从{!O|⌒|⌒0     
 レ〈_l_|◯_○   

40 :世界@名無史さん:04/05/04 06:38
綴り間違いかと。ここのリンク集はすごいですね。
ttp://sunsite.utk.edu/civil-war/

41 :世界@名無史さん:04/05/04 09:27
海戦というより河戦が多かったのも特徴ですな。

42 :世界@名無史さん:04/05/04 09:51
ナントカ渓谷を抜く方法はなかったんでしょうか?

43 :世界@名無史さん:04/05/04 20:13
そろそろジャクソンの命日ですよ

44 :世界@名無史さん:04/05/04 23:09
ナントカ渓谷を抜くって、何?
大陸横断鉄道?


45 :38:04/05/05 00:58
>>39,40
すまそんそれでつ(死
アフォでつね。

で、漏れは南北戦争を本気で知ったのは1980年代後半に倒産したSPIつーニューヨークのウォーゲーム屋の出してた
Strategy & Tacticsつー雑誌。箱入りにするゲームとそのヒストリカルノートが売りだった雑誌なんだけど、
そこでGreat Battle of the American Civil Warシリーズと銘打ったシリーズのゲームに出会ってからなんでつよ。
結局そのヒストリカルノートをむさぼり読んで嵌っちゃった感じだなぁ。

Ironclad関係はU.S.S.Monitor とU.S.S.Merrimac改めC.S.S.Virginiaの話とかですかね。Ironclad同士の一騎打ちって
いうとこれしか無いか流石に(汗

丁度クリミア戦争辺りで蒸気機関が搭載されだして(スクリューを上げ下げしたりするのが凄いねあの当時のは)その後の
今風軍艦に以降する辺りというか、へんてこな実験の数々の一つって事なんだろうけど、結構面白いエピソードすよね。

ちなみにC.S.S.Virginiaに関してはここが最強かな?
ttp://cssvirginia.org/

これにJohn Paul Jonesが乗っていたらどういう活躍したのだろうか?等とあり得ない妄想を繰り広げてみるのも楽しい(ソイ

46 :世界@名無史さん:04/05/05 02:01
そういえば、バンダムの「タイムコップ」とかいう映画の冒頭は
南軍の金塊ネタから始まるね。

47 :世界@名無史さん:04/05/05 17:35
裸足で戦う南軍萌え!!

圧倒的物量で迫る鬼畜北米奴ぇ〜

48 :世界@名無史さん:04/05/05 23:56
今日本屋でColdMountainの原作かな?ペーパーバックの裏表紙見たらPetersburgの戦いで脱走する南軍の兵士とかって
話みたいですな。
リッチモンドも近いし金塊話でも期待?とか一瞬妄想して買いそうになっちまった(死<アホ過ぎ。

>>47
なんとなく気持ちは判らなくはない(w
判官贔屓の習性が我々にはあったりするからね。


49 :世界@名無史さん:04/05/06 20:56
首都同士近すぎだよな
よく奇襲で落ちなかったもんだよ

50 :世界@名無史さん:04/05/06 22:30
うおーサイトにヒットしたヒットした!!
モニターとメリマックの河戦は宮崎の雑草ノートにもちょこっと紹介されてましたよね。
でも全体的に、撃沈艦数とか全く不明で、どう言う戦果を挙げているのか…
資料として持ってるのはジャクソン要塞にて行われたニューオーリンズ海戦と
ミシシッピ河口で行われたメンフィス海戦位しか詳しく解らないでち。
メンフィス海戦は南北戦争最大の海戦で、艦隊戦なのに船のぶつけ合いという陸軍の肉弾戦さながらの戦闘をやらかしたらしい。
で、南軍ボロ負け。

南北戦争での余剰兵器がその後に行われた米西戦争に回されて、アメリカは1大軍事国家へと突き進んでゆく事になるけど、
そのなかで、リョコウバトやコメネズミの類の野生動物もかなり絶滅したらしい。
なんとかコメネズミ(名前忘れた)の最後の記録などは、マスキゲット島に軍港を作るためにコロニーを掘り返しセメント装甲して要塞にしてしまったために
一瞬で駆逐されたとされている。戦争が終わって彼らがいなくなったことにようやく気付いたと記録されている。

じつわ、漏れはこんなエピソードも好きなんすよ。

51 :世界@名無史さん:04/05/07 09:44
>>50
海戦という観点で見るとIroncladの強靭な艦体を利用して木造船に突っ込ませるっていうのはなんかガレー船の時代に戻った
様な錯覚を覚えますよね。

で、時代はもう19世紀も半ばで蒸気船の時代に入っちゃった感じではあるんだけど、戦い方はまだ18世紀とかナポレオン時代(この頃も北米でもいろいろドンパチやってんだよね)って感じはありまつね。

戦列艦(今でいや主力戦艦つーことになるけど)同士の戦いって言うと砲撃の距離ってほとんど至近距離なんだよね。
シップ型の艤装の帆船だとヤード同士がぶつかる距離で砲撃し合う、で、鉤なんかぶっかけあって斬り込み!みたいな。
ちょうどこないだ映画でやってたMaster & Commanderでよくその辺わかりまつ(尤もあれはフリゲートだけど)。

対英の海戦になるとJohn Paul Johnesとか伝説の人物も居たりするけど、南北戦争当時はちょっとぱっとしないよねぇ。

でもこの時期の船って純粋な帆走船から蒸気機関が搭載されて日本にも来たサスケハナなんかみたいな外輪船とか
上げ下げできるスクリュー持った船とかあってむちゃくちゃでおもろいっす。
クリミア戦争と南北戦争からちょっと置いて日清・日露戦争の主力艦まで時代を追ってみると南北戦争あたりが一番混沌と
してるつーか。興味深い時代でつ。

>じつわ、漏れはこんなエピソードも好きなんすよ。

漏れもこういうの好きなんで、回想録とかあんま関係なさそうな周辺情報とか手当たり次第に読んでみるわけで(汗
そして廃人度はあがるとorz

52 :世界@名無史さん:04/05/07 10:09
>>51
米海軍駆逐艦の艦名見ればわかるように、南北戦争でも有名な海軍軍人は
結構いますよ。

53 :世界@名無史さん:04/05/10 20:30
そういえば、提督の名を挙げるにも、私もそんなに記憶がありませんね。
例えば、北バージニア軍の物資補給港ウィンミントンを封鎖する艦隊司令官がリー将軍の遠い従兄弟だったとか皮肉な話もあったりする。

この頃辺りに潜水艦も試作されてるんでしたよね、確か。魚雷は出ないけど。
で、この時代の海軍の作戦行動で南部を目茶目茶苦しめたのが、海上封鎖作戦でしょう。
何せヨーロッパの綿が干上がって高騰、イギリスの経済に打撃、その煽りでニューヨークの商社が結構(商船の9割は北部籍)破産して、北軍に文句を言って叩き出された奴もいたし、しかも、北軍の軍服にも影響が出て、粗悪品が横行し出す始末。
(映画では『風と共に去りぬ』のレットバトラーが封鎖突破して大儲けしてる。)
封鎖突破船の有名所ではイギリス船の『バンシー』かなぁ。9回の航海で700%の配当というハイリスクハイリターンなアメリカンドリーム?もあの時代に存在しましたよね。
一方で、ジュネーブ条約なんて無いから、沈没した南軍兵士を岸から狙撃する北軍兵士とか、悲惨な話もあるらしいぞ。

しかし、南北戦争なのに陸戦の話じゃなくてよいのだろうか?

54 :世界@名無史さん:04/05/10 23:10
戦車の名前になった南北戦争の将軍は誰?

55 :世界@名無史さん:04/05/11 12:22
>>52
 す、すまん20世紀以降の話ってほとんど知らないんで判らんのでつよorz
 現代の艦船とかまさに未知の世界。ちょっと調べないとあかんな。
 >>53同様誰かいたっけ?状態なんでつよね。

>>54
つーことでそのクイズ判らん(w
ヒントくれ。そのヒントが陸戦になると予想してんだけど(ヲイヲイ

#しかし見事に7年戦争からクリミア戦争までに偏ってるな、漏れの知識(死



56 :世界@名無史さん:04/05/11 12:35
おいおいおい、そいつぁほんの初歩だぜワトソン君。
そのオハイオ出身の准将は初戦で、負けっぱなしの自己の戦闘指揮に絶望してノイローゼになり精神異常とみなされたりしてるだろ?
グラントの元で復活した彼は、南部の焦土戦術を提唱して戦後の南北亀裂を作った張本人といっても過言ではなかろうて。
尤も彼は自然に火がついて街が焼けてしまったといっているが。更にはやさぐれな軍隊クズレどもの略奪を取り締まるどころか、放任したとも言われている。
コイツはジュネーブ条約があれば、確実に戦争犯罪人だ。叩けばかなり埃がたつ。
結構ボロクソニ書いているけど、じつは人物も戦車も嫌いだったりする。

あえて名前は書かない。


57 :55:04/05/11 14:06
>>56
オハイオ生まれで
准将つーとSherman?
そうか、そんな戦車があったのか<いや、マジで戦車に名前つけてるって事自体うそ〜んな気がすんだけど。

今なら戦犯は漏れも賛成。でも勝っちゃった方だからなぁ(汗

でも北軍の将軍ていうとマクレラン位何だよなぁ。個人的にいいかも知れないって思うのは。
Jackson, Johnston & Leeでもうお腹いっぱいって(こんな偉そうな事言える立場じゃないな)orz



58 :世界@名無史さん:04/05/11 21:48
リー、グラント、シャーマン、スチュワートほとんど採用されている。

59 :世界@名無史さん:04/05/11 23:06
スチュワートとかは知っていたが、リーの名をとった戦車が在ったとは…。
わしもまだまだじゃったのぉ…。
ところで現主力戦車のエイブラハムはやっぱり大統領の名をとったんですかね?

60 :世界@名無史さん:04/05/12 00:05
あれは「エイブラムス」じゃない?

61 :世界@名無史さん:04/05/12 00:08
北軍のグラントの前任の総司令官ってだれだったっけ?

62 :世界@名無史さん:04/05/12 01:40
ファラガットとかポーターって北軍の提督でフネの名前にもなってるよ。

63 :世界@名無史さん:04/05/12 08:08
>>59
エイブラムスはWW2の時にバストーニュ包囲を解放した第4機甲師団の大隊長

戦車名になった南北戦争の将軍は
リー・グラント・シャーマン・スチュワート・チャーフィー・ジャクソン・シェリダン

64 :世界@名無史さん:04/05/12 22:33
北軍の代表総司令官って、ポトマック軍でいいんだよね?
クダウェル→マクレラン→ポウプ→マクレラン→バーンサイド→フッカー→ミード(代理)→グラント
しかし、正規軍は別として、民兵法によってバラバラに発達した州兵の統帥権は州知事にあったので、
陸軍が旅団規模以上の編成を行おうとすると、非合理かつ非効率なものにしかならなかったらしいぞ。
ここらへんは、米国の構造的欠陥ですね。

エイブラムズでしたか、詳しい人物評伝サンクス…いや、聞きかじりはほんとイクナイですね。戦車って言えばドイツ!な頭を持ってましたもので、いやお恥ずかしい。
しかし、エイブラハムから南北の大統領の話に持って行こうなんて考えがおじゃんパーになりますた。

65 :世界@名無史さん:04/05/13 00:02
>>64
誰か別に総司令官がいたよ
まあ、あまり権限は無くて大統領の顧問程度だったらしいけど

66 :世界@名無史さん:04/05/13 11:44
>>64
北軍の総司令官リスト

開戦〜61年11月1日・ウィンフィールド・スコット
61年11月5日〜62年3月11日・ジョージ・マクレラン
62年3月11日〜62年7月10日・司令官不在
62年7月11日〜64年3月12日・ヘンリー・ハレック
64年3月12日〜終戦・ユリシーズ・グラント

67 :世界@名無史さん:04/05/13 11:53
しかし北軍の将官、准将と少将がほとんどだが指揮に混乱しなかったのだろうか
旅団長が准将、師団長が少将なのは小規模な軍隊ならば十分だが
軍団・軍の指揮官も少将なのは変

68 :世界@名無史さん:04/05/13 21:16
あーそう言えば、総司令官職を昔なんかで聞いたような…
そのなかで、リンカーンが軍人相手に目茶目茶やり込められていたとか…
マクレランに対しては妙に卑屈で、彼のブーツを舐めれば勝てるというなら、喜んで舐める。
とか言ってなかったっけ??
(今度は調べてから書きこむとしましょうかね…ってカンニングかよ)
指揮系統の混乱は南北どっちも如何し様もない状態だったような。
特に南側の人事は、ヘタレな大統領の所為で、ポークとブラッグを総司令官に任じてるからなぁ。
ポークなんか軍人じゃなくて聖職者の主教様だし、有能なジョンストンとボーレガードを無能扱いだし。
最初の将軍序列で、クーパー、Aジョンストン、リー、Jジョンストン、ボーレガードで、
はなから将官だったジョンストンがビリから2番目だったんで、(後は当時大佐)怒り狂ってたとかのエピソードもあるし。

69 :世界@名無史さん:04/05/14 00:22
ほしゅ

70 :世界@名無史さん:04/05/14 00:35
>>66
南北戦争の北軍プラン、所謂「アナコンダ・プラン」はスコット将軍が
作成したんだよね
@海上封鎖Aミシシッピ分断B首都防衛Cテネシー制圧だったかな?

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)